映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2014年 02月 ( 37 )   > この月の画像一覧


ホビット 竜に奪われた王国(3度目の鑑賞)

c0015706_22545550.jpgいよいよ本日封切りということで、すっごく楽しみにしていた公開日、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、夜の回を見に行ってきましたが、ほぼ満席状態でした。

さすがに3回目の鑑賞となると、面白いシーンとそうでないシーンは体が素直に反応してくれる。もち、つまらないシーンは想わず眠くなってしまうし、すごいシーンは3度見てもはっとびっくりするし、と極端。それにしても、樽のシーンは、ドワーフ役の皆さん大変だっただろうなぁと思ってしまった。ようやく撮り終えたら、ぜったい、PJ監督、うん、スッゴクよかったからもう一回!!といっていそうだなと思いながら見ていた。もち、山の中のシーンもすごいよね。もち、レゴラスも、樽のシーン、どうやってとったのか、メイキングが楽しみと思ってしまった。こりゃあ、DVD買わなくっちゃ、あ、その前に、この映画のエンディングの唄も気になるし、今回出てきたイケメンもチェックしないと!!と思っちゃった。
やはり、スクリーンで3Dで楽しみたい!!
[PR]

by mikibloom | 2014-02-28 18:30 | 映画

リーガル・マインド 裏切りの法廷

c0015706_22475074.jpg映画の紹介コーナーを見て気になった作品、さっそく見に行ってきました。

今日は会員サービスディ、夜の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りって感じでした。

腐敗した法システムに挑む弁護士ケイト。彼女は日々のストレスからアルコール依存症となり、弁護士としてのキャリアと娘の養育権を失ってしまった。娘との関係を築こうと厚生の道を歩むケイトだが、溝は深まるばかり。そんな中、ある殺人事件で有罪判決を受けた女性レイシーの弁護を依頼される。レイシーは「私は殺してない」と涙ながらに訴え続けていた。そんなレイシーに冤罪の可能性を感じたケイトは事件の真相を追うこととなるのだが、彼女も過去に冤罪事件によって冤罪被害者を生み出していた。調査を進めるにつれ、明らかになる偽証につぐ偽証。裁判は思わぬ形で好転していく。そして最終弁論の日。1つの疑惑が浮かび上がる…。

前半のの設定のシーンは、いきなり関係者の名前だけが語られるって形で、見ていて、えっとこの人が誰で、犯罪者が誰で、ワルが誰でと、見ていてこんがらがってしまいそうになった。おまけに、弁護士同士のどうでもいい語りのシーンが長くて、いつの間にか眠くなってしまっていた。ただ、こんなシーンが前半に多いのもかかわらず、中盤以降の裁判シーンは結構面白いかも、で、その裁判、終わったなっ思ったら、まだ1自覚くらいだったので、これ以降またちょっとありそうと、興味津々。うーん、そのあとの逆転劇はまずまずって感じかな。
うーん、新作DVDで、前半を1.5倍速で見たい作品って感じかな。
[PR]

by mikibloom | 2014-02-27 19:00 | 映画

リディック ギャラクシー・バトル(試写会)

c0015706_22343518.jpgリディックのシリーズ最新作ということで、楽しみにしていたもの、さっそく見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方が見に来ていて、満席に近いくらい入ってました。

リディックは全宇宙の支配を目論む戦闘軍団の王となったが、重臣たちの反乱により銀河の彼方に置き去りにされてしまう。灼熱の惑星にはリディックょを追いかけ、腕利きの賞金稼ぎ二組が到着。しかし、彼らとの決戦が始まろうとした時、嵐とともに未知の生命体の大群が姿を現したのだった…。脱出までのタイムリミットは24時間。果たしてリディックは生き残ることができるのか?銀河の果ての四つ巴の闘いは、「圧倒的」なクライマックスを迎える…!

