映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2011年 08月 ( 35 )   > この月の画像一覧


グリーンランタン(試写会)

c0015706_8322372.jpgアメコミの実写化という作品、早速見に行ってきました。

今日の試写会は、ほぼ満席状態でした。

この広い宇宙の平和を守る者たち、彼らの名は「グリーンランタン」。銀河系のさまざまな星から選ばれし勇者たちだ。その資格は恐怖を克服できること。ところが恐怖をエネルギーにして無限に増幅するパララックスが甦り、宇宙にに最大の危機がおとすれたとき、新たなる戦死に地球人が指名された。性格は欠点だらけで自意識過剰、お調子者のハル・ジョーダン。惑星オアに呼ばれたハルはグリーンランタンとしての心がけや掟、パワーリングの操作を教わるが恐怖心に打ち勝つことが出来ないでいた・・・。

いかにもアメコミヒーローものらしい、始まりと展開って感じ。ちゃんとヒーローの近くにはレディがいるし。ワルはいかにもワルって感じだし。ストーリー展開もテンポよく、飽きずに見ていられるって感じかな。今回のヒーローは、地球と宇宙とと両方にまたがるって感じだなぁ。いろんな宇宙人も楽しいかも。クライマックスも安心して見ていられるし。でもさ、時間の経過が地球時間でいいのか!?とか、宇宙に飛んでいくときに酸素なくていいの!?とか、なんでランタンなんだ!?とか、ちょっと突っ込みたくなるところもあるけど、そこはアメコミということで、楽しめばいいのかって感じ。ラスト、これっていったい何部作になるんだろう!?なーんて思ってしまった。
3D映像の宇宙空間ってすっごく奥行きが合って見えるので、3Dで観ると楽しいかも。
[PR]

by mikibloom | 2011-08-31 18:30 | 映画

親愛なるきみへ(試写会)

c0015706_8303069.jpgアマンダさん出演の最新作ということで、すっごく楽しみにしていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日の試写会は満席に近いくらい入ってました。

2001年春、海辺で出会ったサヴァナとジョン。出会った瞬間から「恋」の予感があったが、一緒の時間を過ごすたび強く惹かれあい、2週間で恋におちていく。しかし、米軍の特殊部隊に所属するジョンは戦地に赴かなくてはならず、サヴァナの心はゆれる。それでもふたりは絆を信じ、手紙で心を通じ合わせていく。数か月後、任務より戻ったジョンとのかけがえのない18時間を過ごすサヴァナにとって、この愛しい時間が永遠に続くと思っていたが・・・。

恋に落ちるサヴァナとジョンの二人を丁寧に描いているって感じ。そして、サヴァナがジョンのお父さんへのさりげない優しさに感心させられる。離れて過ごす二人の手紙のやり取りに、文字や文面の暖かさを感じて、いいなぁと思った。
後半のサヴァナの告白、ちょっとグッときたが、もし自分だったらどうだろう!?いまいちサヴァナの選択には共感できないような気がする。
アマンダさんの表情がとっても素敵だし、ジョン役のチャニングさんもカッコイイし、デート映画にはちょうどいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2011-08-30 18:30 | 映画

アザーガイズ

c0015706_8283296.jpgウィル・フェレルさんの最新作ということで、見に行ってきました。

今日は平日の夜の回ということで、結構空いていました。

ニューヨーク市警のアレンとテリーはその性格が災いし、いつもヒーロー刑事の活躍を恨めしくながめるだけの「アザー・ガイズ(その他大勢)」。上司からは見放され、手渡された拳銃は木のオモチャ。移動は日本製のエコカー。長いものにはすぐ巻かれる。そんな2人が無謀にも、市民を食い物にしてきた、金融業界に巣食う国家レベルの「巨悪」に立ち向かっていく!!

ウィル・フェレルさん主演のコメディということで、期待していたのだが、刑事ものとしては珍しく脱力系コメディって感じ。まあ、ストーリー展開もテンポいいって感じで、観ていても退屈はしないのだが、脱力系だけあって、なんか観ているこちらも脱力って感じ。ラストのアメリカンジョークも脱力って感じで、イマイチ面白さが伝わりきれないって感じ。うーん、観終わってちょっと後悔って感じ。
どちらかというと、旧作DVDになって、ヒマだったら観てもいいかなって感じの作品だなぁ。
[PR]

by mikibloom | 2011-08-29 18:40 | 映画

レイン・オブ・アサシン

c0015706_8491615.jpg映画のチラシを見て楽しみにしていた作品、封切りの今日、さっそく見に行ってきました。

今日は封切りの日の夕方の回、まずまずの入りって感じでした。

明朝時代の中国。謎の暗殺組織「黒石」が、遺体を手にしたものは武術界の覇権を握ると伝えられている達磨大師のミイラ化した遺体を手に入れようと暗躍。ところが「黒石」最強の女刺客細雨(シーユー)が組織を裏切り、達磨の遺体とともに失踪する。やがて細雨は曽静(サン・ジン)という新たな名を名乗り、都の片隅で出会った心優しい配達人の阿生(アジャン)と結ばれる。しかし非情なる宿命は、殺しの過去を捨て去った彼女の幸福さえも容赦なく打ち砕く・・・。

