映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2009年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧


風が強く吹いている(試写会)

c0015706_1571923.jpg林遣都くんの最新作ということで、すっごく見たかった映画、早速見に行ってきました。
今日の試写会は、この映画の出演者のフアンって感じの方が多かったような感じです。やはり、女性が多かったかなぁ。
ひょんなことから、竹青荘に転がり込んだカケルは、そこの住人たちと箱根駅伝出場を目指すこととなった。
林遣都くんといえば、バッテリーやダイブなど、スポーツものの映画出演が多いが、この映画も、箱根駅伝を目指すスポーツもの。
最初に遣都くんの走るシーンがでてくるが、そのしっかりとした走り、スポーツマンらしくさすがって感じ。
また、竹青荘のさまざまな住人達の、個性もなかなか楽しくて、スポーツものの映画なのだが、、ところどころ笑いが入ってみる者を引きつける。
そして、箱根駅伝を目指そうと決意したハイジ、誰にも走ることを強制せず、それでいて、しっかり練習メニューを組み立てたりして、なかなかすごい。10人だけで、箱根駅伝を目指す、本当にできるの??と、一つ一つのステップを確実にこなしていく10人。夏の合宿や、予選会の様子など、みていてがんばれーーーー!!って力が入る。
そして、いよいよ。箱根駅伝っていうと、毎年往路の最初しかテレビ中継で見ていないけど、この映画を見て、トップで走る選手以外にも、こんなドラマが繰り広げられているんだと、すっごく興味深く思った。竹青荘の住人の走り、たった10人のオーダーはどうやって組むか、そして結果は・・・!!!
もう、クライマックスは、居ても立っても居られない、電話の向こうの家族との会話に思わず涙、そして、ラストに思わず感動!!!さわやかな風が吹きぬけていった映画。
[PR]

by mikibloom | 2009-09-30 18:30 | 映画

わたし出すわ(試写会)

c0015706_15295175.jpg映画の予告を見て、ちょっと不思議な映画、と思い、早速見に行ってきました。
突然、東京から函館に戻ってきたマヤ。高校時代の友人たちと、久々に再会するが、彼らの夢や希望をかなえるための資金を次々と差し出していく。友人たちは戸惑いながらもそのお金を受け取っていくが・・・。
なーんか、ちょっと淡々とした感じの映画。ふつう、こんな淡々とした感じの映画って眠くなってしまうのだが、これはけっこうずっと見ていってしまうって感じ。
いったいマヤって何者??なぜ、友人に簡単にお金をあげられるの??そして、そのお金って・・・!?って、見ていてすっごく疑問がいっぱい。そのせいなのかなぁ、興味深く、最後まで見てしまった。
そのお金によって、新しい希望が見えた人、お金につぶされた人、わずかなお金で満足する人、ホント人さまざま、そしておかねも様々だなと思ってしまう。
じゃあ、いったいmikiならどうするだろう!?うーーん、考えてしまう。うーん、今年の春のばら撒きもこんな感じかなぁ。なんか自分のお金に対する考え方もちょっと考えてしまう感じの映画。
ラストがちょっと素敵だった。
[PR]

by mikibloom | 2009-09-25 18:45 | 映画

ライアンラーキン 路上に咲いたアニメーション

c0015706_1528316.jpg映画の予告を見て、ちょっと見に行きたかった映画、さっそく見に行ってきました。
すっごい小さな映画館だったのですが、夕方の回で、まあまあ入ってました。
ライアン・ラーキン、アカデミー短編アニメーション賞受賞したにもかかわらず、ホームレス生活に。そして、再びアニメーションを作成したのだが、完成前に肺ガンで他界した彼の短編アニメーションを一挙公開した作品。
短編アニメだけの映画だが、結構見ていて面白い。とくにmikiはウォーキングが好きだった。いかにも一枚一枚手で描かれているって感じ、それでいて、どんどん変化していく様は、まさしくアニメーションならでは。
また、ストリート・ミュージックも同じように音楽によって変化していくアニメーションで、見ていて面白い。
約70分の上映時間、前半はちょっとたるい感じがしたのだが、後半はあっという間、見終わって、あ、もうちょっと見たかったなぁと思ったアニメ。
[PR]

