映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2016年 10月 ( 38 )   > この月の画像一覧


ミュージアム(試写会)

c0015706_8334093.jpg小栗旬さん主演の最新作ということで早速見に行ってきました。

今日の試写会は満席状態。急遽サプライズということで、カエル男が…と、そのマスクを取ったら…!!!な・なんと小栗旬さん登場!!!もう会場は黄色い歓声に包まれていました。質問コーナーでは、事故に遭うシーンはスタントなしで撮ったとか、普段聞けない話も聞くことが出来ました。もう最高に大興奮の舞台挨拶でした。

雨の日だけに発生する猟奇殺人事件。死体を見せることにこだわる犯人・カエル男は、自分をアーティストと呼び、犯行現場には必ず謎のメモを残す。連続する事件の関連性を捜査する刑事・沢村と部下の西野は、次のターゲットが沢村の妻・遥であることに気付く。冷静さを失った沢村は、カエル男の罠にはまり、絶望へと追い詰められていく。謎の「私刑」執行アーティスト・カエル男は一体誰なのか?真の目的は?
c0015706_834298.jpg次から次と起こる猟奇殺人事件、その残酷さに見ていてうっっっとなってしまう。いったい犯人は!??なぜ!??そんな事件を捜査する刑事沢村。事件に一生懸命になってしまい、家庭がおろそか。まあ、そんな刑事ドラマって昔はよくあったが、今では家庭も仕事も両立の時代なのか!?なんて思ったりして。そして、犯人は沢村の妻を…。犯人を捜す沢村、いったいどこに連れていかれたのか!??その謎解き、過去の話、そして、犯人の過去。クライマックス、犯人と沢村、いったいどうなるのか、謎解きは!?はらはらしながら見ていた。衝撃的な映像、えっっっと思ったら…、そして、あの犯人は!??どうなるのかとドキドキ。ラストの展開もえっっって感じ。最後まで目が離せなかった。カエル男の猟奇的な役どころも、今まで見たことが無いし!!
うん、スクリーンで見たい作品。
[PR]

by mikibloom | 2016-10-31 18:30 | 映画

ブリジットジョーンズの日記 ダメな私の最期のモテ期

c0015706_894459.jpgブリジットジョーンズシリーズ最新作ということで、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、夕方の回を見に行ってきましたが、女性を中心に満席状態でした。

いまやブリジットは、テレビ局でバリバリ働くニュース番組の敏腕プロデューサー!でも友人たちにはフラれ誕生日の夜は「ぼっち」…。30代の同僚ミランダの誘いに乗った彼女はいざ野外ロック・フェスへ!場違いな格好で着くなり泥の中へ大コケ!でも転んだんだったタダでは起きない。そこに現れ助けてくれたのは、セクシーなアメリカ人ジャック。その夜、盛り上がり泥酔したブリジットは間違ってジャックのテントへ。ミランダに「最初に会った男と寝るのよ!」とけしかけられていたブリジットは、うっかりベッドイン!数日後、旧友の赤ちゃんの洗礼式に向かったブリジットは、そこで名付け親として来たマークと気まずい再会、「君が恋しかった」と言うマークといい雰囲気になり、なぜか思わずベットイン…。そんなブリジットが異変に気付いたのは、それから数か月後。ダイエットに励んでいるのに痩せないのはなんで?まさかはなんとオメデタイことに!「私のお腹には、あなたたちのどっちかの子がいるってわけ…」。ショックを受けながらも、マーク&ジャックは「大事なのはベビーだ」と大人の対応。その日からまだ見ぬ赤ちゃんの「パパ」として張り合い小競り合いを始める。そんな2人の姿に心が揺れるブリジット…。

c0015706_8101632.jpg誕生日なのに一人きり。友だち誘っても、子育て中なので、皆忙しい。うーん、そうか、そんな世代なのか、なーんて思いながら見ていた。そんなブリジット、友だちと音楽フェスへ。こんな野外フェスなんだ、すごいなぁと思った。そこで出会った男性と、元カレのマークと。できた子供のパパは誰!??と、羊水検査って、あんな針を刺すの!??こわっっとびっくりしたり。仕事に、妊娠に、母親教室にと、結構忙しそう。クライマックス、出産、こんな部屋での出産になるんだ、あれは水中出産用なのか!??などと思いながら見ていた。そして、パパは!??
ラスト、うーん、丸く収まっちゃって、これで本当にらすとかなぁ!??
うん、安心して見られるし、スクリーンで楽しみたい作品。
[PR]

by mikibloom | 2016-10-29 16:15 | 映画

デスノート DEATH NOTE Light the NEW world

c0015706_875919.jpgあのデスノートの続編ということで早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、お昼の回を見に行ってきましたが、大勢の方で満席でした。

