映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2006年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧


ウルトラヴァイオレット

c0015706_2236153.jpg近未来を舞台にした、アメリカンコミックの映画化。主人公はボディコンスーツをまとった、女性。って、こないだ見たイーオンフラックスと似てるじゃないか。まあ、あれより、映像的にはよりコミックっぽい演出があるが、悪の設定といい、なーんか小難しい近未来の設定といい、最近のアメコミって、こんなんばっかりなの?まあ、拳銃をぶっ放して、スカッとはするのだが・・・。
[PR]

by mikibloom | 2006-06-24 13:00 | 映画

ジャスミンの花開く

c0015706_22293570.jpgいうなれば、チャン・ツイィーの顔見せ映画。うーん、彼女が、3代に渡る女性を演じているのだが、彼女が演じなければならないという、必然性があるのか!?たしかに、演技はうまいかもしれないが、ずーーっと彼女だけ見ているなんて、すこし飽きが来てしまう。とくに、ストーリーが前半、中盤とも、淡々としている感じで、もうすこし、起伏がほしくなる。さすがに、終盤のシーンはなかなかの迫真の演技であるが、でも、ところどころ?とおもうのもあるんだけど。
[PR]

by mikibloom | 2006-06-24 10:30 | 映画

M:i:Ⅲ(試写会)

c0015706_23132950.jpg今日はお友達のみらいさんのお誘いで、トム・クルーズ最新作のミッションインポシブル3の試写会へ。みらいさん、ありがとうございました。
この映画、映画館でやっていた予告からなーんか面白そうで、楽しみにしていたの。だもんだから、今まで映画館で見てなかった1と2もわざわざDVDで借りて観ておいたし。うん、今回の3は期待を裏切らない面白さ。もち、1&2を観ないで行っても十分に楽しめると思う。
しょっぱなから、すっごいシーンから始まってね映画の中に引き込まれる。その後は、もちろん、アクションと穏やかなシーンと取り混ぜてのうまい展開。ミッションでのアクションは華麗でもちろん見もの。こんかい一緒にミッションを行うメンバーについても、がたがたと説明もないし、それでいてねうまいサポート振りに、トムの華麗さが引き立つ。それでいて、決めるときは決めてくれるし、今までだったら、たった一人だけ際立っている感じがいやだったんだけど、今回はそんなこともなく、うまいチーム力にも納得。もうずっと画面に引き込まれっぱなし。もう今までの1&2は比べ物にならないくらい面白い。見に行って悔いはなし! !
[PR]

by mikibloom | 2006-06-22 18:30 | 映画

オーリー貧乏!?

c0015706_23245517.jpgはあっっっまたもや、雑誌貧乏、オーリー貧乏まっしぐら、かいな??
オーリーの映画が封切られるたびに、映画の紹介の本があっちこっちで発売される。&今回はプレミア試写会の申し込みもあるし、ってなことで、気がつくとこれだけここ2・3日で買い込んでしまった。でも、これからまだまだ関連本は発売されるし・・・はあっっっっいったい、いくら雑誌&本につぎ込めば気が済むのだろうmikiは! !
[PR]

by mikibloom | 2006-06-21 21:00 | オーランド

カーズ(試写会)

c0015706_22534229.jpg車って、正面から見るとなーんとなく、顔っぽく見えてくるよね。そんな車の世界が舞台の映画。
カーレースで活躍するライトニング、カーレースはなかなかの見もの。まるで、ゲームのグランツーリスモをやっているようなすごいスピード感にはびっくり。観ているうちに次第に車の世界に引き込まれていった。それにしても、この車たちの表情のよいこと、うーん、わかるわかるって感じの表情をしてくれる。そして、ライトニングが迷い込んだのは小さな田舎町。その待ちの人々?車たちもとっても素敵。、壊した道路を直すライトニングや、田舎のレース場でレースをするシーンなど、とても人間的な表現でとっても面白かった。
とくにmikiにはネオンが灯る町の表情、そして、ネオンが消えていく町の様子がとってもきれいでそれでいて、切なくて、素敵だと思った。
クライマックスも、なかなか見所があって、ああ、こんなシーンが観たいっっっとおもったところも見せてくれて、大満足。
もちろん、エンディングもなかなか面白いので、ぜひ最後の最後まで見てほしい! ! 思わず、ニモは~???と思ってしまったが・・・! !
mikiの息子が小さかったら絶対に一緒に見に行ったかも、映画館の帰りに、ヘッドライトをともした車がなんとなくカーズの世界の車たちに見えてきてしまった。クルマ好きの子供がいたら、是非一緒に見に行ってほしい。車が好きでなくても、とても素敵なストーリーなので、見に行ってほしい。
[PR]

by mikibloom | 2006-06-19 18:30 | 映画

不撓不屈

c0015706_91955.jpg不撓不屈なんて、たしかどっかのお相撲さんが大関か横綱に昇進したときの口上に述べた四文字熟語?そんな映画なんて・・・。数日前に電車の中吊り広告で、原作の文庫本の宣伝をしていたので、ちょっと興味があって、観てきました。
時代は昭和30年代後半の税理士のストーリー。うーん、専門用語がいっぱい出てきて、難しいぞーー。こんなん観に来るのって、やはり業界人??
ストーリー展開はつまらなくはないけど、やはり専門用語が壁ね。実話がモデルだってことで、山場もこれと言ってなく、たんたんとした感じ。うーん、最近実話ブームなの??実話もいいけど、もう少し山を作ってよ。観終わったときスカッとしないジャン! !
[PR]

