映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

ユリゴコロ

c0015706_1401047.jpg気になった作品早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、午後の回を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。

ある家族。一人息子の亮介が実家で見つけた一冊のノート。「私のように平気で人を殺す人間は、脳の仕組みがどこか普通と違うのでしょうか。」異様な一文で始まるそのノートは、すべてが一人称で書かれた何者かの告白文であった。主人公は美紗子と名乗る女。誰しも生きていくために必要な「拠りどころ」、彼女のそれは「人の死」であった。殺人という行為から逃れる術を持たず、絶望の日々を送る中、洋介という男が彼女の前に現れるのだが。過去と現在が交錯し、ノートに秘められた真相に迫っていく亮介。これは現実か、創作話か。誰が、何のために書いたのか。数々の疑念の先に驚愕の真実が突きつけられる。
c0015706_1359554.jpg一人称で書かれたノートの再現シーンに思わず入り込んでしまっていた。はっと気づくと、父親が帰ってくるシーン、早く続きが知りたいと、亮介とともに虜になっていた。続きはどうなるのかと気になってしまう。いったい、この女性は!??そして、次の展開はと思ってしまう。次の事件は一体!?と思ったり。そして、これは誰!??後半、ようやくわかる展開に驚き。そして、ラストの展開にも。
なかなか面白いストーリー。入り込んでしまっていた。
うん、スクリーンで見たい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-09-23 15:30 | 映画

ジュリーと恋と靴工場

c0015706_13574936.jpg映画の予告が気になった作品早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、お昼の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。
c0015706_13573280.jpg25歳、恋人に振られシングル、無職、銀行口座も空っぽ、職を探すもなかなか停職に就けない女の子、ジュリー。そんな彼女が、50年の歴史を持つ高級靴ブランドの工場で正社員になれるか、どうかのチャンスをつかむ。しかし、そこは近代化の煽りを受けて、工場閉鎖の危機に直面していた。職人の意地とプライドをかけてアインデンディティを求めるたくましい女たちとともに靴工場閉鎖の危機を乗り越え、ジュリーは本当に幸せを手にすることができるのか。
c0015706_13572091.jpgこの作品、もっとミュージカルなのかと思ったら、中途半端に歌や踊りが入っている感じ。で、ストーリー展開もいまいちで、午後の鑑賞のせいか、眠くなってしまっていた。うーん、確かにあの赤い靴はすっごく素敵なのだが、ストーリーがいまいちというか、眠ってしまっていたのでほとんど見ていない感じ。うーん、ちょっと期待外れな感がしてた。気が付くと、はっっ、終わっているし。
うーん、DVD鑑賞でもいいんじゃないって感じ。
[PR]

# by mikibloom | 2017-09-23 12:50 | 映画

ナミヤ雑貨店の奇蹟

c0015706_13555157.jpg映画の予告が気になった作品早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、初回上映を見に行ってきましたが、ほぼ満席状態でした。
c0015706_13553079.jpg2012年のある夜、今は空き家でだれも寄り付かないはずのナミヤ雑貨店のシャッターに突如1通の手紙が落とされた。それは1980年からの悩み相談。そう、この雑貨店の店主・浪矢は、かつて商売をしながら、客の悩み相談に回答していたのだった。シャッターの郵便受けに入れられた手紙への回答は、翌日店の掲示板に貼りだされ、そして深刻な悩みについては店の牛乳箱にひっそり入れられていた。偶然にもその夜、店には敦也・翔太・幸平の3人組が忍び込んでいた。ある理由で女性起業家を襲った3人は、見癖で一夜を明かそうとしていたのだ。店に落ちていた雑誌で店主の悩み相談のことを知った3人。幸平の発案で、その過去からきた手紙に返事を書くことに。手紙の差出人は「魚屋ミュージシャン」という青年。1980年、大学を中退して音楽を始めたが、夢をあきらめ家業を継ぐべきか悩んでいた。青年はナミヤからの辛辣な返事に落ちこむが、音楽への真剣な思いを伝えるため、返事の手紙をシャッターに差しはさんだまま、ハーモニカで自身のオリジナル楽曲を吹き始める。シャッターを通し、2012年の3人は魚屋ミュージシャンの演奏に聴き入る。そのメロディーは自分たちの知り合いでもある人気アーティスト・セリの代表曲「REBORN」だった!届く手紙と自分たちとの不思議なリンクに気付き始めた3人。そして次に届いた「迷える子犬」という女性から届いた手紙に、3人はある重要なアドバイスを送ることを決意する…。しかし彼らはまだ知らない。自分たちとナミヤ雑貨店とのつながりを、そして、32年前の今日、何が起こっていたのかを。時を超えて届く手紙が、敦也たちと浪矢をつなげた瞬間、すべてのパズルのピースが埋まり、やさしい奇蹟が包み込む…。
c0015706_13551123.jpgmikiはこの原作を封切り直前に読み終わったばかり、いったいどんな映像となるのかと思いながら見ていた。うん、原作でウルっとなったシーンは確かにウルウルしたし、それ以上に鈴木梨央さんのシーンにウルウルしてしまった。ストーリーとしては、1980年と2012年の時代の展開などがあり、それをどう描くか、うーん、なんか原作をなぞった感が強く、もう少し3人の驚きや、心の動きをもっと描ければよかったのではなどと思ったり。
うーん、DVDレンタルでもいいかなぁって気がする。
[PR]

