映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2015年 02月 ( 37 )   > この月の画像一覧


君に泳げ!

c0015706_1005026.jpg映画の予告が気になった作品、さっそく見に行ってきました。

今日は封切り初日、午後の回に行ってきましたが、女性を中心に混み合ってました。

「水泳界のプリンス」として注目を浴びながらも、思いがけない事件でオリンピック代表候補から外されたウサン。天才スイマーとして将来を期待されながらも、父の死をきっかけに競泳界から姿を消したウォニル。幼い頃ライバルだった二人は、廃部寸前の高校の水泳部で奇しくも再会した。そこに歌手デビューを夢見る初恋の相手、ジョンウンも現れ、恋と水泳を賭けた真っ向対決が始まった!

韓流イケメン二人の共演。スポーツものにちょっとコメディを入れてって感じのストーリー展開。最初は興味深く、結構面白く見ていた。だが、途中、うーん、ちょっとストーリーがだぶついている感じ、約2時間の上映時間は少し長い感じがした。途中、も少し端折ってしまいたくなる。まあ、クライマックスの水泳対決シーンはなかなか見どころはあるのだが。
うーん、二人のふあんはスクリーンで見てもいいかも。だけど、ちと長いので、どちらかというと、新作DVDレンタル途中1.5倍速で観ちゃいたい気分。
[PR]

by mikibloom | 2015-02-28 14:35 | 映画

さいはてにて やさしい香りと待ちながら

c0015706_9585886.jpg永作博美さん主演の作品、さっそく見に行ってきました。

今日は封切り初日、お昼の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りって感じでした。

最果ての海辺で吉田岬は朽ちかけた舟小屋を改装し、焙煎珈琲店「ヨダカ珈琲」の営業を開始する。「ヨダカ珈琲」の向井に住むのはシングルマザーの山崎絵里子と二人の子供たち。絵里子は生活の為に家を空けることが多く、幼い姉弟はたったふたり、肩を寄せ合って母のいない日を過ごしている。珈琲店を訪れる様々な人々との交流が生まれる中、ある夜、舟小屋で「事件」が起きる。絵里子が岬の危機を救ったことで事件は未遂に終わったものの、深く傷つく岬。そんな岬の為にコーヒーを淹れる絵里子。温かい珈琲が、傷つき、頑なだった心を溶かしていく…。いつしか4人は家族のように支え合って暮らし始める。そんな中、絵里子は岬が最果ての地にやって来た本当の理由を知ることに。それは、漁師だった岬の父にまつわるもの。そして父について衝撃の事実が岬にもたらされ…。

舟小屋を改造して、珈琲店に。そんな岬がずっと待っている人はいったい!??そんな謎と、隣の民宿の子供たちとその母との交流。岬が焙煎する珈琲の香がスクリーンから漂ってきそうな感じ。豆を焙煎して、挽いて、コーヒーを淹れて…。なんかいいなぁ、こんな時間過ごしてみたいなと思いながら見ていた。そんな中に、色々な人との出会いがあったり。そして、岬が待っていた人は…。いったいどこに行ってしまうのか!??
ラスト、なんかほっとする感じの終わり方、印象深い。
うん、おいしいコーヒーが飲みたくなる作品、スクリーンで見てもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2015-02-28 12:25 | 映画

プリデスティネーション

c0015706_9575584.jpg映画のチラシが面白そうと楽しみにしていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日は封切り初日、初回上映を見に行ってきましたが、結構大勢の方で混雑していました。

1970年、ニューヨークの酒場に現れた青年かせバーテンダーに奇妙な身の上を語り始める…。女の子として生まれ、孤児院で育った「彼」は18歳の時に恋に落ちた流れ者との子を妊娠。しかし、その男はある日「忽然」と姿を消し、赤ん坊も何者かに誘拐されていた。そして、出産時の危機から命を救うため、自分は男になったという…。青年の哀れな境遇に同情したバーテンダーは、自らの驚くべき素性を明かす。なんと彼は未来からやってきた時空警察のエージェントだった。青年に自分の人生を狂わせた者への復讐のチャンスを与えるため、バーテンダーは1963年にタイムスリップし、さらに青年をエージェントにスカウトする。エージェント引退を決意しているバーテンダーの真の目的は、因縁ある連続爆弾魔フィズル・ボマーの犯行を阻止すること…!

