映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2010年 07月 ( 39 )   > この月の画像一覧


昆虫物語みつばちハッチ

c0015706_9151643.jpgテレビアニメシリーズがだーーいすきだったmiki。これも映画になるんだと、ちょっと楽しみだった作品、封切りの今日、さっそく見に行ってきました。

ミツバチの子ハッチは、生き別れとなった母を探して、一人旅。ある日、人間の街セピアタウンに迷い込んだハッチは、虫と話せる少女アミィと出会い、やがて心を通わせるようになる。一緒に母を探す約束をしてくれたアミィとの楽しい時間は、ハッチに孤独な日々を忘れさせてくれる。だが、森がスズメバチに襲われ、友達のクネクネが襲われ・・・。

今日は封切り初日の夕方の回、もっと混んでいるかなと思ったら、意外や意外、結構空いているって感じでした。親子連れ、また若い男女での、ハッチファンが見に来ているって感じでした。

うーん、テレビシリーズで、子供の頃に感動したmikiには、期待はずれ感大!!!今回のストーリーには、人間の子が出てくるけど、まず、虫の話声が聞こえるって、いくらなんでも・・・。まあ、それは許すにしても、あまりに虫の尺と、人間の尺がちがいすぎて、シーンに無理があるんじゃない!!ってところもちらほら。それに、虫って、あんなん食べる!?ってツッコミどころもちらほら。あまりにもかけ離れると、知られるって感じなんだけど・・・。たしかに、最初のところで、今なぜハッチ!?という感じだけど、かつて感動した子供が親になって楽しみに見に来て、ちょっと期待倒れって感じがするんだけど。
そおねぇ、レンタルビデオで、安く借りられる日に借りて、早送りで見たい作品って気がする。
[PR]

by mikibloom | 2010-07-31 15:55 | 映画

ルンバ

c0015706_9135771.jpg映画のチラシを見て、ちょっと気になった作品、さっそく見に行ってきました。

ダンス大会で優勝して幸福の絶頂の教師夫妻が、交通事故で不幸の地獄に落ちる。二人ははたして愛を取り戻すか・・・。

2本立て映画、アイスバーグに引き続いての10分の休憩の後に引き続いての上映。

ドミニクとフィオナのシリーズの第2弾。今度は、ダンス好きな教師夫婦の役どころ。まあ前半のルンバは、ちょっとひょうきんな感じの踊りで見ていられたけど、後半の事故以降は、おもしろくてもちょっと笑えないって感じ。なんか人の不幸を笑いのネタにしているって感じで。それはそれで、カラっと笑い飛ばせるようなのであれば、まだいいのだが、そうとは言えない感じでねぇ。うーん、どうだろう。ちょっと期待倒れって感じかなぁ。
ま、これも暇だったらテレビで見る程度かなぁ。
[PR]

by mikibloom | 2010-07-31 11:01 | 映画

アイスバーグ

c0015706_9122943.jpg雑誌の映画紹介で気になった作品、封切り初日の今日、さっそく見に行ってきました。

イヌイットの女性が、氷の風景の中で語り始め、舞台はベルギーのブリュッセル近郊のハンバーガーショップへ。その夜、店長のフィオナは、店の冷凍庫から出られなくなる。翌朝、救い出されたが、なぜか氷に愛を感じ始める。夫と子供二人の家庭よりも強い何かに魅かれて、フィオナは氷山をめざす旅に出るが・・・。

この作品、アイスバーグとルンバの2本立てということで、まずはアイスバーグの上映。朝一番ということで、半分くらいの入りって感じでした。

ひょうきんなドミニクとフィオナと、もう一人の繰り出すちょっとコメディタッチの映画って感じ。みていてところどころ確かに面白いことは面白いのだが、ちょっとストーリーがたるくて、途中眠くなってしまった。いったいどうやってあの彼女に辿り着く!?と、うーん、miki的にはいまいちだったなぁ。笑うに笑えないって感じのところもあるし。
期待はずれって感じ。そうね、暇で、テレビをザッピングしてたら、偶然にやっていたから、暇つぶしなら見るって感じかなぁ。
[PR]

by mikibloom | 2010-07-31 11:00 | 映画

特攻野郎Aチーム(試写会)

c0015706_9104254.jpgリーアム・ニーソンさんの最新作ということで、楽しみにしていた作品、さっそく見に行ってきました。

1年前、特殊部隊のメンバーから結成されたAチームの面々が、何者かの謀略により無実の罪で逮捕された。しかし、リーダーのハンニバルは、まんまと刑務所からの脱獄に成功し、部下のフェイス、B.A、マードックと合流する。かくして復活したAチームは、すかさず無実を証明するため行動を開始するが・・・。

