映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2013年 04月 ( 36 )   > この月の画像一覧


L.A.ギャングストーリー(試写会)

c0015706_8554542.jpgショーン・ペンさん、ライアン・ゴズリングさん出演の最新作ということで、気になっていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日の試写会は、多くの方が見に来ていて、満席状態でした。

1949年のりL.A.。麻薬、重、売春…あらゆる悪事で街を腐敗させる巨大犯罪組織のボス、ミッキー・コーエン。彼の支配に終止符を打つため、ロス市警は少数精鋭の最強部隊を裏で組織する。だがこの命がけの極秘任務をこなすには警察官の顔を捨て、ギャング顔負けの違法行為を犯さねばならない。そこでメンバーに選ばれた6人は、署内きってのはみ出し者ばかりのヤクザな男たち。たとえ勝利しても、表立って賞賛されることはない。求めるものは正義だけ。栄光なき男たちの戦いが、いま始まる…。

ロスに実在したギャング、ミッキー・コーエンと、ロス市警の戦いを描いた作品。ギャングといっても、本人自身は手を下さずに、周りの物にさせていて街を支配していたって感じだなぁ。そんなギャングミッキー・コーエンをショーン・ペンがよく演じている。それに対抗するロス市警、様々な経歴の物をかき集め、特命チームを結成。ギャング団を叩くため、ギャング顔負けの手荒な手段に出る。見ていて、こっちがいかにもギャングじゃね?ってくらい、ギャングらしい感じ。こんなころから盗聴をしているんだと結構びっくりしたり、こんなことで、場所が特定できるんだと思ったりと、興味深い。
家族や仲間が犠牲になっても、やり抜こうとする特命チームの凄さ。クライマックスはいったいどうなるのかとハラハラドキドキ。すごい迫力だった。
やはり、この迫力はスクリーンで見てほしい。
[PR]

by mikibloom | 2013-04-30 18:30 | 映画

セデック・バレ 第二部虹の橋

c0015706_8534776.jpg一部に続き、二部も連続上映ということで、一気見で見てきました。

今日は祝日、午後の回を見に行ってきましたが、一部に引き続きやはり満席状態でした。

連合運動会が開かれていた霧社公学校を襲撃したセデックの決起部隊の手によって、戦う術を持たない多くの日本人は女子供の区別なく命を奪われた。日本軍は直ちに鎮圧を開始。山岳地帯の地の利を活かして戦うセデックの前に苦戦を強いられるが、圧倒的な武力を誇る日本軍と警察を前に、セデックの戦士たちは一人また一人と命を落としていく。男たちが絶望的な戦いに挑むなか、セデックの女たちもまた選択を迫られ、それぞれが信じる道を選ぶことに。決着のときは近づいていた…。

一部では、霧社事件の決起までを描いていたが、本作は、その後の展開を描いている。こちらはほぼ全編戦闘シーンがほとんどといっていいくらい。最初の襲撃の成功で勢いをつけたセデック族。しかし、首謀者となったモーナの冷静さが印象的。このままでは終わらないことを悟って、次なる戦いのための準備。迫る日本の軍隊と警察をいかに叩くか。見ていてハラハラドキドキしてくる。まだ少年でも、こんなことで大人となっていくのか。またその儀式はと思うし。また、一族の子女たちの選択も、それしかできなかったのかとも思ったり。また、迷わずに、男たちのためにと選択していく姿が胸を打つ。
一人、また一人と倒れていくセデック族の人々、そして、モーナのラストは!?と、ハラハラドキドキ。
ラスト、モーナの物がそんなところで見つかるって一体!??と思ってしまった。
エンドロールの歌も印象的、一部・二部と、長いストーリーをよく映画化したと思う。また、この二部作、一気見で見たmikiもすごいなぁと思わず思ってしまう。
これは是非スクリーンで見てほしい作品。是非一気見してほしい。
[PR]

by mikibloom | 2013-04-30 15:30 | 映画

セデック・バレ 第一部太陽族

c0015706_8515148.jpg映画のチラシが印象的、なかなか2部作を一気にみられる時が無いので、祝日の今日、さっそく見に行ってきました。

お昼の回を見に行ってきましたが、満席状態でした。

台湾中部の山岳地帯に住む誇り高き狩猟民族・セデック族。その一集落を統べる頭目の子モーナ・ルダオは村の内外に勇名をとどろかせていた。1895年、日清戦争で清が敗れると、彼らの暮らす山奥にも日本の統治が広がり、平穏な生活は奪われていく。それから35年、頭目となったモーナは依然として日々を耐え抜いていた。そんな中、日本人警察官とセデック族の一人が衝突したことをきっかけに、長らく押さえ込まれてきた住民たちが立ち上がり…。

