映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2007年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧


246本

これは、今年一年で見た映画の本数です。本数といっても、パイレーツオブカリビアンは18回見にいっているし、試写会のほか、もう一度見にいっている映画もありますが、そういったのも全部含めての本数。ほんと、映画って、見始めると、あれも見たい、これも見たいって、どんどん見てしまいそう。試写会に誘ってくれたお友達の皆さん、ありがとうございました。さて来年は何本見られるかな。数字にとらわれず、面白い映画を見て行きたいです。
[PR]

by mikibloom | 2007-12-31 18:00 | 映画

茶々 天涯の貴妃

c0015706_17432615.jpg年末というと、ここ数年、時代劇映画ってのが多いので、これも見にいってきました。
でもさ、これが上映されるって知ったのは、随分最近。時代劇なら、もっと前から宣伝してくれてもいいんじゃない。なーんかあんまり期待されていないって感じに見えるんだけど。
まあ、mikiもあまり日本史って詳しくないんだけど、そのなかでも、いくら女性だからって、茶々ってそんなにその中でも有名なの?で、和央ようかさんの起用ってどうなんだろう?ヅカ出身ってことだけど、ちょっとしたセリフでも、なーんかヅカっぽくて、まあ、彼女のフアンってひとなら、これでもいいのだろうけど、時代劇にヅカを引きづられても、mikiは違和感がある。もっと普通の女性として演じて欲しかったような気がするが。演技が仰々しくて。そして、茶々の妹として、寺島しのぶさんの起用。うーん、彼女じたいはすきなのだが、和央さんと並べると、どっちがお姉さん?と考えてしまうのはやはりmikiだけかな?
クライマックスで、自分の子供の命を心配する母としての茶々にはちょっと胸がジーンと来たが、ラストの演出もちょっと?と思ったのだが・・・。日本史をそんなに知らない人でももっと楽しめる映画にして欲しかったかな。
[PR]

by mikibloom | 2007-12-29 15:30 | 映画

ルイスと未来泥棒

c0015706_1741694.jpgディズニー映画2本立てのこの映画。ルイスの前にミッキーの短編映画が上映される。なんか蒸気船ウィリーを思い起こさせるミッキーの動き。やっぱりディズ二ーの映画ってこうでなくっちゃ! !最近、アメリカのアニメって言うと、どうしてもCG3Dアニメが主だが、こういった2Dアニメも面白いよね! !
そして、ルイスと未来泥棒。ルイスは母に捨てられた子供。養子縁組をするも、どれも不成功。でも、ルイスはとっても発明好き。発明に夢中になると、夜も寝ずに作る。そんなルイスは一目お母さんを見たくて、発明をする。そんな発明を奪う山高帽の男。そしてルイスがたどり着いたところは・・・。こんな暖かい家族っていいねって言える楽しい家族。そしていろいろな発明。そんなものがいろいろちりばめられているけど、さいごに、まるでジグソーパズルのように、ピースがぴったり合っていく。こころの温まるストーリー。これ、ディズニーランドでアトラクションにしてくれないかな。なんかとっても楽しそうなんだけど・・・! !
[PR]

by mikibloom | 2007-12-29 12:00 | 映画

AVP2

c0015706_17385710.jpgこの映画のチラシを見たとき、うわっっっまたやるの??って思ったけど、予告を見たら結構面白そうだったので、早速見にいってきました。
冒頭からすっごい音! !スピーカーが壊れそうなくらいの大音量、迫力がありすぎ。そんで、エイリアンのあの奇妙な増殖のしかた! !うわっっっっこわっっっっ! !いったいどこに潜んでいる?どうやって増える?と観ていながら緊張。そしてプレデター、あのクスリって、いったい・・・! !あの武器っていったい・・・! !でもさ、こんな地球の片田舎で、争わないでよなーんなて思いながら、いったい最後はどうなるの?と最後までハラハラドキドキ、何も考えずに楽しめた! !
[PR]

by mikibloom | 2007-12-29 09:40 | 映画

その名にちなんで

c0015706_17381233.jpg予告を見たときから、見たかった映画。今日のレディスデイの最終映画として、見にいってきました。
名前はその生まれた子供に最初の贈り物といわれるが、まさしくこの映画はそんな名前にまつわる映画。
母国インドを旅立ち、異国の地アメリカで結婚生活を営む夫婦。誰も知らない地での出産、子育ては大変だと思う。そしてその子供が、大きくなり、とあることがきっかけで自分の名前が嫌いだと。そんな家族の長い人生のスパンを描いている映画。決して派手ではないが、なーんかこの父の気持ち、わかる! !そして、母の思いも。自立した子供、残される夫婦、そしてその二人にも別れが。そしてはじめて知る自分の名前のこと。途中、ちょっと長いように感じたが、こんな映画を見ながら、改めて自分の名前のこと、そして家族のこと、自分の子供のことなどを考えながら観賞した。お正月、家族と過ごすことが多いこの季節、こんな映画で、改めて家族のことを考えてみるのもいいかもしれない。
[PR]

by mikibloom | 2007-12-26 19:30 | 映画

光の六つのしるし

c0015706_1736553.jpgお友達のまりんしゃんのお勧め映画、原作がファンタジー小説ってことで、小説は読んでないけど、ファンタジーはやっぱり好きなので、さっそく見にいってきました。原作を読んでいるまりんしゃんには、映画に好きなキャラが出ていないということでしたが、原作を読んでいないmikiにはけっこう面白かった。
少年ウィルはある日突然六つのしるしを見つける使命を追った。また彼を倒すために闇からの使者がウィルに迫る。と、けっこうファンタジーのらしい設定。そして、しるしはどこにあるのか?もっとどこか遠くに旅をするのかと思ったら、その旅?がなかなか今までにない旅。6つのしるしを探さなければならないし、闇の使者との戦いもあるし、映画的に随分と割愛しているんだろうなと思うが、CGもすごく、なかなか迫力ある映像となっている。そしてストーリー展開のテンポもいい。
そしてなにより、ラスト、ファンタジーらしく素敵なエンディング。うーん、これが単館上映なんて惜しい気がするが。もっとみんなに観て欲しい。
[PR]

