映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2017年 03月 ( 39 )   > この月の画像一覧


未来よこんにちは

c0015706_8534521.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は週末、夜の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

パリの高校で哲学を教えているナタリーは、教師の夫と独立している二人の子供がいる。年老いた母親の面倒をみながらも充実していた日々。ところがバカンスシーズンを前にして突然、夫から離婚を告げられ、母は他界、仕事も時代の波に乗りきれずと、気がつけばおひとり様となっていたナタリー。まさかというくらいに、次々と起こる想定外の出来事。だがナタリーは、うろたえても立ち止まりはしない。「孤独」や「時」は残酷であるけれど、そうまんざら悪いことばかりでもない。孤独は自由を手に入れることであり、自分のための時間が増えることでもある。まだまだ輝く未来が必ずある、そう信じるナタリーの姿は、今を生きる私たちのエイジングへの「恐れ」を吹き飛ばしてくれるに違いない。

フランス映画で、日常を切り取ったという感じの、どちらかというと淡々とした感じの作品。まあ、お母さんのこととか、離婚のこととか、子どものこととか、そんな日常にありそうな出来事を普通に描いているので、うんうんと思うが、まあそれだけっていえばそれだけの作品。期待していたほどではなかったなぁと思ってしまった。
うん、映画が安くみられる日にスクリーンで見るのもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2017-03-31 19:45 | 映画

桜は…

c0015706_164122100.jpgうーん、もうちょっと、早く咲かないかなぁ…。
[PR]

by mikibloom | 2017-03-29 19:00 | カメラ・トイカメラ

グッバイエレジー

c0015706_8525399.jpg映画紹介が気になって見に行ってきました。

今日はレディスデイ、夜の回を見に行ってきましたが、まあまあの入りでした。

夢を追い、故郷を捨てた映画監督の晄。長らく故郷から足が遠のいていたが、大親友だった道臣の訃報を聞き、10数年ぶりに故郷の北九州へ向かう。懐かしい街並を歩き、旧友と再会を果たす中、道臣との思い出がよみがえり、彼を主人公にした脚本を書き始める。

この作品は、監督の自伝的なストーリーなのか、そんなことを考えながら見ていた。うーん、見ていると、北九州の町や店などなど出てきて、まるで観光案内の様。まあ、それはそれでも、ストーリーがしっかりしていればまだいいのだが、途中、亡くなった友人の話と、今住んでいる人たちの話と、街の観光とがごっちゃになって、何がしたいの!?と思ってしまう。1時間も見ているともう飽きてしまっていた。お店などの宣伝も、何気にでてくればまだいいのだが、見ていてなんか臭い感じで登場してくるので飽きてくる。うーん、あまり郷土愛ばかりのストーリーもなぁ、その土地の人であれば楽しいのかもしれないが、そうでない人が見ても面白いストーリーでないと…と思う。
うーん、北九州大好きな人が見るにはいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2017-03-29 18:30 | 映画

娘よ

c0015706_8515338.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

パキスタンとインド、中国の国境にそびえ立つカラコルム山脈。その麓には多くの部族がひしめき合っていた。そのうちの一つの部族に属する若く美しい母アッララキの生き甲斐は、10歳の娘ザイナブと過ごす時間だった。だが部族間でのトラブル解決のために、ザイナブと相手の部族の長老との結婚が決められてしまう。アッララキの一番恐れていたことが現実となった。これで娘の人生は終わってしまう。自分が15歳の時に経験したのと同じように…。決して抗うことのできない鉄の掟、掟に背く者には死が待つのみ。だが、意を決したイッララキは結婚式当日、娘を連れて部族を離脱。一方、対面と誇りを傷つけられた両部族は共同で二人の追跡を開始する。

まだまだ子供で、結婚するとはどういうことなのかもわからない、そんなザイナブ。部族間のトラブル解決のために、犠牲となって、嫁ぐことになる。えっっ、そんなことまだあるのか、そんなことを想いながら見ていた。母の一大決心、よくぞ、娘ためにと思った。そして、闘争の先に出会った人は…。最初はいやいやながらも、後半は協力してくれる。そして、そんな母の祖母もまた母を気にかけている。いったいこの母子はどうなるのか、ドキドキしながら見ていた。ラスト、うーん、もうちょっとほしかったかなぁって感じ。
うん、なかなか見られないパキスタンの作品、スクリーンで見てもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2017-03-28 19:00 | 映画

花・花

c0015706_1638682.jpg春の花が咲き始めました。桜ももうじき。そして、蔦も可愛い葉っぱを出してます。
c0015706_16381847.jpg
c0015706_16501671.jpg
[PR]

by mikibloom | 2017-03-27 19:00 | カメラ・トイカメラ

サクラダリセット前篇

c0015706_8502556.jpg映画のチラシが気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。

特殊な能力を持つ人々が半数を占める街「咲良田」。住人たちの力は「管理局」によって慎重に、監視・制御されている。浅井ケイは、「記憶保持」の能力を持つ高校生。春埼美空は、世界を最大3日分巻き戻す=「リセット」の能力を持つが、それはケイと共に行動することで初めて効果を発揮することが出来る。しかし、2人には、取り戻せない「過去」があった。それは、2年前に「リセット」の影響を受けて死んでしまった相麻菫のこと。ある日、ケイと春埼の前に「モノを消す」能力を持つ村瀬陽香と「記憶を操作する」岡絵里が現れる。一方、高校のボランティア活動=「奉仕クラブ」の一環で、「写真に入る」能力を持ちながら、それを奪われてしまった老人、佐々野からの依頼によって、2人は、「未来を知る」力のあるむ「魔女」とよばれる老婆と出逢う。何の関連もないと思われたそれらの出来事から、相麻をよみがえらせる可能性に気付いたケイは、「声を届ける」能力を持つ親友・中野智樹らと共に禁断のアプローチを開始する。
c0015706_8503977.jpg


