映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2010年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧


猿ロック THE MOVIE

c0015706_13311669.jpgちょっと面白そうと、楽しみだった作品、さっそく見に行ってきました。

mikiが見に行ったのは夕方の回、まあまあ混んでいたって感じでした。

鍵屋のサルは下町商店街の天才カギ師、だが彼の弱点は女性に目がないこと。ある日マユミと名乗る女性の依頼でスポーツクラブの金庫を開けることに。そこにはトランクが・・・!!!

これも、テレビシリーズの映画化もの。といっても、mikiはテレビシリーズを見ていないんだけど。
ただ、見ていて、あ、こんなストーリー展開をテレビでもしていたんだなぁって感じがする。ただ、映画でもずっと同じテンションでストーリー展開しているって感じで、ただ、時間だけが長いって感じで、うーん、ちょっとイマイチだなぁって気がする。警察内部のドロドロとした感じも、えっっ、こんなもん!って感じで終わっちゃうし、かといって、サルの周辺のストーリーもなんかドタバタって感じだけで終わっちゃうって感じだし。せっかく映画なんだから、もっと深みのある展開が欲しかったかなって感じ。まあ、見どころはクライマックスのシーンかなぁという気がするが、あれも、なーんであのシーンであそこに光がある!?ってちょっと突っ込みを入れたくなるが・・・。ちょっと期待はずれって感じ。
[PR]

by mikibloom | 2010-02-27 16:20 | 映画

人間失格

c0015706_13292830.jpg太宰の作品は、昨年もけっこう映画化されていたが、そんな流れの中の1作、さっそく見に行ってきました。

今日は土曜日ということもあって、お昼過ぎの回はほぼ満席に近い状態でした。

繊細で独特の感性を持ち、それゆえに幼少の頃より世間とうまくなじめなかった青年葉蔵と、男たちや女たちとの関係。

主人公の葉蔵を生田斗真が演じている。うーん、たしかに若々しい物を知らないおぼっちゃま葉蔵ってコンナ感じなのかなという気はするけど、だんだんと病的におぼれていく姿にはなっていってない、あまりにも若々しく健康的な感じで、ちょっと合わないんじゃない!?って感じがするのだが。ストーリー展開としてはちょっとゆっくりって感じで、途中眠くなってしまった。
さまざまな女性との出会いや、酒や薬におぼれて、自分を見失なっていく姿、うまく描き切れていないって感じがするのだが。アニメ版がすっごくよかっただけに、実写版はちょっと期待はずれだった感じ。
[PR]

by mikibloom | 2010-02-27 13:20 | 映画

ニューヨーク,アイラブユー(2回目の観賞)

c0015706_13281752.jpg先日の映画試写から、封切りがすっごく楽しみだった作品、さっそく見に行ってきました。

今日の封切り日、初回上映、けっこう大勢の方が入っていました。

ニューヨークを舞台にした、10個のラブストーリーのオムニバス。どれも落ち着いたストーリー展開で、大人の雰囲気のラブストーリーとして見ていられる。
やっぱり、mikiの最大のおすすめは、作曲家デイヴィッドとカミーユのストーリー。デイヴィッドの登場シーンから、もうもう可愛い可愛い、萌え~萌え~の連発!!!もうもう、登場の、あの寝ているシーンが可愛くて可愛くて、たまらない!!!
いつも携帯片手にって感じは、パパラッチに撮られてしまうオーリーの写真そのままって感じで、すっごくスに近いって感じのオーリーの役どころにもうもうたまらない!!!
そうそう、今回は、デイヴィッドの部屋でずっとかけられていたビデオが気になって、ちょっと見ていたら、これってジプリアニメの「ゲド戦記」じゃん!!!ってことは、デイヴィッドって、アニメおたくって設定なのかなぁって思っちゃった。そんなことも、何度も見て楽しむ楽しさかなぁ!!!満足!!!
[PR]

by mikibloom | 2010-02-27 11:00 | 映画

台北に舞う雪

c0015706_13263931.jpg映画のチラシを見てちょっと気になっていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日はレディスディということでしたが、まあまあの入りって感じでした。

