映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2007年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧


あしたの私のつくり方

c0015706_7321678.jpg成海さんが出演していたので、見にいってきました。高校の文芸部の子と、転校して遠くに行った元友人のメールを通した交信。転校で、自分を変えてみたい元友人に、いろいろとアドバイスをする主人公、その中にけっこう参考になることもあるので、この時期、進学なんかで新しい道を踏み出したけど、なかなか学校の雰囲気になじめないって方は一度見てみると、けっこうあるあるという感じかも。mikiもけっこう友達作りは苦手なほうなので、なるほどと見ていた。でも、元友人は、それは、自分を創って行くということに疑問を感じて、また新しい道を選んでいく。その勇気も応援したくなる。淡々といた映画だが、こんな映画もいいかもしれない。
[PR]

by mikibloom | 2007-04-29 16:50 | 映画

電撃文庫ムービーフェスティバル

c0015706_7314146.jpgこのなかの「キノの旅」が見たくて、行ってきました。さすがに、若い男の子がいっぱい、電撃文庫って、この世代に人気なのねーー! !うーん、やはり、mikiが「キノの旅」を知ったのも、やはり息子がこの本が好きで、その後に放映されたアニメを一緒に見ていたから。
三本立てで、その中でストーリーのバランスをとっていたので、なかなか興味深かったのだが、はあっっっっ、せっかく「キノの旅」になったとたんに、すっごい眠気が・・・! ! おいおい、これを見に来たっていうのに・・・。気がついたら終わっているし・・・! !思いっきり失敗、はあっっっ、リピーターになるか??
それにしても、パンフもグッズもしっかり売れていたなあ! !ほんと、このくらいの世代の子が楽しめる映画って、もっとあってもいいのかも。
[PR]

by mikibloom | 2007-04-29 12:40 | 映画

ゲゲゲの鬼太郎

c0015706_7305785.jpgこの映画の予告を見たときに、この映画まで実写になるんだ! !とちょっとびっくり、でも、目玉オヤジってどうするの??などとおもっていたが、なかなかの配役。いちばん似合っていたのはやはりネズミ小僧の大泉洋さんかしらん??これって、コスプレ映画??ってくらい、配役が役に合いすぎ。でもさ、鬼太郎って、もう少し子供のイメージなんだけど、そうすると、配役ができないから??うーん、ストーリー云々より、配役と妖怪を見にいったって感じかな。
[PR]

by mikibloom | 2007-04-29 10:10 | 映画

神童

c0015706_7302258.jpg松山ケンイチ君が出演しているってことで、早速見にいってきました。
音大を目指している劣等生のワオとピアノを弾くために生まれてきたようなウタとのストーリー。
こういう音楽ものの楽しみって、音楽を聴くってこと。ピアノの響きもものによってずいぶんと違うんだとおもった。そして、演奏シーン、うーん、これ、吹き替えもあるみたい、できるなら、本人に全部弾いて欲しかったけど、やはりそれは無理??
見所はウタのオケとの共演なのだろうが、もっと聞きたかったかな。それと、もうすこしストーリーに山が欲しかったような・・・。つまらなくはなかったけど、うーん、感動ってのもなくて・・・。
[PR]

by mikibloom | 2007-04-27 18:20 | 映画

私たちの幸せな時間(試写会)

c0015706_8214584.jpgなーんか最近韓国映画ってあまり一生懸命にやってないもので、たまたま当ったので、久々に韓国映画を見にいってきました。はじめ、これって恋愛もの??なーんて思って見にいったのですが、ちがうのねーー! !
死刑囚とボランティアで訪問している元歌手の二人が、だんだんと心を開いていくというストーリー。うーん、韓国映画にありがちのストーリー展開。見所といえば、韓国の刑務所制度ってこんなの??死刑執行ってこんなの??ってとこが結構興味深かった。(だが、現在の制度とは違うというテロップがあるのだが・・・)
でもさ、やっっっっぱり、予想通りにエンディングは韓国のワンパターンなのよね! !はあっっったまには、このパターンではない感動的な映画が見たいなーー! !
[PR]

by mikibloom | 2007-04-23 18:30 | 映画

ストリングス(試写会)

c0015706_8201854.jpg操り人形の映画、日本語吹き替えではSMAPの草なぎくんが主役の吹き替えをしているということでさっそく見にいってきました。
操り人形劇は、ヨーロッパでは結構ポピュラーらしいが、この操り人形はけっこう細かな動きまで表現できてすごい。水にぬれるシーンなんかもあって、メンテが大変そうなどとつい思ってしまう。
人形の世界らしい生死感で、見ている人にも命の生まれること、死に至ることがわかりやすくなっている。子供の誕生シーンなどはけっこう感動的だし、ジーナのシーンもけっこう感動的だし。
吹き替えの声も、声だけでしっかり演技していて、違和感がないかな。ただ、どうしてもハル王子の声は草なぎ君の声がかっちゃって、草なぎくんしていたのが残念。そういえば、この映画、香取慎吾君も出ていたみたいだけど、どこかわからなかった。
[PR]

