映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2011年 10月 ( 45 )   > この月の画像一覧


コンティジョン(試写会)

c0015706_8572538.jpg映画の予告を見てすっごく面白そうと楽しみにしていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日の試写会はいつもより少し遅めの開始となりましたが、満席状態でした。

香港出張からアメリカに帰国したベスは体調を崩し、2日後に亡くなる。時を同じくして、香港で青年が、ロンドンでモデル、東京ではビジネスマンが突然倒れる。謎のウイルス感染が発生したのだ。新型ウイルスは、驚異的な速度で全世界に広がっていった。米国疾病対策センターは危険を承知で感染地区にドクターを送り込み、世界保健機関はウイルスの起源を突き止めようとする。だが、ある過激なジャーナリストが、政府は事態の真相とワクチンを隠しているとブログで主張し人々の恐怖を煽る。その恐怖はウイルスより急速に感染し・・・!!

contagion=感染。ウイルスの広がる速さ、その恐ろしさを考えさせられた作品。いったい最初の感染はどうやって起こったのか、またどうやって広がっていくのか。日本でもつい2年前に新型インフルエンザでパニック状態になっていたが、日々のほんのちょっとしたことからこうやって感染していくんだと改めて考えさせられた。またこの治療薬として○○が聞くといえば、それに長蛇の列など、そうそう日本でもマスクを買うのにそんなことあったし、とか、日々の生活がストップしていくなかでのパニックなど、震災の後のような状況を思い出して、気をつけなくっちゃなどと思いながら見ていた。また、医療関係者が危険を冒して原因究明を行う姿、そうそう医療関係者が一番感染には気をつけないといけないんだなどと思いつつ見ていた。この映画ではライフラインはまだ大丈夫だったが、実際のときは、ライフラインだって危ないし、そんな時どうやってしのげばいいのかなどと色々と考えさせられる。インターネットなども発達したけど、いざというときは確実な情報は何か、どうやって行動したらいいのかと考えてしまった。
うーん、ラストには、「えーーー!!!こんなことで!!!」と思ってしまった。
出演者も豪華だし、これは是非スクリーンで楽しんで考えて欲しい作品。
[PR]

by mikibloom | 2011-10-31 19:00 | 映画

ウィンターズ・ボーン

c0015706_944521.jpg映画の予告を見て気になっていた作品、さっそく見に行ってきました。

見に行ったのは封切り初日、夕方の回でしたが、結構混み合っていました。

17歳の少女リーは一家の大黒柱として、幼い弟と妹の世話をし、その日暮らしの生活を何とか切り盛りしていた。ある日、とうの昔に家を出て逮捕された父親が、自宅を保釈金の担保にして失踪。父親を見つけ出さないと、リーたちの家は没収されるのだという。やむなくリーは自ら父親探しに乗り出すが、ならず者だらけの親族は全く協力してくれず、露骨な妨害工作さえ仕掛けてくる・・・。

アメリカの寒村の底辺に暮らす子供たちを描いている作品。なんかどこまでいってもずっと重苦しく、なんか救われない感じ。ストーリー展開もそう動かないってところで途中眠くなってしまった。あそこで一応ストーリーは終わっているが、その後、一体子供たちはどう暮らしていくんだろう、などと思ってしまう。
うーん、どちらかというとDVDで観たい作品かなぁ。
[PR]

by mikibloom | 2011-10-29 16:00 | 映画

密告者

c0015706_934021.jpg映画のチラシを見て気になっていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日は封切り初日、昼過ぎの回でしたが、まあまあの入りって感じでした。

香港警察気鋭の捜査官ドンは、ある犯罪組織に密告者を送り込んだが、組織を追いこむ寸前で正体がばれ、その密告者は瀕死の重傷と再起不能のトラウマを追う。それから1年、ドンは深い罪の意識を背負いながらも、台湾から帰って来た凶悪犯罪者バーバイを逮捕するために、新たな密告者として出所間近の青年サイグァイに白羽の矢を立てる・・・。

一応アクションなのだろうが、なんか中盤までストーリー展開がトロくて眠くなってしまった。後半の強盗シーン当たりは結構見ていられるが、そう緊迫感を感じないなぁ。うーん、ちょっと映画としては小粒って感じかなぁ。
どちらかというと、DVD1.5倍速がお勧めって感じだなぁ。
[PR]

by mikibloom | 2011-10-29 13:00 | 映画

ゲーテの恋~君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」~

c0015706_922598.jpg映画の予告を見て気になっていた作品、封切り初日に早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、初回上映の回を見に行ったのですが、まずまずの入りって感じでした。

若き日、詩人になることを夢見ながら、才能が認められず、田舎町の裁判所で働いていたゲーテは、美しいシャルロッテに恋をした。彼の文才の最初の発見者であり、くすぶっていた彼を力づけてくれる聡明なシャルロッテに、ゲーテは、そのすべてを捧げ、共に生きられないのなら死をもと思い詰めるほど惹かれていったのだった。しかし、彼女には父親が決めた結婚話が進んでいた・・・。

