映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2013年 02月 ( 35 )   > この月の画像一覧


TOKYOてやんでぃ

c0015706_6541219.jpg映画の予告を見て気になっていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りって感じでした。
終わってから、監督のトークショーがあって、それがなかなか面白かった、うん、mikiも金曜なら一緒にマジで飲みに行きたかったーーー!!

寄席に於いてお茶汲みから呼び込み太鼓、めくりの出し入れに至るまで楽屋の一切を仕切るのは「前座」の仕事。入門から9年と5か月の月日が経ってなお前座から一向に出世できない立花亭ピタッチは日々楽屋で奮闘する。そんなある日、仲入り前がなかなか楽屋入りせず、高座に穴が開きそうで楽屋内は大混乱。どっからどう見ても外国人の自称・江戸っ子の立花亭圓藤。コスプレマニアにして何故か高座上がりたがる女席亭。そのほか噺家、色物、様々な芸人が入り乱れ、果ては、入門前ピカッチが契りをたてた彼女まで現れて…。

寄席、そういえば、昔、ちょっと見に行った経験があるが、いったい何年見に行ってないだろう!?たしかに、その日の客の入りによって、ネタを変えたりといった、出演の方々の話も聞いたことがあるし。この作品ではねなかなか次の出演者が来なかったりと、ドタバタ劇にしているが、こんな苦労もあるなんだろうなと思いつつ見ていた。女席亭役の安達祐美さんのコスプレもなかなか。噺家役のでんでんさんや、ラサール石井さん、そして小松政夫さんのピリッと決まった師匠ぶりもなかなか。寄席なのに、ラストはちょっとウルッとさせられて、そうそう、これって泣きの落語を聞いているって感じなのかな。
期待以上によかったって感じ。
うん、これなら、スクリーンで見に行ってもいいかも、ぜひ前売り券を買って見に行くのがおすすめかも。
[PR]

by mikibloom | 2013-02-28 18:45 | 映画

デスカメラ

c0015706_653713.jpg映画のチラシを見て、超面白そうと楽しみにしていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、ガラガラの状態でした。

結婚式に出席するため、車で旅に出ることになった、リッチとエヴァのカップルと友だちのサイモン。早々サイモンは「最高の場面を逃がしたくない」と新しいビデオカメラに夢中で、車の中でも外でも、昼も夜も、ずっと撮影し続けてリッチとエヴァに呆れられていた。翌日、暗い夜道を走っていて野生のコヨーテをはねてしまい、ショックを受けた3人は落ち着く為に近くのモーテルへ行く。ビデオを撮影しながらモーテルに入ったサイモンは、従業員の顔が歪んでいる様に見えた。その時は、レンズが汚れたせいだと気にも止めなかったが、従業員が殺されていて…!

うーん、こういったホラー物って、見にいって、ああ見に行かなきゃよかったと、後悔しながらぶるぶるしながら見るってのが定番なのだが、この作品はそれこそああ見なきゃよかったと思ってしまったよ。
たしかに低予算な作品ってのは、見ていて感じたが、それこそシナリオも低予算な感じ。それでも、顔が歪むって発想は、以前にテレビの心霊写真特集で見た写真を思い出して、ぞくっっっとなったのだが、そんな怖さもどっかに言ってしまったって感じ。うーん、最初からラストが見えてしまうってつくりと、クライマックス以降がグダグダで、どうでもいいやって感じで、思わず何がやりたかったの?って言いたくなってしまう。
うーん、ホラー好きにはすっごく残念な作品、見に行くのも借りるのも、無駄って言いたい!!!
[PR]

by mikibloom | 2013-02-27 18:50 | 映画

メモリーズ・コーナー

c0015706_652282.jpg西島秀俊さん、阿部寛さんの最新作ということで、気になっていた作品、さっそく見に行ってきました。そ

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、ぼちぼちの入りって感じでした。

フランス人ジャーナリストのアダは、95年に起きた阪神・淡路大震災の式典を取材するために神戸を訪れる。街は復興、誰もがかつての悲劇と決別し、豊かな暮らしを楽しんでいるかのように見える。通訳の岡部を伴い、かつての被災者の家を訪ね歩くアダの前に、いまだに後遺症に悩む寡黙な石田が現れる。かたくなな態度をとる彼の心を開かせようとする彼女に岡部は彼が現生の男ではないと忠告する。しかし彼女は不思議な石田に魅せられ、取材にのめり込んでいく。やがて彼が幻であることを悟った彼女は…。