by mikibloom | 2007-04-22 17:30 | 映画

ハンニバルライジング

c0015706_648890.jpgハンニバル・レクター博士がなぜああなったのか?という、はじめのストーリー。時は第二次世界大戦末期、幼いハンニバルに降りかかった悲劇は、やはり心の傷として、ずっと持っているものなのなんだ、それさえなかったら、平和に、普通に暮らしていたはずなのにね。
そして、青年ハンニバルとレディムラサキとの出会い。一応日本人という設定で、彼女からいろいろと日本的なことを学ぶハンニバル。へえーーー、彼は剣道なんかもやっていたのね。けっこう形になってるジャン、息子が見たらどんな反応をするか、聞いてみたいのだが・・・。
そして、ハンニバルの復讐、確かに悲惨なシーンだが、あれだけのことをやられれば、ぎゃくにハンニバルの味方になってみてしまうから不思議。でも、その一方でうっっっっと思ってしまうのも。
ハンニバルレクターのシリーズ、そういえば最初の羊達の沈黙はまだ見ていなかった。連休中に見てみようかな?
[PR]

by mikibloom | 2007-04-22 13:05 | 映画

ロッキーザファイナル

c0015706_6464413.jpg今年の映画は結構2もの3ものが多いが、これもシリーズもののひとつ。
でも、mikiはこのシリーズ見ていなかったのだ。だって、この映画がやっていた頃って、miki本当にボクシングとかの格闘技系ってだいっ嫌いだったので、見ていなかった。
だから、なぜかファイナルが最初に見たロッキーの映画。そんなmikiでも、この映画はすっごくよかった。
こういう映画だとついつい昔のシーンの多様などあるが、これは、今のロッキーがまたボクシングをするまでのストーリー。前フリは少し長いが、しっかりと描かれている。それにしても、知るベスタスターローン、結構な年齢だと思うが、しっかりと腹筋は割れているし、いい筋肉、そしてトレーニングのシーンも、すごい! !アンナ重いものも持てるなんて・・・! !驚き! !
もちろん、この映画のクライマックスは試合のシーン、やっぱりヘビー級の試合ってすごーーい迫力! ! !みていて体に力が入ってくる。そして、試合のシーンの見せ方がうまい! ! !できるなら、もっと見て痛かったという感じ。退場していくロッキーに拍手を送りたくなった。なかなかいい映画! ! ! !
[PR]

by mikibloom | 2007-04-22 10:15 | 映画

クィーン

c0015706_645315.jpgこの映画、予告を見たときから、すっごく見にいきたかった1本。何時見にいこうかいろいろ考えて、やっぱりこの日にしました。
ダイアナ妃のあの衝撃的な事故死から、葬儀までの出来事をめぐるイギリス女王のストーリー。
ダイアナ妃の事故死は、mikiにとってもすっごく衝撃的な出来事として、覚えている。やはりダイアナ妃は、普通の女性から、世界が注目するお妃としての彼女、そして、離婚後パパラッチの対象とされた彼女ととても波乱に富んでいた。そして事故。そのときの女王って、本当に普通に暮らしていたんだとなんかびっくり。まあ彼女にとってはダイアナ妃は赤の他人、それも王室とは縁も切れていたんだから、仕方がないといえばそうかもしれないけど、ずいぶんと冷たい態度なのねーー! !などとおもっていた。そんな中でも、狩に行ったり、その獲物には感情があるのになぜ??
実際のニュースフィルムとフィクションをうまく持ってきて1本の映画に仕上げているのだが、クライマックスがなんかいまいち盛り上がりに欠けているかな??そしてラスト、なーんか平々凡々な幕切れで、いつの間にか寝てしまったじょ! ! ラスト、いったいどうだったのか・・・!?みすごしたーーー! !
[PR]

by mikibloom | 2007-04-18 18:00 | 映画

東京タワー

c0015706_2326346.jpgこの映画、ついこの前まで月9で連ドラやっていて、そっちのほうはあんまり面白くなかったので全然見ていなかったのです。だから、映画化っていっても、全然期待していないどころか、みるのすら考えてしたところだったのですが、思っていた以上によかった。
オカンを樹木希林さんと内田哉也子さん母子が演じるってことで、それは期待していたんだ。若い頃のオカン、いろいろな苦労をしてもボクのためにずっと頑張っているそんなオカン。あの時代の風景の懐かしさとともに、見入ってしまった。
そして東京に上京したオカンとボクとの生活、友達も一緒の夕食の楽しそうなこと、いいなーー、オカンとっても楽しそうだし。
そして、病院のできごと、そしてラスト、うーん、ここまでくると涙がぼろぼろでもうもう止まらなくなっていた。見にいってよかった。
うーん、今日はオダギリジョー二本立ての一日だった。
[PR]

by mikibloom | 2007-04-14 13:10 | 映画