香港アクションシリーズの第一弾。アクションものなので、あまりストーリーはほどほど、アクション楽しみに見に行くって感じ。やはりクライマックスの剣の技などなかなか。ただ、途中のストーリーはちょっと退屈って感じ。
ラスト、この手の終わり方って、もしかしたらちょっと珍しいかなと思いつつ見ていた。
どちらかというとDVD観賞ものかなぁ。
[PR]

by mikibloom | 2011-08-27 16:00 | 映画

ハウスメイド

c0015706_8481418.jpg映画の予告が面白そうで、楽しみにしていた作品、封切りの今日早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、初回上映でしたが、けっこう大勢の方が見に来ていました。

上流階級の豪邸で、メイドとして働くことになったウニ。家事全般の他に、双子を妊娠中の妻と6歳になる娘の世話も彼女の仕事だった。古株のメイド・ビョンシクの厳しい指導のもと、ウニは明るい笑顔を絶やさず、一生懸命働く。ある日、主人のフンに求められたウニは、己の欲望に素直に従い、関係を持ってしまう。やがて妊娠、目ざとく気付いたビョンシクが、妻の母親に密告するが・・・。

メイドとして働くことになったウニの仕事先、なんか超豪華!!で、この主人って一体何の仕事をしているんだろうと思ってしまった。食事が毎回それだけ出てと、用意するの大変だよねなんて思う。けど、ウニが、この家が怖いと言ってるほど、怖い感じが描かれていないって思うんだけど。その後の陰謀はあっても、なんか、うーん!?って感じだし。まあ、結果的にそうなるとして、その復讐がこれなんだ。と、ラストの女の子の視線は・・・!?
うーん、これはDVD観賞のほうがいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2011-08-27 11:50 | 映画

ハンナ

c0015706_8473096.jpg映画の予告を見ておもしろそうと思っていた作品、封切りの今日早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、初回上映でしたが、男性を中心に満席状態でした。

元CIA工作員の父とフィンランドの山奥で人知れず暮らし、並はずれた格闘テクニックを叩き込まれたハンナ。愛らしい外見に反し、痛みを知らず感情をもたないまま16歳にまで成長したハンナの戦闘能力はいつしか父を越え、ついに外の世界へ旅立つ日が来た。ある任務の下、ヨーロッパへ旅立った彼女をかつての父の同僚であるCIA捜査官マリッサが執拗に追ってくるが・・・。

ハンナ役のシアーシャ・ローナンさん、「つぐない」や「ラブリーボーン」のイメージとは今回全然違う役柄をびしっと決めている。凄い格闘テクニックが決まっていてカッコイイ!!そして、パパ役のエリック・パナさん、久々に見るなぁ、やはりアクションカッコイイ!!!ちょっとダサいスーツの着こなしもなんかパナらしいって感じ。でも、最初の登場シーンのところ、前々パナさんと分からなかった。そして、ケイト・プランシェッとさん、今回は冷酷なCIAエージェントの役どころ、こちらもカッコイイし。はたしてハンナとパパは打ち合わせした場所で出会うことができるのか。そして、ハンナの出征の謎は!?ラストまでアクションを見せてくれた。エンドロールも最後まで見て欲しい。
これって2あるのか!?というより、続きのハンナが観たいかも。
ぜひスクリーンで楽しんでほしい作品。
[PR]

by mikibloom | 2011-08-27 09:40 | 映画

ベニスに死す ニュープリント上映(試写会)

c0015706_8464635.jpg映画のタイトルが有名なのに、一度も見ていなかった作品、こんどニュープリント版になるという予告を見て、ぜひ見たいと思った作品、さっそく見に行ってきました。

今日の試写会は雨の中大勢の方が見に来て、満席状態でした。

ベニスを静養のために訪れたドイツの高名な作曲家アシェンバッハは、滞在先のホテルで出会ったポーランド人の美少年タジオに心を奪われる。夏の終り、コレラが蔓延するベニスで出会ってしまった「究極の美」。その瞬間、美の囚人となったアシェンバッハの苦悩と恍惚が始まった・・・。

