映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2016年 09月 ( 34 )   > この月の画像一覧


永い言い訳(試写会)

c0015706_8441587.jpg本木雅弘さんの最新作ということで早速見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方でほぼ満席でした。

人気作家の津村啓こと衣笠幸夫は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族…トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。保育園に通う灯と、妹の世話のため中学受験を諦めようとしていた兄の真平。子供を持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝き出すのだが…
c0015706_8581810.jpg順撮りで撮った作品だよね、本木さんの髪の毛が徐々に長くなって、また、子どもたちも少しずつ成長して…、そんなことを思わせる。突然、不慮の事故で妻を失った作家。ふとしたことから、妻の親友の遺族の夫と子供たちに出会い、子供たちの面倒を見る。何もできなかった幸夫の不器用さと、それを普通にこなせていく姿と。なんか、時の移り変わりを感じさせてくれる。クライマックス、陽一と、真平、あの後どうしたのだろうかと思った。そして、ラストの真平、どう、自分の進路を決めたんだろうなどと思った。
うーん、全般的に淡々とストーリーが展開していて、こんなもんかなぁって感じがするのだが…。新作DVDレンタルで見たいかなぁ。
[PR]

by mikibloom | 2016-09-29 18:30 | 映画

白い帽子の女

c0015706_8414328.jpgブラッド・ビットとアンジェリーナ・ジョリー・ビット夫妻の久々の共演ということで早速見に行ってきました。

今日はレディスディ、夜の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

1970年代、南フランスの穏やかで絵画のように美しい浜辺に、アメリカ人の小説家ローランドとその妻ヴァネッサはヴァカンスに訪れる。ふたりの人生にもたらされた過去の不幸な出来事から妻は心のバランスを崩し、彼らの結婚は危機を迎えていた。隣の部屋にチェックインしてきた愛を謳歌する新婚カップルのレアとフランソワや、地元でカフェを経営するミシェルとその旧友バリトスたちと共に時を過ごし、彼らは人生において解決しなければいけない問題と向き合いはじめる。
c0015706_842692.jpgこの作品の公開直前に入ってきた話もあって、ホント、動なんだろうと思いながら思わずこの作品を見ていた。現実とこのストーリーが被ってしまっているかのよう。隣の新婚夫婦、はたして、わかっていたのか!?それとも、わからずにいたのか、なーんて思った。こんなリゾートに、ゆったりとした休暇が取れるなんていいなぁ、行ってみたいなぁと思ったが、夢のまた夢だよねぇ。
うーん、スクリーンでリゾート気分に浸ってみるのもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2016-09-28 18:00 | 映画

ジェイソン・ボーン(試写会)

c0015706_8391578.jpgジェイソン・ボーンが帰ってきたと、早速見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方でほぼ満席でした。

ジェイソン・ボーンが消息を絶ってから何年もの歳月が経過したある日、元同僚であるニッキーはボーンを見つけ、彼にある事実を告げる。それはCIAが世界中に情報を監視し、技術開発やテロ活動までをも裏で操作する事を目的とした、恐ろしい極秘プログラムが始動したというものだった。ボーンは再び姿を現すことになり、追跡を任されたCIAエージェントのリーは、彼が最も求めているものを提供すれば、再びCIA側に取り込めるのではないかと考え始める。しかし「史上最も危険な兵器」であるボーンは、追跡者が想像すらできない、ある目的を持って動いていた…。
c0015706_8393639.jpgこのシリーズもなかなか長いが、今回から、また新たなシリーズに入るのか!?全シリーズの、マット・デイモンのまだ若いシーンも出てきたりして、思わず、わかーーい!!と思いながら見ていた。ギリシャの街中のシーンでは、いったいどうなるのか、ハラハラドキドキ、群衆の中で、どう動くのか、敵は、ボーンをどうやって見つけようとするのか、その知恵比べにドキドキしながら見ていた。そして、クライマックスのシーンも、ドキドキ。ずっとアクションアクションで、観る者を飽きさせない。ラストはすごいし!!
うん、やはり、ジェイソン・ボーンはスクリーンで楽しみたい。
[PR]

by mikibloom | 2016-09-27 18:30 | 映画

金木犀が香った日

c0015706_9443445.jpg今朝、金木犀の香りが街に漂いました。暑い、まだまだ夏!?と思っていたら、花は秋を捕えてました。
c0015706_945666.jpg
c0015706_9453398.jpg
c0015706_9455355.jpg
[PR]