この「若きウェルテルの悩み」って題は聞いたことがあるけれど、本は読んだことがなく今まで来てしまったなぁと思っていた。ゲーテが経験した恋物語がベース。ストーリー展開もとてもテンポがいい。当時の人たちの生き生きとした姿、そしてゲーテとロッテの恋のゆくへ。父親が決めた結婚など、当時としては仕方がなかったのかも。そう、そんな恋敵役にはモーリッツ・ブライプトロイさん、うんなんかすっごくまじめそうって感じだねぇ彼は。また音楽も当時の感じのクラシックが全編に流れていて気持ちいい。
なんか、久々に純文学恋愛ものを楽しんだって感じ。この原作となった本、読んでみたくなった。
ぜひスクリーンで楽しんでほしい作品。
[PR]

by mikibloom | 2011-10-29 10:00 | 映画

三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(3度目の観賞)

c0015706_901672.jpgいよいよ本日公開と、待ち望んだ作品、さっそく見に行ってきました。

今日は週末の夜の回を見に行ってきたのですが、まずまずの入りって感じでした。

17世紀フランス。銃士に憧れ、田舎からパリに上京してきた気が強く無鉄砲な青年ダルタニアン。念願叶い、フランス最強の三銃士の仲間入りを果たした彼は、影の権力者リシュリュー枢機卿の裏切りによって奪われたフランス王妃の首飾りを取り返すため、イギリスへと向かう。しかしそこには、王妃との秘密を握るイギリス貴族バッキンガム公爵と正体不明の美女ミレディの黒い影が立ちはだかる・・・!!

今日はやはり3Dでの観賞、跳び出すバッキンガム公を楽しみに見に行ってきました。今回の三銃士、悪役のバッキンガム公やミレディなどの魅力もすっごく楽しみだし、3度見ても飽きないのはやはり主役のダルタニアンや三銃士の役者さんもすっごく魅力的だし。それと気になっているのが王妃の侍女コンスタンス役のガブリエラ・ワイルドさん、アンヌ王妃役のジュノー・テンプルさん、ルイ13世役のフレディ・フォックスさん、この3人、今後の活躍が気になるなぁと思いながら見ていた。ルイ13世のバッキンガム公のおしゃれに対抗している姿がちょっとかわいらしいし、それをちょっとおちょくっている感じのバッキンガム公がまたいいし。
うん、また見に行かなくっちゃ、またスクリーンで楽しみたい!!!
[PR]

by mikibloom | 2011-10-28 19:00 | 映画

やがて来る者へ

c0015706_8585356.jpg映画の予告を見て気になっていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日は平日の夜の回でしたが、結構入っていた感じでした。

1943年12月。イタリア北部の都市ボローニャに程近い小さな山村。ドイツ軍とパルチザンの攻防が激化し、この村にも戦争の影が徐々に迫ってきていた。両親や親戚と暮らす8歳のマルティーナは、大所帯の農家の一人娘。生まれたばかりの弟を自分の腕の中で亡くして以来、口をきかなくなってしまった。戦況がいよいよ悪化し、ドイツ軍が出入りする中、地元の若者たちは密かにパルチザンとして抵抗を続ける。そして両者の緊張が高まる中、44年9月29日、ドイツ軍がパルチザンを掃討する作戦を開始する・・・。

マルティーナの目を通して映る平和だった村や忍び寄る軍の恐怖などを丁寧にとらえている。一体この村に何が起きるというのだろうか。平和に寄り添って生きる人たち、弟の誕生を待ち望んでいるマルティーナの姿。
そんな中、突如訪れた恐怖、思わずマルティーナはどうなってしまうのか、村の人たちは?とハラハラドキドキ。そして、その無残さに、戦争の恐怖を感じる。どうか生き延びて欲しいと願わずには居られなかった。ラストのマルティーナのメロディーが印象的。
是非スクリーンで観ておきたい作品。
[PR]

by mikibloom | 2011-10-27 18:30 | 映画

シャッフル

c0015706_8575161.jpg映画の予告がすっごく面白そうで楽しみにしていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日はレディスディの夜の回、結構大勢の方が見に来ていました。

戸辺コウヘイの元に突然届いた案内状。そこには「拘束期間はわずか1日。報酬は200万。簡単なモニター調査です。」と書かれていた。それが、すべての始まりだった。指定されたモニター会場についた戸辺は、同じように呼び出された3人の男、物部、轟、堺と出会う。そこへモニター調査の担当者・神宮寺が現れる。次々に出される無茶な課題に戸惑う4人。その課題をこなす度に戸辺は妙な頭痛に襲われていた・・・。