こんなに大勢の超能力者がいる街なんて、いいなぁ、mikiもそんな力があったらなぁ等と思いながら見ていた。それぞれに持っている力。ただ、持っている力をどう使うかはそのひと次第。そんな中、力が亡くなった人の元へ行ったり、魔女に出会ったり。後半、あの写真、いったいどうするのか!?とか、亡くなった友人をどう蘇られるのか、その方法が結構難しくて、見ていてもちょっと!?な感じ。でも、これ後編があるのよね、後編、どう展開していくのかオモシロソウ。
うん、スクリーンで楽しんでもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2017-03-27 18:20 | 映画

白モクレン

c0015706_16362857.jpgやはりこの花をカメラに収めたくて…。
[PR]

by mikibloom | 2017-03-25 19:00 | カメラ・トイカメラ

サラエヴォの銃声

c0015706_9495822.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、夕方の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑していました。

「ホテル・ヨーロッパ」は、第一次世界大戦のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年の記念式典を行うための準備に追われていた。ホテルに集うさまざまな人たち…仕事熱心な美しい受付主任、屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト、100年前の暗殺者と同じ名を持つ謎の男、演説の練習をするVIP、ストライキを企てる従業員たちとそれを阻止しようとする支配人。人々の思惑が絡み合い、次第に狂いだす運命の歯車。やがて高まる緊張は、一発の銃声によって破られる…。
c0015706_950948.jpg不穏な空気がいたるところに。そんな緊張感がずっと続いている状態。うーん、クライマックスまでは、ずっとこんな状態で、いつ変わるのかと見ていたら、いつの間にか眠くなってしまっていた。このホテル、名門なのだが、いたるところに歪と老朽化と、それがどうなるのか。クライマックスの展開、それがすべてを決めてしまった。あの大戦のように…。
うーん、これは第一次世界大戦の歴史もちゃんと勉強してから見た方が面白いかも。
[PR]

by mikibloom | 2017-03-25 16:20 | 映画

キングコング 髑髏等の巨神

c0015706_949667.jpg予告のでっかい生物が気になって早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、お昼の回を見に行ってきましたが、大勢の方で満席でした。

未知生命の存在を確認しようと、学者やカメラマン、軍人からなる調査隊が太平洋の孤島「スカル・アイランド(髑髏島)」にやって来る。そこに突如現れた島の巨大なる「守護神」キングコング。島を破壊したことで「彼」を怒らせてしまった人間たちは究極のサバイバルを強いられる。しかし脅威はこれだけでなかった。凶暴にデカすぎる怪獣たちが、そこに潜んでいた!この島では、人類は虫けらにすぎない…そう悟った時は遅かった。なすすべもなく逃げ惑う人間たち。彼らがやがて知ることになる、島の驚くべき秘密とは!?果たして調査隊は、島から脱出することが出来るのか?

巨大生物が生きている島。今までで一番でかいキングコング。そんな中で、脱出を図ろうとする人間。一体どうなるのか。竹みたいのとか、デカい水牛とか。何よりも、あのトカゲがビックリ、こわーーい!!最後までハラハラドキドキ。クライマックス、いったいどうなるのか、キングコングは!??とドキドキだった。
うん、これ、エンドロールの後にもすっごい画が待っているので、ぜひ最後まで見てほしい。
うん、キングコングの迫力は、ぜひスクリーンで楽しみたい。
[PR]

by mikibloom | 2017-03-25 13:45 | 映画

PとJK

c0015706_947338.jpg 亀梨和也さんと土屋太鳳さんの共演ということで早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、午前中の回を見に行ってきましたが、女子を中心に満席でした。
c0015706_9474192.jpg女子高生(JK)で恋愛初心者のカコは、ある日、警察官の功太と出会う。カコは男らしい功太に惹かれ、ふたりの恋がスタートするかに思えたが、功太はカコが実は女子高生だと知り、戸惑う…。功太は職務上、女子高生とは軽々しく付き合うことはできない。そこで功太はいきなり「結婚しよう」とプロポーズ!!突然のことにカコはビックリしたが、うれしくて功太との結婚を決める。そしてふたりの内緒の結婚生活が始まった。楽しくてラブラブな新婚生活を夢見るカコは、大人な功太にドキドキさせられっぱなし。しかし、警官と女子高生という立場の違いから、気持ちのすれ違いも出てきてしまう…。そんな中、2人を巻き込む大事件が発生!
c0015706_9475268.jpg土屋太鳳さんて、ちょっと大人びた感じで、女子高生というより、女子大生あたりの方が似合ってんじゃない、等と思いながら見ていたのだが。亀梨和也さんの真っ直ぐな警官役は結構ありかも。そんな二人の恋愛というか新婚ストーリー。うーん、むかーし昔、16歳の奥さまのドラマってあったなぁ、こんな設定何年振り!??等とも思ったし、今も昔も、こんな設定あり得ないよね、実際難しいよね、などとも思ったり。でも、二人のストーリー展開、クライマックスにハラハラ。そのあとの功太の話に思わずウルウルしてしまった。
うん、スクリーンで楽しんでもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2017-03-25 10:50 | 映画