このノートに名前を書かれた人間は死ぬ…。犯罪のない社会を目指し、デスノートで世界を変えようとした「キラ」こと夜神月、暴走する彼を阻止しようとした世界的名探偵「L」。天才VS天才の対決から10年経ったある日、世界中のネット回線がジャックされ、「キラ」むによるメッセージが発信された…「デスノートを手に入れろ…」死神により地上にもたらされた6冊のデスノート。同時多発的に発生する大量の殺人事件。そんななか、三島が率いるデスノート対策本部に、Lの後継者・竜崎が加わり、無差別殺人の現場で一冊のデスノートを手に入れる。一方、その現場には、キラ信奉者・紫苑の姿が…。今、それぞれの譲れない「正義」を懸けた、3人の壮絶な頭脳戦が始まる…!
c0015706_882262.jpgあの事件から10年、周りが事件を忘れたころにまたやって来たデスノート。キラ信奉者の紫苑と、Lの後継者の竜崎の戦いが見もの。今の旬な二人が、この作品では対立した二人を演じている。こんな役どころもさらっと演じてしまう、この二人は本当にすごい。とくに、クライマックスのシーンは結構すごい。そして、デスノート対策室の三島との絡み。いったいどうなるのか、どう追うのか、ドキドキ。また、かつてのデスノート所有者のミサも出てきて、その運命が…。ラスト、えっっそうなってしまうのか…。これってまたあるの!?って感じ。
エンドロールの最後まで見てほしい作品です。
スクリーンで見たいなぁ。
[PR]

by mikibloom | 2016-10-29 13:55 | 映画

インフェルノ

c0015706_844310.jpg直前に原作を読んで、公開がとても待ち焦がれていた作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り翌日の土曜日、朝一番の回を見に行ってきましたが、満席でした。
c0015706_851527.jpg
「今、人類を半分に減らすか…100年後に滅びるか」フィレンツェの病院で目覚めたラングドン教授は、謎の刺客に命を狙われる。女医シエナの助けで病院を脱出するが、彼は2日間の記憶を失っていた。「なぜ私が狙われる?」何も思い出せない彼のポケットには1本のペンライトが。映し出されたのは、詩人ダンテの神曲「地獄篇」を模した「地獄の見取り図」とそこに刻まれた「暗号」だった…。「探し、見い出せ…」手掛かりを探るうち、ダンテのデスマスクの持ち主で大富豪の生化学者ドプリストの存在に辿り着く。「人類は滅亡の危機に瀕している」と主張し、人口問題の過激な解決策として「あるウィルス」による恐るべき計画を目論んでいた。徐々に記憶を取り戻すラングドンは、暗号が示す場所イスタンブールに向かうが、そこには謎解きを根底から覆す「驚愕の結末」が待ち構えていた…。
c0015706_854485.jpgmikiはこの原作を公開直前に読み終わって、すっげぇ面白い、映像化されるの超楽しみと期待していたのだが…。うーん、原作は確かに長いのだが、それをこんなにさらっとあらすじだけの感じで展開させてしまっているし。登場人物の設定もところどころ変わってきているし。まあ、原作に出てくるいろいろな史跡や美術品がでてきて、本当にそこにあるみたいと作品の史跡巡りにはいいのかもしれないけど、あまりにも変わり果ててしまってびっくりって感じ。
クライマックスの展開も、えっっいつのまにラングドン教授アクションしちゃうの!??シエナは!!それじゃあ!!!
で、あのウィルスは…!!なんかここまで変えるの!!って気分になってしまう。
うーん、映画の舞台となった場所だけ見るにはいいが、ストーリーは残念な感じ。原作が良いだけに映画は残念すぎ。
[PR]

by mikibloom | 2016-10-29 10:15 | 映画

コウノトリ大作戦(試写会)

c0015706_805161.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方で満席に近いくらい入ってました。

男の子・ネイトの「弟が欲しい」という夢!ひとりっ子で遊び相手のいないネイトは、ある日、コウノトリ宅配便社の古びた「赤ちゃん申込書」を見つけ、大喜びで「赤ちゃん」を申し込みます。でもコウノトリ宅配便社では、すでに「赤ちゃんお届け」を禁止!禁止となったきっかけは、昔のある大事件。ところが手違いから、可愛い赤ちゃんが誕生!お人好しのコウノトリのジュニア、赤ちゃんを見て、メロメロになる!もしも社長に見つかったら大変なことに!ジュニアは、会社に内緒で、赤ちゃんを届ける決心をします…!

