映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2016年 06月 ( 42 )   > この月の画像一覧


シング・ストリート 未来へのうた(試写会)

c0015706_850470.jpg気になった作品、早速見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方でほぼ満席状態でした。

1985年、大不況のダブリン。人生14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのPVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさに一目で心を撃ち抜かれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛練習&曲作りの日々が始まった…。


80年代当時の歌がいろいろと出てきて、ちょっと懐かしい。そうそう、こんな歌もあったねぇと思いながら見ていた。彼女をゲットしたくて、バンドを作り、PVを作ってと、コナーがいろいろと頑張るあたりがすごい。その音楽もすっごく良くて、また聞きたくなってしまう。mikiはその中でもプロムを題材としたPVで流れる歌がけっこうすきだったなぁ。ラスト、うんどうなるんだろう。
また見たい作品、スクリーンで楽しみたい。
[PR]

by mikibloom | 2016-06-30 18:30 | 映画

森山中教習所(試写会)

c0015706_8482429.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方でほぼ満席状態でした。

夏休み。ノーテンキな大学生・清高と、ネクラなヤクザの組員・轟木は高校の同級生。ある日とんでもない再会をし、同じ教習所に通うこととなる。清高は教官・サキむに恋心を抱き始め、楽しくて甘酸っぱい夏休みが平穏に過ぎていくと思っていたが…!?少年のようにフリーダムな清高と、高校を中退しヤクザの道へ足を踏み入れた轟木。たった一度の短い夏休みがふたりの人生を変えるのか!?変えないのか!?

友だちだけど友だちでないビミョーな清高と轟木の二人の関係。そして、お気楽な感じの清高と、ネクラな轟木と。その教習所も廃校を利用したところで、なかなかまったりと、そしてちょっと懐かしい感じと。郷愁はいったいどうなるのかと思いながら見ていた。お気楽な感じに見えている清高だが、家の中の両親の不和。そして彼女とのことなど、どうなっていくんだろうと思った。クライマックス、えっっそんなことが!!と思ったとたん…!!!ラスト、ちょっといい感じの二人。清高のTシャツもなかなか面白くてついつい目が行ってしまった。
うーん、こんな夏休みいいなぁと、スクリーンで見てもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2016-06-29 18:30 | 映画

ダーク・プレイス

c0015706_8464696.jpgチラシが気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方が来ていました。

一家惨殺事件で生き残った、8歳の少女リビー。彼女の証言により、殺人犯として逮捕されたのは一家の長男ベンだった。28年後、大人になったリビーのもとに「殺人クラブ」から招待状が届く。無実を語り始めたベンに残された時間は、あと21日。闇に葬られたはずの真実が、事件を再び狂わせる。

一家惨殺事件で生き残った女の子。そしてその28年後の記憶をたどり、いったいその時に何があったのか。果たして本当に兄は犯人だったのか。うーん、mikiはこの人が犯人ではと思いながら見ていたが、残念ながら外れていた。だんだんと明かされるその当時の事。クライマックス、そうなのかと思った。だからなのね…。
うん、なかなか面白い展開だった。
うーん、DVD新作レンタルで見てもいいかなぁって感じ。
[PR]

by mikibloom | 2016-06-28 19:10 | 映画

暗殺(試写会)

c0015706_9481048.jpg面白そうな作品と早速見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方でほぼ満席状態でした。

1933年、杭州。日本統治から祖国独立を目指す韓国臨時政府は、日本政府要人と親日派を暗殺するため、独立軍最高のスナイパーのアン・オギュン、速射砲、版暖専門家の3名を上海に結集させる。臨時政府の警務隊長で、日本政府の密偵であるヨロ・ソクチンは、彼らを招集する一方、仲間と政府を裏切り、巨額の報酬で「ハワイ・ピストル」と呼ばれる殺し屋に暗殺団3名の殺害を依頼する。ヨムの画策を知らぬまま、暗殺実行のため、上海から京城へと送り込まれた彼らには、非常なまでの運命が待ち受けていた…。

開戦前夜の上海。いろいろな人々が集まっている中、韓国臨時政府と、暗殺団と日本政府と。その暗殺指令。いったいどう展開していくのかと思いながら見ていた。とくにスナイパーのアン・オギュンの過去と、その後の展開。もう暗殺は無理かと思えたときに、こんな事を…とドキドキ。クライマックスの銃撃戦はすごい!!そしてラスト、いったいどうしたのか、彼らは!?とそこには…。ちょっとストーリーは長いけど、なかなか面白い展開。
スクリーンで楽しんでもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2016-06-27 18:30 | 映画

