映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

カテゴリ:TV( 7 )


総天然色ウルトラQ(試写会)

c0015706_22443342.jpgあの「ウルトラQ」がカラーに!!!?と、いったいあのオープリングロゴはどんな色!とすっごく楽しみにしていた作品、さっそく見に行ってきました。

mikiが行ったのは、朝一番の試写会でしたが、熱烈なフアンを中心に満席状態でした。小さなお子さんをつれた若いパパの姿もありました。

「ウルトラQ」は1966年1月2日から同年7月3日まで放送されたSFテレビドラマの金字塔。当時では珍しい1話完結のアンソロジースタイルで、SF、ホラー、ファンタジーといった多彩なジャンルと毎週登場する怪獣たちが子供たちのみならず大人たちの人気を博した。カラーテレビの復旧する以前だったため番組はモノクロで制作・放送された。今回、ウルトラシリーズの原点といえる「ウルトラQ」が、ハリウッド最新デジタル技術により「カラー化」され、高画質HDリマスター版の最新Blu-rayとして蘇る・・・!!!

今回は開場時間より少し早めに入場ということで、普通だったら黙って開映時間まで待つのが普通だが、今回は待ち時間中ずっとメイキングやウルトラマンシリーズの宣伝CMが流れていて、それはそれで結構面白く、飽きずに待つことができた。
もうもう、一番知りたかったのは、ウルトラQのロゴの色、あんな色をしていたんだとすっごく納得。これだけでももう大満足。mikiが小さかった時に観ていた記憶なので、ヒーローがいないこの作品、いったい誰が怪獣を倒したんだっけ!?などと思いながら見ていたが、こんな結末だったんだとこれも納得。なんかこんなストーリー展開って、先日公開していたハリウッド映画の「スカイライン」みたいに、よりリアリティがあるって感じ。確かに実世界では、こんな怪獣が出てきても、ヒーローが出てきて退治するなんてないから、こちらの方がリアリティがあるかも。そんなストーリーをほぼ半世紀前にすでに作っていたなんて、すっごいかも。で、出てきた怪獣のシーンって、もっと長いのかと思いきや、以外と短いのねぇ、でも結構ストーリーがしっかりしているって感じで、今見ても結構ストーリーに説得力があるかもと思いつつ見ていた。
うーん、これって予約でかいたーーーーいかも!!!
[PR]

by mikibloom | 2011-07-16 10:00 | TV

太陽系の七不思議(試写会)

c0015706_859177.jpg宇宙ってちょっと興味があるジャンル。そんな映像が3Dで観られるとあって、見に行ってきました。

ヒストリーチャンネル開局10周年記念イベント。今日のイベントはトークショー付きということで、結構大勢の方が見に見られていました。

人類もこの地球も、すべては宇宙の中から生まれた。ではその宇宙はどうやって誕生し、どんな構成なのだろうか。太陽系の七不思議とは・・・。

最初のトークイベントの中で、ヒストリーチャンネルで放映される宇宙ものの紹介を行っていましたが、その中で、「おかえりなさい はやぶさ」では、昨年地球に戻ってきたあの「はやぶさ」号の声を池田昌子さんが演じるということで、すっごく興味を持った。わっ、いったいどんな映像なのか楽しみ。
そして、太陽系の七不思議の映像、1時間程度の番組をスクリーンで3D上映。太陽系の映像を3Dで観ると、すっごく立体的で、まるで右超旅行に行った気分になる。とくに小惑星帯を通過する様子など、奥行きがあって、宇宙ものの映画をリアルで観ているって気分で大興奮。
それと、太陽の映像、赤く燃えている映像の3Dがすっごくリアルですごい!!これも大興奮。土星の輪の秘密や、土星の衛星の話など結構面白かった。ただ、後半、ちょっと似た様な展開に眠くもなったけど、うん、これって、ずっと目を凝らして見るというより、何かをやりながらテレビを賭けて、自分の興味のあるところだけをスポット的に観るって感じの方が向いているのかも、等と感じた。でも、宇宙の3D映像がすごくリアル。これはぜひわが家の3Dテレビで3D眼鏡で観賞してみたいと思った。
大画面テレビで宇宙旅行気分で楽しむのにいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2011-02-22 18:30 | TV

