映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2017年 04月 ( 49 )   > この月の画像一覧


無限の住人

c0015706_121161.jpg木村拓哉さん主演の時代劇ということで早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、午後の回を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席でした。

両親を殺され復讐を誓う少女・凛はある日、謎の老婆から「不死身の侍」の存在を耳にする。江戸中を探し回り、ようやく見つけたその男の名は万次。顔に大きな傷を持ち、異形の武器を携えた独眼のその男は、妹を失って半世紀、生きる糧を失いただただ生きていた。どこか妹の面影を残す凛の願いを受け、万次は敵討ちを手伝うこととなる。二人の狙いは逸刀流統主・天津影久。幕府も手を焼くならず者が集う、最強の剣客集団の首領である。立ちはだかる刺客との激戦で不死身のはずの身体に異変を感じ始める万次。しかし凛と出会い、生きる目的を見出した彼は、全てを懸けて凜を守ると決意する。ようやく天津のもとへたどり着いた二人。しかしそこには彼らと同じく天津を追っていた300人の幕府軍の姿が。天津もろとも二人に襲い掛かる幕府軍。そして物語は意外な結末へ…。
c0015706_1212951.jpg結構、刺客が次から次へと登場して、なかなかすごい。次はどんな刺客が出てくるのか、どんな武器が出てくるのかと興味を持ってみていた。ただ、後半の300人切り、最初はすごい、と思ってみていたのだが、同じシーンがずっと続くとやはり飽きてしまう。うーん、これどうにかしてほしいなぁなどと思ったりして。それでも、その後半、展開が変わったりして、ようやく見ていられる感じに。ラストもなかなかすごい。
うん、剣エンターテインメントとしてスクリーンで見てもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2017-04-29 15:36 | 映画

フリー・ファイヤー

c0015706_120558.jpg予告が面白そう、絶対見なきゃと思った作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、お昼の回を見に行ってきましたが、満席でした。

とある倉庫に集まった二組のギャング。それは簡単な銃取引のはずだった…。ある揉め事から交渉がこじれ、突如として壮絶な銃撃戦に!全員瀕死の発狂状態の中で、最後まで生き残るヤツは一体誰だ!?

c0015706_1201667.jpg予告はテンポが良くですっごく面白そうと期待大だったのだが…。まあ、最初の展開はいろいろと状況説明とかあるのでわかるのだが、なかなかはじまんないなぁって思いながら見ていた。おっっいよいよ取引、ここでか!??と、ようやく始まったのだが、だんだんとすごくなってきて、誰がどっちだったっけ!??とちょっとわからない感じ。それでも、それぞれに銃の打ち合いがあって、結構すごくなってきたのだが、うーん、ところでさ、弾って、そんなに持ってたの!??と疑問が!??で、ずっと同じシーンが続くので、途中飽きてしまって眠くなってしまった。でも、まあ後半も、それなりの展開があって、一体誰が!??やはりそれか!??でもなぁ、もうすこしテンポが速ければもっと面白い感じなんだけど…と思ってしまった。
うん、見るなら映画が安くみられるときがお勧めかも。
[PR]

by mikibloom | 2017-04-29 13:20 | 映画

ワイルド・スピード アイスブレイク

c0015706_11585471.jpgワイルド・スピードシリーズ最新作ということで早速見に行ってきました。

今日は封切り翌日の土曜日、午前中の回を見に行ってきましたが、ほぼ満席状態でした。

長い逃亡生活と史上最悪の敵との激しい戦いを終え、ドミニク、レティ、ローマンら、固い絆で結ばれた「ファミリー」は束の間の日常を味わっていた。しかし、誰よりもファミリーを大切にしてきたドミニクのまさかの裏切りによって、ホブスは投獄され、ファミリーは崩壊の危機に直面する。残されたレティやローマンたちは、ドミニクの裏切りの背後に謎の女サイバーテロリストが関係していることを突き止め、ドミニクを取り戻そうと試みるも、ファミリーの大黒柱で史上最強のドライバーでもある彼に、誰もかなうはずがなかった。彼らに残された最終手段は、ファミリー最大の敵だったはずのデッカート・ショウと手を組む事だった…果たして、ファミリーの運命は!?
c0015706_1159759.jpgワイルドスピードシリーズ、今回もいろいろなところで車をぶっ飛ばしています。えっっ、車にそんなものつけて大丈夫なの!??とか、あんなボロ車大丈夫!??だったり、ニューヨークの車のシーン、そんなにぶっ壊して大丈夫!??だったり。そして、クライマックス、湖の氷上、大丈夫!??とハラハラドキドキ。最後まで見せてくれます。
うん、安心してアクションを楽しめるので、スクリーンで楽しみたい。
[PR]

by mikibloom | 2017-04-29 10:15 | 映画

帝一の國

c0015706_1157127.jpg予告を見て面白そうと楽しみにしていた作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、初回上映を見に行ってきましたが、大勢の方が見に来ていました。