今日の試写会は金曜ということもあり、結構入っていた感じでした。

主演のリーアム・ニーソンさんって、結構アクション映画の出演が多いけど、この役柄、今までのナイトって感じの役どころとは真逆のガラッパチって感じかなぁ。けっこう骨太って感じの役どころ。ほかの3人と息の合ったアクションを演じている。ただ、アクション、ストーリー展開って、今までにある、ミッション・・・とかと似てるっ感じたなぁ。それを骨太、ガラッパチにしたって感じ。
でっかい飛行機を飛ばすあたり、けっこう見ていてわっわっと思ったし、戦車もすっごいし、ところどころわっっと思いつつ笑える要素も。クライマックスのシーンも結構迫力満点、どうなるのと面白かったが、なんかこんなの前に見たことが・・・という感じも無きにしも非ずって感じ。うーん、映画が安い日か、はたまたDVDでゆったり家で楽しむって感じの映画かな!?
[PR]

by mikibloom | 2010-07-30 18:30 | 映画

ベスト・キッド(試写会)

c0015706_99913.jpg映画の予告を見て、すっごく楽しみにしていた作品、ハリウッドスターのウィル・スミスさんの息子のジェイデン・スミス君の出演ということで、さっそく見に行ってきました。誘っていただいたお友達のまりんしゃん、ありがとうございました。

父を亡くし、母と二人で新生活を求めてアメリカから北京に引っ越してきた少年ドレは、言葉も文化も違う新しい環境になじめず、地元のカンフー少年チェンたちにいじめられる毎日。逃げ道ばかり探していたドレは、ある日、マンションの管理人ハンに助けられる。実はカンフーの達人であるハンは、「自分を守るために使う」条件でドレにカンフーを教え始める。ひたむきに訓練を重ね、逃げずに立ち向かうことの大切さも学んでいくドレだが・・・。

今日の試写会は、思ったより入りが少ないって感じ。ちょっと意外でした。

ベスト・キッドのリメイクということで、今回はジャッキー・チェンさんと、ジェイデン・スミス君でどんな作品に仕上がるのかワクワク。いじめられるドレ。そんな姿を見かねて助けるハン。そんなところから、始まるドレの修行。一見、なにも関係なさそうな修行でも、カンフーになるという教え、見ているこちらもなるほどと思ってしまう。修行のために山に登るドレとハン。その先にあったものは・・・。カンフーの心の持ち方など、なるほどと思う。みるみる上達していく姿、なるほどと思った。そんな中、失意のハンにドレがそえる姿に思わずウルッと泣けてしまった。こんなところで泣かされるなんて・・・!!そして、試合前日の勇気、カンフーの心も教えられる感じ。試合会場では、迫力ある決戦。なのに、笑える場面があって、思わず大爆笑!!ドレのあの顔、すっごくいい!!うける!!そして決勝戦、思わずうっっと声を出してしまった!!迫力ある戦い、すごい!!
笑い、感動、心、そしてアクション、すっごく楽しめる作品。大満足!!!観終わって会場から感動の拍手が!!!
この感動と迫力はぜひスクリーンで見て欲しい。
[PR]

by mikibloom | 2010-07-29 18:30 | 映画

Beatiful Islands

c0015706_97574.jpg気になっていた映画、ドキュメントだから、どうかな?と思ったけど、サービスデーの今日、さっそく見に行ってきました。

気候変動に揺れる3つの島を見つめたドキュメンタリー映画。
南太平洋に浮かぶ小さな楽園ツバル。海抜約1.5mのこの国は今世紀中に海に消える危機にさらされている。
アドリア海の宝石といわれるベネチアは近年異常な頻度でアクア・アルタと呼ばれる高潮に襲われ、浸水に見舞われている。
アラスカ最西端のシシマレフ島。美しい白銀の島も近年は海が凍らず、永久凍土の土壌が溶解し、島民の2割が家屋を失った・・・。

