映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2015年 05月 ( 36 )   > この月の画像一覧


ピッチ・パーフェクト

c0015706_9225618.jpgアカペラの映画ということで、気になった作品、さっそく見に行ってきました。

今日は封切り翌日の土曜日、夕方の回を見に行ってきましたが、満席でした。

音楽プロデューサーになるのが夢のベッカは、親の勧めで嫌々ながらも大学へ入学。そこでひょんなことからアカペラの世界に出会う。最初はダサいと思っていたが、活動を続けるうちに徐々にその魅力に気づき始める。ガールズアカペラ部で苦手なタイプと思っていた風変わりなメンバーたちとは、時に衝突しながらも次第にお互い自分をさらけ出せる女子の友情が芽生え始め、信じられないくらいに素敵なハーモニーを生み出せるように!

この映画のチラシだと、全然アカペラものだと知らなくて、絶対スルーしそうになっていた。そう、主演がアナ・ケンドリックと聞いて、本格的な音楽ものねと、見に行った。最初から、大学アカペラファイナルのシーン。その歌声にゾクゾク!!!そして、ベッカの大学生活。誰とも友達にならない、一人きりでの生活から、ガールズアカペラ部に入部。アカペラ部同志の対決など、スッゴク面白い。見ていて、歌いたくなってきてしまう。アカペラコンクールの司会者の辛口コメントもなかなか面白い。
そして、各大学の凄いアカペラも見どころ聴きどころ。
クライマックス、ベッカ率いるアカペラ部はどんな歌を披露するのか。あの人がこんな声で!!とそれもびっくり!!
見終わって、サントラが欲しくなった!!!
うん、これは是非音響のいいスクリーンで見てほしい作品!!
[PR]

by mikibloom | 2015-05-30 16:15 | 映画

追憶と、踊りながら

c0015706_9213464.jpg映画のチラシを見て気になった作品、さっそく見に行ってきました。

今日は土曜日、午後の回を見に行ってきましたが、満席でした。

ロンドンの介護ホームでひとり暮らすカンボジア系中国人のジュン。英語ができない彼女の唯一の楽しみは、優しく美しく成長した息子のカイが面会にくる時間。しかしカイは、自分がゲイで恋人リチャードを深く愛していることを母に告白できず悩んでいた。そして訪れる、突然の悲しみ。リチャードはカイの「友人」を装ったまま、ジュンの面倒を見ようとするが…。違う文化、違う世代を生き、言葉も通じないジュンとリチャード。愛する人を失った痛みを共に感じているのに、愛ゆえに大きな亀裂が生じてしまう…。
c0015706_9215444.jpgやさしい息子と母のシーン、と、思って観ていたら…。英語が話せないジュンと、通訳と、登場人物のシーンが結構多くて、話がまだろっこしくて途中眠ってしまっていた。まあ、母のそんな立場も描かなければならないのはわかるが、ずっと通訳がいるとかったるいなぁと思っていた。どちらかというと、セリフ中心の映像だなぁ。後半、カイとリチャードの二人の関係がはっきりしていく。
うーん、視点は悪くはないのだろうが、mikiが期待していたほどではなかった感じ。
スクリーンで見るなら、安くみられるときがいいかな。
[PR]

by mikibloom | 2015-05-30 13:45 | 映画

種まく旅人 くにうみの郷

c0015706_9203177.jpg栗山千明さん主演の作品ということで、さっそく見に行ってきました。

今日は封切り初日、初回上映を見に行ってきましたが、大勢の方が来ていました。

神野恵子、31歳。仕事はできるが、少々頭でっかちなアメリカ帰りの農林水産省官僚。地域調査課として淡路島にやって来た恵子は、地域の特産物であるタマネギと海苔を作る兄弟に出会う。二人は父の死をきっかけに仲違いし、山と海に分かれてそれぞれ自分の道を切り開こうとしていた。恵子は兄弟を和解させるため、そして島の農水産業を盛り上げるため、一大プロジェクトを立ち上げる。それは、山の栄養を含んだ溜め池の泥を海に流すことで、豊かな水質を取り戻す伝統行事「かいぼり」の復活。兄弟とともに土や水に触れ、作物の成長を見守り、食べるうちに、頑なだった恵子の心も癒されていく…。

