映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

結婚

c0015706_913696.jpg映画のチラシが気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、夕方の回を見に行ってきましたが、大勢の方が見に来ていました。

完璧なヴィジュアルに知性的な会話。何よりも匂い立つその色気で女性たちを虜にする男がいる。彼の名は古海健児、結婚詐欺師だ。ある日、騙された女たちが偶然に繋がり、古海の行方を探し始める。なぜ、彼は噓をつかなければ生きられないのか…。そこには、女たちが想像も願望も鮮やかに裏切る「秘密」があった…。

騙す男が悪いのか、騙される女がいけないのか…。でも、こんなカッコイイ男なら騙されてもいいかなぁと思ってしまう。そんな結婚詐欺師の古海。一体何人をこんな詐欺でだましているんだろう。そして、最後はやはり…!?と思ったら、えっえっ!!あの女の人って?!!そちらも偽っていたかと思ったら…、そんな結末に!??思った以上に意外な結末だった。
うん、ディーンフアンはスクリーンで、しっかり脳内変換して見たい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-06-24 16:15 | 映画

ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女

c0015706_9114148.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、午後の回を見に行ってきましたが、満席でした。

日本統治時代、大韓帝国の初代皇帝・高宗の娘として生まれた徳恵翁主は、日韓併合の推進と朝鮮皇室の消滅を図る政略に巻き込まれ、わずか13歳で日本へ留学させられてしまう。祖国に帰れる日だけを待ちわびながら月日は流れ、大人となった彼女の前に、幼なじみのキム・ジャンハンが立派な青年となり姿を現す。大日本帝国軍に従事する一方、密かに朝鮮独立運動に尽力していたジャンハンは、王朝復興のため徳恵と皇太子である兄王を上海へ亡命させようと計画する。信念に突き動かされた者たちは、激動の歴史の中で想像を絶する運命に身を投じていくが…。

実在の徳恵翁主の数奇な運命を基に作ら挙げられたストーリー。それにしても、13歳で日本に一人留学し、そんな年まで日本にいたとは。ちょっとびっくりな話。ここでも、日本軍は悪者だし。それにしても、そこに出てくるあの人物、どこまでも悪だなぁと思った。
うん、スクリーンで見てもいいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2017-06-24 14:00 | 映画

ジーサンズ はじめての強盗

c0015706_910491.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、初回上映を見に行ってきましたが、大勢の方が見に来ていました。

突然の年金打ち切りで40年以上も真面目に働いた会社から見放された挙句、問題だらけの住宅ローン、高齢による身体の不調と…トラブルばかりで、一寸先は闇状態のジーサンたち、ウィリー、ジョー、アル。愛する家族や仲間たちと幸せに余生を過ごしたい、デザートには甘いパイくらい食べたい、そんなささやかな生活を叶えるために、ジョーはウィリーとアルに「俺たちの年金を取り戻そう!!」と銀行強盗を持ちかける。3人は、はじめて真面目な生き方を捨て、全てを失うかもしれない人生最大の勝負に挑むが…。

最近、老人が主役の作品が多くなったなぁと思っていたが、いよいよこんなことまでする映画が出来ちゃったのかと思った。なんと、3人で銀行強盗!??そんな!!と思っていたが、結構入念に準備、練習、そして本番!!そんなので、大丈夫!??と思いきや、意外とやってのけたりして。ラスト、えっ、そうなっちゃうの!??とのトラップもあり、なかなか後半は面白かった。
うん、映画が安くみられるときにスクリーンで見てもいいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2017-06-24 10:30 | 映画

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第二章発進篇

c0015706_993875.jpgいよいよ第二章ということで早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、朝の回を見に行ってきましたが、満席でした。

謎めいたガミラスの青年キーマンに誘われて、月面のガミラス大使館で大使のバレルと面会した古代は、惑星テレザートとテレサの物語を聞かされる。そして地球に戻った古代は「コスモリバースシステム」が地球にもたらした負の遺産の存在を知らされるのだった。改めて地球政府の方針に憤る古代は、自分たちに送られてきたテレサのメッセージに応えるべきと防衛軍の上層部に掛け合うが、ヤマト発進の許可を得ることはできなかった…。海底ドックに眠る宇宙戦艦ヤマトの前に、あのメッセージをうけたヤマトクルーが集う。古代は彼らと共に、「反逆」とも取られかねぬ独断での出航を決意するのだった。いま再び、宇宙戦艦ヤマトが発信する。行く手に待ち受けるのは最新鋭戦艦のアンドロメダ。一方そのころ、太陽圏に侵攻したガトランティス先遣部隊が、第十一番惑星に迫っていた…。

