映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

海底47m

c0015706_1474653.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、午後の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑していました。

メキシコで休暇を過ごすリサとケイト姉妹は現地の男友達から、海に沈めた檻の中から野生のサメを鑑賞する「シャークケージダイビング」に誘われる。臆病なリサは尻込みするが、好奇心旺盛なケイトに強引に押し切られ、挑戦することに。姉妹を乗せた檻はゆっくりと水深5mの海へと降りていく。初めて間近に見るサメの迫力に大興奮の二人だったが、悲劇は突然訪れる。ワイヤーが切れ、檻が水深47mの海底まで落下してしまう。そこは、無線も届かない海の底。助けを呼ぶ声は届かない。急浮上すれば潜水病で意識を失ってしまい、海中に留まればサメの餌食になること必至。ボンベに残された酸素はあと僅か。全てが極限状態の海底での脱出檄に生還という結末はあるのだろうか!?

シャークケージダイビングって、こんな風にサメを見るんだと初めて知った。でも、そんなダイビングにアクシデント!!ワイヤーが切れて、海帝にケージが落ちてしまう。いったい二人はどうなってしまうのか。そばにはサメが!!そんな中、酸素ボンベの空気が無くなってきて、潜水病の危険も。そして、暗闇の海底でいったいどうなるのか。とにかく、急に襲って来るサメの怖いこと怖いこと。ラストに出てきたサメにびくびくしながら見ていた。果たして二人は!??まるでmikiが水中にいた気分。
うん、パニックものが好きな方はスクリーンで見たい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-08-12 14:30 | 映画

フェリシーと夢のトウシューズ

c0015706_1453991.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、お昼の回の日本語吹き替え版を見に行ってきましたが、親子連れを中心に満席でした。
c0015706_1452150.jpg19世紀末、花の都パリではエッフェル塔が建設されている頃…フランス・ブルターニュ地方の施設で育ったフェリシーは、何よりも踊ることが大好きな11歳の女の子。フェリシーは、いつかパリ・オペラ座でエトワールとして踊るという大きな夢を持っていた。ある日、夢を叶えるため、幼馴染のヴィクターと二人で施設を抜け出して憧れのパリへやってくる。そこで見たのは、オペラ座の舞台で軽やかに踊るエトワールの姿だった。偶然出会った、掃除係のオデットの仕事を手伝うようになったフェリシーは、なんとかバレエ学校に入り込むことに成功する。厳しいメラントゥ先生のクラスでトップになれば、オペラ座の舞台に立てると知ったフェリシーは気合を入れるが、そう簡単にはいかない。そこで手を差し伸べてくれたのはオデットだった。彼女は昔、バレリーナだったのだ。そこから、猛特訓の日々がはじまる。舞台に立てるのは、たった一人だけ。はたしてフェリシーは…!?
c0015706_145062.jpgバレリーナって、女の子が憧れると思うけど。そんな夢のあるストーリー展開。孤児のフェリシー、でも、踊ることが大好き。そんな夢を叶えようと、ヴィクターとともに施設を抜け出し、パリへ。ライバル、適役と、はっきりした登場人物と、バレエ学校の仲間たちと。果たして、どうなるのか。猛特訓の成果はあるのか。ラストのシーンがとても素敵。
うん、スクリーンで見たい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-08-12 12:40 | 映画

ハイドリヒを撃て!

c0015706_141332.jpg映画のチラシが気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、初回上映を見に行ってきましたが、満席でした。

第二次世界大戦中期、ナチスがヨーロッパのほぼ全土を制圧していた頃。イギリス政府とチェコスロバキアの亡命政府とが協力して極秘計画を練る。パラシュートを使ってチェコ領内に送り込んだのは、二人の軍人ヨゼフ・ガプチークとヤン・クビシュ。当時、チェコの統治者でホロコースト計画を推し進めていたのが、ヒトラー、ヒムラー、に次ぐナチス№3と言われたラインハルト・ハイドリヒ。二人はナチスとハイドリヒの暴走を止めるために送り込まれたスパイだった。ヨゼフとヤンはチェコ国内に潜伏するレジスタンスの協力を得てハイドリヒの行動を徹底的にマークして狙撃する機会をうかがう。任務の過程で芽生えた愛する女性との幸せな生活を夢にみながらも、祖国チェコのために、そして平和な未来のために自らを犠牲にして巨大な敵と戦うことを誓うのだった。