嫌な女

c0015706_9234378.jpg吉田羊さん木村佳乃さん主演ということで楽しみにしていた作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、夜の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

石田徹子はストレートで司法試験に合格し、弁護士になった才媛。29歳で結婚し、人も羨む幸せな人生…の筈が、仕事も結婚生活も上手くいかず、心に空白と孤独を抱えた日々を過ごしていた。そんなある日、徹子のもとに婚約破棄で慰謝料を請求された女性が訪ねてくる。女性の名は小谷夏子。徹子の同い年の従妹だった。夏子は初対面の相手でもすりるとその懐に入って男をその気にさせる天才。彼女との未来を夢見た男たちは、いつの間にか自らお金を出してしまうのだ。徹子は夏子が子供の頃から大嫌いだった。しばらくぶりで再開した二人だったが、この日以来、徹子は生来の詐欺師の夏子に振り回されることになり…。

黒木瞳さんの初監督作品ということだったのだが、すっごく面白かった。確かにこの二人、雰囲気似てるよね。こんな二人あるあると思いながら見ていた。従妹同士、小さい頃は会うこともあったが、いつしか疎遠に。そして大人になって出逢って…。それにしても、こんなに対照的な二人を見事にこの二人が演じ切っている。クールな弁護士徹子だが、夏子の影響で随分と変わってきたし。なんかこの二人、対照的でも、どこか根っこは似たようなところがあるのかなぁとも思った。でも、ラスト、弁護士事務所の大宅からの…、思わずうるっとなってしまった。
うん、スクリーンで楽しみたい作品。
[PR]

by mikibloom | 2016-06-25 19:30 | 映画

二重生活

c0015706_9205887.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、夕方の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混み合ってました。
c0015706_9212333.jpg大学院の哲学科に通う珠は、担当の篠原教授から、ひとりの対象を追いかけて生活や行動を記録する「哲学的尾行」の実践を持ちかけられる。同棲中の彼にも相談できず、尾行に対して迷いを感じる珠。ある日、資料を探しに立ち寄った書店で、マンションの隣の一軒家に美しい妻と娘と共に住む石坂の姿を目にする。作家のサイン会に立ち会っている編集者の石坂がその場を去ると、後を追うように店を出る珠。彼の秘密が明らかになっていくにつれ、珠は異常なほどの胸の高鳴りを感じていく…。
c0015706_9214529.jpg
珠の尾行、その危うさにハラハラ。mikiだめ、こんなの、弱いのよね!!まるでmiki自身が珠になり替わって尾行している感じになって、スクリーンがまともに見ていられなかった。思わずハラハラ。そして、対象Bの追跡、ここまでやるのかと思いながら見ていたのだが、あれ、妻って…。
うーん、フクザツ。で、この人は…。
うん、見終わってちとつかれるけど、スクリーンで見てもいいかも。
c0015706_9221456.jpg
c0015706_9223377.jpg
[PR]

by mikibloom | 2016-06-25 16:40 | 映画

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ

c0015706_9185924.jpgクドカンさん脚本の作品、ということで待ってました!!!早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、お昼の回を見に行ってきましたが、満席でした。


c0015706_9192577.jpgフツーの高校生・大助は、同級生のひろ美ちゃんのことが大好き。修学旅行中のある日、大助は不慮の事故に遭ってしまう。目覚めるとそこは…深紅に染まった空と炎、ドクロが転がり、人々が責め苦を受ける、ホンモノの「地獄」だった!!なんで俺だけ!?まだキスもしたことないのに、このまま死ぬには若すぎる!!慌てる大助を待ち受けていたのは、地獄農業高校の軽音楽部顧問で、地獄専属ロックバンド・地獄図(ヘルズ)を率いるキラーK。キラーKによると、なんと、えんま様の裁きにより現世に転生するチャンスがあるという!キラーKの「鬼特訓」のもと、生き返りを賭けた、大助の地獄めぐりが幕を開ける!!!!!
c0015706_9195321.jpgこんな人がこんな役どころを演じているんだとちょっとびっくりな配役。そして、展開の面白さ。いったいどうなるのか、毎週金曜の閻魔様の裁き、こんなものに転生して…!!と、その話もなかなか面白いし。どんなことをして閻魔様にアピールするのか。そんなこともなかなか見どころ。そして、大助が生きていたころの話もなかなか面白い、高校時代ってあるあると思いながら見ていた。クライマックス、果たして大助は!??ラスト、閻魔様の差配に思わずうるっっ。
うん、最後まで笑ってウルッて最高!!スクリーンで楽しんでもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2016-06-25 13:30 | 映画