タイムトラベルもの。最後の指令は、爆弾魔の犯行阻止。なのに、とあるバーで男のよもやま話を延々と聞く。うーん、それに何が関係しているのか!??と、その恨みを晴らすために、出かけるあたり、えっっ、そうなるの!??じゃあ、あれももしかして!??と、ちょっと今までにない設定でびっくり。最初のシーンで出てきた人は、そうなるのかと納得。なかなか面白い設定なのだが、このタイムトラベルが発明された年はそんな年なのか!??じゃあ、これはもう一つの地球なのか!?と思わず思ってしまった。ラスト、こうなるとしたら、その先どうなる!??なかなか面白い展開だった。今までにない斬新なタイムもの。
うん、これはスクリーンで見てもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2015-02-28 10:45 | 映画

幕が上がる

c0015706_9565440.jpgももいろクローバーZさん主演の作品、映画の予告が面白そうなので、さっそく見に行ってきました。

今日は封切り初日、初会上映を見に行ってきましたが、フアンの男性を中心にまずまずの入りでした。

地区予選敗退。最後の大会を終えた先輩たちに代わり、部長として富士ヶ丘高校の演劇部をまとめることになった高橋さおり。「負けたらヤなの!」と部員の前で意気込むさおりだが、悩める日々が続く。「どうやったら演技が上手くなれるの?演目は何にすればいいの?わからないー!」そんな時、学校に新任の吉岡先生がやってきた。元学生演劇の女王だったらしい!?美人だけどちょっと変わったその先生は、地区大会すらかったことのない弱小演劇部の私たちに言った。「私は行きたいです。君たちと、全国に。行こうよ、全国!」気迫に充ちたその一言で、彼女たちの人生は決まる。演目は「銀河鉄道の夜」、演出は部長のさおり。演じるのは、看板女優でお姫様キャラの「ユッコ」、黙っていれば可愛い「がるる」、一年後輩でしっかり者の「明美ちゃん」、そして演劇強豪校からのスーパー転校生「中西さん」らの部員たち。吉岡先生と、頼りない顧問の溝口と共に、富士ヶ丘高校演劇部は、観たことも行ったこともない、無限の可能性に挑もうとしていた。

映画の予告が面白そうだったので、単にももクロの顔見世映画だったら許さないよと思いながら見に行ったのだが、どうしてどうして、なかなか面白かった。とくに、前半、学校に赴任してきた吉岡先生が、さおりの言葉に、演技を始めるあたり。長回しのセリフに、途中カットが入っているが、これ、ずっとセリフ言っているよねと思ったシーン、吉岡先生役の黒木華さんが、ガラッと変わっていくあたりが凄いなぁと思いながら見ていた。そして、予告でもやっていた、吉岡先生のすごいシーンって、これか!!と、こんなシーンとして出ていたのねと納得。でも、吉岡先生の全く雰囲気の違うあたり、凄いなと思いながら見ていた。何を作ればいいのか分からない演劇部、そんな感じなんか分かるなぁ。そして、創り上げていくあたり、演劇部の面白さを感じた。ももクロのメンバーも、いかにも高校演劇部として、その場に溶け込んで、等身大の高校生をしていた感じ。劇中劇のシーンもちょっと注目。
印象的なラストだった。
志賀廣太郎さんの国語の先生、あの声で朗読される本ってなんかいいかもと思いながら見ていた。そして、スペシャルゲスト、三宅アナウンサーさん、こんなところに出てるよ!!と、途中思わず笑いながら見ていた。
うん、これスクリーンで見たい作品かも。
[PR]

by mikibloom | 2015-02-28 08:30 | 映画

スペシャルID 特殊身分

c0015706_9555121.jpgドニー・イェンさん主演の最新作ということで、気になっていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日は週末、夜の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りって感じでしたむ。

黒社会のボス、ホンの組に長年潜入捜査しているロンは、兄弟分のサニーがホンの兄弟分クンを殺害してブツを盗んだことで、ホンからサニーを探すように命令される。同様に香港警察のチャン警部からもサニーを確保するように指示されたロンは、中国・広東省に飛び、中国警察のジン刑事と組むことになる。久々にサニーに再会するものの、サニーの命を狙う殺し屋が現れ、ホンの差し金ではないかとサニーからも疑われたロンは、ジン刑事とぶつかりながらも事件解決に挑む!