by mikibloom | 2016-09-27 09:00 | カメラ・トイカメラ

ある天文学者の恋文

c0015706_8364964.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

著名な天文学者エドと彼の教え子エイミーは、皆には秘密の恋を謳歌していた。しかし、そんなエイミーの元に突如届いたエドの訃報。現実を受け入れられないエイミーだが、彼女の元にはその後もエドからの優しさとユーモアにあふれた手紙やメールや贈り物が届き続ける。エドの遺した謎を解き明かそうと、エイミーは彼が暮らしていたエディンバラや、かつて二人で時間を過ごしたイタリア湖水地方のサン・ジュリオ島などを辿りはじめ、そこで彼女が誰にも言えずに封印していた過去を、エドが密かに調べていたことを知るが…。

大切な人の、ある日突然の死、それを受け入れられない恋人のエイミー。そんな彼女にもとに届くメールや手紙。いったい自分ならどうするだろうと思いながら見ていた。うーん、これにどれだけの時間をかけたのだろう、とも思った。自分だったら、受け入れられるかなぁ、いつまでも来るメールに、逆に悲しみが薄らぐことができずにいるだろうかと思う。うーん、それは人それぞれなのか。ラストは、降りるところに降りたなぁという感じだが…。
なんか、見終わって、ふーん、そうなのかって感じがしないでも。
うーん、新作DVDレンタルで見てもいいかなぁ。
[PR]

by mikibloom | 2016-09-26 18:50 | 映画

オーバーフェンス

c0015706_8575531.jpg蒼井優さんオダギリジョーさん出演の作品ということで早速見に行ってきました。

今日は、上映終了後に監督のトークショーがあるということで満席でした。
c0015706_8581863.jpg家庭を顧みなかった男・白岩は、故郷の函館に離婚して戻り職業訓練校に通いながら失業保険で暮らしていた。日々の楽しみもなく、ただ働いて死ぬだけ、そう思っていた。ある日、訓練校仲間の代島に連れていかれたキャバクラで鳥の動きを真似る風変わりな若いホステスと出会う。名前は聡。どこか危うさを持つ美しい聡に、白岩は急速に強く惹かれていく。遠い幻のように一瞬で過ぎ去ろうとする函館の夏、フェンスの先に彼らが見つけるのは愛か、希望か…。
c0015706_8583672.jpgなんもいいことが無く、ただ日々を淡々と過ごしている人々を丁寧に描いている。そして、気性の激しい聡、こんなに気性が激しい役って結構すごいかもと思った。でも、鳥の真似はなかなか、随分と研究したのかなぁと思った。
ただ、なんか淡々とした感じの作品なので、見ていて、午後の時間のせいか思わず眠くなってしまっていた。
うーん、DVD新作レンタルで見ちゃいたいかなぁ。
[PR]

by mikibloom | 2016-09-24 13:10 | 映画

歌声にのった少年

c0015706_857035.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、初回上映を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

紛争の絶えないパレスチナ・ガザ地区で暮らすムハンマド少年。彼の夢は「スター歌手になって世界を変える」こと。仲良しの姉ヌールと二人の友だちとバンドを組み、拾ったガラクタで楽器を作り、街中で歌っていた。だが、ムハンマドの声が「最高」だと信じるヌールは、「カイロのオペラハウスに出る」というとんでもない目標を立てる。資金稼ぎと練習を兼ねて結婚パーティで歌い、聞く者に言葉を失わせる美しい声で人々を魅了していくムハンマド。だが計画は予想もしない形で終わりを告げる。ヌールが重い病に倒れ、両親が治療費を用意できないまま亡くなってしまったのだ。姉との約束を守るため、ムハンマドはガザの壁を越えて、オーディション番組[アラブ・アイドル」に出場することを決意する…。

バンドで歌をやりたいという少年たちの想い。いろいろなことをしてお金を捻出するその姿、すごいなと思いながら見ていた。そして、ようやくお金がたまり、楽器を手に。結婚式で演奏して歌ってと、なかなかすごいなと思った。そんな中での姉ヌールの急病。今度は治療費の捻出のため…、しかし姉は…。そんな葬儀のシーンや、結婚式のシーン、そうか、こんな風にしているのかと、国や宗教が違うと、こんなにも違うのかと思った。そして、もう一度、姉との約束で、歌を。いったいどうなるのかと思いながら見ていた。そのプレッシャーはすごかっただろう。ラストのシーンは実際のムハンマドのシーンが出てくる。
なかなか見る機会のないパレスチナの作品、スクリーンで見たい。
[PR]

by mikibloom | 2016-09-24 10:55 | 映画

亜人 第3部衝戟

c0015706_8551521.jpg亜人の最終章ということで早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、夜の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