ついこの間起こった東日本大震災の印象が強いせいなのか、阪神・淡路大震災の事って、結構忘れ去られているって感じなのかなと、この映画を見て思った。でも、ここでのケア等は、今後の東日本大震災でもっと生かされなければならないだろうなと思いつつ見ていた。どんなにいい施設ができても、心のケアは必要なんだろうな、人と人との繋がりは大切にしていかなければならないのかと思いながら見ていた。この作品、結構、中盤までは丁寧に人物を描いているのに、後半、なんかはしょりすぎていない!?えっ?なんで?って感じで展開していってる感じ。とくにラストのアダと石田、えっ?って感じで、なんか展開がよくわからない??って感じ。せっかく途中までよくできているだけに中途半端でどっちつかずって感じで残念な気がする。
うーん、西島さん、阿部さんフアンなら、サイン入りポスタープレゼントもあるので、すくりーんで見たいかなって感じだか、そうねぇ、DVD旧作になってから借りて見てもいいかなって感じがする。
[PR]

by mikibloom | 2013-02-25 19:00 | 映画

アンタッチャブルズ

c0015706_972983.jpg「最強のふたり」で脚光を浴びたオマール・シーさんの最新作ということで、さっそく見に行ってきました。

今日は封切り初日、夕方の回を見に行ってきましたが、結構大勢の方が見に来ていました。

フランス郊外の荒廃した地区ボビニーで、巨大な影響力を持つ大企業の社長、ジャンの妻エポニーの死体が、夜明けの集合住宅地にある古びた闇賭博で発見された。ボビニー警察経済課のウスマヌは、ボビニー市郊外で闇取引についての調査をしていた。一方、名高きパリ警視庁犯罪捜査課長官のフランソワは、パリで雇用主組合についての捜査を行っていた。全く異なる世界に住む2人が本事件の捜査を任されることになるが…。

オマール・シーさんの最新作ということで、すっごく期待して見に行ったのに、これ作品、いったいどっち路線をしたかったの?と聞きたい、どっちつかずの作品って感じ。刑事ものということでアクションを見せたかったのか、それとも、ドタバタコメディ仕立てにしたかったのか。どっちにも染まらず、刑事ものなのに言葉遊びでドタバタしている感じで、見ていて眠くなってしまった。うーん、見に行ったのが失敗って感じ。オマールの刑事役もなかなか様な感じなのに、残念って感じだなぁ。
なんか、この作品、2も作られそうな感じの終わり方だけど、コメディならもっと見ていて面白いコメディにしてほしいし、アクション路線なら、もっとしっかりしたアクション見せてよって言いたい!!次回はもっと面白くしてくれ!
ってなことで、見る価値なし。
[PR]

by mikibloom | 2013-02-23 16:00 | 映画

バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!

c0015706_962431.jpgキルスティン・ダンストさんの最新作ということで楽しみにしていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日は封切り初日、昼過ぎの回を見に行ってきましたが、結構大勢の方が見に来ていました。

女子の人生を揺るがす、大事件勃発!!高校時代の同級生で、おブスでおデブな友だちベッキーが、プロポーズされた!衝撃の告白を受けたレーガンは、親友のジェナとケイティと3人で結婚式に出席するためにNYへ。昔はそこそこモテていたのに、気がつけば売れ残り状態の3人が結婚式前夜パーティでハジケすぎて、花嫁のドレスを破ってしまう!挙式まであと12時間!次から次へと襲いかかるトラブルと危険な男たちからの誘惑に、さらにご乱心となる独女たち!ヒビが入ったドレスと友情、そして世界でただ一つ、「自分だけのオーダーメイドな幸せ」を探す3人の女子道の行方は…?