いろいろな星に行くリディク、今回は、この異様な星に追いやられてしまう。最初、いったいどうしたのと思ったが、こんな経緯でと納得。で、追いやられて、置き去りにされた星には、また奇妙な生物がすんでいるし、サソリみたいなのと、ハイエナみたいなのと、コブラみたいなのと。いったいどうなるのかとハラハラ。ようやく、前にいたゾーンを離れたかと思いきや、天候でそれが!??
いったい、人を呼び出して、どうやるつもりなのか?そして、あれらはどうするのか?クライマックス、襲い掛かるやつらに思わずハラハラドキドキ、今回は絶体絶命、どうなるの?って感じ。最後まで楽しめた。
うん、この迫力はやはりスクリーンで見たい。
[PR]

by mikibloom | 2014-02-26 18:30 | 映画

偉大なるしゅららぼん(試写会)

c0015706_22264747.jpg映画のチラシが奇妙で、予告もなんか面白そうと気になっていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方が見に来ていて、結構込み合ってました。

琵琶湖畔の街で、代々不思議な力を伝承してきた一族日出家の本家に、力の修行のため分家の涼介がやってきた。生きる伝説と呼ばれる本家の跡取りの淡十郎は、涼介に、自分と揃いのオートクチュールの赤い制服を着せ振り回し、いつしか、「殿」と「供」の関係に。ある日、淡十郎の失恋をきっかけに、不思議な力を持つもう一つの一族であり、1300年にわたり日出とライバル関係にある棗一家と、ぶつかりあう。この小さな失恋の腹いせがきっかけとなり、世界を滅ぼす大事件が勃発する…。

万城目ワールドに見事はまってしまったって感じの作品。日出家と棗家との琵琶湖をめぐる家争いと、マドンナをめぐる争いと。そして、不思議な力の闘いと。いったいどうなってしまうのか、あの力の持ち主はいったい何なのかと、ミステリー全開、フカキョンさんも、不思議な家のお嬢様をしっかり演じきっているし。殿と供の淡十郎と涼介の関係と、広海との戦いもなかなか面白いし。
クライマックス、いったいどうなるのかとハラハラ。そして、首謀者っていったい誰?の謎解き。そして、しゅららぼんとは?と最後まではらはらと時々笑いと、謎解きと。
しょららぼんのもととなったものの迫力はやはりスクリーンで楽しみたい。
ん、万情目ワールド、ちょっとはまってしまった、こりゃあ原作本読んでみたくなった。
[PR]

by mikibloom | 2014-02-25 18:30 | 映画

家族の灯り

c0015706_22171480.jpg映画のチラシを見て気になった作品、さっそく見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りって感じでした。

ある街で帳簿係として働くジェポは、妻デロテイアと義理の娘ソフィアとともに暮らしている。彼らの息子ジョアンは8年前に忽然と姿を消していた。ジェポは息子の失踪した秘密を知っているが家族には隠していた。ジョアンの帰りを待ちわび、悲しみに暮れる日々を過ごす一家…。そんなある日、突然ジョアンが帰ってきた…。長い間不在だった息子の突然の帰宅に動揺する家族は…。

105歳の監督が撮った作品ということで、ちょっとビミョウと思ったが、やっぱりビミョウだった。うーん、なんでこの人、独り言をセリフみたいに言うの?って感じのセリフが多くて、見ていてつまんない!!それに、息子が帰ってきて、家族で話しするシーン、なんでこの人たち立っているの?とか、いつまでこいつらいるの?とか結構疑問に思うシーンがあるし。シーンも全然動かないから、見ていてつまんないし。いつの間にか半分くらい眠ってしまっていた。
うっ、見るの失敗だったなぁと思ってしまった。
うーん、どうしても見たいなら、旧作DVDが安いときに、借りて1.5倍速で見て十分かも。
[PR]

by mikibloom | 2014-02-24 19:19 | 映画

ニシノユキヒコの恋と冒険

c0015706_14402484.jpg映画の予告を見て気になっていた作品、ようやく見に行ってきました。

今日は土曜日、午後の回を見に行ってきましたが、女性を中心に満席状態でした。

ルックスもよく、仕事もでき、女には一も二もなく優しい。そして、女に関して懲りることを知らず、真実の愛を探してさまよったニシノユキヒコ。彼の周りにはいつも魅力的な女性がいた。そして、ニシノは彼女たちの欲望をみたし、淡い時を過ごすのだが、彼女達は、最後には必ず自らニシノのもとを去ってしまう…。彼を取り巻く女性達の思い出から、真実の愛を探してさまよったニシノユキヒコの美しく切ない人生が浮かび上がる…。