今日はサービスデーということもあるのか、ほぼ満席状態でした。でも、ドキュメントで、満席ってすごいかも。みなさん、地球環境に関心があるということですかね。

この映画、全編、余計なナレーションや音楽がない。それこそ、島で生活している人たちが語っていたり、過ごしている風景がずっと映し出しているって感じ。最初のツバルのシーンは、それこそ美しい島の様子、まるでリゾートに来ている気分で見ていた。島の人たちの一日の様子、見ていてあくせく働く自分たちと随分違うなって感じ。良いなぁと思わず思ってしまった。
次の島はベニス、中世を思わせる街並み。ゴンドラで歌うお兄ちゃんの歌がとっても素敵。ここもまた観光気分。でも、後半は、高潮で町が水浸し。高潮の警報が出ると、なんか歩道に板が敷き詰められて、えっえっと思うと、その板の近くまで水が・・・。水浸しになるサンマルク広場。老舗ホテルも水びたしになりながらの接客。レストランも大変そうと、水没の恐怖ってこういうことなんだと感じた。
そして、北の島シシマレフ。ツバルやベニスの被害って、いろいろなマスコミなどで取り上げられてみたりしたことがあったが、地球温暖化の影響が北の島で起こっているなんて、初めて知った。凍らない海で、量ができないこと、海の事故。そして、永久凍土が流されて・・・。そんなことが!!!とすっごくびっくり。
最後に、海水に浸っていくツバルの島。あんなにきれいな島が水浸し。ラストの木の映像、あ、そうなんだと、納得と共に、その現実が怖い。そんな中、逞しく生きる島民の歌声と踊りが印象的。
観終わって、今すぐ何かしなきゃ!!!という思いに駆られた。ぜひ、スクリーンで見て、知ってほしい。考えて欲しい作品。この映画、収益の一部がツバルのマングローブ植林事業に寄付されるらしい。映画を見て寄付ができて、環境問題も考えて。ぜひ足を運んでほしい作品。
[PR]

by mikibloom | 2010-07-28 19:00 | 映画

ソルト(試写会)

c0015706_965448.jpg映画の予告を見て楽しみだった作品、さっそく見に行ってきました。

アメリカCIA本部。ロシアからの謎の密告者オルロフが捕えられ、衝撃的な告白を始める。大統領を暗殺するために、今日、ロシアからスパイが送り込まれると。スパイの名はソルト。それは彼の尋問を担当していたCIA女性職員の名前だった・・・。

今日は上映前にレッドカーペットイベント。その様子はホールのスクリーンで上映され、ゆっくりとその映像を楽しんでいました。エスカレーターから降り立ったアンジー、すっごいセクシーなドレスで、プレスのもとへ、いろいろとインタビューを受けているよう。そのあと、ファンのところでサインを。最後、パネルの前にって、あそこで、アンジーと立っていた人って誰?って思わず思ってしまったが。
いよいよ、舞台あいさつ、開場はほぼ満席状態、登壇したアンジーに取材のプレスのカメラとムービーの人たちの多さがすっっごい!!久々にこれくらいの報道陣を見たぞって感じ。2階席からみていましたが、遠目でもアンジーはすっごく綺麗!!!

最初のシーンもけっこうすごいシーンから、きれいな顔が・・・!!なーんて思ってしまった。その後のシーン、滑り出しは緩やかに、それでいて、動き出したら止まんないって感じで、ストーリーが進んでいく。いったい彼女は!?と、謎が謎を呼ぶって感じ。アクションも相変わらずにすごい。車から車へと、思わずハラハラドキドキ。また、潜入なども、どうやって!?とドキドキ!!えっやっぱりそうなの!?と思ったとたん、どんでん返し、えっっそうなの!?とおもったら・・・。って、いったい彼女は・・・!?
最後まで楽しませてくれた。で、彼女は一体・・・!?
この面白さは、やっぱり迫力あるスクリーンで楽しんでほしい。
[PR]

by mikibloom | 2010-07-27 19:00 | 映画

THE LAST MESSAGE 海猿(試写会)

c0015706_96652.jpgあの海猿の3作目ということで、すっごく楽しみにしていた作品、今日は完成披露試写会ということで、さっそく見に行ってきました。

2010年10月、福岡沖は極限の緊張状態に包まれていた。大型台風が接近している中、巨大天然ガスプラント施設「レガリア」で事故が発生し、火災が起こっていたのだ。仙崎大輔はバディの吉岡、そして「レガリア」設計主任である桜木とともにこの施設に向かっていた。要救助者の救出が行われる中、突然思いもよらない爆発が・・・。

さすがに、海猿ファンの方が大勢つめかけていて、開場はほぼ満席状態。上映前にスタッフさんから青いボンボンが配られ、舞台あいさつに備えました。上映前に主演俳優の方々が一斉に登壇、簡単なあいさつの後に、映画シリーズ、ドラマを回想した5分ほどの映像の後、いよいよ本編へ。そうそう、こんなシーンあったあったと思い返して、ワクワクの上映でした。