台北郊外の町菁桐に住む便利屋のモウ。声を失った新人歌手のメイは行く当てなく降り立った場所は菁桐。偶然に出会った二人は少しずつ心を通わせていくが・・・。

うーん、ちょっと前によくあったストーリーって感じ。まあ、こんなストーリー展開って、ほぼ定番見たいな感じで、見ていて安心するって感じかなぁ。ただ、ラブストーリーとしては、ちょっとありきたりって感じもするが。もっと失踪したメイのストーリーが膨らむかと思っていたら、こんなところかって感じだなぁ。見終わって、ちょっと印象がないって気がするが。
[PR]

by mikibloom | 2010-02-26 18:50 | 映画

カラヴィッジョ 天才画家の光と影

c0015706_13252311.jpg映画の予告を見て気になっていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日は平日の夕方の回ということでしたが、結構入っていました。

16世紀イタリアを代表するバロック絵画最大の巨匠の生涯を描く作品。って言って、カラヴィッジョって誰?って思っちゃった。映画を見始めて、ああ、ミケランジェロなのねって納得。ミケランジェロをよく知っている絵画ファンなら、そんなの当たり前って感じなのだろうか、でも、絵は見たことはあるけど、名前は・・・って人にはミケランジェロといった方が、わかりやすいのに・・・!!!なーーんて思った。
そういえば、この人の絵って、確かによく見ることがあるけど、生涯って意外と知らないよね、どんなふうに絵を描いていたのか、結構興味津津。
映像も、ミケランジェロが描いた感じの、光が独特の映像、光と暗闇のコントラストなど、けっこう面白い。
そして、次々と描かれていく絵画。けっこう代表的な絵画が次から次と出てきて興味深かった。こんな天才なのに、最後って結構あっけないって感じだなぁって気がする。
[PR]

by mikibloom | 2010-02-25 18:40 | 映画

時をかける少女(試写会)

c0015706_13241454.jpg映画の予告を見て、わっっ、あの時かけが実写になる!!!とすっごく楽しみにしていた作品、主演の仲里依紗さんの演技も楽しみだった映画、さっそく見に行ってきました。

今日の試写会、もっと男性が多いのかと思ったら、けっこう女性が多い、満席状態の試写会でした。

高校卒業を目前に控えた芳山あかりは、母和子が薬学者として勤める大学にも無事合格し、新たな生活に旨を弾ませていた。ところが、和子が突然の事故に・・・。「過去に戻って深町一夫に会わなくては・・」の母の願いを叶えるためあかりは・・・。

現代っ子らしい芳山あかりを仲さんが演じている。それこそ、アニメ版時かけを思い出させる感じの明るいあかり役、適任って感じ。そして、タイムワープした先の時代。うんうん、こんな時代、なんかわかるわかると思いながら見ていた。そうか、神田川の時代なんだって感じ。現代の技術をあの時代に持っていくものの面白さを見せてくれる。そして、その時代の涼太との出会い。深町君探し。いったい、うまく見つかるのか、あの時代の懐かしさと胸キュンなあかりのストーリーと。
クライマックスには、思わず間に合ってと祈る気持ちと、そうなるのか!!!?との思いで、思わず涙があふれていた。
ラストのシーンにも思わず感動。現代版、時かけになっても、やっぱり素敵な時かけになっていた。

いきものがかりの歌う時かけのうたや、エンディングの歌も、とっても素敵だった。
[PR]

by mikibloom | 2010-02-24 18:30 | 映画

霜花店

c0015706_13225043.jpg映画の予告を見て、なんか面白そう、ドロドロの愛憎劇って感じかなぁと、期待していた作品、さっそく見に行ってきました。

mikiが見に行ったのは、映画館の会員割引ディ、女性も男性も、結構来ていました。

高麗末期、元の圧迫や国内の反対勢力による暗殺の危機にさらされていた高麗王。そんな王に幼い頃から仕えてきた近衛部隊乾龍衛の隊長ホンニムは、王が最も信頼する部下であり寵愛の対象であった。王妃に世継ぎが生まれないため、王は苦肉の策として・・・。