アテルイ

c0015706_9173932.jpg劇団新感線の中島かずきさんいのうえひでのりさんが挑んだ歌舞伎NEXT。予告がオモシロソウと早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、午前中の回のみの上映でしたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。

古き時代。北の民蝦夷は国家統一を目論む大和朝廷に攻め込まれていた。そこに、かつて一族の神に背き追放された阿弖流為が、運命の再会を果たした恋人、立烏帽子と共に戻り、蝦夷をむ率いて立ち上がる。一方、調停は征夷大将軍に、若くとも人望の厚い坂上田村麻呂を据え、戦禍は更に激化していく。戦いの中で、民を想うお互いの義を認め合いながらも、ついに2人が決着をつける時が迫り来ようとしていた。

歌舞伎ならではの立ち回り、セリフ回り、そして劇団新感線のテンポよさといいとこ取りの作品。坂上田村麻呂の時代ということで、結構古い時代だが、衣装も豪華だし、そのストーリーもなかなか面白い。アテルイと坂上田村麻呂、いったいどちらが勝つのだろうか。朝廷は!?そして蝦夷はどうなるのか。そんな展開の面白さと、歌舞伎ならではのシーンも随所に入れて。そして、あの花道、こんなとこから出入りするんだとびっくり。回り舞台も入れて、どんどんと展開していってすごいすごいと見ていた。市川染五郎さんの汗が滴るシーンもすごいし、クライマックスの殺陣のシーンも迫力があるし。まあ、お芝居だから、強いて言うならちと長い。でも、しっかり途中に休憩時間もあるし。
うん、これはスクリーンで楽しんでもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2016-06-25 10:20 | 映画

トリプル9

c0015706_9161198.jpg映画予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は週末、レイトショーを見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

武装グループのリーダー、マイケルは、警戒厳重な国土安全保障省の施設を襲うという実行不可能な強盗に挑むため、ある計略を練り上げる。それは警官が撃たれたことを意味する緊急コード「トリプル9」を発動させ。アトランタ市警の機能を10分間完全停止させる作戦だった。しかし、標的となった実直な警官クリス、重大犯罪課の刑事アレン、そしてロシアン・マフィアを巻き込んだその犯罪計画は、マイケルの一味の内部対立や裏切りも絡み、想定外の事態へと発展する…。
c0015706_9163699.jpg予告ではオモシロソウと期待していたのだが、なんか実際見ていると、いろいろな設定を複雑に捏ねくりし過ぎて、何が何だか分からなくなってきそうな感じ。最初に出てきたあの女はいったい!??そして、車のトランクに入れられた人たちはいったい!??そして強盗団は!??まあクライマックスではだんだんと分かってくるのだが…。もっと単純に作れば分かりやすいし、乗ってみていられたのに、なんか残念だなぁと思った。
うーん、DVDレンタルでもいっかって感じ。
[PR]

by mikibloom | 2016-06-24 21:00 | 映画

天国からの奇跡

c0015706_915212.jpg映画のチラシで気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は週末、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混み合ってました。

小さな田舎町で暮らす少女アナは、幼い頃から重い消化器疾患を患い入退院を繰り返していた。母クリスティは遠方の大病院へ診察を頼み、やっとのことでアナは入院するも、治療の方法がなく自宅に戻る。一方、二人が留守にしていた間、夫や姉妹との間にも亀裂が生じていた。そんな中、アナが庭の大木から落ちてしまう事故が起こる。幸い一命を取りとめたが、彼女の身にある驚くべき「奇跡」が待ち受けていた…。

最近の映画作品、結構悲惨なストーリーを多く見てしまっているせいか、こんなストーリーがとてもほっとして見ていられる。小さな頃からの病気で入退院を繰り返すアナ。でも、近くの病院ではきちんと見てもらえない。そんなことってあるんだと思いながら見ていた。有名病院では何か月も予約待ち、そしてかさむ診療費。うーん、これでは病児を持った家族は大変だなぁと思った。でも、この家族はそんな中でも懸命の治療。周りの人たちのさりげない思いやりなどにも思わずうるっとしてしまう。でも、良くならない病状。そんな中起こったアクシデント!!アナはいったい!??と、そこでアナは!??うーん、ホントなのかい!??と思ったが、これ実話を基にしており、最後にその実話になった家族も登場してくるし、その当時の写真も出てくるし。なんかすごいなぁ、こんなことがあるんだとちょっとびっくり。感動してしまった。
うん、安心して見られる作品ということで、スクリーンで見てもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2016-06-24 18:30 | 映画