最近よくある観光ものの映画って感じ。これで殺人事件なんかあると、それこそ2時間のテレビドラマ物なのだが、映画だけに、兄弟の諍いと、和解。そして、主人公の活躍という感じで締めくくっている。それにしても、この主人公の役職、こんなの無いよなぁ、まして、出張期限がこんなに大雑把だなんて…!!
舞台となった淡路島の農産物、海産物、伝統芸能がところどころに紹介されている。海苔ってこんな風に養殖されているんだと初めて知った。レストランのシーンでの玉ねぎがおいしそう、さっそく作ってみようと思った。
うーん、どちらかというと、DVDでチャチャット観ちゃいたいかなって感じかな。
[PR]

by mikibloom | 2015-05-30 09:10 | 映画

国際市場で逢いましょう

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by mikibloom | 2015-05-29 20:30 | 映画

予告犯(試写会)

c0015706_918862.jpg映画の予告がすっごく面白そうとさっそく見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方が見に来ていて、ほぼ満席状態でした。

事件は唐突に始まった。Tシャツ姿に新聞紙の頭巾を被り、ネット上に現れた「シンブンシ」と名乗る「彼」は、法では裁かれず、見過ごされがちな罪を犯した者たちを暴露。そして「彼」なりの制裁を加えていく。集団食中毒を起こした食品加工会社に対し、「食い物の扱いも知らないこいつらに、俺がきっちり火を通してやる」と予告。すると食品加工会社で火災が発生した。ネット犯罪を取り締まる、警視庁サイバー犯罪対策課の捜査官・吉野絵里香は、この謎の予告犯=「シンブンシ」の捜査に乗り出す。捜査を続ける吉野はシンブンシが単独犯でなく、複数犯であることに気付く。それでも「彼ら」は吉野をあざ笑うかのように、予告と制裁を繰り返していく。そして予告配信現場に残される「ネルソン・カトー・リカルテ」という謎の文字。巷には「彼ら」を神と崇める模倣犯も出現し、マスコミの報道は過熱。遂には政治家殺害予告にまで至り、社会現象へと発展していく。はたして「彼ら」をこの凶行に駆り立てた真の目的とは?吉野は「彼ら」の知られざる過去に事件の解決の糸口を見出すのだが…。
c0015706_9183118.jpg予告の通りに罪を犯した者を制裁していくシンブンシ。そして、それを追う警察サイバー犯罪対策課。いったい彼らは何の目的で!??そして、次は何をやるのか!??とドキドキしながら見ていた。そして、その犯行は段々と過激に!!!でも、その犯人は、もうすぐ終わると話しているし!??と、そこにでてくる過去シーン。えっっ、この人たちは!??でも、人数が!??と、出てくるその人は!??クライマックス、最後の予告、一体何をしようというのか!?そして、彼らの真の目的は!??それを知った時、思わずウルウルしてしまった。
うん、これはスクリーンで楽しみたい作品。
[PR]

by mikibloom | 2015-05-29 18:30 | 映画

夫婦フーフー日記(試写会)

c0015706_9171118.jpg佐々木蔵之介さん、永作博美さん出演の作品ということで、さっそく見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方が見に来ていて、ほぼ満席状態でした。

作家志望のダンナ・コウタは、本好きなヨメ・ユーコと出会って17年目にしてついて結婚。直後、妊娠とガンが発覚し、幸せな新婚生活は闘病生活へ。ヨメの病状をブログに報告しはじめるダンナ。そして、入籍からわずか493日後、ヨメは亡くなった。悲しみに暮れるなか、闘病ブログ出版の話が舞い込み、ダンナは「念願の作家デビュー!」と現実逃避。ところが、そこへ、死んだはずのヨメが現れた!果たしてこれは、幻影?現実?ヨメのいない世界で、死んだはずのヨメと、ヨメが元気だった頃をふり返るダンナ。やがて、生きている間には伝えられなかった、それぞれの想いがあふれ出す…。