by mikibloom | 2007-12-26 16:15 | 映画

カンナさん大成功です

c0015706_1735166.jpgこれも、映画の予告を見たとき、すっごく面白そう! !と楽しみに見にいってきました。太っちょのカンナさん、とあることから自分を変えたいと一大決心、全身美容整形! !その前と後の激変振りがすっごくユーモラスに、面白く描かれている。これ、本人の特殊メイクらしいけど、そんなの全然感じないくらい似合っているし、また、美容整形後のなれない自分に戸惑うカンナさんもよく描かれている。そして、整形後のカンナさんの歌手デビュー。所属会社の社長がすぐ整形と言うなんて、え、韓国ってそんなに整形が普通なの??なーんて思っちゃうけど、どうなのかしらん?でも、カンナさんのこのデビュー曲、すっごくパンチが効いて、いい曲ね! !後に残る歌。この歌結構すきだな! !で、カンナさんのやさしさもあって、見た目のきれいさは整形なんかで手に入れることは出来るけど、心のキレイさって、整形じゃあ手に入らない、やっぱり心がキレイでいられるってすっごく難しいことって感じた。この映画、すっごくテンポもよくて、明るく楽しくって、もちろん韓流のワンパターンでなくって、こんな韓流映画、もっと見たい! !お勧めの1本。
[PR]

by mikibloom | 2007-12-26 13:20 | 映画

迷子の警察音楽隊

c0015706_1734097.jpg映画の予告を見たときから、なーんとなくユーモラスな映画、面白そう! !ということで、レディスデイのこの日、お休みが取れたので、早速見にいってきました。チケットを買うのに並んでいたら、な・なんとお友達のまりんしゃんとばったり! !なーんと偶然なんだーーー! !しかも、その後他の映画も見にいくって! !あーん、わかっていれば、同じ日程にしたのに! !てなことで、二人で観賞しました。
イスラエルに招待されたエジプトの音楽隊が空港で迷子になった。自力で演奏会場に行こうとしたら、変なところにたどり着いて・・・。その、なーんかまったりとしたユーモラスさ、そんな困った中でも、なんか飄々としている楽団員。そんなちょっとしたことがクスリクスリと面白おかしい。一夜をどこで過ごすか、不安な一夜でも、こんな過ごし方って、もしかしたら、いい思い出になるのかも。そんな夜が更けていく。そして、この楽団員を助けてくれる見知らぬ人々。片言の英語での意思の疎通。途中ちょっとストーリーが滞ったきらいがあるが、最後までこの待ったり感がなんともいえない味を出していた。なかなか面白かった。あ、この音楽隊って、ブラスバンドじゃあないのね。警察音楽隊ってなーんか、イコール、ブラスバンドってイメージが強かったけど。
[PR]

by mikibloom | 2007-12-26 11:00 | 映画

魍魎の匣

c0015706_17321841.jpg京極さんの小説が好きで、もちろん、この前作も見たのですが、前作とはなんか感じが違いそう、こっちのほうがどちらかというとmikiのイメージに近いかなとワクワク、楽しみにしてようやく今日見にいってきました。
そうそう、今回は作家関口さんに、椎名桔平さん、京極堂はもちろん堤真一さん、榎木津探偵に阿部寛さんとくれば、mikiが必ずといっていい、見にいく俳優ではないの。
ストーリーもテンポよく、それでいて、しっかり京極堂が妖怪の説明も適切だし、是゛んかいみたのすこしまったりとけだるかったのがなくてすっきりしている感じ。画像も、あの当時を意識してか、色を抑えた色彩。少しストーリーも前後しているけど、そんなにごっちゃにならず、見る人もけっこうわかりやすい感じ。そして、一見別々のストーリーが、どうやって合わさってくるのか、それも見ものの一つ。そして、やっぱり忘れてはならないあの匣。クライマックスのおどろおどろしさ、よく出ていると思う。あの匣に固執した人。そして崩壊。なかなか見ごたえがあった。ただ、mikiはあのラストの匣って堂見せるのか、楽しみだったのだけど、それはちょっと残念かな。
[PR]

by mikibloom | 2007-12-25 10:30 | 映画

犯人に告ぐ

c0015706_0514669.jpg昨日の忘年会で、一緒に飲んだ人が、これが面白かったって言っていたので、見にいってきました。今日が上映最終日、見に行きたいと思っていたのですが、なかなか機会がなくて、と思っていたら、雑誌ぴあと歌舞伎町映画館の企画があったので、さっそくの観賞。最終日だけど、結構人が入ってましたね。あとで知ったのですが、この映画の原作者って、「クローズドノート」を書いた方なんですね。だったら、もっと早く見にいけばよかった! !
刑事もののサスペンス。連続児童誘拐殺人事件を追う刑事役に豊川悦司さん。最近の刑事ものって、けっこうコミカルだったりするけど、これはじっくりと重いテーマをしっかりと見せてくれる。いかに犯人と対決するか、これで大丈夫?などとなかなかスリリング。そしてクライマックスの展開も。最後まではらはらどきどき。最終日に見るのが惜しいくらい。もっと早くに見ればよかった! !
[PR]

by mikibloom | 2007-12-21 18:45 | 映画