mikiは台湾が過去、日本の占領地であったことは少し知っていたが、日清戦争の勝利によって、日本の統治が行われ、第二次大戦終了まで50年間続いていたと初めて知った。当然、この霧社事件の事もこの映画で初めて知った。日本の統治前の台湾の山間部は、こんなに緑が多く、狩猟によって、こんなに多くの部族が生活している場があったなんて初めて知った。獲物を取ること。そして、首狩りにより、その部族の大人としての地位を得るという、習慣、ちょっと怖いけど、少ない食料で一族を守っていくその土地での風習だったのかと思いながら見ていた。長となったモーナ・ルダオ、いっけん大人しい族長に見えるが、その日が来るまで、ただひたすら準備をして待っているという姿が印象的。そして、その日が来たとき、一族を統制していく、その族長としての大きさ、すごいなと思いながら見ていた。ラストの反乱の様子がすごい。
エンドロールの歌も印象的。
日本が海外でどのような姿で描かれているのか、やはり見ておきたい作品。
[PR]

by mikibloom | 2013-04-30 12:40 | 映画

ぼっちゃん

c0015706_850135.jpg秋葉原の事件を題材とした作品、ロングランをしていると知り、見に行ってきました。

今日は祝日、朝の回のみの上映でしたが、まずまずの入りって感じでした。

秋葉原の歩行者天国。派遣労働者の梶知之は掲示板サイトに自身のコンプレックスや孤独な叫びを書き込んでいる。彼は向かった派遣先の長野の工場で、自分と似た境遇で更に突然眠る奇病持ちの田中と出会う。社会から置いていかれる無気力なふたりの青年が偶然出会い、似た者同士ゆえにそれぞれ心の中にあった「純粋さ」がぶつかり合い、溶け合っていく。そんな彼らの世界に初めて「純愛」と心の奥底に秘められていた「暴力」が次第に姿を現してくる。ふたりを取り巻く世界は厳しい社会環境に追い打ちをかけるように落ちはじめ、さらに彼らは滑り落ちていく…。

この事件、もしかしたら、mikiの身近な人も被害に遭っていたかもと思った事件。そういえば、昨年はこの事件の被害者の側を描いた映画もあったなぁ。本作はその犯人像を描いている。昨今増えている派遣労働者、こんな環境で働いている人が多いんだと思いながら見ていた。それこそ、明日も知れない仕事、友だちもなかなかできない環境、見ていていたたまれなくなってしまう。また、同じ環境で生きる人たちの状況。なんか、すごいなぁと思ってしまった。束の間の安らぎも、脆く崩れてしまう危うさ。だから、あんな事件を起こしてもいいとは思わないが、だったら、どうすればよかったのか。労働環境だけなのか、生活もなのか。うーん、考えてしまう。隣人の狂気さも怖いし…。
そうね、一度見ておきたい作品化も。
[PR]

by mikibloom | 2013-04-30 10:20 | 映画

ヨナナス

c0015706_8154586.jpg以前、テレビで紹介されていた家電。ずっと気になっていて、先日えいやっと買ってきました。今朝が初めて作ってみたヨナナス。ベースのバナナと、オレンジを入れて作ってみました。うん、カンジはアイスクリームみたい。バニラアイスの代わりに、バナナのベース、それにオレンジ味をつけたって感じに仕上がりました。もちろん砂糖は使っていないけど、バナナの甘味だけで十分に甘い。これなら、脂肪分を摂らないのでヘルシーかも。また、乳製品アレルギーの方向けのアイスクリームとしてもいいかもね。
今年の夏は、これで、アイスクリームの代わりに作って食べようかなと思ってます。
c0015706_816343.jpg
c0015706_8162310.jpg
[PR]

by mikibloom | 2013-04-28 09:00 | 趣味

ジャッキー・コーガン

c0015706_13583226.jpgブラッド・ピットさんの最新作ということで、気になっていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日は封切り翌日の土曜日、午後の回を見に行ってきましたが、満席状態でした。

殺し屋ジャッキーのもとに、賭博場強盗の黒幕を捕えて自供させろという依頼がエージェントから入った。まずは前科のあるマーキーが犯人として浮上するが、実際に強盗を仕組んだのは別の悪党三人組との情報が入ってくる。金に狂ったギャング、エージェントの背後の影、さらに同業者たちの思惑と裏切りが複雑に絡み合ったとき、ジャッキーは全員を速やかに、そして優しく殺すことを決意するのだが…。