全国屈指の頭脳を持つ800人のエリート学生たちが通う、日本一の超名門・海帝高校。政財界に強力なコネを持ち、海帝でトップ=生徒会長をつとめたものには、将来の内閣入りが確約されているという。時は4月、新学期。大きな野心を持つ男が主席入学を果たす。新1年生・赤場帝一。彼の夢は「総理大臣になって、自分の国を作る」こと。その夢を実現するためには、海帝高校の生徒会長になることが絶対条件。「ライバルを全員蹴落として、必ずここでトップに立つ…そのためならなんでもする…どんな汚いことでも…。2年後の生徒会長総選挙で優位に立つには、1年生の時にどう動くかが鍵となる。戦いはもう始まっているのだ!」。誰よりも早く動き始め、野望への第一歩を踏み出した帝一。待ち受けていたものは、想像を絶する罠と試練!友情と裏切り!究極の格付けバトルロワイアル!いま、命がけの「生徒会選挙」が幕を開ける!!
c0015706_11573125.jpgmikiは、生徒会ってなんか面白そうでない活動のところという印象しかないんだけど。生徒会長の成り手もなかなかいないという印象だったけど、そんな生徒会長選がこんなに面白く、エンターテイメントされて、映画化されるってすごいなぁと思いながら見ていた。赤場帝一の夢は総理大臣になること。そういえば、最近、子どもって総理大臣になるなんてこと言わなくなったなぁと思ったし。でも、生徒会長になると、この学校はそんな特典が!??そのために、入学直後からこんな努力を重ねて、人脈を見極めて、対策を練ってと、これ、まるで政治の縮図みたいだと思った。どこにつくか、どんな作戦をとるか。どう目にかけてもらうか、なかなかすごいなと思った。とくに和太鼓のシーンや、マイムマイムのシーン、そんなことを考えて…、すごいなぁと思った。そしてラストの帝一の行動、うーん、すごいと思ったら、やはりそれには!!
うん、これはスクリーンで楽しみたい作品。
[PR]

by mikibloom | 2017-04-29 08:10 | 映画

たたら侍(試写会)

c0015706_1156824.jpg予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方が見に来ていて、満席に近いくらいの入りでした。

戦国末期、1000年錆びない鉄を作るといわれる幻の村があった。出雲の山奥にあるその地「たたら村」では、古来より門外不出の高度な鉄作り「たたら吹き」によって出鐡鋼(いずものはがね)と呼ばれる貴重な鋼が作られていた。天下無双の名刀を作り出すその鋼を求め、刀匠ばかりでなく諸国の大名に取り入る商人たちも躍起になっていた。「たたら吹き」を取り仕切る村下の息子伍介は、一子相伝の技を受け継ぐ宿命だったが、幼い頃鋼を狙う山賊に村が襲われて以来、強くなって村を守りたいと思うようになっていた。ある大名のための鋼を求めて村を訪れていた商人の惣兵衛から、農民でも侍になれる時代がきたことを知らされた伍介は、「村を出て侍になりたい」と村の掟に背いて旅に出る。しかし、そこには厳しい現実だけが待っていた。

戦国時代の、侍精神や、たたら吹きの状況など、見事に描いている。ただ、ストーリーを見ていると、時間的に仕方がないのかもしれないが、えっっ、随分前に出かけていたんじゃ!??ここにどれだけ居た!??と、なんか時間の尺を思いっきり短くしているような気がする。たたらの仕事にしても、そんなにしょっちゅうしょっちゅうできるものなの!??等と考えてしまった。また、なぜそこに伍介がいる!??など、ちょっと???なところもあるんだけど。後半、村の守りを固めていく姿と、それを利用されていく姿と、伍介はどうするのか!??うーん、あれって斬鉄剣!??って感じの展開がびっくり。
エンドロールや、ところどころに映される山々の風景がとても綺麗だった。
うん、スクリーンで見てもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2017-04-28 18:30 | 映画

パーソナル・ショッパー(試写会)

c0015706_1155783.jpgクリステン・スチュワートさんの最新作ということで早速見に行ってきました。

今日の試写会は女性を中心に満席でした。上映前にトークショーがあり、日本でパーソナルコーディネーターという肩書を持つかたからのお話を伺うことができ、面白かったです。

忙しいセレブに代わって服やアクセサリーを買い付ける「パーソナル・ショッパー」としてパリで働くモウリーン。飛びぬけたセンスで完璧に仕事をこなしていたが、最愛の双子の兄が亡くなり、悲しみから立ち直れずにいた。そんな中、携帯電話に奇妙なメッセージが届き始める。まるでモウリーンを監視しているかのように、居場所や行動を把握していて、送り主の発する命令に従わざるを得なくなる。そうやって送信者は、モウリーンの別人になりたいという秘めた欲望を暴いていく。やがて周りで次々と不可解な出来事が起こり、遂に殺人事件へと発展する。果たして、謎のメッセージの正体とそれが意味するものとは…?

