映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2010年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧


ウディ・アレンの夢と犯罪

c0015706_8255988.jpgきらびやかなビジネスの世界で成功を夢見るイアンと、酒とギャンブルと恋人と過ごす日々にそれなりの充足感を得ているラリー。そんな兄弟が「カサンドラズ・ドリーム号」と名付けた小型クルーザーを購入したことから、彼らの人生がドラマチックにうねりだす。イアンは若く美しい舞台女優アンジェラに心奪われ、彼女との優雅な新生活を実現させようと焦りを募らせていく。一方、テリーは出来心でのめりこんだポーカー勝負で惨敗し巨額の借金を背負うはめに・・・。

久々にユアン・マクレガーと、コリン・ファレルがみられると思い、レディスディの今日、さっそく見に行ってきました。今日はまあまあの入りって感じでした。

まあ、どこにでもいそうな兄弟のストーリーって感じ。ストーリー展開も、どちらかというとスローな感じ。何時になったらストーリーが大きく動くのかなぁと見ていた。でも、あんまりとろとろとした展開なので、なんか見ていてつまんなーーいって感じがしてくるし。
後半に起こった大きなストーリー展開も、まあ、普通の人ならこんな感じなのかなぁって感じで。まあ、わからないことはないけど・・・。で、どうした?って感じ。
そこから兄弟の歯車が大きく変わっていく感じだが、クライマックスがすっごく盛り上がるのかな?とおもったら、意外とあっけなく・・・、だし。うーん、mikiとしては、ちょっと期待はずれだったかなぁ。
[PR]

by mikibloom | 2010-03-31 19:00 | 映画

獄に咲く花(試写会)

c0015706_825466.jpg野山獄は長州藩の士分の為の牢獄。収監された者には刑期がなく、生きて出られた者は多くなかった。1854年(嘉永7年)吉田松陰は海外密航を企てたという大罪で、この牢獄に送られた。獄囚たちは長い幽閉生活で自暴自棄になっているものばかり。しかし彼らは常に前を向き清廉で一途な松陰の姿に少しずつ心を動かされていく。唯一の女囚、高須久もその一人だった。

映画のチラシが気になって、さっそく見に行ってきました。今日の試写会は、けっこう大勢の方が見に来ていました。やはり大河ドラマなどで幕末がブームとなっているせいか、幕末、歴史ファンと思しき方が大勢見に来ているようでした。

江戸の時代に、こんな獄があったなんて、ちょっと意外。吉田松陰は、海外密航の罪でこの獄に送られるが、いつこの獄から出られるともわからずに、ここにいるって、やはりつらいことなのだろう。すさんだ罪人たちの日々を感じさせる。でも、この獄、錠もないなんて、やはり士の獄というものは、そういうものなのかと思った。ただ、身分の違いだけで、この獄ではないところにも入れられるという事実も。
その中での日々の暮らし、すさんでいた罪人たちと語り合う姿。うーん、もう少し吉田松陰の姿を見せて欲しかったかなぁと思う。また、同じように、松陰を慕う久の姿も、もう少し描ききれないって感じがする。特に久が雨の中で祈るところなど、唐突にシーンに入ってきて、なぜそんなことをしているのかって思ったし、松陰がまた野山獄に戻ってきたことや江戸に行くあたり、歴史を知らない人たちにはちょっとわかりずらい気がした。
期待して見に行った分、ちょっと期待はずれだったかなぁ。
[PR]

by mikibloom | 2010-03-30 18:30 | 映画

アーマード 武装地帯

c0015706_9132344.jpgアーマードトラック、それはどんな銃弾も寄せ付けない最新テクノロジーを。搭載した走る要塞。この装甲車で日々現金の警備に命を削る6人のプロフェッショナルが、輸送中の4200万ドルの大金をそっくり頂こうと考えた!
誰も傷つくことないスマートな完全犯罪に思えた計画は、予期せぬアクシデントをきっかけに・・・。