なんか、ストーリーがとろくて、はっきり言って眠くなってしまう作品。主人公のジャッキー・コーガンがなかなか出てこないし。出てこないばかりか、その前の話が延々と続いているので、いったいこれって何の話なんだと思ってしまう。しかも、その話がうだうだしていて、テンポが悪いし、そんなんうだうだといつまでも見たくないよと思っていたら、いつの間にか眠ってしまっていた。ようやくジャッキーが出てきたと思ったのに、またスクリーンから消えて、別な話がうだうだ続いて、また眠くなるし。クライマックス、ジャッキーの殺しのシーンは結構映像的にもすごくて、目が覚めたが、またそのあとのストーリーもだらだらしていて、思わずなんだこれ!?状態。まあ、クライマックスの殺しのシーンは結構迫力があるが。
ラストも、えっこんなところで終わるのか!?って感じだし。せっかくブラピが出てるのに、これだけ!?って感じ。うーん、ブラピフアンならスクリーンで見てもいいかもしれないが、登場シーンも多くないから、見ていてつまんないよと言いたくなる。これならDVDレンタル1.5倍速で充分って感じ。
[PR]

by mikibloom | 2013-04-27 14:50 | 映画

図書館戦争

c0015706_13573299.jpgこの作品がいよいよ映画化!!とスッゴーーーク楽しみにしていた作品!!!さっそく見に行ってきました。

今日は封切り日、お昼の回を見に行ってきましたが、大勢の方が見に来ていました。雰囲気、原作フアンが多いかなって感じでしたね。

国家によるメディアの検閲が正当化されている時代・正化。そんな時代に本を読む自由を守るために図書館側から生まれた自衛組織「図書隊」。かつて自分と本を守ってくれた図書隊員を「王子様」と憧れて入隊してきた新人女性隊員笠原郁。想い込みと運動神経だけで入ってきた彼女をまっていたのは鬼のような教官だった。それから鼻持ちならないエリート同期にヘコまされたかと思えば、ズバぬけた情報収集能力を持つ同期に救われたり、優しい上官に褒められたかと思えば、鬼教官に叱られるといったボコボコの日々が続いていく。普段は厳しく突き放しながらも時に絶妙なフォローも入れてくる鬼教官のことが段々と気になる存在になっていく。同様に教官堂上にも実はある秘められた想いがあった…。

はい、mikiもこの原作、昨年アニメ映画化されてから気になっていて、文庫本で一気読み。ドツボにはまりました、大フアンで!!!なので、すっごく楽しみにしてました。キャストも、それぞれ、キャラの雰囲気があっているし。いったい笠原と堂上の恋の行方はどうなるのかとすっごく楽しみです。
1冊の原作、映像化できるところと、切り捨てなければならないところ、まあここはしゃあないかなというところもあるのだが、熊のところは見たかったなぁと思った。ストーリー展開が知っているだけ、笠原と堂上の二人のシーン、とくに笠原の王子様の話や就活の面接のシーンなどは思わずニマニマしながらの鑑賞。ああいいな、こんなシーン、実写で見たかったという感じ。そして、堂上も、笠原をどうしていいか分からない、あの気持ちが何とも言えないって感じ。うんうん、今後の二人の行方が見たーーーい!!
また、稲嶺司令はいったいどうなるのかと思っていたら、こんな設定にと、やはり原作フアンであればナットクかも。そして、脇の柴崎、小牧、手塚、玄田もそれぞれあるあると思いながら見ていた。まあ、玄田はもう少し身体が大きい感じもしないではないが、良化特務機関とのやり取りのシーンなどでは、あ、この方がいいのかも、なんて思ったりして。でも、顔つきはそれこそ玄田だ!!なんて思ったりして。警察、良化特務機関、賛同団体のキャラも、ああなるほど、感じだと思った。
図書館のシーンも、こんな図書館どこにあるんだろうと、見ていてワクワク、一度見に行きたくなる図書館のシーン、こんなに沢山の本に囲まれたら幸せかもと思いながら見ていた。
アクションもすごいし、そうそう、日本でこれだけすごいガンアクションはすごいかも。笠原役の榮倉奈々さん、頑張ってました。設定では陸上選手なのですが、新人らしいところがなんかいいかも。
そして、堂上役の岡田准一さん、それこそ戦闘服が決まってるし、もちアクションもばっちり。ガンアクション以外にも、岡田さんならではの格闘シーンもあって、原作以上に迫力あるクライマックスを見させてもらいました。
ラストのシーンには思わずジーンとなって、もう大満足。もう一回見に行きたい、DVDも買うぞ!!宣言をします!!!
いやあ、これは是非スクリーンで楽しんでほしい作品。
もちろん、続編大大大希望、笠原と堂上のあのシーンが見たいっっっっっ!!!!!