闘病ものというと、家族で頑張って、しかし最後は…涙涙というのが一般的だが、この闘病物は、ユーレイとなったヨメと過去を振り返るという設定で、どちらかというと明るく見ていられるストーリー展開。なので、ヨメの辛いシーンは少ししか出てこない感じ。過去の元気なヨメのシーンが多くて、見ていて救われる感じ。それでも、サプライズシーンには思わずウルッと来てしまった。現実的には、ヨメが入院して、子供も最初は保育器にいるが、退院すると、ヨメの看病、子供の世話、そして自分の仕事と、すっごく大変そうと思いながら見ていた。家族の絆だけでなく、友達の絆も感じさせられるストーリー。
そうねぇ、映画が安くみられるときに見に行ってもいいかなって感じ。
[PR]

by mikibloom | 2015-05-28 18:30 | 映画

ハンガーゲーム FINALレジスタンス(試写会)

c0015706_9152916.jpgいよいよ佳境に入ったハンガーゲームシリーズ、さっそく見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方が見に来ていて、混雑していました。

ハンガー・ゲーム記念大会の闘技場から、危機一髪で救出されたカットニス。彼女が収容されたのは、滅亡したとされていた第13地区の、地下にある反乱軍の秘密基地だった。コイン首相率いる反乱軍は、スノー大統領が君臨する独裁国家パネムを打倒し、自由で平等な新国家を建設するための戦いの準備を進めていたのだ。政府軍に故郷を破壊され心を痛めたカットニスは、革命のシンボルとなり、反乱軍のリーダーとして独裁国家に立ち向かうことを決意。しかし狡猾な大統領は反乱を未然に抑え込むべく、人質にしたピータをテレビ番組に担ぎ出す。プロパガンダに利用されるピータのやつれはてた姿を目の当りにし、胸を引き裂かれるカットニス。やがて両陣営の緊張が高まるなか、反乱軍はピータ救出作戦を実行するが、その先にはカットニスを襲うさらなる過酷な運命が待っていた…。

たしか、前作の終わりに急展開を迎えて…!とこのストーリーに続くと思ったのだが、そこら辺りを忘れているので、このストーリーが始まってからずっと、どうだったっけ!??と思いながら見ていた。独裁国家対反乱軍の戦いと、今までのゲームとは変わってきたこのストーリー展開だが、カットニスの力強さ。また、捕らわれたピータを想う心など、いったいどうなるのかとハラハラしながら見ていた。後半、人質の救出、えっっどうなるのか!??そして、反乱軍の攻撃、国家側の反乱軍への反撃。ハラハラドキドキしながら見ていた。と、ここで終わり!??うーん、早く先が見たーーーい!!!ピータどうなる!???
うん、スクリーンで楽しみたい作品。
[PR]

by mikibloom | 2015-05-26 18:30 | 映画

アドバンスト・スタイル そのファッションが、人生(試写会)

c0015706_9134989.jpgちょっと気になった作品、さっそく見に行ってきました。

今日の試写会は女性を中心にほぼ満席状態でした。

2008年に始まったファッション・ブログ「Advanced Style」では、NYの街角を闊歩する60代以上の女性が紹介されるや、アクセス数が急上昇!斬新さと、彼女たちが披露する個性的なスタイルが注目を浴び、ファッション業界でも大きな話題に。2012年には写真集が出版され、日本でも異例の大ヒットを記録、今年2月には渋谷・西武百貨店で展覧会が開催され東京でも旋風を巻き起こした。そして、4年間にわたり7人のミューズに密着したドキュメンタリー映画が、ついに日本上陸!彼女たちが放つカラフルでパワフルでワンダフルな魔法をご堪能あれ!

