映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2006年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧


キングダムオブへブン(ディレクターズカット)

c0015706_22391933.jpgアメリカで、キングダムオブへブンのディレクターズカットが発売になるということで、さっそく、通販で購入したのが、ようやく今日届いた! ! 今日届くならそう言ってよ! !mikiは半分飲んだくれて返ってきたじゃないの! !でも、どうしても見たかったから、さっそく鑑賞。字幕は英語、そして飲んだくれのよっぱらい状態だったら、すこしでも面白くなかったら絶対眠ってしまってしまったはずなのに、ぜんぜん眠らず、しかも、画面にかじりついて見てしまった。
もちろん、かじりついて見ていたのは、オリジナルでカットされていた、オーリー扮するバリアンのあんなシーンのこともあるのだが、それより、劇場版では見られない、丁寧なカット割りに納得。
バリアンが妻子を失った悲しみや、シビラがバリアンと恋に落ちたわけ、そして、シビラの息子をなくした悲しみなどなど、劇場版では見られないカット。そして、劇場版ではなぜシビラが夫の戴冠式に不機嫌だったかなど、わからなかったシーンも納得。配給会社は、目先の興行成績だけを気にして、劇場公開版を作ったよね、と思ってしまう。このディレクターズカットだったら、たしかに、上映時間は長いかもしれないけど、長く名作として残っていく1本と思うのだが。たしかに、ディレクターズカットは194分、3時間を超える大作だけに、上映時間としては長いかもしれない。でも、この丁寧なつくりであれば、もっと多くの人が劇場に足を運んでくれたと思うが。
このディレクターズカットが日本では劇場公開をしてもらえないのであれば、是非、DVDだけでも、日本語字幕バージョンで発売してほしいものだ。
[PR]

by mikibloom | 2006-05-30 09:00 | 映画

夢駆ける馬ドリーマー

c0015706_2175356.jpgダコタ・ファニングちゃんの、最新主演映画。ダコタちゃんといえば、天才子役といっていい演技力であるが、彼女、もう子役っていえないね。この演技力といい、年齢といい、そろそろ女優と言ってもいいかも。この映画でも、乗馬のシーンや、大人との駆け引きなど、堂々とした演技。
ストーリーは骨折した競馬馬が、また競走馬として、復活するアメリカンドリーム。でも、これは実話であるということがすごい。このお馬ちゃん、なかなかかわいい、アイスキャンデーが好きだったり。
[PR]

by mikibloom | 2006-05-27 16:20 | 映画

デイジー

c0015706_23392453.jpgうーん、これも韓国的映画ストーリーのワンパターンの展開。しかも、随分とストーリー展開に無理があるよね。たとえば、突然二人の男性から好かれたり、花を贈られたり。そして、その送った男性を一方的にこの人と思っている女性。ちょっと無理すぎない??ふつうありえないよね。まあありえなくても、まあこんなことがあったらと思うけど、このストーリーはわざとらしくて・・・。最近韓国映画を見る機会が増えたが、もうすこし、上質の映画を見せてほしい。
[PR]

by mikibloom | 2006-05-27 13:10 | 映画

嫌われ松子の一生

c0015706_23155764.jpgこの映画のタイトルを見たとき、何???と思ったが、映画は結構○! !
実は、今年の2月に、この映画のCGを手がけた方の講演会を聞く機会があったの。そのとき、この映画の宣伝がてらということで、製作途中の画像を少しであるが見せてもらった。まだまだ途中の平面的なCGが、どのように完成版として見られるか、とても楽しみだった。
最初、CGが平面的??って思っていたが、じつはこの映画自体、すこしケバイ色合いで構成されている。うーん、松子の、そんな時代背景的な風景。そして、当時の唄がちりばめられていて、懐かしい。それでいて、松子の数奇な運命。それもこれも、子供のときに、父親にかわいがられたいというコンプレックスがずっと尾を引いているのだろうか?運がないというか、でも、見ていくうちに、なーんかこの松子、自分とあまり違わないような気がした。
[PR]

by mikibloom | 2006-05-27 10:15 | 映画

横浜中華街にて

c0015706_22403754.jpg今日は会社の友人6人と一緒に横浜中華街のお店で豪華中華料理。このお店は海鮮料理がおいしいということで、なかなか食べられないグルメ料理三昧。
まずは1品目は、鯛のお刺身の中華カルパッチョ風というのかな?鯛のお刺身にレタス、白髪ねぎ、ラッキョウと紅しょうがのみじん切り、c0015706_22455529.jpg揚げワンタンをドレッシングであえて食べる。ドレッシングはオイスターソースが入った少し甘めのお醤油ドレッシングってかんじで、なかなかおいしい。次は鮑の前菜。これ、身がすっごくやわらかいの。うーん美味! !幸せーー! !そして、もうひとつは、フカヒレ。これも、普通なら繊維状にしたもののスープなどがよくあるけと゜、丸ごと煮込んであるものって、c0015706_22494774.jpgなかなか食べられないよね。これもよーく炊けていて、すっごくおいしかった。コラーゲンたっぷりで、お肌にもよさそう。6人くらいだと、お料理の量もちょうどよくて、もう満足。年に1回くらいのグルメもいいか! !
[PR]