「これが、カウントダウンの開始の合図だ」第2ウェーブ…「浄化」が始まった。石丸、桜井、岸、甲斐、李…リストの順番通りに殺されていく要人たち。だが、日本政府は断固としてテロリストには屈しない姿勢を貫く。水面下で動く、警察、対亜人特選群、自衛隊、米国国防総省、そして、亜人管理委員会役人・戸崎と高校生亜人・永井圭。「第2ウェーブの終了とともに、我々は次のウェーブへとコマを進める。第3…それが、最終ウェーブだ」圭は、亜人である佐藤を無力化するための策を練るが、彼の気づかぬところで計画は綻びを見せ始めていた…。

上映前の、1週間ごとに変わるラジオドラマがなかなか面白かった。
そして、いよいよ最終話。テロリストと日本政府、そして、永井圭の戦いはいったいどうなるのか。次々と襲われる関係者。いったいどう阻止しようとするのか、あの化け物をどう手なづけるのか!??容赦しないテロリスト、見ていてドキドキした。ラスト、うーん、これって…!??
ここまで見て来たから、スクリーンで見収めたい。
[PR]

by mikibloom | 2016-09-23 18:40 | 映画

バースデーカード(試写会)

c0015706_852953.jpg橋本愛さん、宮﨑あおいさん出演の作品ということで早速見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方で混み合ってました。
c0015706_8522953.jpg幼い子供たちを残し、天国に旅だった母の約束。それは、未来の娘たちに向けて毎年バースデーカードを送ることでした。娘が20歳になる、その日まで…。手紙を通し、さまざまな困難や新しい出会いに直面していく娘・紀子。紀子が10歳の時に若くして病死し手紙を書き残す母・芳恵。そして、家族を大きな愛で包む紀子の父・総一郎、一家のムードメーカー的存在の紀子の弟・正男。紀子を励まし夢を支える恋人・立石。
天国の母から毎年届く10通のバースデーカードにはどんな言葉が綴られているのでしょうか?そこには、人生を輝かせるヒント、サプライズがたくさんつまっていました…。
c0015706_8525663.jpg気弱な紀子を気に病む母芳恵。そして、病のために、子どもが小さい時に天国に旅立たなければならない思い。どんな気持ちで、その10通の手紙をしたためていたのかと思いながら見ていた。とくに、タイムカプセルを開けるため、母の実家に行く話は、今まで知らなかった母を知る、そんな旅だったのではないかと思った。そのタイムカプセルのあったものは…、思わずウルウルしてしまった。そして、紀子と立石の出逢い、思い残していたことの実現。そして、ラストの展開にウルウルしてしまった。うーん、お母さんの想いがどんなものだったのか、思わずウルウル。そして、お母さんが家族のためにいろいろと作った手芸の数々、えっっ、こんなものも手作りしているし、といろいろと見ていた。
うん、これはぜひスクリーンで見たい作品。
[PR]

by mikibloom | 2016-09-21 19:00 | 映画

エル・クラン

c0015706_8503593.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

1983年、アルゼンチンの平和な街。裕福でご近所からも慕われるプッチオ家は、父アルキメデスを筆頭に妻、息子3人、娘2人で幸せに暮らしていた。しかし、長男アレハンドロが所属するラグビーチームの一人が誘拐され、姿を消してしまう。以降、彼らのまわりで金持ちだけを狙った身代金事件が多発。犯人が捕まらず近所には不安な空気が流れる中、プッチオ家ではいつもと変わらない生活をしていた。ある夕飯の時間、アルキメデスは、妻の作った料理をキッチンから食卓ではなく、なぜか2階の奥にある鍵のかかった部屋へと運んでいく。この家族には誰にも言えない秘密がある…。
c0015706_851327.jpgこのお父さん役のギレルモ・フランセーヤさんがすっごく印象的な作品。なんかすっごく裕福な家族、一家仲良しで、いいなと思っていたら、裏の顔は…。そんなお父さんを助ける息子。そして、誘拐する人は…。うーん、それでいいのか!??と思いながら、こんな政情不安だと、こんな犯罪も成立してしまうのか!??などと思いながら見ていた。次はだれを狙うのか!??クライマックスの思わぬ展開にびっくり。そして、これが実話であることももっとびっくり。
うーん、スクリーンで見てもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2016-09-20 18:30 | 映画