仕事人間のパパとママ、一緒にいても、かまってくれない、そんな寂しいネイトが手紙を出した。そして、コウノトリ宅配便のもとに。そこには、もう使われていないところが…。そこに配属になったチューリップとジュニア。チューリップのジュニアに投げる質問、なかなか考えさせられる。うーん、なぜなんだろうと思う。そして、チューリップとジュニアのお届け。こんなのでお届けするの!??それを阻むオオカミが!!でも、オオカミの組体操がすっごく面白くて大爆笑!!!あと、クライマックスのペンギンとの闘いもすっごくおかしくて大笑い、でもここ何故か声をあげて笑えずに、押し殺して笑ってしまう…。チューリップの展開もとても暖かくて胸を打つ。ラストの歌もとても暖かで胸にじんと来る。
うん、家族でスクリーンで楽しみたい作品。
[PR]

by mikibloom | 2016-10-28 19:00 | 映画

ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄

c0015706_758341.jpgニコラス・ケイジさん主演の最新作ということで、早速見に行ってきました。

今日はレディスディ、夜の回を見に行ってきましたが、ぼちぼちの入りでした。

ニューヨークの大学で教鞭をとるマイクは、ハロウィンの夜、7歳の息子チャーリーにねだられ、祭り見物に出る。ところがチャーリーは、「ゴーストに償ってくれる?」と謎めいた一言を残し、突然姿を消してしまう。チャーリー失踪の手がかりを必死に探し続けるマイクは、やがておそるべき事実にたどりつく。毎年ハロウィンに子供たちの失踪事件が起きていること、そしてその子たちは決して帰ってこないということ。果たして何者の仕業なのか?次のハロウィンが迫る中、マイクの周辺に、次々と怪異な現象が起こる。それは幽霊の誘いか、それともチャーリーからのメッセージか!?
c0015706_7591042.jpgニコラス・ケイジさん、いろいろな役をこなしてきているけど、今回はホラーもののパパ役、そういえば、ホラー物って見たことが無かったかもなどと思いながら見ていた。パパとはいえ、こんなに小さな子のパパって、結構無理がある!?年を取ってからの子供の設定かなぁ、まあその方が、可愛さ百倍ってかんじかな、子どものお願いはやっぱりかなえてあげたくなったりして。そんなことで出かけたお祭りで失踪した子供。そして探す子供の手がかり。クライマックスは、ドキドキ、ところどころでぱっくり怖い感じも。でも、山場は結構あっさりと…、だなぁ。。
うーん、ハロウィンの前にスクリーンで楽しみたい作品かな。
[PR]

by mikibloom | 2016-10-26 18:15 | 映画

金メダル男

c0015706_756278.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混み合ってました。

日本中が東京オリンピックに沸いた1964年、ひとりの男の子が生まれた。その名は「秋田泉一」。小学校時代、運動会の徒競走で1等賞に輝き、一番になることの幸福感を知った彼は、それ以来、絵画や書道から火おこし、鮎のつかみどり、大声コンテストなどなど、次々に1等賞をゲット!いつしか彼はまわりから「塩尻の金メダル男」と呼ばれるようになっていた。だが、それは、七転び八起き人生の始まりに過ぎなかった…どうなっちゃう泉一?!
c0015706_7563011.jpg最初はなかなか軽快なテンポで進んでいったが、うーん、中学からは…、そうよね、小さい時は神童と呼ばれていても、だんだんと平凡になってしまう、それは世の常かも。そんな泉一、高校の部活シーンはなかなか面白かった。でも、社会人となり、そのあとは、うーん、描かれている尺が長すぎて、ちょっと散漫な感じ。それでも、えっっこの人があってのあの人!??ってのがあって、ところどころ面白いところもあるが…。見ていて、「七転び八起き」とか「塞翁が馬」ってことわざを思い出してしまった。うーん、mikiはせめて自分の人生を終わる時には、楽しい人生だったと言いたいなぁなーんて思った。
うーん、映画が安い時にスクリーンで見るか、DVDレンタルでもいいかなぁと思う。
[PR]

by mikibloom | 2016-10-25 19:10 | 映画

われらが背きし者

c0015706_7535638.jpgジョン・ル・カレ作の最新作、ユアン・マクレガーさん主演ということで早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方で満席に近いくらいの入りでした。