by mikibloom | 2006-05-26 18:30 | 雑記

血液検査

c0015706_22313220.jpg今日は、会社で血液サラサラチェックなるものがあって、挑戦してみることにしました。
利き手の反対側の指の腹にチョンと針で突いて、ほんの少し(裁縫の針で誤って指を刺したときで血が出る程度)の血液をガラス板に採取して、顕微鏡で画像を見るというチェック。これにより、どろどろ血は赤血球がつながって見えるらしい。もう、検査の数日前から自分の血液は大丈夫だろうかとどきどきしていたけど、結果はA判定だった。その画像がこれ。やったね! !
どろどろ血にならないようにするためには、こまめに水分を取ること、ストレスなどためないことらしいです。これから汗をかいて体内の水分が少なくなってどろどろ血になりやすい季節、気をつけないとね! !
[PR]

by mikibloom | 2006-05-25 18:00 | 雑記

ジャケット

c0015706_2163571.jpgこの映画の予告を見たとき、もっとこわーい映画かと思っていたら、思ってたほど怖くなかった。それより、ラストはなーんかいい映画って感じ。
ここんとこ、いがいと閉所恐怖症になりそうな映画を見ていたせいか、やはりこの閉所の怖さはいやだね。自分だったら、発狂してしまうのではないの?この閉所もやだけど、病院という空間で、外に出られないという閉所もなんか発狂してしまいそう。でも、この主人公、ジャックが閉所で見た世界は、未来。そして、自分の死のなぞを解明していく。自分だったら、やはり怖いけど、見てみたい世界。それが本当に見られるのであれば、挑戦するかな!?主人公ジャックが探し当てた死の謎、その末には・・・。ラストの言葉がとても印象的。エンドロールへのつなぎがうまい。
[PR]

by mikibloom | 2006-05-24 18:30 | 映画

グットナイト&グットラック

ジョージ・クルーニーがたしか自分のお父さんを描いたって映画だそうで、見に行ってきました。
最近よく見ている映画とは、ぜんぜんタイプの違う映画で、さながら、ドキュメンタリーに近い感じ。だもんだから、字幕が多い多い。場合によっては、読みきれずに、次の字幕に入ってしまうことも。ついでに、この映画はモノクロ映画なのに、字幕が白。シーンによっては字幕が見えないこともあって、配給会社さん、お願いだから、いい映画の字幕はしっかり見えるように位置取りしてくださいな、などと思ってしまった。なかなか硬派な映画、今でこそ、テレビでいろいろなことをキャスターが主張できる時代であるが、それがなかなかできなかった時代に、風穴を開けたといえる番組。たまにはこういう映画もいいかな。
[PR]

by mikibloom | 2006-05-22 20:00 | 映画

間宮兄弟

c0015706_23311619.jpg会社の同僚が見に行って、面白かったというので、さっそく見に行ってきました。
二人とも、いい人って感じの仲のよい兄弟。うーん、こんなのあるあると思いつつみていた。ところどころクスリと来るエピソードもあって、うんうん、オタッキーな二人ならこんなこともあるよねなどと妙に納得。
間宮兄弟をみていたら、なーんかこの二人、mikiのとこの息子みたい、なーーんて思ってしまった。ほっそりタイプのお兄ちゃん、背の低い、丸っこいタイプの弟、まるでmiki家の兄弟があと10年後の姿か!??そんなになっても、ずっと仲がいい兄弟でいて欲しいが、はたして間宮兄弟みたいに行くかなーー?
[PR]

by mikibloom | 2006-05-20 10:40 | 映画

ダ・ヴィンチコード

c0015706_23271816.jpgやはり、今日のイチオシはこれでしょう! !もう、1週間前から、座席を予約してのわくわくの観賞。前日、まだ原作の文庫本の中巻の途中あたりをのろのろと読んでいたが、会社の帰りから読んでいて、止まらなくなり、前日、いや当日の1時まで一気に読んでしまった。あー、今日は6時起きだっていうのに! !
さて、これだけのストーリーをいかに映像化したのか、やはり興味がある。うーん、前半のストーリー展開の速さといったら、見ていて、えー、もうここなの! !って感じでどんどんストーリーが展開されていく。ただ、せっかくの美術館、もっとダヴィンチの絵画をじっくり見たかった思いもあるけど、仕方が無いか。でも、ストーリー上にでてくる、絵画や建物など、要所はしっかりうつしてくれているから、見ていながら、あ、これがあれね! ! ってかんじで、見て納得! !
またこの映画の出演俳優陣も豪華なこと。キャスティングに納得。オードレイ・トトゥのソフィってどうだろうと思っていたが、過去の主演作のアメリやロングエンゲージメントなどの、おっとりとした女性ではなく、きりりとした暗号解読官にうまく会っていたとおもう。もちろん、イアン・マッケラン、ポール・ベタニー、ジャン・レノ、トム・ハンクス、どれも、イメージだ。ただ、mikiとしては、レミーがイメージではなかったのだが。
映画のエンドロールが終わったとき、拍手を送りたかった。うーん、この原作、もう一度読んで、もう一度見に行きたい。
[PR]

by mikibloom | 2006-05-20 07:20 | 映画