映画の紹介を見て、気になった作品、封切りの今日、さっそく見に行ってきました。

今日は初日のお昼過ぎの回、結構入っていました。

現金輸送警備会社の社員による犯罪って設定の犯罪もの。
どう、事を運んでいくのかと、ハラハラドキドキ。でも、そこに出くわしたアクシデントで、状況は一変!!!
えーーー、一体どうするの!?彼は、どうやってこの危機を脱出する?
そして、アクシデントによって深みにはまっていく社員。どこまでやるのか!?
一体どうしようとするのか、見ていてハラハラドキドキ。追いつめられたシーンには、わかっていながら思わず声をあげてしまった!!!わっっっ、こんなシーンって、miki弱いのよ、怖いのよ。わかっていながらも、迫力十分!!!彼はどうやって危機を回避するのか!!!
クライマックスの追われるシーンは手に汗握ってハラハラバクバク!!!わっっ、怖かった!!!
期待以上の作品だった。
[PR]

by mikibloom | 2010-03-27 13:50 | 映画

誰かが私にキスをした

c0015706_91208.jpg2009年9月、スクセナオミは階段から落ちた。
そしてナオミは4年間のキオクを失った・・・。
そんなナオミの前に現れたユウジ・ミライ・エース。
キオクを無くす前のナオミはだれに思いを寄せていたのか。
今のナオミは誰を思っているのか。

松山ケンイチ君の最新作ということで、さっそく見に行ってきました。

今日は封切りの初回上映ということでしたが、この映画の出演者である手越クンファンの女の子が結構来ていました。

うーん、なんか、最初から最後まで、盛り上がらない映画って感じだなぁ。いつ、ストーリーが面白くなるのかと思っていたけど、ぜんぜん面白くもならずに、ストーリーが終わっちゃったよって感じ。
ナオミをめぐる3人の男性も、そんな感じ?って、ちょっと淡白なからみだし、ナオミ自体も、なんか淡々としているし。見ていてなーんかみんな演技が下手?って感じにも見えてくる。この映画ねそれが狙い?なわけないよね?せっかく若手の実力のある子が出ているのに、生かしきれてないって感じなんだけど。
それと、雪のシーンで、なんか背景がつじつまが合わない気がしたのはmikiだけかなぁ?
せっかくマツケンの映画だからと楽しみにしていたのに、つまんなーーーいって気がした。
[PR]

by mikibloom | 2010-03-27 10:30 | 映画

シャッターアイランド(試写会)

c0015706_9104254.jpg四方を海に囲まれた厳戒な監視体制の「閉ざされた島」。鍵のかかった病室から一人の女が煙のように消えた。そこには「4の法則」と題された謎のメッセージが残されていた。連邦捜査官のテディは、相手のチャックと共に、失踪事件の捜査のために島にやってくる。ところが、解けば解くほど謎は深まっていく。
この島はいったい何をたくらんでいるのか?

映画のチラシを見て、気になっていた作品、お友達のまりんしゃんにお誘いいただいて、さっそく見に行ってきました。まりんしゃん、ありがとうございます。

今日の試写会は、けっこう大勢の方が来ていました。

今回は、超日本語吹き替え版ということで、字幕を追わなくていいんだけど、うーん、ディカプリオの声が聞きたかったなぁ。なんか、普段字幕で見ているせいか、どうしても声が浮いているって感じてしまう。
ストーリーの謎解き、そしてこの病院の奇妙さ、見ながら推理していく楽しさ。
いったい、ここで何があったのか、テディはいったい・・・。
うーん、途中から、こっちかな?って感じで見ていると、うん、そうかな!?なるほどとなる。テディのトラウマなど、うんうんって感じ。
ただ、クライマックスの謎解きあたりは、やっぱり英語的な表現になるよね、どちらかというと、英語を聞きながら、字幕で補う見たいな感じの方がわかりやすいような気がするが・・・。
まあ、吹き替えって、字幕を追わない分は楽ではあるけど、やっぱり字幕の方が見たいかなぁ。
[PR]

by mikibloom | 2010-03-26 18:30 | 映画

抵抗 ある死刑囚の手記より

c0015706_993466.jpg1943年、ドイツ占領下のフランス、リヨン市。フォンテーヌ中尉は脱走不可能で知られるモンリュック監獄に入れられた。彼は独房で脱獄のための準備を入念に始める。そんなある日、仲間のオルシニが脱獄に失敗し、銃殺され・・・。