バチェロレッテ、独身女性というより、売残り女子のヒガミを映画にしているって感じ。結婚式前日のドタバタを作品にしているって点では、ハングオーバーの女性版って感じかな。次から次に出てくる事件と毒舌と本音と。見ていてなんかわかるなと思いながら、いったいどうなってしまうのかとハラハラしながら見ていた。クライマックス、花嫁衣装はいったい!??でも、毒舌しながらも、イザっというときはしっかり味方になっていたりと、ちょっとほっとしたり。それが女子の友情かも。
うん、ありありと思いながら、スクリーンで見るのもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2013-02-23 13:00 | 映画

レッド・ライト

c0015706_951794.jpg映画の予告が面白そうな作品、さっそく見に行ってきました。

今日は土曜日、朝一番の回を見に行ってきましたが、結構大勢の方が見に来ていました。

科学者のマーガレット・マシスンとトム・バックリーは、超常現象を科学の力で解き明かすため、研究を重ねる日々を送っていた。そんな折、30年前に突如引退した伝説の超能力者サイモン・シルバーが復帰するというニュースが話題をさらう。因縁深い相手の復活にマーガレットは警戒心を強め、調査を申し出たトムの身には次々と不可解な出来事が起こり始める。全てを解き明かすため、トムは単独でシルバーのショーに乗り込むことを決意する…

科学で超常現象のウソを解き明かそうとするマーガレットとトム。本当にこれは超常現象ではないの?と思いながら見ていた。そうそう、以前、こんな超能力者の映像を見たことあるある、こんなネタになっているんだと思った。で、このネタは、いったい誰がグルになっているのか?その仕掛けはなんなのか?ドキドキ。結構重いストーリー展開であったが、クライマックスのどんでん返しは見事!!やっぱりと、そのあとのえっっと、結構興味深かった。
うん、スクリーンで楽しんでもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2013-02-23 10:10 | 映画

故郷よ

c0015706_94070.jpg映画の予告を見て気になっていた作品、ようやく見に行ってきました。

今日はレディスディ、夜の回を見に行ってきましたが、女性を中心に大勢の方が見に来ていました。

1986年4月26日。チェルノブイリからわずか3キロの隣町プリピャチ。この春の美しい日に、アーニャは結婚式を挙げた。幸せを噛み締めながら「百万本のバラ」を歌う美しい花嫁。しかし事故は起こった。新郎は式の途中「山火事の消火活動」に駆り出され、二度と戻って来なかった。原子力発電所の技師アレクセイは、いち早く事のを悟るが、真相を告げることも出来ない。そんな中、強制退去命令が下り、街の人々は何も教えられないまま散り散りになり、アレクセイは、妻とヴァレリーを避難させた後、消息を絶った…。10年後。アーニャは、ツアーガイドとして故郷に留まり、技師アレクセイは放浪の旅を続け、ヴァレリーは父を捜しにプリピャチに戻ってきた…。

あの事故があるまで、プリピャチの町はのどかで何でもある地方都市って感じだったんだと思いながら見ていた。幸せそうな結婚式、子どもと木を植える父、そんなどこにでもある風景。それが一転して事故による避難。雨の中傘もささずに濡れている人たちを見てちょっとびっくりしてしまう。そして10年後の廃墟となった街にも。かつてここには大勢の人たちが住んでいただろうに、住まなくなってしまうとこんなになってしまうんだと思った。それでも、移住してくる人、人の方が恐ろしいとの言葉がぐさりとくる。ここはいつになったら住むことが出来るのか。同じように、日本の町もこうなってしまうのかと思ってしまう。考えさせられる。
スクリーンで見ておきたい作品だ。
[PR]

by mikibloom | 2013-02-22 18:45 | 映画

逃走車(試写会)

c0015706_8584467.jpg映画の予告が面白そうと、気になっていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方が見に来ていていました。

アメリカ人のマイケルは、別れた妻に会いに南アフリカ共和国のヨハネスブルグへたどり着く。予約と違うレンタカーが手配されていたが、先を急ぐマイケルは、その車で妻の元へ向かう。そんな中、車中にあった見知らぬ遺体電話が鳴り、刑事と名乗る男から、配車は間違いで、ある場所まで交換しに来るようにと言われる。指示に従う道中、座席の下から拳銃が見つかり、さらに後部座席から縛られた謎の女が飛び出してくる。彼女は、ある重大事件の秘密を知ったため誘拐されたのだという…。