ヤマト、いよいよ発進か!!そうそう、そういえば、負の遺産、そんなのもあったなぁと思いながら見ていた。ところどころ、ヤマトのあの音楽がかかると、ワクワクしてしまう。どうなるのか、ワクワク。いよいよ発進。エネルギーカウントダウンもワクワク。一体どうなるのかと思いながら見ていた。早く次が見たーーい!!
うん、スクリーンで見たい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-06-24 08:45 | 映画

こどもつかい

c0015706_982324.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は週末、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑していました。

新人記者の駿也は、郊外で起こった連続不審死事件を追ううちに奇妙な偶然に辿りつく。小さな子供が失踪した3日後に、その周りの大人が死んでいるのだ。死んだ大人たちは子どもに怨まれていたという。街の人々の間に広がる「こどもの呪い」の噂。これは事件なのか?それとも呪いなのか?失踪し、戻ってきた子供たちが口ずさむ歌に事件解決の糸口を見出した俊也は、取材にのめり込んでいく…。そんな中、俊也の恋人・尚美が、ふとしたことでこどもに怨まれ、「こどもの呪い」が現実に迫りくる。尚美を守るため、呪いの核心に近づこうとする2人の前に、突如現れた謎の男「こどもつかい」。男の笛の音と共に、物陰から、廊下の奥から、そして背後から、次々に「こどもの霊」が現れ、襲い掛かる!「こどもつかい」とは何者なのか?果たして2人は、この「呪い」と「怨み」から逃れることができるのか…。

児童虐待と、ハーメルンの笛吹きのお話と、そんなのをベースにしたストーリー展開かな。でも、子どもが歌うこの歌、結構耳に残ってしまった。見終わって、この歌が…。そんな歌の謎解き、謎のこどもつかいの正体!??クライマックスは、結構すごくて、怖がっている方がいて、すごかったのだが、miki的にはそんなに怖くかなったなぁ。まあ、指切りがちょっと怖かったかなぁという感じ。こどもつかい役の滝沢さん、今までにない役どころ、がんばってます。
うん、スクリーンで見てもいいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2017-06-23 19:10 | 映画

メアリと魔女の花

c0015706_965453.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方でほぼ満席状態でした。

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花「夜間飛行」それはかつて、魔女の國から盗み出された禁断の「魔女の花」だった。一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学「エンドア」への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。次第に明らかになる「魔女の花」の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての魔法を終わらせようとする。しかしそのとき、メアリはすべての力を失ってしまう…。メアリは出会う。驚きと歓び。過ちと運命。そして、小さな勇気に。あらゆる世代の心を揺さぶる全く新しい魔女映画。魔女、ふたたび。
c0015706_971310.jpgうーん、この作品の予告を見たときから、このシーンって…とデジャヴを感じていた。本編を見ても、いろいろなところにデジャヴを感じながら見てしまっている。たしかに、ストーリーとしては面白いのだが、えっ、このシーンってもう少し泣きが来てもいいのに、なんかこれだけ!?とか、えっっ、こんなところにさっきの!??とか、うーん、もうちょっとほしかったかなぁという気がする。まあ、メアリの諦めない、自分を変えたいという想いはわかるのだが…。
うん、夏休み作品だし、家族で見てもいいかな。
[PR]

# by mikibloom | 2017-06-22 18:30 | 映画

アイム・ノット・シリアルキラー

c0015706_954169.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日はサービスディ、夜の回を見に行ってきましたが、満席状態でした。

アメリカの田舎町に暮らす16歳の少年、ジョン。葬儀屋を経営する家庭の育ち、その影響なのか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス(社会病質者)と診断される。そんなある日、彼の住む街で謎の連続殺人事件が発生し、自宅の葬儀屋に死体が運び込まれる。その死体は切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていたのだ。それを見たジョンは猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感し、強い興味を示し始める…。自ら調査に乗り出したジョンは、偶然にも殺人現場を目撃し、連続殺人鬼の正体を知ることになる。なんと隣人の老人がシリアルキラーだったのだ!!ジョンは自身の奥底に眠る衝動的な行動を必死に抑えながら、自分の手でこの連続殺人鬼を阻止しなければならないと覚悟を決める。凍てつく雪に覆われた町で、追いつ追われつの予測不能な死闘が始まる。

ちょっと変わった少年ジョンと、普通の隣人だったと思っていた老人。ジョンは連続殺人鬼を探している時に、ふと目にしてしまう殺人鬼!!でも、あれって!??どうやって!??殺された死体の謎、いったい次は誰を!??どうやって追い詰めようとするのか、ハラハラドキドキ。そして、クライマックス、ジョンとの対決、いったいどうやって挑もうとするのか、その結末にびっくり!!
うん、これはスクリーンで見たい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-06-21 18:20 | 映画