実話を基にした作品。当時のチェコの様子がよく描かれている。当時の要人って、こんなに無防備に日々通勤しているなんて、いいのか!?ただ、この人を暗殺しただけでは、次の人物が来るだけで、何も変わらない。でも、どうしてもやりたかったんだろうなと思う。そんな計画、果たしてうまくいくのか。その時、二人は!!そして、その後の抵抗、それこそ、7人の抵抗するシーンは、一体どうなるのか、えっっ、あのトンネルはまだ!??ともうドキドキものだった。
うん、スクリーンで見ておきたい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-08-12 09:45 | 映画

サメ

c0015706_1424756.jpg映画、ハイドリヒを撃てにちなんで、い
c0015706_142295.jpgイケメンなサメが今回登場ということです。
[PR]

# by mikibloom | 2017-08-12 09:40 | 映画

小諸城

c0015706_1013765.jpg小諸城を見てきました。駐車場傍のSLがお出迎え。思わずパチリ。石垣の苔の感じ、年輪を感じさせます。大きなケヤキの木もすごい。こんなに大きくなる欅って初めて見た。場内の花もきれいに咲いてました。
c0015706_10123330.jpg
c0015706_10121577.jpg
c0015706_10114897.jpg
c0015706_10111097.jpg
c0015706_10104189.jpg
c0015706_1010186.jpg

[PR]

# by mikibloom | 2017-08-11 15:00 | カメラ・トイカメラ

文武学校

c0015706_9573220.jpg松代の文武学校を見てきました。それぞれの武道館の大きいこと、屋根の木組みがそれぞれ違っていて面白かったです。百日紅が綺麗でした。
c0015706_9571794.jpg
[PR]

# by mikibloom | 2017-08-11 12:30 | カメラ・トイカメラ

松代城

c0015706_9502440.jpg松代城を見に行きました。石垣、大きな石の間に小さな石が詰められていていたのが特徴的でした。石垣のコケも思わずパチリ。
c0015706_9503734.jpg
c0015706_9505955.jpg
c0015706_9511966.jpg
c0015706_9513584.jpg
[PR]

# by mikibloom | 2017-08-11 12:00 | カメラ・トイカメラ

春日山城

c0015706_9342886.jpg春日山城に行ってきました。といっても春日山城ものがたり館と、周辺の土塁と堀を見ただけですが…。だってあまりにも暑く、お山に登る気力もなく…。早々と返ってきました。お濠に咲いていた花が印象的でした。
c0015706_93417100.jpg
c0015706_934040.jpg
[PR]

# by mikibloom | 2017-08-10 15:00 | カメラ・トイカメラ

山本五十六記念館

c0015706_9313395.jpg
山本五十六記念館に行ってきました。入口にある竹がとても青々としていてきれいでした。
中には、山本五十六が最後に乗っていた飛行機の翼の一部も展示されていて、印象的でした。
[PR]

# by mikibloom | 2017-08-10 12:00 | カメラ・トイカメラ

雲と霧と

c0015706_944350.jpg早朝、高速に乗ってお出かけ。雲の表情がとても面白く思わずカメラを向けてみました。
c0015706_941914.jpg
c0015706_935543.jpg途中、霧も。ここで、こんな時間に霧なんてとちょっとびっくりでした。
[PR]

# by mikibloom | 2017-08-10 08:00 | カメラ・トイカメラ

c0015706_8552323.jpg台風が過ぎて、気が付けば夜空に綺麗な月でした。
[PR]