by mikibloom | 2009-09-24 17:45 | 映画

正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官

c0015706_15264196.jpg映画のチラシを見て、ちょっと興味があった映画、レディスディの今日、早速見に行ってきました。今日は休みのせいか、mikiの見に行った回は満席状態でした。
移民局I.C.E.のベテラン捜査官マックスは、移民たちの立場に同情的だが、不法滞在者を逮捕しなくてはならない。そんなマックスと、さまざまな不法滞在者たちの事情を描く。
9.11以降、不法滞在者には厳しくなったといわれているアメリカ、様々な移民、不法入国者の人々を追った映画。色々と考えさせられる。
敬虔なイスラム教徒の少女は、学校の授業の発言から、一家が強制捜査をうけることに。えっっ、アメリカって自由な発言ができない国なの?そして、同じクラスの子供たちからも差別的な言葉を浴びせられることに。アメリカの差別って、いったい何なんだろう。など、見ていて考えさせられる。
そして、ユダヤ系移民の青年役に、ジム・スタージェス君が出演。彼の歌も聞けたりして、ちょっとラッキー!!でも、グリーンカードを取得するための審査など、結構大変そう。
女優の卵も、永住権が取得できないと職がない状態だし。みんなアメリカに夢を持ってやってくるけど、夢を断たれて帰る人や、そこにとどまることができる人、そして、摘発する人々、様々な移民をめぐるドラマがそこにある。見ていながら、いろいろと考えさせられる映画だった。
[PR]

by mikibloom | 2009-09-23 13:15 | 映画

アートオブウォー2

c0015706_15235632.jpgなんかちょっとおもしろそうと、レディスデイのこの日、さっそく見に行ってきました。
アートオブウォーっていったい何?って思っていたら、孫子の兵法のことらしい。へえっ、英語では、こう訳すのってちょっと意外だった。
恩師の訃報の知らせを聞いた元国連特殊諜報部員のニールは、その死が自分の過去と関係していることを知り、真相を探るために再び裏社会へ、やがて、新兵器売買に絡む陰謀へ巻き込まれていく・・・。
けっこうアクションもあり、闇社会の謎解きもあったりして、面白い題材なのだが、うーーん、何だろう??なんかちょっと淡々とした感じがする。見ていて、いまいちのめりこめない感じの映画。
なんだろう?ちょっと引いた感じのストーリー展開のせいなのかなぁ?
発想も、ストーリー展開も悪くはないのだが、なんか全体的に見ていまいちって感じなんだなぁ。主役のカンフーアクションとか、ガンアクションとか、結構すごいのに。
[PR]

by mikibloom | 2009-09-23 10:40 | 映画

ドゥームズデイ

c0015706_1543557.jpg映画のチラシを見て、ちょっとおもしろそうと、さっそく見に行ってきました。
mikiが見に行ったのは、封切り日の夕方の回、まあまあ入っていましたね。
ドゥームズディとは、世界の終末のことらしい、2035年、根絶したはずのウィルスが再びイギリスのロンドンで猛威をふるい始める。政府は緊急会議を開き、過去にこのウィルスにより「隔離された街」に人類を救う抗ウィルス薬があると考えた政府は、スペシャルチームを結成し、「隔離された街」へと送り込む。リーダーに任命されたエデンは、はたして抗ウィルス薬を見つけることができるのか。
人類滅亡ものの映画って、いろいろあるけれど、これもその一つ。
でも、無政府状態の「隔離された街」でのアクションは、結構ハードで、すっごい。みていて、思わずわっっっと声が出そうになる。こんなところに、本当に抗ウィルス薬があるのか??と思うが・・・。
そして、後半は、まるで中世の時代にタイムスリップしたかのような世界。そこでの戦いもなかなかハード。アクションシーンも、中世対現代って感じでなかなか面白いがハード。
クライマックスのシーンも、追いつ追われつ、いったいどうなるの??って感じで、すっごく迫力があるし、最後まで目が離せない。
なかなかヘビーなアクションがすごかった。
[PR]

by mikibloom | 2009-09-19 15:30 | 映画

カムイ外伝

c0015706_15424960.jpg松山ケンイチ君の最新映画ということで、すっごく楽しみにしていた作品、早速見に行ってきました。
カムイ外伝っていうと、随分前のアニメの記憶が微かにって感じかなぁ、でも、松山ケンイチくんの主演だし、崔監督だし、脚本もクドカンさんだしってことで、いったいどんな出来なのか、すっごく楽しみでした。
お昼の回ということでしたが、まあまあの人の入りって感じでしたね。
でも、mikiの隣の隣には、外人の方が、隣の方が、ところどころ映画を小声で通訳していた見たいです。うーん、忍者って、やはり外国の方って興味がある見たいですね。
カムイって、忍者ものの中でも、ちょっと異質な感じのストーリー、いったいどんな感じなのかと思っていたら、なかなかの出来って感じ。
冒頭の忍者同士の戦いや、そのあとの追いかけられているカムイとの戦いなど、なかなか迫力あるシーンが続いているし。
マツケンも、どんなカムイを見せてくれるのか、と思っていたら、結構頑張っているし。
抜け忍として、生きていくカムイ、いったい誰が追忍なのか、そして、この人たちは信用できるのか、など、気の休まることがない生き方、その中でのちょっとした安らぎの日々。など、うまく織り交ぜている。
ただ、前半、ちょっとストーリーがいまいちテンポの悪い感じで、少し眠くなってしまった。だが、後半はなかなか。クライマックスの戦いもハラハラドキドキ。
まあ、全体として、こんなもんかなって感じの出来かなぁ。でも、ぜひ続編が見てみたい。
[PR]