モロッコで休暇中、イギリス人の大学教授ペリーとその妻ゲイルは、偶然知り合ったロシア・マフィアのディマから、組織のマネー・ロンダリングの情報が入ったUSBをM16に渡してほしいと懇願される。突然の依頼に戸惑う二人だったが、ディマと家族の命が狙われていると知り、仕方なく引き受けることに。しかし、その日を切っ掛けに、二人は世界を股に掛けた危険な亡命劇に巻き込まれていく…

休暇中の旅で出会った一人の男から託された物、うーん、もし自分なら、そんなの預かる!?なんかどんどんと深みにはなりそうな感じと思いながら見ていた。ペリーの変な正義感が、ついついこんな行動をとらせるのかなぁなーんて思った。深みにはまりそう、どうやったらそれから抜けられる!??もう、止めなよなんて思ってしまう。家族の命が狙われているマフィア、後半の家族を守るために…、いったいどうなるのかとハラハラしながら見ていた。いっけん、偶然を装ってそこで出会って…、なーんて表面では思っていても、その実…。そして、信頼していたと思われている人でも、えっっこの人って…だったり。いったい家族はどうなる、そのときペリーとゲイルは!?クライマックス、えっっ、それって分かっていたの!??とその結末にびっくり。
派手なアクションがないサスペンスもの、ラスト、あれって…!!
うーん、スクリーンで楽しみたい作品。
[PR]

by mikibloom | 2016-10-24 19:40 | 映画

プリースト 悪魔を葬る者

c0015706_8493417.jpg映画紹介を読んでオモシロソウと思った作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、午後の回を見に行ってきましたが、立ち見もあって超満員でした。

敬虔な女子高生ヨンシンは、ひき逃げ事故に遭った直後から不可解な症状に見舞われ、自殺未遂を起こし昏睡状態に陥っていた。少女が何かに取り憑かれたことを確信したキム神父は、「悪魔祓い」を執り行うと宣言。除霊に関する知識がある神学校生アガトが補助司祭に選ばれた。だが聖職者たちは、厄介者のキム神父の行動を疑いの目で見ていた。今や魔物と化した少女を救う準備を整え、死と隣り合わせという不安な気持ちを封印したキム神父とアガトは、人知を超えた危険な領域に足を踏み入れていく…!!

韓国版エクソシスト。って、結構珍しいなぁと思いながら見ていた。最初、神父が持っていたあの奇妙なものはいったい何なのか!??それがもとで、次々と!!ひゃあ!!わっっとドキドキの展開で幕をあげた本作。新しい悪魔祓いの神父と、その補助の司祭。と、この補助司祭のアガト役のカン・ドンウォンさん、結構かわいい役どころ。神父姿に、フアンならメロメロかも。そして、クライマックスには聖歌も!見ていた人の中には、歌が聞けるなんて!!とけっこう喜んでいた方も。悪魔祓いはいったいどうなるのか、おっっ、これで!!と思った瞬間、えっっまだ続くの!??それが最初の!!!と見ていてナットクだったり。ラストまでドキドキ!!
うん、韓流フアンはぜひスクリーンで楽しみたい。
[PR]

by mikibloom | 2016-10-22 15:55 | 映画

ジェーン

c0015706_84815.jpgナタリー・ポートマンさんの最新作ということで早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、お昼の回を見に行ってきましたが、満席でした。

アメリカ西部で夫と娘とともに穏やかに暮らしていたジェーン。しかしある日、夫が撃たれ、逃げ帰ってきたことでその平穏は奪われてしまう。相手は悪名高きビショップ一家。地の果てまで追い続け、宇部手を奪い去るビショップの恐ろしさを知るジェーンは、瀕死の夫と愛する娘を守るため、わらにもすがる思いから南北戦争の英雄でかつての恋人・ダンに助けを求める。迫る敵を前に、徐々に明らかになるそれぞれの過去、そして人生の真実。

しとやかな女性像を演じることが多かったナタリー・ポートマンさん、今回は、夫のため、娘のために戦う女性を力強く演じている。馬に乗るシーンもすっごくカッコイイ。そして、ケガした夫と、元恋人、いったい彼女に何があったのか、なぜビショップから追われているのか、シーンの中に過去の出来事を織り交ぜて描かれて、なるほどと思いながら見ていた。そして、クライマックス、ビショップとの対決シーン、夜のシーンはいったいどうなるのかとハラハラドキドキ。夫はどうなる!??ダンは!??ジェーンは!??そしてビショップは!??そうそう、この悪人ビショップはユアン・マクレガーさんが演じていたのねと、これを描きながら初めて知った。うーん、全然わからなかった。
戦う強う女性と西部劇ならではの銃のシーンと、うん、スクリーンで楽しんでもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2016-10-22 12:55 | 映画