あ、このブログ書きながら、また原作が読みたくなってきたっっっっっ!!!
[PR]

by mikibloom | 2013-04-27 12:00 | 映画

アイアンマン3

c0015706_13563783.jpgいよいよ、この作品も3!!と楽しみにしていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日は封切り翌日の土曜日、朝一番の回を見に行ってきましたが、大勢の方が見にいていて満席に近いくらいでした。

地球の危機を回避した「アベンジャーズ」この熾烈な戦いによって、トニー・スタークを取り巻く環境は大きく変わってしまった。合衆国政府は、未曽有の危機に際してヒーローという「個人」の力に頼ることを危惧。そして、トニー自身は悪夢にうなされながら、憑かれたかのように新型アイアンマン・スーツを開発していた。心身ともに極限まで追い詰められたトニーは、正体不明の敵「マンダリン」による襲撃を受け、すべてを失ってしまう。彼に残された武器は、天才的な発明の才能と、愛する者を守りたいという強い信念のみ。この絶体絶命の状況でトニー・スターク=アイアンマンの最後にして最大の決戦が、いま始まろうとしていた…。

設定としては、アベンジャーズから1年というストーリーらしいが、前回にまして、もうこの時点でアイアンマンスーツがこんなに!?って感じで、すごい!!もちろん、家もすごいし、どんだけスーツにお金かけていられるのかと思ってしまう。そして、敵キャラ、いったいこの敵キャラは何者!?敵に家を壊されて、アイアンマンは果たして!??と、今回もストーリーてんこ盛り。おまけに恋人の命もと、どうする?アイアンマン!?って感じ。クライマックスの戦いも、いったいどうなるのか!?で、いつこんなに!??って感じでもう何でもアリって感じ。
最後までアメコミヒーローを楽しめるって感じ。
そうそう、エンドロールが終わっても、まだあるので、最後まで見てほしい。
って、エンドロールにもこれをやるか、ちょっとしつこいくらいと思うが、まあいいか!!
やはり、アメコミヒーローはスクリーンで楽しんでほしいかな。
[PR]

by mikibloom | 2013-04-27 09:00 | 映画

ブルーノのしあわせガイド

c0015706_13534978.jpg映画の予告を見て木になっていた作品、ようやく見に行ってきました。

今日はレディスデイ、夜の回を見に行ってきましたが、結構大勢の方が見に来ていました。

ローマでゴーストライターをしながら自由気ままにすごしている家庭教師のブルーノ。ある日、生徒の母親から、自分の留守中の半年間一人息子のルカを預かってほしいと突然頼まれる。その上、ルカは15年前にブルーノとの間にできた子だという驚愕の事実を告げられる!信じられない思いのブルーノだが、ルカに父親だと告げないまま、一つ屋根の下で共同生活を始めるが…。

今まで気ままに過ごしていたブルーノのもとに、ある日やってきたのがナント自分の息子だった。そんな突拍子のないストーリー展開、しかも、息子のルカは、自分が父親であることを知らない。突然父親となったブルーノと、落第寸前のルカとの共同生活。いったいどうなるのかと思いながら見ていた。次第に父親としてルカの存在が気になっていくブルーノ。だが、ルカは、勉強せずに悪のまま。このままどうなるのかと思ったクライマックス、意外な展開にえって感じ。
ラスト、あれって感じで親子関係が変わっていく感じ。なかなかラストがほのぼのする感じ。
うーん、どちらかというと、DVD新作レンタルで見てもいいくらいな感じの作品かなと思う。
[PR]

by mikibloom | 2013-04-26 18:50 | 映画

タイガー 伝説のスパイ

c0015706_1352514.jpgボリウッド4として上映されている作品、やはりこれも見ておかないとと、さっそく見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方が見に来ていて、満席に近いくらいの入りでした。

インドの諜報局RAWが生み出した完全無欠りスパイ「タイガー」は敵国パキスタンに寝返った元同僚を始末したばかり。ところが新たなミッションで向かったダブリンで、生まれて初めて恋に落ちてしまう。しかも愛した女性は、なんとパキスタンのスパイだった!決して結ばれてはいけない相手との逃避行。果たしてふたりは、地の果てまで追ってくる祖国から逃げ切って、偽りだらけの世界で真実の愛を貫くことができるのか?

上映時間132分は、今回のボリウッド企画の中では短い方だね。やはりこの映画もアクションあり、踊りありとてんこ盛り。「命ある限り」にも出演している女優カトリーナ・カイフさんがスパイ役で出演している。この主人公の「タイガー」それこそ007張りのアクション満載。それでいて、初めて恋に落ちたのが敵国のスパイ。まあ、なんてすごいストーリー展開。逃げても追いかけられるし。で、この二人の恋は本当なの?と思いつつ、またストーリーが展開していくし。と、最後まで見ている者を飽きさせないし。いろいろなロケ地での映像もすごいし。
ボリウッド恐るべし、ということでやはりスクリーンで楽しんでおきたい作品。
[PR]

by mikibloom | 2013-04-25 19:05 | 映画