予告を見て気になった映画、さっそく見に行ってきました。

今日は封切りすぐの平日の夕方ということで、まあまあ入っていたって感じでしょうか。

いきなり囚人となったモンリュック。独房で、誰とも話さずに・・・。と思ったら、こんな方法で連絡をとったり、コミュニケーションをとっているのかと、見ていて面白い。そして、脱獄のための計画の用意周到さ。まあ、時間はたっぷりあるのだから、ゆっくりと、しかも着実に立てていく様子を丁寧に描いている。看守に見つからずに、いかに揃えるのか、見ていて面白い。
そして、いよいよ・・・。いったいどうやってやるのか、はたして無事にできるのか、クライマックスはそれこそハラハラドキドキしながら見ていた。それこそ時間との戦い、モンリュックは、運を味方にできるのか・・・!!!
最後の緊張感はすごかった。
この映画、1956年の発表らしいが、古さを感じさせない映画だった。
[PR]

by mikibloom | 2010-03-25 18:30 | 映画

第9地区(試写会)

c0015706_981414.jpg「第9地区」とは、南アフリカ共和国ヨハネスプルグにある難民キャンプの名称である。ただし、この場所に収容されているのは人間ではなく、エイリアンだ。ヨハネスブルク上空に突如現れた円盤。それから28年、エイリアンと人間が暮らす共同居住区「第9地区」はスラム化したため、超国家機関MNUはエイリアンの強制移住を決定した。ヴィカスはその現場責任者となり、立ち退きの通達をして回るうち・・・。

予告を見て、ちょっと気になった作品、今日はプレミア上映ということで、さっそく見に行ってきました。

試写開始前のイベントでは、この映画のファンのタレントや、UFOやエイリアンにちなんだタレントが登場。
そして、この映画の主演ヴィカス役ののシャルト・コプリーさんが登場、映画について話してました。

ストーリーは珍しくドキュメント仕立て。でも、こっちの方がなんかすっごく現実的にエイリアンがそこにいるって感じのリアル感がある。そして、上空に佇む円盤の迫力。なんか何時落っこちてくるのかと、ちょっとハラハラって感じだが、もう28年もずっとそのままっていうことで、なんか気味が悪い感じ。
そして、登場するエイリアン。今までの映画だと、地球を滅ぼそうとするとか、友好にとか、今までのイメージではない、スラムに住むエイリアンなんて・・・。その日々の実態を映した映像ってのも、また面白い。こんなものも食べるの!って感じ、そして、人間のギャングと取引していたりと、やっぱりエイリアンでも、そうなのか!?って設定がなかなか意外性がある。
エイリアン強制移住の現場責任者ヴィカス、うん、こんな人それこそどこにもいそうって感じ。そんな彼の任務遂行中に訪れたハプニング。最初は単なるけがだったのが・・・!!!
だんだん変わっていくヴィカス、であれは一体何なのか?そして、ヴィカスが逃げ込んだ先で出会った親子。彼らは一体何をしようとしていたのか。一体ヴィカスはどうなるのか、そして親子は・・・。
と、今までのエイリアン、UFO物とは全然違う展開に、思わずハラハラドキドキ。
変わっていくヴィカスにぞっっっ、彼はどうなるのか・・・。
気がつくと、どっぷり映画の中に浸っていた。
今までのエイリアンの概念が変わってしまう映画だった。
[PR]

by mikibloom | 2010-03-24 18:30 | 映画

ニューヨーク,アイラブユー(3回目の観賞)