TAP THE LAST SHOW

c0015706_94477.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

十数年前、舞台の事故により一人の天才タップダンサーが姿を消した。今では傷めた足を引きずり、酒におぼれる孤独な男・渡真二郎。彼の元にある日、旧知の劇場から「ラストショウ」を演出して欲しいという依頼が舞い込む。渋々連れてこられたオーディション。何人もの靴音の中、原石のように輝く「音」に出会う。そして、彼の中で止まっていた時間が、静かに動き出すのだが…。
c0015706_942040.jpg最初のオーディションシーンからすごい!!と思ってしまった。こんなステップ、次々とこなしていく、一体これは!??そして、ラストショウへと突き進んでいく。いったい、ラストはどんなショウがあるのか、あのところどころで出てきたものは何処で!??仲間との亀裂は果たして!??
そして、クライマックスのショウのすごさ。タップのすごさを堪能!!まるで、その舞台をリアルで見た感じがした。見終わって拍手!!
うん、スクリーンで見たい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-06-20 18:40 | 映画

レイルロード・タイガー

c0015706_924462.jpgジャッキー・チェンさん最新作ということで早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方が見に来ていました。

鉄道で働くマー・ユェンたちは列車に忍び込んでは日本軍の物資を盗んでいたため、日本軍から目の敵にされ「レイルロード・タイガース」と噂されていた。ある日、マー・ユェンは日本軍から追われていた負傷兵ダーグォーを偶然匿うことになる。ダーグォーは日本軍の物資輸送を阻止するため、鉄道が走る橋の爆破作戦を計画していたが失敗に終わり、なんとその作戦を「レイルロード・タイガース」に委ねたいと言い出した。しかし、彼らはいたって「普通の町の男たち」。作戦はすぐに日本軍の指揮官ケン・ヤマグチに気付かれてしまう。成り行きまかせのノープラン!すぐそこまで迫る橋!ミッション遂行不可能?!「レイルロード・タイガース」にあるのは勇気と勢いだけ!町の職人たちの土壇場ミッションがはじまる!

映画の冒頭、結構人物紹介のシーンが長くて疲れてしまう感じ。まあ、それだけ今回は登場人物が多彩ってのだが。そして中盤、日本軍とレイルロード・タイガースの小競り合い、いったいどうなるのかと思いながら見ていた。そして、クライマックス、橋の爆破計画。一体どうなるのか、どうするのか、うーん、日本軍のヤマグチがどこまでもやって来て、計画を邪魔しようとする、どうなるのかとハラハラドキドキ。そして、ラスト!!!なかなか最後はすごかった。
うん、ジャッキーフアンはスクリーンで見たいかも。また、いつものごとく、エンドロールにはメイキング映像あり、うーん、mikiは今回時間の都合で最後まで見られなかったのがすごく悔やまれる。
[PR]

# by mikibloom | 2017-06-19 19:40 | 映画

映画 山田孝之3D

c0015706_913634.jpg山田孝之さんの映画!?早速見に行ってきました。

今日は平日、夕方の回を見に行ってきましたが、大勢の方が見に来ていました。

様々な顔と数々の名演で人々を魅了し続ける、俳優「山田孝之」。俳優として変化し続け、私たちを煙に巻き続ける「山田孝之」とは何者なのか。本作は彼の世界にダイブする、脳内スペクタクル3D映画。まるでイリュージョンのような言葉と映像で、あなたは「山田孝之」を体感する。

俳優の頭の中、普段考えていることなど、知る由もないのだが、そんなのを知るいい機会なのか。どんな生活をしてきたのか。また、この仕事を始めたきっかけ。そんなことを狩れ本人の口からいろいろと語っている。うーん、3Dにしなくても別にいいんじゃないとも思うのだが、それじゃあつまらないと、こんな形にしたのかなぁ。つまらなくはないが、特段…!??
うーん、山田孝之さんフアンなら見た置きたいかなって感じの作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-06-19 17:50 | 映画

新宿御苑

c0015706_2127536.jpg新宿御苑に紫陽花を見に行ってきました。まるで紫陽花の森のような花々。
c0015706_21292115.jpg 珍しいカシワバアジサイの花。
c0015706_21303485.jpg
c0015706_2128214.jpgタイサンボクの花。
c0015706_21283642.jpgポプラ並木の木陰が涼やかです。
c0015706_21285242.jpgバラもまだ咲いてました。
c0015706_21325743.jpgこちらは榊の花。周りに良い香りが漂ってました。
c0015706_21311224.jpg新宿御苑で見つけた小さな花。
c0015706_21313939.jpg
c0015706_21321322.jpg
[PR]