# by mikibloom | 2017-08-08 22:00 | カメラ・トイカメラ

ロスト・イン・パリ

c0015706_13592495.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日はサービスディ、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑していました。

雪深いカナダの小さな村、味気ない日々を送る図書館司書ファオナ。ある日、パリに住むおばマーサから助けを求める手紙が届き、臆病者のファオナは勇気をふり絞って旅に出る。ところがアパートにマーサの姿は見当たらず、セーヌ川に落ち所持品すべてを失くす大ピンチ!おまけに謎めいた男ドムにつきまとわれて…。いったいマーサはどこに?!
c0015706_13591221.jpg独特な映像、そうそう、昔の無声映画のコメディのような、そうそう、チャップリンあたりのコメディを思い起こさせるような、そんな感じのフランスらしい面白さのある作品って感じ。おばさんを探してパリまで来たフィオナ。探し回るパリの街で、河におちたり、落ちたものを探したり、マーサを探したり。でも、落ち込むことはなく、なんかユーモラス。いったいマーサはどこに!??最後まで面白くみていた。
ゆったりと楽しめる大人のコメディって感じかな。
うん、スクリーンで楽しんでもいいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2017-08-08 19:00 | 映画

スパイダーマン ホームカミング(試写会)

c0015706_13542430.jpgスパイダーマンの新シリーズ、今回はトム・ホランドさんが主演ということで早速見に行ってきました。
c0015706_1354739.jpg今日はプレミア試写会、会場は満席でした。今日のゲストはトム・ホランドさんと監督。わずかの間でしたが、写真も撮れて大満足でした。
c0015706_1353529.jpg「新人!」とアイアンマンに呼ばれ、キャプテン・アメリカからシールドを奪った最先端スーツを装着しその戦いの一部始終をスマホで自撮りするあたりが、いかにも15歳の高校生らしい。アベンジャーズとして認められたいピーターは次の「戦い」を心待ちにしているが、スタークの運転手であるハッピーからは一向にお呼びがかからず、ご近所パトロールの日々。部活のノリのヒーロー活動がYouTubeでも話題になっているが、世話になっているメイ伯母さんには心配を掛けたくないので内緒にしている。ヒーローとしての活躍と高校生として青春を手に入れようと忙しい毎日を送るピーターだが、親友のネッドに自分がスパイダーマンだってことがバレてしまい…。金持ちや権力者を妬み、皿怨みするトゥームスの標的は、アベンジャーズの一員であるスターク・インダストリーズのトニー・スターク。8年前、NYは地球外生命体とアベンジャーズとの死闘の末、大きな被害を受けた。その際仕事を失くしたトゥームスは、その残骸を密かに回収し、武器の開発を始め、今は武器商人として悪事に手を染めている。「世界を変える時が来た」と地球外物質を使用し開発した巨大な翼が付いた飛行アーマーを装着し「バルチャー」と化した男は、上空からNYを危機に陥れる…。ピーターはバルチャーの陰謀に気づき、スタークに危機が迫っていることを必死にハッピーに知らせるが、真剣に取り合ってはくれない。ハドソン川を渡るフェリーの上でバルチャーが開発した武器の売買を計画していることを突き止めたピーターは一人戦いを挑むが、バルチャーのパワーに屈し、フェリーの乗客を危険にさらすことに。この大ピンチをアイアンマンに救われて「スーツがなければ何もできない弱い人間に、着る資格はない」とスーツを取り上げられてしまう。失意の中、バルチャーの次なる計画「アベンジャーズ最新装備強奪計画」を知ったピーターは、またしても一人戦いに挑むが…。
c0015706_1353281.jpg今までもスパイダーマンのシリーズはあったし、アベンジャーズのシリーズもあったが、そういえば、スパイダーマンってアベンジャーズのメンツに入ってないのはなぜ!??とは思っていた。なるほど、そんなことなのか、と納得。今回のスパイダーマンとなったトム・ホランドさん、ちょっと幼い感じの顔立ちなのに、すっごいマッチョ、もう、その体つきにほれぼれしてしまった。いたってフツーの高校生。というより、男の子とつるんでいる、ちょっと女子にモテない高校生って感じかなぁ。でも、ひとたびご近所の危機があれば!!なかなかカッコイイ感じのスパイダーマン。そんな活躍、船と、クライマックスの飛行機と、一体どうなるとハラハラしながら見ていた。最後まで、すっごく面白く、時間を忘れて楽しんだ感じ。
うん、これはスクリーンで見たい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-08-07 19:15 | 映画