年配の方がこんなに素敵に着飾って、街を颯爽と歩いている、凄いなぁと思いながら見ていた。どなたも、それこそ自分スタイルを持っていて、こんなオシャレをしているのいいなぁ、それでいて似合っているから羨ましいなと思った。中でもイロナさんはつけまつげを自分の髪から作っているらしい。えっっという驚きと、そのコーディネート、無いのは自分で作るという行動力も凄いなと思った。また、ジョイスさん、自分の髪を三つ編みにして、後ろに結っている、すっごくヘアスタイルが素敵だなぁと感心してしまった。思わず、どうやるの!??とおもっていた。毎日、おしゃれで楽しい日々を送っている方たちがすごい!!そして、自分も自分スタイルを見つけてみたいなと思った。
うん、これは是非スクリーンで観たい作品。
[PR]

by mikibloom | 2015-05-25 19:00 | 映画

イニシエーション・ラブ

c0015706_9454231.jpg映画の予告が面白そうとさっそく見に行ってきました。

今日は封切り初日、夕方の回を見に行ってきましたが、満席でした。

「Side-A」
1980年代後半、バブル最盛期の静岡。就職活動中の大学生・鈴木は、友人に誘われ気乗りしないまま、合コンに参加。しかし、その席で、歯科助手のマユと運命的な出会いを果たす。奥手で恋愛経験がなかった鈴木だが、マユと出会って変わっていく。流行りのヘアスタイル、オシャレな洋服、マユに釣り合う男性になろうと自分を磨く鈴木だったが…。
「Side-B」
二人だけの甘い時間も束の間、就職した鈴木は東京本社へ転勤となり、静岡にマユを置いて上京することに。それでも距離は二人の愛にとって障害にならないと、週末ごとに東京と静岡を行き来する鈴木。しかし、東京本社の同僚・美弥子との出会いを経て、心が揺れ始める…。

見ていて、あれ!?たしか松田翔太さん出演しているはずだけど、出てこないし!?と思っていたら、ここから出てくるんだと思い納得。と、マユ役の前田敦子さん、なかなか重い?ぶりっ子!?知能的な!?女性の役どころ、あの後半見ていていやらしく見えてしまうくらいのその演技、結構すごいかも。
ラスト5分、確かに、そうだよね、たしかにそうだよねと思いながら見ていた。うん、これ原作とラストが違うみたいだから、原作読んでみたいと思った。
miki的には、ところどころに出てくる80年代の歌や流行が懐かしいなと思いながら見ていた。
原作読んだ方は是非、読んでない方も是非スクリーンで楽しみたい作品。
[PR]

by mikibloom | 2015-05-23 16:55 | 映画

リピーテッド

c0015706_9444573.jpgニコール・キッドマンさん主演の作品ということで、さっそく見に行ってきました。

今日は封切り初日、お昼の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混み合ってました。

クリスティーンは、事故の後遺症により毎朝目覚める度に、前日までの記憶が失われてしまう特殊な記憶障害を負っている。夫のベンは、結婚していることや夫である自分のことすらも忘れてしまう彼女を、献身的な愛で支えていた。ある日、ベンの留守中に医師を名乗る男から電話がかかってくる。少し前から夫に内緒で、クリスティーンの治療にあたっているという医師は、「数週間、あなたは毎日の出来事をひそかに映像日記として撮影してきた」と言い、その隠し場所を告げる。日記を再生したクリスティーンは「昨日の自分からのメッセージ」を頼りに、謎を追っていく。そして辿りついた真実は、想像もできないものだった…!

ある朝、目が覚めると、記憶がない自分がいる。隣の人は一体誰!??そんな恐怖。そして、自分の記憶を辿るスリスティーン。いったいどんな事故があったのか!?そして、その犯人は!??そんな謎解きをしながらの鑑賞。いつもはどちらかというとスッゴク綺麗な女性の役どころが多いニコール・キッドマンさんだが、今回はすっごく普通の主婦って感じ。自分の映像を頼りに、自分の記憶を掘り起こす。そして辿りついた犯人は!??あ、この人が犯人?やはりねとは思うが、そこに至るまでの謎解きはなかなか面白かった。
ラスト、こんなことで治るのか!??と疑問も思うが、その〆には納得かな。
うん、スクリーンで楽しんでもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2015-05-23 13:00 | 映画