映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2015年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧


忘れないと誓ったぼくがいた

c0015706_1442897.jpg村上虹郎さんの最新作ということでさっそく見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りって感じでした。

大学受験を控えた平凡な高校三年生・葉山タカシの前にふと現れた少女・織部あずさ。タカシはあずさに一目惚れしデートを重ねてゆくが、ある時、あずさはタカシに不思議な告白をする。「私に会った人たちは全員、数時間後には私の記憶が消えているの。ただ理由もなく私の事だけが記憶から消えているの」と。そんなばかげた話は信じるはずもないタカシだったが、ふとしたときに、あずさのことを忘れていることに気づく。昨日、自分は誰と会っていたのか?今日これからデートする相手は果たして誰だったか…。あずさと会ったひの出来事や、デートの約束など細かくメモに書き留め、自分だけは絶対あずさを忘れないと奮闘するタカシだったが…。

なぜ、あずさを皆知らないのか!?そんな、謎を見たさに見に行ったって感じかな。どんどん忘れられていく自分、もし、そんなことになったら、自分ならどうするんだろう。で、あずさは…。ラスト、はっきりした形で答えが出ていない、なーんかもやっとした感じで終わったよねって感じ。うーん、これからすると、これだねって感じ。でも、タカシのパソコンの中に入っていた映像にはちょっと意外だった。
うーん、DVDレンタルで見てもいいかなぁ。
[PR]

by mikibloom | 2015-03-31 19:30 | 映画

c0015706_1405480.jpg街で見かけた花たち

c0015706_1411022.jpg
c0015706_141278.jpg
c0015706_1414463.jpg
c0015706_142342.jpg
[PR]

by mikibloom | 2015-03-29 18:00 | 趣味

ジュピター

c0015706_1414033.jpgチャニング・テイタムさん出演最新作ということでさっそく見に行ってきました。

今日は日曜日、夕方の回、2D版を見に行ってきましたが満席でした。

偉業を成し遂げる宿命を持つ星座に生まれたジュピターだが、現実は家政婦として毎日ひたすら働いていた。ある日何者かに襲われ、突然現れた強靭な戦士に助けられたジュピターは、自分が宇宙最大の王朝の王族だと知らされる。彼の名はケイン、遠い星の遺伝子操作によって生まれた、身分は最下級だが戦いに勝つためだけに作られた究極の戦士だ。王朝では今、3人の継承者たちが支配権を争っていた。彼らは女王と同じ遺伝子配列を持つ「生まれ変わり」であるジュピターが、10万年前から王朝が支配してきた地球を引き継ぐことを許せず、全人類を滅ぼそうとしているのだ。ジュピターとケイン、身分違いのため決して結ばれない運命の2人が今、人類の危機に立ち向かう!

これ、映像的に凄そうなんだけど、予告なんかで全然聞こえて来ていなかったんだよね。で、どうよ!?と思って見に行ってきました。たしかに、SF映像的にはすごい。でもさ、ストーリーや設定がちょっと???なんだよね。遺伝子的に遠い星の王女と同じであっても、生きている所や年代が違えば、違う人ジャン、なのに同一視するって、設定に無理があるんじゃない!??と思ってしまった。それに、地球を守るといっても、なんかこんな守り方だと、本当に??って感じで、あまり守っている感じがしないのはなぜなんだろう!??クライマックスの戦いのシーンなんかは結構すごい迫力だったが、で、どうなの!??って感じ。
うーん、映像的には凄いけど、主演のチャニング・テイタムもアクション生かしきれてないって感じだし。ジュピターのミラ・クニスもアクションいまいちって感じだし。スターウォーズみたいに、これが最初から宇宙の話というならまだそれなりに面白かったのかも。
うん、これは新作DVDレンタルで、1.5倍速して茶チャット見たい作品だな。
[PR]

by mikibloom | 2015-03-29 16:10 | 映画

枝垂桜

c0015706_9171811.jpg吉見百穴の近くの桜、来週には満開かな
[PR]

by mikibloom | 2015-03-28 20:00 | 雑記

c0015706_7474783.jpg春の花が咲きそろってました。
c0015706_7483190.jpg
c0015706_7485054.jpg

c0015706_7522952.jpg
[PR]

by mikibloom | 2015-03-28 12:01 | カメラ・トイカメラ

吉見百穴・忍城・古墳めぐり

c0015706_7411575.jpg吉見百穴、忍城、そして古墳を巡ってきました。桜は来週あたりが見ごろかなぁ。でも結構咲いてました。
c0015706_742970.jpg
c0015706_7452225.jpg
[PR]

by mikibloom | 2015-03-28 12:00 | カメラ・トイカメラ

夜桜

c0015706_916810.jpg近くの桜が咲きました
[PR]

by mikibloom | 2015-03-27 22:00 | 雑記

ジヌよさらば かむろば村へ(試写会)

c0015706_8485750.jpg松田龍平さん主演の最新作、さっそく見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方が見に来ていて、ほぼ満席でした。

現金を触るだけで失神してしまう、前代未聞の深刻な「お金恐怖症」になってしまった元銀行マン・タケは、一円も使わずに生きていくために、過疎化が進む小さな寒村「かむろば村」へやってきた。お金を使わない生活をやみくもに実行しようとするタケを、奇妙な生き物を見るように眺める村人たちは濃い顔ぶればかり。以上に世話焼きな村長・与三郎、与三郎の美人妻・亜希子、高齢化率40%の村では希少だけどどこかアヤシイ女子高生・青葉、自他ともに認める村の「神様」で、写真が趣味のなかぬっさん。彼らに助けられながら、危なっかしいながらも奇蹟的に一円も使わない生活を続け、村に慣れはじれた頃、見るからに怪しい風体の男。多治見が現れる。与三郎に露骨な嫌がらせをしかける多治見だが、実は与三郎には不穏な過去があるようで…!?一方で、迫りくる村長選挙を巡る陰謀が発覚し、タケの生活は思わぬ方向へ向かい出す…!

