映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2008年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧


敵こそ、我が友~戦犯クラウス・パルビーの3つの人生~

c0015706_8371154.jpgナチスドイツの戦犯である、クラウス・バルビーを追ったドキュメンタリー。予告を見てちょっと見たかったので、早速見に行ってきました。いつもなら、レディスディなどに行くのですが、日程が合わないので、平日の夜の鑑賞、けっこう入ってましたね。どちらかというと、男性が多かったみたい。
ドキュメンタリーという、手法のせいか、ストーリーとして、淡々と進んでいく。どちらかというと、クラウス・バルビー自身の足跡というより、彼によって拷問を受けた人々の証言がすっごく残酷で、きいていてぞわぞわしてしまった。
そして、彼が今まで逃げ延びてきたこと、それは、ただ単に彼が一人で逃げているということでなく、国家が彼を利用するために生かしているというのが、結構ショックだった。
[PR]

by mikibloom | 2008-07-31 19:30 | 映画

俺たちダンクシューター(試写会)

c0015706_8351492.jpgウィル・フェレルのスポーツシリーズ(なのかな?)の今度はバスケット版。映画の予告から、いかにも! !な映画で、早速見に行ってきました。
もうもう、これは、ウィル・フェレルのあのむささと、コメディを文句なく楽しめる映画。ときにちょっといじけたり、見ていて、うわーーーーー、・・・・・・! ! !と思うシーンもあるけど、変なことを考えずに楽しむだけってところがいいね。
とくに、吐くまで練習ってねなかなかはけない彼にしたことは・・・と、なっかなかおもしろいし、客足が入らない試合会場、あの手この手でいろいろとアイディアをだしたりと、見ていて面白い。
そうそう、そんなコメディとは別に、あのロングシュートはなかなかな見もの。思わず、これって何テイク撮ったのかなと思ってしまった。
スポーツもののお約束のちゃんと見せ場もあるし、なかなか楽しい映画。このシリーズ、またやるのかな!?
[PR]

by mikibloom | 2008-07-30 19:00 | 映画

ひゃくはち(試写会)

c0015706_8333395.jpg甲子園を目指す高校野球部の補欠をかけたストーリー。高校野球映画というと、レギュラーのストーリーが多いが、こんな補欠のがんばりも、レギュラー以上のストーリーがある。
試写会のこの日、映画前に、甲子園で学校の応援で流される曲が演奏された。そうそう、あるあると思いつつ、曲を楽しんだ。
神奈川県、甲子園出場常連校の野球部員マサトとノブは、補欠入りするために、いろいろと画策する。そんな、彼らの一途さに、けっこうクスリクスリと笑わせてくれるところがある。そして、スポーツ記者さんの取材や、合コンなど、なかなか高校生らしくて、面白い。
そして、いつも仲良しのマサトとノブがライバルに。その補欠の切符を争うあたり、なかなか見せてくれます。その中に、彼らの本音などもあって、思わずあるあるあると思ってしまった。そして、補欠になったことでの親のうれしさ、思わずほろっともらい泣き。
クライマックスのシーン、彼らの練習の成果が試されるとき、はたして・・・。レギュラーのドラマもいいけど、レギュラーになれなかった、多くの野球部員たちのドラマに、共感した映画。
[PR]

by mikibloom | 2008-07-28 19:00 | 映画

百万円と苦虫女

c0015706_23104623.jpg蒼井優さんの最新作ということで、見に行ってきました。今回は一風変わった題名、いったいどんな蒼井さんがみられるか、楽しみでした。
100万円って、確かに、若い時、そして今でもひと財産って感じ。アルバイトで100万円貯めて、次の街に行くって、けっこう面白いかも。でも、そうなったきっかけって、ちょっといまどきのフリーターによくありがちで、考えてしまう。
とくに、山の農村のところ、安易な村人の村おこしの考え。いつの間にかやらされるということになっていくあの過程、なかなかわかるきがする。
そして、町のスーパーでの出会い。全体として、なかなか面白いけど、もう少し、いろいろな街を見せてくれたらなって思った。ってことは、これって続編あり????
[PR]

