映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2014年 07月 ( 37 )   > この月の画像一覧


トランスフォーマー ロストエイジ(試写会)

c0015706_14283766.jpgとうとうトランスフォーマーの新作と楽しみにしていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日の試写会は、平日の朝早い時間にもかかわらず、作品フアンを中心に満席状態でした。

かつてディセプティコンの攻撃から地球を守ったオプティマスらオートボット。だが時代の変化と共に人類から不要な存在とされ、攻撃の対象に。オートボットが政府に迫害される中、オプティマスは命を救ってくれたケイドと友情を育むように。さらにケイドとその娘テッサの愛情を知ることで、人類との関係を見つめ直すオプティマス。一方、全滅したはずのディセプティコンから生き残りのロックダウンが地球に襲来。人類滅亡を図る彼は、ケイドの娘テッサをさらい、オートボットに戦いを仕掛ける。また、政府の科学者が、かつてオートボットが倒したディセプティコンの戦士の残骸から人類の意のままに操れる人工トランスフォーマーを開発。遠隔操作で動くその巨大ロボットは、オプティマスの居所を探しだし、壮絶な戦いを仕掛けてくる…!

前作で一応完結したはずではと思ったのもつかの間、今回の作品はもっとすごい。前作ではアポロ計画が映像として出てきたが、今回は、もっとさかのぼって、はるかに遡って、こんな時代を持ってくるんかいって感じ。さて、政府の迫害から逃れていたオプティマス、こんなところで拾われて、命がよみがえって。と、そこには元の仲間と、新たな敵が出てくる出てくる。企業の目論みと、宇宙の敵と。いったいどうなってしまうのか。と、前半の大きな展開の宇宙船でのシーンもドキドキ。
そして、後半はナント中国。中国の集合住宅での逃走シーン、こんなところがあるのかとびっくり。そして、わっっ落ちるとハラハラ。クライマックスは、こんなものまで出てくるのか、で、シードはいったいどうなるのか。爆発すると…。と、最後までそれこそジェットコースター映画って感じ。ちょっと緩やかなシーンで息継ぎしたと思うと、途端にアクションシーン満載、息つく暇もないほどって感じで、最後まで楽しめた。
うん、これはスクリーンで、3Dで見るとすごいかも。今回mikiは映画館の凄い音響効果の所で見たので迫力満点、出来れば、いい音響効果のスクリーンで見るのが超お勧めだす。
[PR]

by mikibloom | 2014-07-31 10:15 | 映画

2つ目の窓

c0015706_14262921.jpg河瀬直美監督最新作ということで気になった作品、さっそく見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、主演の村上虹郎さんのトークショー付きということで、随分と混み合ってました。
上映後のトークショー、この映画でデビューした村上虹郎さんが司会進行でのトークショー。まだ17歳ということでしたが、ゲストの脚本家の方とは物おじしないトークで、結構びっくりでした。

琉球列島の北端に位置する奄美大島。マングローブ、ガジュマル、アダンの木々が生い茂り、サンゴ礁の海が広がる…そんな亜熱帯の島では、ユタ神様が祭祀を司り、人びとは自然と神への畏敬の念とともに日々暮らしている。旧暦8月、島を挙げて行われる8月踊りの満月の晩、高校生の界人は海に浮かぶ男の溺死体を発見する。その場から走り去った彼を見ていた同級生の杏子に問いかけられながらも、界人は自分の中にあるわだかまりをことばにすることができない。ユタ神様として、島人の拠りどころになっていた杏子の母イサは病を抱え、死を迎えつつあった…。

奄美での、ホント日常を描いているって感じ。冒頭と、半ばに山羊をつぶすシーンがあるが、そうやって作るんだと、チョット衝撃的。界人と杏子を中心にストーリーが展開されていくが、あまりにも普通すぎるストーリーにmikiは半分は眠ってしまっていた。杏子が最初の方では制服を着たまま。そして、ラストでは、映画のポスターの通りの泳ぎがちょっと印象的。
うーん、ビミョウ、旧作レンタルDVDの1.5倍速鑑賞あたりでいいかな。
[PR]

by mikibloom | 2014-07-29 18:30 | 映画

Z ゼット 果てしなき希望

c0015706_14241526.jpg映画のチケットをもらったので、さっそく見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、ぼちぼちの入りって感じでした。