1円も使わずに生活していく。そんな決心をしてかむろば村にやって来たタケ。本当にそれで生活できるのか!??と興味深く見ていた。中盤までは中々の展開。なるほど、そうやっていれば、どうにか生活ができるのか!??と、クライマックスに村長選挙。うーん、そこからストーリーの展開がちょっと変わってきて、変な奴は出てくるは、いったいどうなるのか!??と、そこからなんか中途半端な展開だなぁと思いながら見ていた。ラスト、もうちょっと欲しかったかなぁと思ってしまった。
うーん、映画が安くみられるときに見たいかな。
[PR]

by mikibloom | 2015-03-27 18:30 | 映画

ディオールと私

c0015706_8474070.jpg映画予告を見て気になっていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混み合ってました。

誰もが憧れる老舗ファッション・ブランド、クリスチャン・ディオール。2012年、新しくデザイナーに就任したのはオートクチュール未経験のラフ・シモンズ。ベルギー出身、自身の男性ブランドそしてジル・サンダーで活躍する彼の抜擢はファッション業界を驚かせた。
パリ、モンテーニュ通り30番地に建つディオール本社。その上階に位置する「メゾン・ディオール」の中枢であるアトリエ。その中に初めてカメラの潜入を許された本作の撮影はラフ・シモンズ就任からパリ・コレクションまでの8週間の期間のみ。カメラ嫌いでも知られるラフの緊張、歓喜、彼を支えるチーム・ラフの献身、105人のお針子たちの経験豊かな手が形作っていくオートクチュールの美しさ…。

有名ブランドのトップデザイナーって、てっきり一人でファッションデザインを作って、お針子がそれを縫うってのをしているものだと思っていた。ディオールのデザイナーのラフを追ったこのドキュメント、デザイナーがいろいろなテーマを提唱して、それからチームデザイナーがイメージしたデザインを作り、型紙を作り、服に仕上げていく。8週間という、通常の半分以下の期間でのファッションショーの準備。デザインから型紙を作り、ボディに合わせていくその凄さ。型紙の白の不織布から、最後の色となる瞬間の凄さ。ビーズを一つ一つ縫い付けていくその根気強さ。間に合わない、手伝ってとみんなでやり抜く凄さ。ファッションショーの会場の飾り付け。こんなにお花を使って、凄い!!!もうびっくりしてしまった。
そして、本番、デザインの凄さ、場所の凄さ。スタッフもしっかり見ているのね。
こうやってファッションショーって作られるんだとすごく感心した。
うん、ファッション・イベントに関心がある方は、是非スクリーンで見てほしい作品。
[PR]

by mikibloom | 2015-03-26 18:30 | 映画

リトル・ダンサー(新・午前十時の映画祭試写会)

c0015706_8464299.jpg過去の名作の再上映シリーズということで気になっていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日の試写会では、本田望結姉妹が出演、姉妹のことなどなどトークを行いました。

1984年イギリス北部。ストの続く炭鉱町に住む11歳のビリーは、幼い頃に母を亡くし、炭鉱労働者の父、兄トニー、祖母と暮らしている。父に言われてボクシングを習うものの、練習に身が入らない。ある日、偶然目にしたバレエ教室に強く惹かれたビリーは、女の子達に混じって夢中で練習するようになる。バレエを教えるウィルキンソン夫人に才能を見出され、上達していくビリー。だが、内緒でバレエを習っていることを知った父は激怒し、母の形見を燃やしてしまう。

最初のシーンで、おばあちゃんに朝ごはんを出そうとするビリー。ゆで卵やトーストの用意をするリズミカルなシーンが印象的。そして、おばあちゃんにとても優しいビリー。そんなビリーがボクシングを習っているのだが、次第にバレエの魅力に惹かれていく。そんなビリーの才能を育てようとする先生。先生の言葉に、また奮起していくビリー。この先生、もしかして、バレエの凄い人だったのかもと思ったりするシーンも。そして、次第にその力を伸ばしていくビリー。自分の悔しさなど、色々な気持ちをダンスに込めるシーンは凄いなぁと思いながら見ていた。そんなビリーをなかなか認めようとしない父親だったが、ある時ビリーのダンスを見てその凄さを知る。ビリーの才能を伸ばすためと、お金を作ろうとするシーンには思わずウルッと来てしまった。
ラストのシーンには、それまでのビリーの頑張りが見えてくるようだ。感動!!!
スクリーンで見たい作品。
[PR]

by mikibloom | 2015-03-25 18:30 | 映画