by mikibloom | 2008-07-26 15:50 | 映画

ハプニング

c0015706_2393827.jpgM・ナイト・シャマラン監督最新作。映画の予告を見たときから、なーんかわからないけど、怖そう、と早速見に行ってきました。
なんか予測不可能な恐怖がやってくるって感じでの映画。今まで普通に生活していたのが、突然の出来事。いったい何が??
なぜ?何が?とわからぬままの恐怖。って、結構怖いかも。防ぎようがないし。そんなときの情報って、どうやって知ればよいのか、また自分ではどうやって対処できるのか。
そんなわからぬままの恐怖を感じさせてくれる。そして、わからぬままに迫ってくる恐怖。それって怖いよね。わからぬままに過ぎていくこと、うーん・・・・・。
[PR]

by mikibloom | 2008-07-26 12:40 | 映画

ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発

c0015706_239469.jpg映画がすっごくB級っぽくて、それでいて面白そうと、早速見に行ってきました。封切りのこの日は、怪獣ものの特撮が大好きだったであろう、かつての子供たちが、結構見に来ていましたね。
洞爺湖サミット会場の近くに、突然怪獣ギララが現れた。サミットは急きょギララを倒す作戦本部に変更された。と、そのサミット会場には、各国首脳のそっくり(?)さんがなかなか面白い。とくに阿部さんなどは、急におなかが痛くなったりと、いろいろ小ネタで笑わせます。また、各国の怪獣退治のネタもけっこう面白いし。そして、怪獣対策本部となったサミット会場には、往年の怪獣ものの特撮に出演した俳優さんが出演、地球防衛軍として、活躍しています。その小ネタもなかなか!!
そして、サミットを取材する「東スポ」の若手記者が、タケ魔人伝説を見つけるあたり、いかにも!!って感じ。もちろん、タケ魔人、あのコマネチをやってくれるし。
やはり見どころは特撮のギララ対タケ魔人かな。この戦いもなかなかで、映像などもかつての特撮感を生かしたつくり。なかなか面白いです。
ストーリー展開もいかにも特撮怪獣ものって感じで、怪獣特撮ものが大好きだったかつての子供も、今、怪獣が大好きな子供も一緒に楽しめる映画かも。
そして、この映画のパンフレットも、あの当時あったレコードケース仕様でなかなかです。
[PR]

by mikibloom | 2008-07-26 10:00 | 映画

コレラの時代の愛(試写会)

c0015706_2381613.jpg映画の予告を見て、純愛映画だと思っていた。でも、随分変わった題名だなとおもったのも、ちょっと見てみたいと思った一つ。
郵便局員のフロンティーノは令嬢フェルミナに恋をした。そして二人は結婚の約束をするまでになったが、フェルミナの父は、身分の違いから、結婚を許さなかった。やがてフェルミナ別な男性と結婚。フロンティーノはずっと待っていた。彼女に求婚できる日を。その当時のせいか、手紙のやり取りがすっごく新鮮に見えてくる。
と、ここまで書くと、もっと純愛純愛しているか、はたまた、昔のストーカー?かとおもいきや、いろんなところがくすりくすりと笑わせてくれるシーンもたくさん。
心はいつも彼女のためにあるが、いろいろな女性も経験していくフロンティーノ、その模様もなかなか面白い。
そして、いよいよ彼女への告白、辛抱強く告白するフロンティーノ。そんな姿に、フェルミナの娘が反対する姿。そしてフェルミナは・・・。うーん、思わず年配の方たちの恋愛について、考えてしまった。周りは年だからというけど、本人たちは若者たちの恋愛と同じようにとても情熱的で、素敵で。あの当時の、命の短かった時代に一途に思っていたフロンティーノ。ラストがとっても印象的だった。
[PR]

by mikibloom | 2008-07-25 18:30 | 映画

シティ・オブ・メン(試写会)