ドニー・イェンさん主演の作品だったので、スッゴク期待していたのだが。確かにアクションは見ていられる。とくにクライマックスの車のシーンはちょっとハラハラ。なのに、ストーリー展開はなんか全然面白くなくて、退屈。見ていて1時間くらいしたら飽きてしまった。あんなに派手なアクションなのに、なんでこんなにストーリーが面白くない!??久々に失敗って感じだった。
うーん、ドニー・イェンフアンでも、アクションだけ見るならいいが、ストーリーはお勧めしない。
DVD旧作レンタル1.5倍速あたりで見て充分かな。
[PR]

by mikibloom | 2015-02-27 19:00 | 映画

クリミナル・アフェア 魔警

c0015706_9544125.jpg映画紹介で気になった作品、さっそく見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りって感じでした。

警察官のデイブ・ウォンが警備している病院に、ある日、腹に傷を負った重傷の男ホンが飛び込んできた。ホンと同じ血液型だったデイブは輸血に協力するが、ホンの顔を見たとき、どこかで見たことがある顔だと思う。輸血によってホンは命を取り留めたが、そこへ彼を追う香港警察特捜部の連中が現れる。ホンこそ、最近、世間を騒がせている武装強盗団の一人だったのだ。仲間を殺されているモク刑事は、犯人を助けたデイブを非難する。正義漢の強いデイブは、それをきっかけにホンのことが頭から離れなくなってしまう。それは彼の心の中に隠された秘密の扉を開けるきっかけとなったのだった…。

病院に警官が出張っているのか!??ちょっと珍しいなと思いながら見ていた。そして、警官が助けた男、どこかで見た記憶、火、母だと思っていた人は、全くの他人。そんな布石と、デイブの1人の捜査。いったい強盗団は!??そんな事件捜査と、ラストにわかるデイブの過去。
途中は、うーん、どう展開していくのかと思っていたが、ラストに引き込まれたって感じ。
うーん、映画が安くみられる日か、DVD新作レンタルで観たい作品かも。
[PR]

by mikibloom | 2015-02-26 19:30 | 映画

花とアリス 殺人事件

c0015706_953279.jpg映画の予告を見て気になった作品、さっそく見に行ってきました。

今日はレディスディ、夜の回を見に行ってきましたが、女性を中心にまずまずの入りって感じでした。スクリーン入り口では、花とアリス殺人事件の小冊子をもらいました。ラッキー!!

史上最強の転校生、アリス。史上最強のひきこもり、花。二人が出逢ったとき、世界で一番小さな殺人事件が起こった…。恋に揺れる二人の少女の姿を描いた「花とアリス」から10年。これは、花とアリスの始まりの物語。
c0015706_9534912.jpg二人の出会いとなるエピソード0というべきストーリー。絵もとてもきれいで、動きも自然な感じ。クラスの結界となっているそこにある言い伝えは本当なのか!??どこにでもありそうで、でも二人しか分からないそんな世界。ラストは結構あっけない感じだったが、最後まで見てしまったって感じ。
うん、スクリーンで見てもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2015-02-25 18:00 | 映画

君が生きた証

c0015706_9511562.jpg映画の予告を見て気になっていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、まあまあの入りって感じでした。