俺たちポップスター

c0015706_9195.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、夕方の回を見に行ってきましたが、まあまあの入りでした。

幼馴染のコナー、オーエン、ローレンスが結成した世界的に有名なヒップホップバンド「スタイル・ボーイズ」。ところが、フロントマンのコナーが「コナー4リアル」として突然ソロデビューし、バンドは呆気なく解散。専属DJに成り下がったオーエンと引退して農場主となったローレンスを尻目に、ファーストアルバムが大ヒットして人気絶頂のコナーは自分のドキュメンタリーを製作する事に。しかし、やる事なす事がすべて裏目に出てしまい、セカンドアルバムは不評で大コケ、世界ツアーも大トラブルで中止に追い込まれてしまう。果たして、彼らの運命は…?

これ、豪華セレブもカメオ出演ということで、いろいろ出てるけど、mikiが知っているの僅かだから、あ、この人出てるんだくらいな感じ。まあ、映画にチョイ役でも出るってすごいけど、ただそれだけな感じ。ストーリーは全然つまらなくて、寝てしまっていた。で、コナーの歌う歌って、こんなに下卑たの!?曲はかっこいいけど、これに字幕スーパーが付くと、こんなにひどい歌詞なのねと思ってしまう。知らずに聞いていた方がどんなにいいのか…。うーん、ストーリーもつまらないし…。
見ない方がいいと思うって感じの作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-08-05 16:40 | 映画

トランスフォーマー 最後の騎士王

c0015706_8573770.jpgトランスフォーマーシリーズ最新作ということで、早速見に行ってきました。

今日は封切り翌日の土曜日、お昼の回を見に行ってきましたが、大勢の方で満席に近い状態でした。

地球上のあらゆるテクノロジーをスキャンする金属生命体トランスフォーマー。彼らの起源は謎の異星人たちにあった…。「創造主」と呼ばれる異星人たちは、惑星サイバトロンの再生と地球侵略を計画。それを食い止めるべく一人旅だったオプティマスは消息を絶ってしまう。宇宙の彼方で何が起きているのか。全人類の前に立ちはだかる地球の破壊者と化した「守護神」にバンブルビーが戦いを挑む!人間が文明を築く太古の昔より、異世界からの来訪者たちは地球に干渉し続けていた。歴史の裏に隠された謎が説かれた時、世界はどうなるのか?オプティマスのいない地球では、凶悪なメガトロンが甦り、強力な軍団を形成。バンブルビーはオートボットのリーダーとなり、人類と共に抵抗するも苦戦していた。そこにオプティマスが帰還。だが彼の様子がおかしい。目から不気味な光を放ち、「ダーク・オプティマス」とも言えべき姿に。
c0015706_8575627.jpg


このシリーズ、いつの頃からか、歴史のいろいろなシーン等を使って、そんな昔から漢族生命体は地球にいたんだとやってるけど、今回も…。うーん、なんか、あまりにもそれが多すぎて、で、それで!??なんて思ってしまう。ストーリーがあっちこっちに動き過ぎて、ついていけなくなって、ウンザリって感じ。もう少し単純化したストーリーの方が見やすいと思うけど。まあ、トランスフォームは面白いけど、クライマックスのアクションシーンもだらだらと続いていて、飽きてしまう感じ。長けりゃいいってもんじゃないんだと思った。
うーん、封切られれば見るげどさぁ…。まあ、DVDで見てもいいかなって感じもする。
[PR]

# by mikibloom | 2017-08-05 12:55 | 映画