c0015706_2372521.jpgお友達のまりんしゃんが、試写会に当たったということで、ご一緒させていただきました。まりんしゃん、ありがとうございます。
前作のシティ・オブ・ゴッドは見ていなかったんだけど、この映画の予告を見て、ちょっと見てみたいと思って、見に行ってきました。
この映画、予告だと、もっとギャング間の闘争や、二人の青年のことなど、いろいろと書かれるのではと思ったけど、以外と、自分たちの父親の話が長くて、それでいて、本当にそうなの?ずいぶんとストーリーてきに単純な・・・。などと思ってしまったのだが。
それに、ギャング間の闘争にしても、最初と最後くらいで、あとはあんまり描かれていなかったり、子どものことにしても、思っていたほどでなく、うーん、悪いけど、これ、予告を見て、それでいいかも。って感じになってしまった。できるなら、もっとデッド・エンド・ヒルで住まう人々のことを描いてほしかったかなと思うのだが。
[PR]

by mikibloom | 2008-07-23 19:00 | 映画

インクレディブルハルク(試写会)

c0015706_2364230.jpgエドワード・ノートンさんがハルクを演じるということで、楽しみにしていた映画、(あ、でも、前作のエリック・パナが続投していないのは残念かも)プレミアイベントにお友達のみらいしゃんが当たったということで、ご一緒させていただきました。
プレミアイベントには、この映画の日本語吹き替えの水島ヒロさんが出てきましたが、うーん、エドワード・ノートンさんとはずいぶんタイプも違うし・・・。まあ、最近の日本語吹き替えって、実力よりも、話題性などで選んでいるから、しかたがないか。
と、さっそく本編、ハルクとなってしまった最初の被ばくのシーンは、あっという間のシーンとして処理されていて、すっごくテンポが速い。そして、ハルクの力を持ったブルースは逃亡生活を続けている傍ら、自分の体を治そうと研究している。そんなブルースを追う軍。逃げるブルース。そして治療のカギを握る恋人ベティ。と登場人物の説明やハルクの力など、すっごくよく表現している。それに、前作にもまして、CGでのハルクのすごいこと。そして映像に負けないくらいの音響、クライマックスの戦闘シーンでは、プレミア会場が揺れた。
アメコミにはなくてはならない敵役もすっごいし、当然その戦いのシーンもすさまじい。迫力のすごさを見ていたら、あっという間に終わってしまったって感じ。あのあと、どうなったのか、ぜひ続編も作ってほしい。
[PR]

by mikibloom | 2008-07-22 18:30 | 映画

ベガスの恋に勝つルール(試写会)

c0015706_2355348.jpgキャメロン・ディアスとアシュトン・カっチャーのロマコメ映画。予告を見て、おもしろそうだったので、早速見に行ってきました。この日はカップル試写会ということだったので、仕方がない、旦那を口説いて、一緒に見に行ってきました。うーん、旦那とmikiだと、平均年齢あげてるなぁ。まあいっか。
と会場は上映開始までもう満席。すごかったです。
完全主義者のジョイとお気楽者のジャック、二人はともに、気晴らしで出かけたラスベガスで出会って、結婚してしまった。そして二人が手にした大金のため、裁判所の命令で、結婚生活をすることに。と、最初っからすっごくテンポの良いストーリー。見ている人を飽きさせず、笑わせてくれる。この裁判官、なかなか面白いことを言ってくれて、みていて、あるあるあると思ってしまった。そして始まった二人の結婚生活。本当に愛し合って結婚生活を送るわけではないから、いかにして、相手を負かそうかとの画策がまた面白い。そして生活感の違いなど、こちらもみていてあるあると思ってしまった。そんな二人の生活を、とってもテンポよく見せてくれて、みていて楽しい。二人の結婚生活の行方は、そして、大金の行方は・・・。クライマックスのパーティーのシーンもジャックの面白さがすっごく出ていたし、スーツ姿のジャック役のアシュトン君、すっごくカッコいいし。キャメロン・ディアス扮するバリバリのキャリアウーマンもとっても素敵だし。そしてラストのジャックもとっても素敵ーーー! !おもわず憧れてしまうーー! !
と、ラストのラストまですっごく楽しいし、エンドロールの後もあるので、最後の最後まで楽しんでみてほしい映画。この夏とっても楽しいデート映画になっている。
[PR]

by mikibloom | 2008-07-21 18:30 | 映画