やり手の広告宣伝マンのサムは大きな契約をまとめ、祝杯をあげようと大学生の息子ジョシュを強引に呼び出した。ところがテレビに映し出されたのはジョシュが通う大学で起きた銃乱射事件の速報ニュース。ジョシュは帰らぬ人になってしまったのだ。その2年後。会社を辞めてからは荒んだボート暮らしを送るサムを、別れた妻が訪ねてくる。「あの子の音楽好きはあなた譲りだから」と渡されたのは、生前にジョシュが書き留めていた自作曲の歌詞とデモCD。曲を聴いたサムは、ジョシュが何を思い、何を感じて暮らしていたのかを全く知らなかった自分に気づく。ジョシュが遺したギターでジョシュの曲を爪弾くようになり、場末のライブバーの飛び入りステージに参加する。酔客の喧噪の中、サムの演奏に魅了されていたのはロック青年のクエンテインだった。「あの曲はもっと多くの人に聴かせるべきだ」と力説する情熱に押し切られ、親子ほどの年の違うクエンテインと「ラダーレス」というバンドを組むことに。次第に人気を集めていくが、実はサムには喝采を浴びることができない理由があった…。

もし、あの時、息子が呼び出しに応じていれば…。そう父は思っていたのだろうか。突然の出来事で息子を失った父、それから2年後、あんなにエリートだった父は、こんなに落ちぶれてしまうのかと思った。そんな父に、息子の遺品として手渡されたCD。そこにはとても素敵な唄がたくさん詰まっていた。次第に集まる若者と、歌を歌う父。でも、なぜかつての恋人はそれほどに!??
ラストのシーンで、なかなか伝えられなかった理由が分かり納得。ちょっと複雑だよねぇ、でもなぜ!??と思ってしまう。登場している歌もとても印象的。
スクリーンで見てもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2015-02-24 18:40 | 映画

ソロモンの偽証 前編・事件(完成披露試写会)

c0015706_949728.jpg映画の予告がスッゴク気になっていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日は完成披露試写会、会場は満席状態でした。舞台挨拶には、生徒役、また保護者先生役の皆さん、監督が登壇し、総勢16名の舞台挨拶でした。生徒役の皆さん、挨拶がしっかりとしていてビックリ。佐々木蔵之介さんは夏場に冬の自宅のシーンの撮影で、エアコンもつけず、窓も閉めきって大変だったとのお話がありました。

クリスマスの朝、雪の校庭に転落死した男子生徒。警察は自殺と判断したが、殺人の目撃者を名乗る告発状が学校に届く。告発された容疑者はクラスメート。過熱するマスコミ報道、無力な学校と親、新たな殺人計画、そして犠牲者がひとり、また一人。もう、大人たちに任せてはおけない。隠された真実を暴くため、学校内裁判が開廷される…。
c0015706_9493686.jpg

前編は二時間チョットの上映時間だったが、ぐいぐいと引き込まれて見ていた。テンポもよく、果たして犯人は!??と自分でも推理しながらの鑑賞。途中、イジメについてのくだりがあるが、確かに、口で言うことはたやすいが、実際のシーンではなかなか難しいんだろうなと思った。そして、前半の終わり、後半の予告、えっっどうなるのだろうと早くも期待が。うん、後半早く見たーーーい!!!
やはり、これはスクリーンで見たい作品かも。
原作も読みたくなった。
[PR]

by mikibloom | 2015-02-23 18:30 | 映画

ホキ美術館

c0015706_17385816.jpg前から行きたかった美術館に行ってきました。思っていた以上に最寄駅からは遠いんだ。
で、着いた場所は新興住宅地のはずれ、公園の隣でした。斬新な建物、エレベーターやトイレなどもとてもおしゃれ。ここは、個人で収集していた写実絵画が沢山展示されています。写実って、それこそ写真みたいに描いている作品。でも、それぞれ画かによって描く者が違っていたりと、個性があって、中々見ごたえがありました。故人収集がもとの美術館ということで、1時間くらいで廻ってこられるかと思いきや、2時間以上たっぷり時間をかけて見て来ました。展示場はゆっくりとカーブしていたりと、結構多くの絵画が。見ごたえありました。入り口にあるミュージアムショップで気に入った絵画の絵葉書を買って大満足でした。
c0015706_17394938.jpg
c0015706_17402329.jpg
c0015706_17405673.jpg
c0015706_17412016.jpg
[PR]

by mikibloom | 2015-02-21 12:00 | 雑記