ルックスも良くて、仕事もできて、それでいて女性に優しくて、こんな男性がいたら、絶対女性は一人にしておかないよねって感じ。でもさ、それでいて、女性から別れを切り出すなんて、なんで!?と思いながら見ていたが、ぎゃくに、いい人すぎて、何かが足りないのかな、なんて思いながら見ていた。でも、ストーリーがゆるくて、中盤からちょっと飽き気味、上映時間はあとどれくらい!?と時計を見ながらの鑑賞、なんか、どの女性のストーリーも似たり寄ったりの展開で、見ていて疲れる、眠いって感じ。そうそう、映画の中で演奏される音楽も、なんかゆるくてテンポがとろくて、眠気を誘うのよね、なんで、長ったらしくやっているのかねよくわからないやと思いながら見ていた。
うーん、これ、DVD新作レンタルで1.5倍速でチャチャって見てしまいたい作品。
[PR]

by mikibloom | 2014-02-22 14:55 | 映画

渚のふたり

c0015706_14384480.jpg映画の予告を見て気になっていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日は土曜日、お昼の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りって感じでした。

韓国のソウル郊外に住む一組の夫婦。夫・ヨンチャンは、詩を作ることが好きな笑顔が優しい青年だ。幼い頃に視力と聴力を失い、触覚のみで外の世界とつながっている。そんなヨンチャンと運命の出会いを果たしたのが年上の妻・スンホ。脊椎障害で小柄な体ながら、指点字を使い、ヨンチャンの光となって世界を照らしている。

二人の普段の様子を映し出すドキュメント作品。最初のうちは、二人の仲睦まじさ、普段はどうしているとみていたのだが。蛍光灯の取り換え一つでも、結構時間がかかって、それでいて、二人とも焦らず怒らず、気長にやっているあたりいいかもと思いながら見ていた。ただ、ずっと同じ調子の映像のせいか、昼過ぎの眠くなる時間に見ているせいか、後半ずっと眠くなってしまっていた。
うーん、どちらかというとDVDになったら、1.5倍速で見たいかなって感じだなぁ。
[PR]

by mikibloom | 2014-02-22 12:40 | 映画

キック・アス ジャスティス・フォーエバー

c0015706_1437255.jpg前作が面白かったので、楽しみにしていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日は封切り初日、初回上映を見に行ってきましたが、まずまずの入りって感じでした。

今度は「なりきり」じゃない本気のヒーローを目指すことに決めたデイヴ。元マフィアのスターズ・アンド・ストライプス大佐との出逢いでヒーロー軍団、「ジャスティス・フォーエバー」を結成する。一方、マザー・ファッカー率いる悪党軍団が現れ、世は大混乱。だがミンディは普通の女の子として生きるため、ヒットガールを封印していた。悪を食い止めるため立ち上がるキック・アス!!そしてヒット・ガールは再び戦場へと戻ってくるのか!?

主演のヒットガール、ミンディ役のクロエ・グレース・モレッツさんも、今回は子役から女子高生役、普通の女の子と、アクションバリバリのヒットガールと、お化粧バリバリの女の子と、見どころ満載。そして、普通の高校生のキック・アスのデイヴ、本当のヒーローになりたくて、体を鍛えるあたり、なかなか面白い展開。今回はミンディのアクションもそうだが、ジャスティス・フォーエバーの普通のヒーローどころもなかなか見物。また、いかにも悪人って感じのワルもはっきりしていて面白い。
結構最後まで楽しませてくれる。
うん、スクリーンで見てもいいかな。
[PR]