c0015706_961122.jpgニューヨークを題材にした、ショートオムニバスラブストーリー。

2回目までは、すぐ見に行けたのに、なかなか3回目は機会がなくて、ようやく今日、見に行ってきました。

今日は休日の昼の回ということで、結構な人が入っていました。

オーリーは、どのストーリーに来るか、もうわかっているので、ゆったりとストーリーを楽しむって感じ。うーん、背景になったのは、やはり公園かなあ。あの公園の建物って何なんだろう、等と思いながら見ていた。いろんなニューヨークの姿が、けっこう見ていて面白い。
そして、オムニバスをうまくつなげているストーリーにもちょっと注目って感じ。
はあ、上映終了まで、あと何回見に行けるかなぁ。
[PR]

by mikibloom | 2010-03-22 13:40 | 映画

悲しみよりもっと悲しい物語

c0015706_944073.jpg少年時代に父を病気で亡くした後母に捨てられたラジオ局ディレクターのケイと、交通事故で両親と妹を一度に失った作詞家のクリーム。高校で出会った二人は、家族や友人、時には恋人のように一緒に生きてきた。だが、病魔に侵されて余命わずかのケイは、一度も「愛している」と伝えることなく自分の代わりにクリームを生涯守ってくれる男性を探そうとするのだったが・・・。

映画の予告を見て、気になっていた作品、ようやく見に行ってきました。

今日は祝日ということで、初回上映は、ほぼ満席状態でした。やはり、主演のクォン・サンウのファンと思われる方が多かったですね。

クォン・サンウって、ちょっと童顔ぽいせいか、ギリギリ高校生の役でも、どうにか大丈夫って感じ。
ケイとクリームの二人が出会った後のストーリーは、うんなるほどと見ていたが、クリームの好きな人とぜひ結び付けようと頑張るケイに、なぜそこまで?って思っていた。その理由を知っても、なるほど、うるる程度に、見ていた。しかし、後半、クリームからのストーリー展開に思わずウルウル状態が止まらなくなってしまった。あまりにも切ないストーリーに、いったい・・・。うーん、韓国映画って、泣かせる時はとことん泣かせてしまう・・・と思ってしまった。
タイトル負けは絶対しない、泣きたいときの泣き映画って感じ。ホント、泣けました。
[PR]

by mikibloom | 2010-03-22 10:40 | 映画

マイレージ、マイライフ

c0015706_9234164.jpg年間出張322日、企業のリストラ対象者に解雇を通告するプロフェッショナル、いわゆるリストラ宣告人、ライアン・ビンガム。全米中を飛び回り、人生のやり直しを淡々と告げる彼の言葉は、あくまでもリストラによるトラブル回避のテクニック。そんなライアンに、予期せぬ出会いが訪れる・・・。

映画の予告を見て、すっごく気になっていた作品、封切り初日に、さっそく見に行ってきました。夕方の回ということでしたが、ほぼ満席状態でした。

敏腕リストラ宣告人のライアンを描いているが、いろいろな面から楽しめる、また考えさせられる映画になっている。まず、リストラを宣告された人たちの姿、うん、今の日本でも、この不況の時代、似たようなことがあるが、これってわかるわかると思う。でも、アメリカだと、リストラを宣告されると、もう明日から仕事がないんだと、ちょっと愕然。そして、リストラ宣告人って、こんな風に、相手に宣告をするんだ、と、そのテクニックや、人の心に添うというところ、ちょっと考えさせられた。これって大切なことかも。そして、転職について、もし、自分がその立場なら、どうするのか、次は何をするのか?
そして、ライアンに訪れた出会い、旅先での彼女との出会い。今まで人と深くかかわらなかった彼に訪れた転機、いったいこの恋の行方はどうなっていくのか・・・。ライアンの家族との関わり。そして、会社の新人研修。旅の支度のうまさや、飛行機の乗り継ぎの手際の良さなど、観ていても参考にさせられる。
また、いまどきの、ネット社会、実際に顔を合わせなくても、用件が済んでしまうことの便利さと、人とのつながり。ポイント社会で、ついつい、貯めてしまう、うんうん、これってわかる、つい、ポイントが優位につくところ、選んじゃうよね!!
そんなライアンのクライマックスの意外さ。最後まで、いったいどうなると、見させてくれた。
これは、観る価値のある1本。dvdが出たら、ぜひ買いたい!!
[PR]

by mikibloom | 2010-03-20 16:20 | 映画