by mikibloom | 2006-06-17 18:30 | 映画

デスノート(前編)

c0015706_91374.jpgもし、悪魔が、死のノートを落としたら?そして、そのノートを天才が拾ったら?
そんな始まりのストーリー。死のノートに書かれた人は死ぬ。そのことに気づいた天才は・・・。どこにでもいそうな、青年なのに、その行為は天才がなせるためなのか、それとも、死のノートに導かれているのか。なかなか今までにないストーリー、展開。もし、自分がそのノートを拾ったら・・・?もしそのノートに自分の名前が書かれたら・・・?
そして、その天才に挑む、もう一人の天才L(エル)。この二人の駆け引きが後半見せてくれる。
その中にも、エルの甘党のシーンには、なかなか笑えて、うまい展開。最後まで緊張していて面白かったーー、疲れたーー! !後編が楽しみ!!
この映画、原作が少年漫画ということで、原作ファンのティーンズがいっぱいだった。mikiは原作を知らないので、映画自体を楽しめたが、原作ファンには、なんか消化不良だったみたい。原作を読んでから観るか、観てから読むか!?
[PR]

by mikibloom | 2006-06-17 10:00 | 映画

君に捧げる初恋

c0015706_1453284.jpg最近の韓国映画のワンパターンにちょっと飽きていたのだが、やっぱり見ておこうと、見に行った1本。なにせ今日はレディスデイだしね! !
映画のタイトルからして、シリアスな恋愛ものとばかり思っていたら、どっこい、なかなかのラブコメディもの。けっこう漫画チックで笑える。こういうコミカルな韓国映画って、いままでに見たことがないような気がする。もっとやってもいいのに。当然、ストーリー展開もテンポよく進むし、あ、ときたま、あまり時間軸が進みすぎて、考え物ということもあるが、ラストはすことほろりとさせてくれるところもあって、まあ全体としてはいいんじゃない! !
[PR]

by mikibloom | 2006-06-14 19:00 | 映画

梅雨の鎌倉

c0015706_14324622.jpg今日は、息子の高校のときのお母さん同士で、鎌倉へ行ってきました。久々にあったお友達に、いろいろと近況を話したりしたりして、盛り上がり、いざ鎌倉、紫陽花寺へ。ここは、この季節、すっごく込むだろうと、早い時間から出かけて、いったのですが、9時半すこしすぎたばかりだというのに、もう、拝顔を終えた人の帰りの人もちらほら。いったい何時からあいているの??でも、miki達の前には延々と拝顔をすると思c0015706_1433398.jpgわれる人たちの列。うわーー。すごい! !とくに今日は雨になってしまったので列も傘のせいで膨れ上がっているという感じ。境内に入ると、もうひとがわんさか。傘の花と紫陽花の花の鑑賞というかんじでした。今年は寒かったせいか、例年より花の時期が遅いみたい。まだまだ色づかない紫陽花もけっこうありました。見ごろはあと1週間か2週間ひつようなのかしら??かえって、境内を出てから、北鎌倉に向かう途中c0015706_14332573.jpgにあった、葉祥明美術館の入り口にあったガク紫陽花がちょうど見ごろで、きれいでした。そこでは、家に飾るポストカードと、一筆箋を買いました。その後、てくてくと鎌倉の小町通を目指して歩き。途中靴ずれで、足にまめができてしまった。雨の日のウォーキングって、何を履いたらいいか考えてしまうね。お昼は、前にも行ったお店で、ちょっと豪華なランチ。雨のせいかぜんぜんお客がいなくて、ゆったりとお昼を楽c0015706_14334529.jpgしむことができました。靴ずれのせいか、いつもより歩きつかれた感じ。
[PR]

by mikibloom | 2006-06-11 08:00 | 雑記

TRICK 劇場版2

c0015706_14221633.jpgテレビドラマのTRICKがまた映画化した。人物設定も、すでにドラマで語っているせいか、ストーリーからの展開。ずっこけ的な仲間由紀恵とシリアスだけど、面白い阿部寛のコンビが絶妙。阿部ちゃん、こっちははまり役ね! !
そして、今回解決するのは、片平なぎさ扮する占い師。映画のしょっぱなから、片平さんが、かつて演じていた役のネタなどがでてきて、なかなか笑える。あ、でも、mikiの周りの若い方は、手袋を取るシーンを見ても、知らないから、見てるだけ。ってことは、これはすこし年齢層が上の肩のほうが、いろいろ受けるかも。それに、ちょっと前の漫才師たちのコントの小ネタなどもでてくるし。後半のとこで、なんかアイドルの振り付けみたいのが出てきたのは、あれは片平さんがアイドル歌手時代の歌の振り??そこらへんがよくわからなくて、ちょっと悔しかった。
ストーリーは、いつもながらの展開で、飽きさせない。エンドロールもずっと見ていられるつくりと、おもわず出演者の役どころの表記が面白かったので、最後まで見てほしい。
[PR]

by mikibloom | 2006-06-10 13:00 | 映画