なーんか中盤位になるまで、ちょっとストーリー展開がたるいなぁって感じ。もう少し前半もテンポよくやってくれないと観てて飽きてしまう。mikiは前半ちと眠ってしまった。
まあ、中盤からはまあま面白くなって見て居られたって感じかなぁ。
いったいおカネはどこに?と誰かいる?にドキドキ。
ラストのどんでん返しのどんでん返しは結構なかなかと思った。
うーん、これはDVDで前半1.5倍速、後半は普通の速度で楽しんだ方がいいかなって感じ。
[PR]

by mikibloom | 2011-10-26 19:25 | 映画

ウォーリア&ウルフ

c0015706_856292.jpgオダギリジョーさん、マギーQさん共演ということで、楽しみにしていた作品。早速見に行ってきました。

今日はサービスディの夜の回でしたが、結構空いている感じでした。

中国、秦の時代。皇帝の命を受けた軍隊は反逆を試みる部族を制圧するためゴビ砂漠を越え、はるか北方の国境の警備に当たる。荒廃したその地は冬が訪れると狼によって支配された。陸指揮官は部下とともに警備の地から退却を始めるが猛吹雪に見舞われ途中、ハラン族の村へと避難する。とある掘立小屋の床下から陸は謎めいた美女を見つけるが、互いに求め合い契りを交わす。しかし陸は、恋の代償がいかに高くつくかを知る由もなかった・・・。

オダギリジョーさんとマギーQさん共演ということで、すっごく楽しみにしていたのに、最初の軍の戦いのシーンもなーんかイマイチだし。闘いが重点でないみたいだからしゃあないかもしれないけど、一体何したいのかななどと思いながら見ていた。その後のハラン族の村のシーンもなんかイマイチだし、もちろんマギーQさんとのシーンもそれだけかい!!!といいたくなってしまう。で、ラスト、まあちょっと見れたかなと思ったけど、なーんか全体としてイマイチだなぁ。ちょっと期待倒れ。
うーん、この映画は見ない方が正解かも。
[PR]

by mikibloom | 2011-10-25 19:00 | 映画

三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(試写会、2度目の観賞)

c0015706_8542721.jpg今週末にいよいよ公開の本作、今回は2D版を一足先に観賞してきました。

今日の試写会はほぼ満席状態でした。

17世紀フランス。銃士に憧れ、田舎からパリに上京してきた気が強く無鉄砲な青年ダルタニアン。念願叶い、フランス最強の三銃士の仲間入りを果たした彼は、影の権力者リシュリュー枢機卿の裏切りによって奪われたフランス王妃の首飾りを取り返すため、イギリスへと向かう。しかしそこには、王妃との秘密を握るイギリス貴族バッキンガム公爵と正体不明の美女ミレディの黒い影が立ちはだかる・・・!!

今回は2度目の観賞ということでストーリーはもうわかっているので、どちらかというとゆったりし感じで映画を楽しんだって感じ。ただ、ここの試写会場の映写機の不調なのか、映写機の調節がうまくいっていないのか、スクリーンの中ほどあたりの映像がぼやけるのよね。なんかそれにいらついてしまい、せっかくのオーリー演じるバッキンガム公のお姿が楽しめなくって残念!!!
それと、2Dだと、映画の冒頭にあるフィギアのシーンはどちらかというと平面な感じの映像だなぁ、これ3Dだと自分の椅子が動いている感覚になるから、この映画どちらかというと3Dで楽しんだ方が面白いかも。などと思いながら見ていた。
やはり何度見てもバッキンガム公の悪役になれない悪役って最高!!!
うん、公開したらまた見に行くからねっっっ!!!
この映画は3Dで観たほうが絶対楽しいかもっっっ!!!
[PR]

by mikibloom | 2011-10-24 18:30 | 映画

ステキな金縛り(試写会)

c0015706_93381.jpg三谷監督作品の最新作ということで、すっごく楽しみにしていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日の試写会は土曜の夜の回ということで、満席状態でした。

失敗続きで後がない弁護士エミが担当したのは、とある殺人事件。被告人は無実を主張、完璧なアリバイがあるという。なんと事件の当夜、旅館の一室で金縛りに遭っていたのだ。無実を証明できるのは、一晩中彼の上に圧し掛かっていた、落ち武者の幽霊だけ。エミはその幽霊・六兵衛に会い、彼を証人として法廷に召喚させるが・・・!!!

落ち武者六兵衛さんの裁判証人尋問、なかなか笑わせてくれる。見える人と見えない人と、その様子がコミカルに描かれていて、またそれにオチもあったりして、見ていて面白い。こんなところに突如こんな人がというのもあり、ドタバタと楽しいし、弁護士と検事の対立もコミカルで面白い。こんな商人がいたら、警察の捜査も、裁判も随分と楽だよね、などと思うのだが。ただ、この時間はちょっと長いかなぁと思ってしまう、途中中だるみも感じるしね。あと10分くらい短いほうが見ていて飽きなくない!?などとも思った。ラストにはちょっとほろりともさせられ、エンドロールも楽しめるし。
スクリーンで楽しんでもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2011-10-22 18:30 | 映画