女子高生のあかりは幼なじみの親友・恵に失恋を打ち明けていた。他愛のない会話に興じる二人の日常が一変する。釣り人に突然、襲いかかった男が二人にも迫ってきたのだ。絶体絶命の二人を救ったのは一人のアイパッチの少女。少女はナギナタを振りかざし、生ける屍たち=Zを斬り倒した。しかしZは頭を破壊されても、手足だけになっても襲いかかってくる!三人は、あかりの姉で妊婦の香澄と合流し、病院の最上階へ批難するが途中、恵だけが地下へと落ちてしまう。最上階には屈強な男・山下、公務員・平ら6人が先に避難していたが…。

うーん、はっきり言って見に行ったのは失敗だった。まあね招待券を頂いたので、見に行ったまでで、それでなきゃ見に行かなかったような作品だなこれは。最初のゾンビが出てくるくだりまで、なんかだらだらと長ったらしいし、その後、いきなりナギナタを持った女子高生が突如と出てくるし。まあ、この子のアクションは見られるかなって感じだったけど。その後、病院のシーンでも、だらだらとした感じの展開。と、これ、半アダルト路線なのか!?それならそれとはっきりしろ!と中途半端な展開で、観ていて腹が立つ。まあ、つまらないながらも眠らずに見ていたmikiであったが、見終わってつまんないという感想。
ま、出演者のフアンや、原作大フアン、ゾンビ物フアンならまあスクリーンで見てもいいんじゃない。出ない方にはスカな作品かな。
[PR]

by mikibloom | 2014-07-28 19:20 | 映画

ジャンボプリンできましたっっ!!

c0015706_18121484.jpg先日、ガスコンロをダッチオーブンが使用できるグリル付きのコンロに変えました。で、グリル専用ダッチオーブンのレシピ本のなかに掲載されていたジャンボプリン。気になって、さっそく作ってました。ちょっとすが立っている感じだけど、これならばまあOKかな。卵6個、牛乳550ccを使った大作。できたどーーー!!って感じです。家人とスプーン片手に食べつくすぞっっっ!!

c0015706_1812185.jpg
[PR]

by mikibloom | 2014-07-27 18:12 | 趣味

トランスフォーマーいろいろ

c0015706_1447424.jpgうぉぉーー!!トランスフォーマー、こんなところに!!!と思わず写メ。早く見たーーーい!!!ぞっっっ!!!
c0015706_14464966.jpg
c0015706_14462644.jpg

[PR]

by mikibloom | 2014-07-26 18:00 | 映画

幕末高校生

c0015706_1450516.jpg玉木宏さん出演の時代劇!?ということで気になっていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日は封切り初日、午後の回を見に行ってきましたが、結構大勢の方が見に来ていて混雑していました。

川辺は現在四葉学園3年B組の担任教師。突然のタイムスリップて、平和だった日常が一変!皆がやってきたのはなんと幕末。捕らわれていた川辺を助けたのが勝海舟。時同じくして江戸城無血開城の歴史的事実が…!?動き始める間違った歴史。どうして歴史が、狂ってしまったのか!??もしかして未来からやって来た事が、歴史に何か影響を及ぼしているのだろうか?果たして、江戸とみんなの未来はどうなってしまうのか!?運命が結びつける出会いが、歴史と未来に残すものとは…!?