ギャラクティカ(試写会)

c0015706_828656.jpg映画好きのmikiだが、よく会社の同僚に、海外ドラマって見ないの?と聞かれることがある。うーん、見たいけど、はまってしまう自分がわかるから。そうすると、映画をこれだけ見て、そのほかに海外ドラマだと時間がない。なんで、はまる前に見ないことにしているの。なーんて言っていたmikiなのだが、ひょんなことから、海外ドラマの試写を見ることに。ちょっと見、これ、スケールの大きさまドラマっていうより、映画だよね。ということで、海外ドラマが好きなお友達と一緒に見に行ってきました。
試写では、プロジェクターを使ってのでっかい画面。おおっっっこの方が迫力抜群だし。
ドラマという長丁場のストーリーのため、最初いろいろな設定が出てきて、下手すると、設定の説明だけでちょっと飽きるんだけど、これはなかなか見せてくれる。
宇宙空間でのストーリーだが、人間と、人間が作ったロボットであるサイロンとの戦い。しかも、このサイロンは人間そっくりで、ある日そこに人間ではなくサイロンがあたかも人間としてもぐりこんでいる。いったい誰が人間で、だけがサイロンなのか。そんな謎解きをしながら、人間とサイロンの戦いにどう人間は挑もうとしているのか。見ているとだんだんとはまってくるmikiがいる。そして、人類の危機の時、国家の長として大統領のとるべき行動は。そして、宇宙船の艦長として取るべき行動とは。もしそれが自分だったら、どちらを選ぶか。つねに究極の選択を迫られる人たち。そして、いかにサイロンと戦うか。もちろん戦闘シーンなどは、スターウォーズなどと引けを取らない迫力。戦いの中でのいろいろな人間模様。えっっ次はどうなるの??といいところで今回の試写が終わってしまった。うっっっっしまった、完全にこのドラマにはまりそう。はあっっっやっぱり最後までみたいーーーー! ! !
[PR]

by mikibloom | 2008-05-18 11:00 | TV

二つの塔 SEE

映画を見て家に戻ったら、ダンナがテレビをいじっていた。何をしているのか聞いたら、テレビでBS放送を見られるようにしているとのこと。っていうことは、さっそく試聴しないと! !じゃあさっそく今日のBSで二つの塔を。SEEはDVDも持っているけど、見られるときはやはり見たい。
最初は日本語吹き替えを見ていたけど、セリフを聞くたびに、フロドじゃない! !とかアラゴルンじゃない! !もちレゴラスじゃない! ! と言いまくっているmiki! ! もう、吹き替えやだーーー! ! と一大決心して英語バージョンで鑑賞。はたしてちゃんと最後まで見てられるか不安だったけど、以外や以外、何度もリピートして見ているせいか、なんとなくわかったりして・・・!?もちわからないとこもいあるけど、それはそれとしてすっ飛ばして。見たいシーンはもちレゴラスのシーンとヘルム峡谷の戦闘シーンだから、それでいいっか! ! と、半分家事をやりながら、半分映画を見ながらとながら鑑賞。でも、レゴラスのシーンはしっかりと見ましたじょ。メリピピを追って走るシーン、ファンゴルンの森(もち、レゴラスの指と爪に萌え~~)エドラスのシーン、ワーグ急襲シーン(あの流れ矢がmikiの胸に刺さって今でも抜けないのよね! !)ヘルム峡谷のシーン。もうもうやはりレゴラスはよいわーーーー! ! 今回は字幕がないだけレゴラスのセリフ一つ一つを集中して聞いていたような!?あーんオーリーも若いし、初々しいし、キングダムのバリアンとまた違った魅力があるわーーー! !
[PR]