最初から緊迫感のある映像。天然ガスプラント施設の事故という設定だが、見ていてなんかアメリカで起きた原油漏れ事故と思わずリンクしてしまいながら観賞していた。台風が接近する中でのヘリコプターでの避難、これも、前日にあったヘリコプター事故を思い出し、映像では簡単そうに思えるけど、本当ならすっごく難しいんだ、等と思いながら、このシーンを見ていた。
次から次に起こるアクシデント、うーん、そんなんも、前回同様。いや、前回以上に困難な出来事。途中途中、ついつい、おい、そんなこと言っている場合じゃないだろう、とっととやれよ!!なーんて思いながら、でもストーリーに引き込まれていった。爆発を止めるため最後まであきらめない仙崎。見ていて体に力が入ってしまう。そして、クライマックスの選択。仲間をいつも信頼する姿、色々な人たちとつながっている姿に思わずうるっっ。ラストはやはり感動。いやあ、この迫力は、やはり映画館で見たい。
この映画、今までの2Dのほか、3Dでの上映もあるらしいので、封切りされたら、3Dで一度見てみたいと思った。3D紹介みたいな、なまっちょろい映像もなさそうだし、3Dならではの迫力ある映像が見られそう!!今から楽しみ!!
[PR]

by mikibloom | 2010-07-26 18:30 | 映画

Colorful(試写会)

c0015706_9596.jpg「河童のクゥと夏休み」などの作品で知られる原恵一監督の最新作ということで、さっそく見に行ってきました。

天上界と下界の狭間で死んだ「ぼく」の魂が漂っている。そこに「ぶらぶら」という天使(?)が現れ、僕に話しかける。「あなたは大きな過ちを犯して死んだ罪な魂ですが、もう一度下界に戻って再挑戦するチャンスが与えられました。そして、自分の犯した罪を思い出さなければいけません」と。こうして、「ぼく」の魂は、自殺して息を引き取ったばかりの「小林真」という名の中学3年生の体に入り込み、「小林真」として生きることになった・・・。

今日は休日のお昼時ということで、多くの方が試写会に来ていました。

原監督の作品って、背景の景色がとっても写実的で、それでいて綺麗。今回のこの作品も同様に楽しめました。また、この映画の題名となっているColorfulということで、時間の経過とともに、その色合いも楽しめる作品になっている。少年真となった「ぼく」の日々の生活。家庭がばらばらのなかで、居場所がないって感じ。また、教室でも・・・。そんな中、真が触れ合う友人、とくに唱子のちょっとぎこちなさって、なかなかいいキャラしているって感じで見ていた。孤立していた真だが、少しずつ変わっていく人間関係、家族関係。お父さんとの会話など、ちょっとジンとくるシーンも。そして、家族会議のシーンには、思わずウルッときてしまった。こんな思い、うんうんこんな世代にはあるあると思いながら見ていた。ラストは、うーんやっぱりねという感じもするが、それはそれでいいのかも。画の美しさ、テーマソングもうまく合って、真と同世代の方に見て欲しい作品になっている。スクリーンで見て欲しい作品。
[PR]

by mikibloom | 2010-07-25 11:00 | 映画

ゾンビランド

c0015706_8333056.jpg映画の予告を見たとき、なんか面白そうなゾンビものと、楽しみにしていた作品。アビゲイルちゃんも出るのねと、封切りの今日、さっそく見に行ってきました。

新型ウィルスの爆発感染で人類の大半が人喰いゾンビとなってしまった世界。「生き残るための32のルール」を作り、それを実践して生き延びてきた引きこもり青年のコロンバスは、最強のハンターのタラハシー、したたかな処世術を見に付けた美人詐欺姉妹ウィチタとリトルロックと出会い、ゾンビがいないと噂される、夢の遊園地を目指して悪夢のようなサバイバルを続ける。

今日は封切りの夕方の回でしたが、けっこう大勢の方が見に来ていました。けっこうゾンビものが好きな男性中心に見に来ているって感じでしたね。

ゾンビから生き残るために、自分でルールを決めて、生き残るコロンバス。途中でであったタラハシーと、姉妹のウィチタとリトルロック。そして、出てくるゾンビたちとの戦い。でも、普通のゾンビものって、けっこう怖いって感じだが、これはところどころ~っと笑えて面白い!!こんなゾンビもの、初めて!!妹役で出演しているアビゲイルちゃん、随分と大きくなって、今度、彼女の出演映画って、もうティーンズの役どころかなぁ、なーんて思ってしまった。そして、途中、ロスの豪邸でのシーンなど、なかなかユニークな展開。まあ、肝心の遊園地にたどりつくまで、ちょっと長いかなと思ったが、遊園地でのゾンビ殺しのシーンはなかなかの見もの!!最後まで楽しめたって感じ。
ゾンビもの大好きな方は是非スクリーンで見て欲しい。好きでない人も、笑える映画ということで、前売り券を買って、是非スクリーンで楽しむのもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2010-07-24 17:05 | 映画