タイムスリップで、幕末に飛ばされた高校生3人と、担任の歴史教師。その中の女子高生森野には川口春奈さん。お洒落大好きの女子高生って役どころ、今までと違う感じの女子高生なので、全然春奈さんだと気付かなかったくらい。江戸時代の女性のメイクしたりして、楽しんでいる感じがなかなか面白い。男子高校生の高瀬役の柄本時生さん、今回は親子での出演、ということは、親子共演シーンもあるのかと思いきや、ギリギリのところでなし、ちょっと残念かな。勝海舟と西郷隆盛の役どころがこの二人、そんなに若いの!?と思ったが、当時の人って、結構若くして、幕末活躍しているから、相当なのかな。でもさ、現代に帰るとき、川辺先生、の勝海舟に言うセリフ、そんなこと言われても…と思っちゃうのだが。
ストーリー展開的にはちょっとビミョー。でも、これを機に幕末の歴史を紐解くのもアリかも。
夏休みの日本史の勉強のきっかけになるならスクリーンで安い時に見に行ってもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2014-07-26 14:00 | 映画

ダバング大胆不敵 マサラ上映

c0015706_1445592.jpg今日は封切り初日、初回はマサラ上映ということで、上映前にダンスレッスンが開催されました。
その後、ダンサーズの皆さんでのこのダンス、結構ノリノリで、キレキレのダンスを見せていただきました。うーん、インドのダンスって腰を使っているから、ウエストの引き締めにいいかも、なーんて思ったりしたmikiでした。mikiはマサラ上映は初体験。映画の途中で出てくるダンス、分からなくても適当に踊って楽しめればそれでいいかも。周りは暗いから、好きに踊っていてOKよ!なんて勝手に思って、勝手に踊って楽しんでました。これ、結構ストレス発散、ウエスト引き締めにいいかも。次回、機会があったら、またマサラ上映、行ってみたいーー!!!
c0015706_14463891.jpg
c0015706_14471978.jpg
c0015706_14494027.jpgおっと、忘れてはいけない、写真左奥にいるキャラは、ナンコちゃんです。
[PR]

by mikibloom | 2014-07-26 10:46 | 映画

ダバング大胆不敵

c0015706_14393134.jpg昨年公開作品「タイガー伝説のスパイ」主演のサルマーン・カーンさんの最新作がいよいよ公開ということで、楽しみにしていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日は封切り初日、初会上映はマサラ上映ということでしたが、女性を中心に大勢の方が見に来て混雑していました。

インドのとある田舎町に暮らす聡明な少年チュルブル・パンデー。彼は、実の母ナイニーと義父プラジャーパティ・パンデー、弟マカンチャンドと暮らしていた。弟が父から甘やかされるなか、チュルブルはぞんざいな扱いを受けていた。21年後…。チュルブルはロビンフット・パンデーの異名を持つ警察官となる。強盗から金を奪って我が物にする汚職警官ではあったが、強きをくじき弱きを助ける、正義感に燃える男だった。一方、弟のマカンチャンド通称マッキーは定職にも就かずブラブラする生活をくり返すばかり。そんななか、チュルブルは一人の女性と出会い恋に落ちる。名前はラッジョー。チュルブルは猛アタックをするが、うまくいかない。一方で権力を手に入れようとしている青年政治家のチェーディー・スィンは、事あるごとに邪魔をするチュルブルに苛立ちを感じていた…。

もう、歌って踊って、アクションして、演じてと何でもアリのこれぞインド映画!!!って感じの作品。いつもなら、静かに、まあ、時に笑って、時にウルウルしながら映画って鑑賞するのだが、今回はマサラ上映、入り口でクラッカーが渡され、映画の好きなシーンで、タイミングよくクラッカーをパーン!!とかねヒューとか、掛け声もOKの結構にぎやかに映画を楽しむって感じ。(もち、途中の御隣同士のおしゃべりや携帯はやはり禁止です)
もちろん、インド映画になくてはならないダンスシーンは、自分も座席で立って楽しんじゃうし。
サルマーン・カーン演じる警察官は、オールマイティで、悪と一人で戦っても勝っちゃうし、何でもこなしちゃうし。お相手の女性ラッジョーは超美人だし、歌もうまくて、ダンスはキレキレだし。ストーリーはもちろん八パーエンドで、安心して見られるし。
サルマーンや相手の悪役の筋肉もしっかり楽しませてくれるし。
マサラ上映、結構楽しみました。
マサラ上映楽しみに、スクリーンで見るのもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2014-07-26 10:45 | 映画