パーソナルショッパーという、セレブの私服コーディネーター&バイヤーのモウリーンの仕事ぶりについて、興味深くみていた。たしかに、今どきセレブの忙しさや、個人的にブランド店に出入りしてお買い物の時間と騒がしさやパパラッチなどのことを考えたら、こんなこともあるだろうなと思いながら見ていた。店もそれ用にいろいろと用意していたり、最新作を準備していたりと、こんなことあるんだと興味深かった。一方、モウリーンのスピリチュアルな面、ちょっと前半は興味深くみ似ていたのだが、これがどう展開していくのかと楽しみにしていたのだが、後半、あれあれ!??って感じ。映画の最後に答えをきちんと求めたい人には向かないかなって感じの出来。そして、メールの本人の話も、なんかグズグズだし、何のためにそんなことした!??殺人事件は!??なーんか唐突で中途半端な感じ、その途中のモウリーンの行動も何!??って感じのことも。ラストもなんかなぁって感じ。
うーん、映画が安くみ似れるときに見るのならいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2017-04-26 18:30 | 映画

c0015706_16444897.jpg急に暖かくなって、ツツジと花水木が花盛りです。c0015706_1645219.jpg
c0015706_16452584.jpg

[PR]

by mikibloom | 2017-04-25 19:00 | カメラ・トイカメラ

バーニング オーシャン

c0015706_11531956.jpg映画のチラシが気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、お昼の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑していました。

トラスンスオーシャン社の電気技師マイクが、愛する妻子とのしばしの別れを惜しみ、メキシコ湾沖の石油掘削施設ディープウォーター・ホライズンに赴いた。ところが雇い主である大手石油会社の管理職ヴィドリンが、工期の遅れを取り戻すために重要な安全テストを省略し強制稼働を指示した。掘削作業の最終段階を迎えたその夜、大量の原油が逆流し漏れ出す緊急事態が発生。ついには施設全体に噴出したガスや油がエンジン室に引火し、大爆発が起こってしまう。瓦礫の山から這い出したマイクは、重傷を負った仲間たちを救い出し、作業員126名と必死に脱出を試みるが、すでに無残に崩れゆくディープウォーター・ホライズンの周りには火の海が広がっていた…。
c0015706_11533443.jpg大事故に至るまでの、様々なトラブル、そんなことの一つ一つを見過ごして、また、工期の遅れを理由に、大事な安全テストを省略して、次に進めようとする会社の意向。今までは、其れでもよかったのかもしれないが、それが起こした大きな事故。前半の掘削施設での状況は結構長く、それでいて専門的知識も必要だったりして、なぜそこにそんな船が!??へえっっそんなのが必要なんだ、などと思ってみたり、なんでそんなテストが!??など考えながら見ていた。前半の地味なシーンは、ちょっと眠くなるような感じ。そして、後半の大事故、えっっ、なんでそこにガスが!??とも思ったし、それによっての施設の大火災、いったいどうなるのかとハラハラドキドキ。作業員はどうやって!??とドキドキしながら見ていた。ラスト、現場にいる作業員の無事の帰りを待つ家族の人たちの行動が胸に迫る。
うん、スクリーンで見てもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2017-04-24 13:50 | 映画

c0015706_1039884.jpgトンネルを抜けるとそこは春の花が満開でした。
c0015706_10392762.jpg
c0015706_10394350.jpg
c0015706_10395841.jpg
c0015706_10401210.jpg
c0015706_10402595.jpg
c0015706_10405182.jpg
c0015706_10411826.jpg
c0015706_10413071.jpg
[PR]

by mikibloom | 2017-04-23 19:00 | カメラ・トイカメラ

3月のライオン(後編)

c0015706_9394530.jpg前編を見て、早く後編が見たいと熱望していた作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、お昼の回を見に行ってきましたが、ほぼ満席でした。

幼い頃に家族を亡くし、育ててくれた師匠の家をある理由から出て行き、ひたすら将棋を指していた零は、川本家の3姉妹と出会う。あれから1年、今年も師子王戦トーナメントむが始まったが、最高峰を目指す棋士たちに様々な試練が降りかかる。トップに立つ将棋の神の子と恐れられる宗谷名人でさえ、ある重大な秘密を抱えていた。一方、零が別れを告げた師匠の家庭は崩壊へと向かっていく。さらに、川本家の3姉妹を捨てた父親が突然現れ、耳を疑う要求を突き付ける。強くならなければ、大切な人たちは守れない…。
c0015706_9395491.jpg前編で零のいろいろな人間関係が描かれていたので、後編はそのまま入っているって感じ。その中でも、ひなちゃんのいじめの話や、それを守ろうとする零の思い。また、そんな零をサポートする先生など、いろいろな人が、書か回ってくるあたりの人間模様が面白い。そして、川本家の父親とのかかわり。獅子応戦トーナメント、いったいどうなるのかとハラハラ。とくにクライマックス、後藤正宗との対戦シーン、なぜあそこで零が!??将棋のわからないmikiなので、なんで!??うーん、それがわからないのが残念だーー!!でも、その回想シーンを見ていて、知らぬ間に涙が頬を伝っていた。対局シーンはどれも緊迫感満載ですごかった。
うん、スクリーンで見たい作品。
[PR]

by mikibloom | 2017-04-22 13:10 | 映画