絢爛とした宮廷の感じ、そして、イケメンの近衛兵たちと、見どころ満載。近衛兵の戦いのシーンもなかなか見せてくれる。そして、王と王妃と隊長ホンニムの複雑な三角関係の行方。韓流映画で、これほどのシーンの描写って珍しいんじゃない。そして、男性の嫉妬の凄さ、うーん、怖いかも。いったいこの3人、どうなってしまうのか、クライマックスのシーンも最後の最後まで目が離せないし。
って、結構すごかった。
[PR]

by mikibloom | 2010-02-23 18:35 | 映画

新しい人生のはじめかた

c0015706_13212313.jpg映画のチラシを見てちょっと気になっていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日は平日の夕方とあって、だいぶ空いていました。

CM音楽家ハーヴェイは、離婚後NYで気ままな一人暮らし。そんなある週末、イギリスで働く一人娘の結婚式でロンドンに行くことに。そこで、空港の統計局で働くケイトに出会い・・・。

なんか、どこにでも居場所があると思っていた男性、気がつくと、どこにも居場所がない・・・。うーん、こんな思い、なんかわかる気がする。
そして、ハーヴェイとケイトの出会い。うーん、あんな出会いでムリムリ会話するのか?なんかストーリー展開にちょっと無理があるんじゃないって感じ。まあ、むりむりそれでいても、うーんだからどうなのよ、って気がするし。最近、熟年系の恋愛映画がいろいろあるけど、とりたててこれは!!って感じの展開じゃあないから、埋もれてしまうって感じだなぁ。
[PR]

by mikibloom | 2010-02-22 19:00 | 映画

ハンナ・モンタナ/ザ・ムービー

c0015706_15554175.jpg映画の紹介を読んで気になった映画、さっそく見に行ってきました。

今日は土曜の夕方ということで、mikiの行った映画館は満席状態でした。やはり、ティーンズの若い子が多かったです。

普通の女の子と、ポップアイドルという二つの顔を持つヒロイン、ハンナ・モンタナを描く。

最初のシーンから、テンポよく進んでいく、見ていて飽きない。そして、ハンナ・モンタナが歌うポップスもとってもノリが良くて素敵。うん、アメリカンドリームや、変身願望の要素も入っていて、これなら女の子が夢中になるのもわかる。ハンナの普通の女の子らしさも可愛いし、今回は、突然おばあちゃんの家に。田舎に戻った彼女に待ちうけている出来事。普通の女の子としての大切なことや、スターとしてのことなど、その2面性のドタバタなど楽しい。
ところどころ、町の人たちが何気に踊り始めるシーンなど、ダンスが決まっていて凄いなぁと思ってしまう。
ハラハラドキドキもあるけど、見終わってハッピーって感じで、ナットク!!!
[PR]

by mikibloom | 2010-02-20 16:20 | 映画

パレード

c0015706_155419.jpg藤原竜也さん、小出恵介さん、林遣都さんと、イケメンぞろいの映画ということで、すっごく楽しみにしていた映画、封切りの今日、さっそく見に行ってきました。

今日は封切り初日ということで、けっこう女性を中心に見に来ていました。

「いやなら出ていくしかなくて、居たければわらってればいい」
都内のマンションにルームシェアをして暮らす男女4人の若者たち。そこにサトルが転がり込んで・・・。

それぞれに、わかっていながら、わかっていないところが多いって、なんかそれこそいまどきの若者たちを描いている感じ。仲が良いようで、でもどこかうわべだけの付き合いだったり。
そんなところにサトルが転がり込んできて、波紋ができていく。いったいサトルって・・・。
って、けっこう今回は、サトル役の林クン、頑張ってますねぇ。今までにないちょっと不良って感じの役どころ、いったいサトルってどんな子なんだろうと思わせてくれる。ちょっとサービスショット的なところもあって、うん、林クンファンはぜひ見なくっちゃ!!!
ストーリー展開としては、ちょっとスローって感じで、後半に行くにつれ、いったいこの映画って・・・!?って感じになっていく。
で、クライマックスのいきなりの展開にえーって感じだが。
その後のショットがちょっとこわーーい。都会の怖さって感じだが。
うーん、でも、ちょっとわかりずらいって感じがするんだなぁ、ちょっと玄人受けな映画かもね。
[PR]

by mikibloom | 2010-02-20 13:25 | 映画