# by mikibloom | 2017-06-17 19:00 | カメラ・トイカメラ

世界にひとつの金メダル

c0015706_8593727.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、夕方の回を見に行ってきましたが、大勢の方が見に来ていました。

1980年代初頭、フランス。子供のころより父セルジュの指導の下で障害飛越競技に打ち込んできたピエール・デュラン。彼は大人になり父の期待から逃れるように都市で弁護士の道を歩み始める。だが、幼い日の情熱を諦めることができずキャリアを捨て、再び選手を目指すことに。一方で、誰からも期待されず人間を一切信じない若馬ジャップルー。小柄で気性が荒くて欠点だらけ。だが、この若馬ジャップルーは他界飛躍力と才能を秘めていた。ピエールはジャップルーをパートナーとして走ることを選び、父セルジュとともに鍛錬の日々が始まる…。

そういえば、オリンピック競技の中で、人以外の教義に参加しているのって、馬、馬術競技だなぁと思いながら見ていた。選手を目指すピエール、小さい頃から父と馬術競技を行っていたが、馬との出会いと、本人の技量、その両方が備わっていないとできない種目。そんな中、障害飛越競技に打ち込むピエール。馬術競技に参加する馬って、そんなに若い馬ではダメなんだとちょっとびっくり。それこそ、後半はオリンピックのシーンが出てくるが、こんなシーンを実際に撮るって結構大変そうと思いながら見た。
うん、なかなか見られない馬術競技の作品、スクリーンで見てもいいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2017-06-17 17:05 | 映画

おとなの恋の測り方

c0015706_858022.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、午後の回を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。

敏腕弁護士のディアーヌは3年前に離婚したものの、元夫は仕事のパートナーで、オフィスで顔を合わせては喧嘩ばかり。今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と会うことに。久々のドレスアップをして、期待に胸を膨らませて待っていた彼女の前に現れたのはしかし、自分よりもずっと身長の低い男性だった。当てがはずれた彼女は早めに切り上げるつもりが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルの話術にいつのまにか魅了されていく。リッチで知的で才能あふれる建築家の彼は、そんなディアーヌにいままで経験したことのないエキサイティングな体験をプレゼントしたいと申し出て、なんとそのままデートへ連れていかれる。素敵なデートを重ね、どんどん彼に惹かれていくが、どうしても身長差が気になってしまうディアーヌ。果たしてこの恋の行方は…?
c0015706_8581314.jpg女性はいつも、王子様を夢見る、そんなディアーヌと、ふと出逢ったアレクサンドル。でも、こんなユーモアとサービス精神たっぷりなアレクサンドルなら、一緒にいてもいいかもって思ってしまう。時々出てくるワンコとアレクサンドルのシーンはなかなか面白い。クライマックス、ディアーヌはどうするのか。けっこう思いっきりが良すぎて、えっっとびっくり。
うん、フランスらしいウエットのある作品、スクリーンで楽しみたい。
[PR]

# by mikibloom | 2017-06-17 15:15 | 映画

リベンジ・リスト

c0015706_857346.jpgジョン・トラボルタさんのアクションということで早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、初回上映を見に行ってきましたが、多くの方が見に来ていました。

目の前で強盗に妻を殺害された失業中の中年男。容疑者は捕まるが、裏社会と繋がっている悪徳警官によって釈放され、事件は闇に葬られる。理不尽な社会と、妻を守れなかった己の無力さへの怒りが、捨てたはずの過去を呼び覚ます。善良な市民として暮らす男は、かつて、数々の殺しを請け負ってきた特殊部隊の元工作員。封印していた殺人術を総動員し、復讐に手を染めていく。やがて、妻の死に隠された巨大な陰謀を知ったとき、男の怒りは臨界点を突破する…。

妻を殺されたのに、事件は闇に葬られてしまう。そんな夫スタンリーの復讐劇。犯人は!?何のために!?そんな謎解きと、アクションと楽しめる。相棒と一緒に悪を殺していくあたりはなかなか痛快。
うん、スクリーンで見てもいいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2017-06-17 10:00 | 映画

ムラサキクンシランとクチナシ

c0015706_21102836.jpg週末には咲きそう。
c0015706_21105239.jpg
c0015706_2111339.jpgクチナシの花も見つけました。
[PR]

# by mikibloom | 2017-06-16 19:00 | カメラ・トイカメラ