作曲家アシェンバッハがベニスで出会った美少年タジオに魅入られる感じ、今でいう美少年ものの元祖って感じなのかなぁ。たしかにタジオはすっごく綺麗だとおもう。衣装も色々と変わっていて、観ていて楽しい。とくに黒の衣装はすっごくに会うって感じ。そんな彼が弾くピアノのメロディもいいなぁ。
また、彼に魅入られていくアシェンバッハ、今でいうとストーカーだよねぇ、まあ当時はそんなことで騒がれたりということはなかったんだろうが、魅入られていく姿は結構わかりやすいって感じ。
ラスト、おいおい、そんなところでいたら危ないよ、って、あれは熱中症!?などとも思ってしまったが。
マーラーの第5番アダージェットって、今ではちょっとしたドラマのBGMで聴くことが多いが、その草分け的作品がこれなのか!?ラストのタジオの姿と合わせて印象的な映像となっている。
うん、これはスクリーンで観てもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2011-08-26 18:30 | 映画

七つまでは神のうち

c0015706_845265.jpg映画の予告を見て面白そうと思った作品、レディスディの今日、さっそく見に行ってきました。

今日はレディスディの夜の回ということで、結構はいていた感じでした。

10年前の事件を機に心を閉ざした繭は、学校にも通わず、教会で祈りを捧げる毎日。ある日、不審なワゴン車の車内に、憔悴した少女が乗っていることに気づく。驚きつつも、そのことを父に告げ車を追跡し少女の救出を試みる。その頃、複数の失踪事件が起きていて……。

最初のライトバンの少女のシーン、なんでこの子携帯持ってない!?など、なんかちょっと突っ込みを入れてくなるシーンが何個か。後半は、観ていてようやくここがこのシーンとつながるのねって納得。なんだけど、クライマックスのシーンでもちょっとなぁと思うところが。
テーマとしても面白いし、ラストもなかなかなんだけど、もうちょっと欲しかったかなって感じ。
うーん、これはDVD観賞当たりがちょうどいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2011-08-25 19:00 | 映画

ホームランが聞こえた夏(試写会)

c0015706_844545.jpg映画の予告を見て気になっていた作品、さっそく見に行ってきました。

きょうの試写会は満席に近いくらい入っていました。

中学野球の天才ピッチャーと称されながら、突然聴覚を失ったミョンジェは、ろう学校へ転校、二度と野球はしないと誓う。その高校の野球部はわずか10人の弱小チーム。そこへ暴行事件で謹慎処分になった国民的スター投手サンナムがコーチとしてやってくる。全く乗り気のしないサンナムだったが、ミョンジェが夜中に一人で投球する姿を目にし、野球への初心を思い返す。サンナムはミョンジェに「野球をやろう」と筆談で説得、ミョンジェは野球を再開することを決意するが・・・。

謹慎処分となった投手サンナムが出会ったろう学校の野球部の生徒たち。実力ほぼ0のところから、練習していくあたり、なんか久々にスポコン的な野球を見たなって感じ。そういえば、最近こういった感じのスポーツものって、ちょっとご無沙汰しているし、ちょっと感動。野球は一人で出来ないと、生徒たちに教える姿、悔しさに声を上げる姿など、胸にじんとくる。練習に励む姿など、昔のスポコンものを思い出させる。
クライマックスの試合のシーンもなかなか。
上映時間がちょっと長いけど、スクリーンで楽しむのもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2011-08-24 19:00 | 映画

TEKKEN 鉄拳(試写会)

c0015706_8424051.jpgあのゲームが映画になるのかと思い、さっそく見に行ってきました。

今日の試写会は、思った以上に人が少ないって感じでした。

莫大な力を持つ三島財閥によって動かされる世界。ある日、TEKKENシティの塀の外にあるスラム街で暮らす風間仁は、三島財閥の警備部隊“鉄拳衆“の襲撃に遭い、必死に家に戻るが、家が壊された上、母が殺されてしまう。彼は、殺害を命じたと思われる三島への復讐を誓う。

まあ、この手のものって、格闘シーンは楽しみだけど、ストーリーを期待してはいけないと思っていたが、うん、やっぱりねって感じ。まあ出てくるパンダは可愛かった。最初の格闘シーンは結構よくて期待していたんだが、途中のストーリーはうーん、ガタガタって感じかなぁ。それでも、クライマックスあたりはもそっと面白い格闘シーンが見られるかと思って、最初は期待したが、すぐストーリーがいきなりかけ離れたキャラになって、つまんない!!!いきなりなんかすごいキャラになったり、最後に出てきたあのキャラのかけ離れたところ、逆につまんなくなって眠ってしまった。だいたいアニメって好きに動かせるんだから、ラストにいきなりあのキャラが出てきたら、今までのストーリーがストーリーで無くなるじゃん!!!などと思ってしまった。それに、主役以外の脇の登場人物のスクリーンキャプチャー下まんまの気になる動きを何とかしてくれって感じ。
観終わった後、帰りにゲームを知っている人が、「ゲームを知ってる人は笑っちゃうよね」などといってたし。鉄拳大好きの子に脇キャラの動きについて語ったら、素人にそんなこと言われて・・・!!!まあ期待していなかったけど・・・、と失笑されてしまった。
うーん、DVD1.5倍速で十分かも。
[PR]

by mikibloom | 2011-08-23 18:30 | 映画