GODZILLAゴジラ

c0015706_14304867.jpgいよいよハリウッド版のGODZILLAが封切りということで、楽しみにしていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日は封切り初日、夜の回を見に行ってきましたが、男性を中心に随分と混み合ってました。

1999年。日本にある原子力発電所に勤務していたジョーは謎の振動と電磁波を探知し調査に向かうが、大きな揺れに襲われ、妻を失う。15年後、日本で振動の原因を探っていたジョーは逮捕されてしまい、米国軍に勤務していた息子フォードは日本に向かう。

初代ゴジラのデジタルリマスターを見に行ったとき、眠ってしまったmikiとしては、これも眠ってしまう!??とスッゴク不安だったのだが…。うん、これは眠る暇のない、スッゴクハラハラドキドキさせられた作品。最初のシーンから、これって一体!?謎が謎を呼んで、いったいどうなるんだろう、これがゴジラ!?と思ったら、なんかタガメみたいなやつだなぁと思いながら見ていた。でも、それが放射能を食べているなんて…。うん、こんなのが今、日本に遭ったら…、当然、あそこに置くよねぇなーんて思っていた。
中盤、ゴジラ出現、そうそう、あの橋の上で見る怪獣って、相当恐ろしいだろうなぁ、ゾクゾクする!!
で、ゴジラとタガメの戦いと並行する人間ドラマ。うーん、あの青年のストーリー、戦いはそれだけ!?もう少しラストにどうにかならなかったのかなぁと思ったところが少し残念な感じ。
ゴジラとタガメの戦い、ラストはなんだなんだ!??ってくらい凄い感じ。で、ゴジラは!???
この分だと、またやるのかなぁ。
股みたいかも。
これは、是非スクリーンで楽しんでほしい作品。
[PR]

by mikibloom | 2014-07-25 18:20 | 映画

エイトレンジャー2(試写会)

c0015706_14292378.jpgとうとう、エイトレンジャーが2をやるんだと楽しみにしていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方が見に来ていて混み合ってました。

時は2040年。テロ組織・ダーククルセイド破滅後、八萬市は大鶴市長が推進する「ゼロ・プロジェクト」によって、年間犯罪発生率0%を達成。救世主として祭り上げられ、治安活動とは名ばかりの任務につく高給取り・エイトレンジャー。彼らは「札束」に「美女」と過去の貧乏生活からは想像もできない優雅な暮らしを送っていたのだった。だが、その中にレッドの姿は…ない。平和のモデル都市として成長した八萬市。その陰で年間百人を超える行方不明者が発生している事実に気が付く者がいた。男勝りの気質と行動力を持つ記者・西郷純。失踪事件の真相を追い、生活が一変した彼らの身辺を調べるため、ヒーロー協会の秘書として潜入することに。そんな中、突如、街中で爆発事故が発生。街頭ビジョンには破壊したはずのダーククルセイドの旗、そして、レッドが!

前回は結構テンポよく、エイトレンジャーの成り立ちを描いていたのだが、今回はなかなか活躍しなくて、ちょっとだらだらって感じ。中盤、ちょっと眠くなってしまったよ。途中にダーククルセイドがまた復活したり、で、あれっと思ったら結構あっけなくこんな形でなくなるなんて…って感じだし。ちょっと期待していた以下かもって感じ。まあ、面白かったのは、前田あっちゃん演じる西郷純。鹿児島弁を使う記者で、あっちゃん頑張ってるなって感じで見ていた。
関ジャニフアン、あっちゃんフアンは是非スクリーンで、ってとこでしょうかねぇ。
[PR]

by mikibloom | 2014-07-24 18:30 | 映画