by mikibloom | 2014-02-22 09:40 | 映画

僕は友達が少ない

c0015706_14361737.jpg映画の題名がちょっと印象的、気になっていた作品、ようやく見に行ってきました。

今日は週末、夜の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りって感じでした。

聖クロニカ学園。金髪ハーフで、目つきが悪いことから、友達がいない高校2年生、羽瀬川小鷹。彼はある日、エア友達と会話する風変わりな美少女、三日月夜空に強引に誘われ、彼女が立ち上げた部活「隣人部」に無理矢理入部させられる。やがて、学力、スタイルともに完璧なお嬢様・柏崎星奈、いじめられっ子の美少年・楠幸村、発明少女の志熊理科、ゴスロリファッションの妹・羽瀬川小鳩、10歳のシスター・高山マリアといった、自分の世界を持つがゆえに孤立している面々が次々に集まってくる。ところが、生徒会長、西園寺の横暴により、隣人部は廃部に追い込まれ…。

小鷹役の瀬戸康史さん、役柄的に金髪なのだが、なかなか面白い役どころ。そして、北乃きいさんは、今までにないロングヘアの女子高生役。学園ものだが、なかなかテンポよく、けっこう興味深く見ていた。隣人部という変わった部活。たしかに、友達がいない高校生のつらさ、なんかわかるかもと思いながら見ていた。それが、なぜかヴァーチャルの世界に入ったりと、思わぬ展開、どうなってしまうのかと、ちょっと意外な展開にびっくり。なかなか面白かった。
ここで、生徒会長に栗原類さんが演じているが、なんか緊張しているのか、役どころとしてはいまいちって感じ。この子、もうちょっとハッチャけると、もっと面白いキャラなのに、ちょっと残念って感じ。次回さく、期待しています。
うーん、どちらかというと、映画が安くみられるときに見るか、DVDレンタルって感じかなぁ。でも、スクリーンで見ても面白かったよ。
[PR]

by mikibloom | 2014-02-21 19:00 | 映画

ホビット 竜に奪われた王国(試写会・2度目の鑑賞)

c0015706_14344439.jpg前回の試写会の鑑賞が2D版だったので、ぜひ3D版で見たいと思った作品、さっそく見に行ってきました。

今日は映画館での試写会、3D版での上映ということでしたが、満席状態でした。

小さくて臆病なホビット族のビルボ・バギンズ。ある日ひょんなことから、勇敢なるドワーフの一行と共に、彼らの王国を取り戻すため危険な旅に乗り出すことになる。王国を奪ったのは、一頭の竜。行く手にあるものはすべて炎を吹きかけて破壊する、恐るべきスマウグだ。さらに、ビルボ達の旅を阻むものたちが次々と現れる。森で獰猛で巨大なクモの群れと戦い、エルフの牢獄に閉じ込められ、激流を下りながらオークと死闘を繰り広げ、たどり着いた湖の町では人間たちに捕まってしまう。そして、彼方にそびえるはなれ山に待つ最強の敵、スマウグ、果たして彼らは竜のもとにたどり着き、王国を取り戻すことが出来るのか?

ストーリーは前回2D版のときに見てわかっているので、今回は安心して画像を見ていたって感じ。やはりワイン樽でのシーンはもうもう迫力十分。さすがレゴラス、もうもう、飛び出して見えてしまう。できるなら、そのまま飛び出してmikiのところまで来てほしいかなと思ってしまう!!!また、ワイン樽でのホビットとドワーフのシーンもなかなか面白いし。また、山の中でのスマウグとドワーフ・ホビットの対決もなかなか迫力十分。
ただ、ガンダルフのシーン、たしかにこれってロードオブザリングにつながるシーンなのだが、2度目の鑑賞でも少しわかりずらいなぁと思いながら見ていた。
長い上映時間、2度目の鑑賞でも最後まで大興奮で見てしまった。
また、スクリーンで見たーーーーい!!!
うん、見るならスクリーンで、3D版が超お勧め!!!
[PR]

by mikibloom | 2014-02-20 18:30 | 映画