by mikibloom | 2005-05-01 19:30 | TV

半落ち

これ、映画館で上映してたときも、ラストシーンはわんわん泣きたい気持ちだったけど、久しぶりにテレビで見て、また泣いてしまった。アルツハイマーの妻の嘱託殺人。夫は殺人から自首するまで何をしていたのか、その謎を解き明かしていく。そのなかで、アルツハイマーの患者がでてくるが、見ているのにつらい。映画中では「人間が壊れていく」というような表現を使っていたが、それを脇で見ている親族のつらさってしんどいだろうと思う。一つには、平常だったときのその人の姿を診ていたということのギャップ。そして、日々の介護。昼夜が逆転とか、どこに行ったかわからなくなるとか、それこそ家族には気の休まるときがないということ。mikiの祖母も寝たきりからボケて、しまいにはmikiのことも看護婦さんと思っていたときがあった。それもつらいことであったが、しまいには面会に行っても誰かわからない。一日ぼっっっとしてベットで過ごしていた。幸いに老人ホームで見ていただくことができたが、そうでなかったらそれこそ家族が介護で大変だっただろう。でも、そんな人生って、ほんとに祖母は幸せだったのか・・・。
この先、自分の家族や自分自身に同じようなアルツハイマー、認知症(さいきんは痴呆症ではなく、認知症というそうですが)になったとき、果たして家族は?自分は?と考えさせられる映画だった。
[PR]

by mikibloom | 2005-03-23 21:00 | TV

呪怨

呪怨2は劇場で見てて、まあそれなりに怖いかなと思っていたのですが、今日やってましたねーー! !日本版呪怨! ! 2より1のほうがはるかに怖いや! !なんか、気配怖いというのが随所にあって、あーーこうなると怖いよねーーー! ! って思いがそのまま映像で現されているし、それ以上にえーーーこうくるかーー! ! って感じの怖さもあって・・・! !日本の湿りけのある怖さはまた格別、外国のホラー以上です。しばらくは夜のベランダのガラスや夜のトイレ、お風呂場などで思い出しそう! !ううっっっ思い出すだけで怖くなってしまう映像だ! !なのに、それを我が家では家族そろってテレビで見ているって、いったいどういう家族!?ううっっっやっぱいま公開のハリウッド版呪怨も見てくるか! !
[PR]

by mikibloom | 2005-02-16 21:00 | TV

A.I

今日、テレビでやってましたねーー。地上波ノーカットだって。なんか、もう地上波でやっていたかと思ったけど・・・。我が家は地上波の映画はまずデジタル放送で鑑賞してるのですが、今回もデジタル放送ではっきりくっきりで鑑賞しました。もち、この映画は映画館でも鑑賞してるし、DVDも持ってて見てるし、なのになのに見てしまいました。やはり、映像が見せますねーー! ! じかにキャラを捉えてみたり、ガラス越し、鏡の中から、テーブルに写る姿、水の中から、氷のところもと、ともにと、うーーん、うまいっっっとうなってしまいます。また、主演のハーレイ・ジョエル・オスメント、助演のジュード・ロウとも、やはりうまいっっっとうなってしまいます。ロボットだから瞬きしない、瞳をあちこち動かさない、無機質な動作。吹き替えのほうは、ハーレイのほうは、まあイメージを崩さないのでよかったのですが、やはり、ジュード役に成宮くんはどうかね!?ちとイメージが違いすぎて・・・。声がまだ若すぎる、もう少し年齢が上の俳優を探せなかったのかな!?目先の人気俳優で声優を探さずに、もっとイメージどおりの声優を探して欲しかった。残念! !
ところで、数年後にはほんとあんなロボットができるのでしょうか?そんなことも、今の技術では夢ではないのかもしれませんが、そうなったら、ロボットの子供を買うのかなーーー!?などとおもいつつ、ジゴロジョーなら、すぐにお買い上げしたいとまたも思ってしまったmikiです。できれば、ジゴロオーランド。もちオーランドバージョンでお願いします。今日はレゴラスバージョン、明日はパリス、明後日はウィル、あとあと、ジミーも良いし、もちオーリー自身でも・・・と毎日楽しんでも、飽きません。絶対に! !どなたか作ってくださいませんか!?
[PR]

by mikibloom | 2005-01-12 23:49 | TV