by mikibloom | 2009-09-19 13:10 | 映画

くもりときどきミートボール

c0015706_15403596.jpg予告がちょっと面白くて、封切りの日、早速見に行ってきました。
朝早い時間だったせいか、あまり入ってなかったって感じです。
フリント・ロックウッドの夢は、偉大な発明家になること、そんな彼が、次に発明したのは、水を好きな食べ物に変えるマシーン。なのに、せっかく完成したマシーンは雨雲の彼方へ。でも、雨雲から降ってきたものは・・・!!?
3D映画のアニメっていったいどんな映像なんだろうと、楽しみに見に行った作品。ストーリーの発想も奇抜で、なかなか面白い。
うーん、小さい頃に、ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家のお話、マジで憧れていたけど、それとおんなじくらい、このストーリーにはあこがれてしまう。
ハンバーガーが降ってきたり、その日その日で降るものが変わってきたり、うーん、いいなぁ。
そんなちょっと変わり者のフリントを認めてくれるサムもなかなか可愛い。とくにこの二人のデートの場所、いいなぁ、あれ、絶対に憧れだよね。うんうん、mikiは、プリンで実現してみたい!!!って思ってしまった。
あんなのが本当にあれば、世界の食糧事情も変わるかも、なーーんて思ったり。
クライマックスのところも、いったいフリントはどうするのか、ハラハラだったし、寡黙なフリントのお父さんの勇気ある行動と、パソコン音痴なところも、思わずあるあるあるなーんと思っちゃったし。
なかなか楽しめるアニメだった。
エンディングの楽しい歌は、しょこタンなのね、この歌も楽しかった。
[PR]

by mikibloom | 2009-09-19 09:50 | 映画

ココ・アヴァン・シャネル

c0015706_15392319.jpgオドレィ・トトゥがシャネルを演じるということで、すっごく楽しみにしていた作品、封切りの今日、早速見に行ってきました。
今日は金曜ということもあって、mikiが見に行ったのは遅い回だったのですが、結構人が入ってましたね。ちょっとびっくり。
今、シャーリー・マクレーンが演じたココ・シャネルと、オドレィ・トトゥが演じたココ・アヴァン・シャネル、この二つのシャネルの映画が見られるので、見比べるのも面白いかも。
でも、両方見ていると、ついつい、あ、ここは・・・って感じで、見比べてしまうっていうのもあるのだが。
こちらの映画は、オドレィ・トトゥがほぼ全編をココとして演じている格好になっている。
でも、どちらを見ても、シャネルのファッションの素晴らしさを感じる。今、あの当時のシャネルのファッションショーの服などを見ても、あ、素敵と思うし。ゴテゴテしていないシンプルさがなんか素敵だし。
あ、こちらに出演しているアーサー役の俳優さん、ちょっとカッコイイ!!!なーーんて思っちゃいました。
[PR]

by mikibloom | 2009-09-18 21:20 | 映画

マーシャル博士の恐竜ランド

c0015706_15375223.jpg本日封切り映画ということで、丁度時間も手ごろなので、早速見に行ってきました。
夕方の回、金曜封切りということで、ちょっと入りもまばらでしたが、まあまあってところかな。
奇抜な学説で、学界から笑い物にされていたマーシャル博士は、彼を支持するホーリーと出会い、マーシャル博士が発明したタイムワープ装置を試しに。
タイムワープ装置で飛ばされた先は、奇妙なものが混在する奇妙な世界だった。
って、うーん、結構みていてB級てきな映画、まあ、この映画のマーシャル博士がウィル・フェレルさんだから、まあこんなもんかって感じの映画かな。
でも、仲に出てくるTレックスにはびっくり、思わずびくんとなってしまった。
そして、チープな感じの類人猿や宇宙人などなど。
気張らずに力まずに見ていられるのだが、逆にちょっと前半はベタな展開にちょっと眠くなってしまう。
まあ、後半の宇宙人と、博士の発明と、はたまたTレックスと、入り混じっての展開はB級ならではの肩の凝らない面白さってとこでしょうかね。
[PR]

by mikibloom | 2009-09-18 17:55 | 映画