予告では面白そうと思ったんだけどねぇ、まるで詐欺、だまされたって感じ。だって、見ていられるの最初の数分とラスト10分くらいなもんだよ。
ストーリー設定も甘々、なんでそこに妻がいるの?と思うし、車からいろいろなものが出てきて、そのまんまにしておくし、って、なんで女性もそのまんまにするかなぁ?わけわかんない。第一、その女性も誘拐されて、なんでそこにいる?なんか変なストーリー展開。で、クライマックスは、女性の証言、そんなんで、証言能力ありなの?なーんて突っ込みどころ満載って感じ。
妻も、あんなところにちらっと出て、だから何って感じだし。
制作の視点はよかったんだけどねぇ、ストーリーや設定まで低予算にしないでねって言いたくなってしまった。
うーん、どうしても見たいのならDVD旧作になってから、1.5倍速で飛ばしてみてもいいんじゃねって感じ。
[PR]

by mikibloom | 2013-02-21 19:00 | 映画

ある海辺の詩人 小さなヴェニスで(試写会)

c0015706_8573992.jpg映画のチラシを見て気になった作品、さっそく見に行ってきました。

今日の試写会は結構大勢の方が見に来ていて、満席に近いくらい入ってました。

「小さなヴェニス」と呼ばれるラグーナに浮かぶ美しい漁師町、キオッジャ。海辺に佇む小さな酒場「オステリア」には毎晩のように地元の男たちが集まり、小さな町で暮らす人々の心の拠りどころになっていた。オステリアの常連客ベーピは、地元民のように馴染んでいるが、遠い昔故郷を離れこの地にやってきており、心のどこかで孤独を感じていた。そんな彼は、同じく異国からやってきたシュン・リーと出会う。優しく静かに綴られる詩は、ほのかに光る燈明のように二人の孤独をそっと温め、次第にお互いがかけがえのない大切な存在になっていくのだったが…。

うーん、キオッジャの街の様子と、大潮の時との浸水の街の感じ、これだけ見れば、あとはいいかなって感じ。映画の中に出てくる詩もなかなかいいけど、だから何?って感じ。ベーピとシュンの出会いも、えっそれだけ?って感じで、まあ、小さな田舎町だから、噂になるのはすぐなんだろうけどとも思うが…。ストーリー展開としても、えっこれだけ?って感じで、スクーリンで見るにも時間とお金の無駄と言いたくなってしまう。
うーん、これ、見なくても別にいいかなって感じ。
[PR]

by mikibloom | 2013-02-20 19:00 | 映画

マリーゴールドホテルで会いましょう

c0015706_8564823.jpg映画の予告が面白そうと楽しみにしていた作品、ようやく見に行ってきました。

今日はサービスディ。夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方が見に来ていました。

神秘の国インドの高級リゾートホテルで魅惑の日々を。そんな謳い文句に惹かれて、イギリスからやって来た男女7人。夫を亡くして初めて一人暮らしを決意したイヴリンを筆頭に、それぞれの事情を抱える彼らを待っていたのは、近い将来豪華になる「予定」のボロホテルと、衝撃的な異文化の洗礼だった。情熱と野望だけは人一倍の若きオーナーは、ホテルの未来を信じて悪びれない。やがて勇気を出して新しい世界に飛び込んだ彼らに、素敵なサプライズが訪れる。ところが、突然ホテルの閉鎖が決まり、再び人生の岐路に立つ7人の選択は…?

インドを訪れた7人のシニア。それぞれに過ごすゆったりとした様と、対照的なインドのエネルギッシュな感じの街や人たちが見えてくる。こんなにも町がエネルギッシュなところがあるんだと思いながら見ていた。まあ、シニアの人たちのストーリーとしてはどってことはない感じだし、ホテルのオーナーの話もちょっと甘々な感じがするし、クライマックスの展開もちと出来すぎだろうと思うのだが。
まあ、大人のリゾートファンタジーって感じでみるなら、それなりにリゾート的かも。
mikiとしては、ちょっと出てきたあのカレーを食べてみたいと思ったりして。
うん、映画が安い日にでも見に行って、リゾート気分にひたるのもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2013-02-19 18:50 | 映画