# by mikibloom | 2017-09-23 09:50 | 映画

スイス・アーミー・マン

c0015706_1353593.jpgダニエル・ラドクリフさん最新作、予告を見てびっくりな展開に早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑していました。またむ、ロビーには等身大のメニーくん人形がお出迎え。どなたか、一緒に写真を撮ってあげてくださいませ。
c0015706_13533721.jpg無人島で助けを求める孤独な青年ハンク。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自らの命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決し、その死体にまたがるとジェットスキーのように発進!様々なベン仮機能を持つ死体の名前はメニー。苦境の中、死んだような人生を送ってきたハンクに対し、メニーは自分の記憶を失くし、生きる喜びを知らない。「生きること」に欠けた者同士、力を合わせることを約束する。果たして2人は無事に、大切な人がいる故郷に帰ることができるのか…!?
c0015706_13531867.jpg孤独なハンクが出逢った死体!?のメニー。と、この死体がすっごくユニーク、見ていて思わず大笑い!!こんなことありえへんありえへんと思ってしまう。でも、そんなメニーと共に過ごすうちに、ハンクも変わっていくあたりがまたすごい。こんなのすぐ作っちゃう!??それってすごくない!??等と思ったり。クライマックス、ハンクはメニーをどうしようとするのか!??ドキドキ。ラストの展開にまた唖然!!!メニー役のダニエル・ラドクリフさん、こんな役どころ、良く受けたなぁ、とこれハリポタ以上にすごいと思う!!!
うん、スクリーンで見たい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-09-22 19:45 | 映画

茅ヶ崎物語 MY LITTLE HOMETOWN

c0015706_13515480.jpg神木隆之介くんと野村周平さんらが桑田佳祐さんの茅ヶ崎時代を描くと知り早速見に行ってきました。

今日はレディスディ、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。

茅ヶ崎の芸能史について執筆していた宮治は、友人の桑田が還暦を迎えるにあたり映像作品を制作し、プレゼントしようと思い立つ。映画監督の熊坂、人類学者の中沢に協力を依頼し映像作りがスタート。数万年規模というマクロの視点から茅ヶ崎の秘密を探っていく。

茅ヶ崎の象徴、烏帽子岩の話や、茅ヶ崎の成り立ちなど、前半は茅ヶ崎郷土史が中心。下手すると、ちょっと眠くなってしまうかも。でも、mikiは結構興味深くみていた。神社のマークなど、へえっと思いながら見ていた感じ。後半は当時の桑田佳祐さんと、宮治淳一さんのバンド結成秘話の再現ドラマ。こちらはなかなか面白い。どちらかと言うと、こっちをもっと長くメインにしてくれればいいのになドと思ったのだが。ラストには桑田佳祐さんの歌も聞けるのでフアンは満足かも。
うん、スクリーンで楽しみたい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-09-20 19:00 | 映画

あさがくるまえに

c0015706_13464581.jpg映画の予告が気になった作品早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。
c0015706_13462920.jpgル・アーブル。夜明け前、ガールフレンドがまだまどろみの中にいるベッドをそっと抜け出し、友人たちとサーフィンに出かけたシモンむ。しかし彼が再び彼女の元に戻ることはなかった。帰路、彼は交通事故に巻き込まれ、脳死と判定される。報せを受けた彼の両親は、その現実を受け止めることができない。医師はシモンが蘇生する可能性は無く、両親に移植を待つ患者のために臓器の提供を問うのだが、その時間の猶予は限られている…。
c0015706_13461616.jpg人にはこんなにあっけなく死が訪れるなんて。昨日まで元気に普通の生活をしていたのに。友だちはそんなに大きなけがではなかったのになぜ…。当事者となった時はこんな風なんだろうと考えながら見ていた。子供の突然の脳死。それを認めること。そして、臓器移植はどうするのか。迫りくるタイムリミットはどうするのか。えっっ、あまりにもあっけない選択、それでいいのかと思うが、じっさい、こんな感じで選択を迫られるのだろうなと思った。クライマックス、彼女がシモンのために…。思わずウルっとしてしまった。こんな風に臓器移植は行われるんだと思った。あ、mikiももしものためにサインしておかないと…等と思ってしまった。
うん、見ておきたい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-09-19 18:25 | 映画

エイリアン コヴェナント

c0015706_13451355.jpgエイリアンの誕生の秘密の作品ということで早速見に行ってきました。

今日は祝日、午後の回を見に行ってきましたが、大勢の方で満席でした。

人類初の大規模な宇宙への移住計画のため、滅びゆく地球を旅立った宇宙船コヴェナント号は、コールドスリープ中の2000人の入植者を乗せ、移住先の惑星オリガエ-6を目指していた。その航行の途中、大事故に見舞われたコヴェナント号は女性の歌声が混じった謎の電波をキャッチし、発信元である惑星へ向かう。その神秘的な惑星は、女性乗組員ダニエルズにとっても、人類の新たな希望の地に思えた。はたしてダニエルズの前に現れた完全な知能を持つアンドロイドは敵か、それとも味方か。そしてエイリアン誕生をめぐる驚愕の真実とは何なのか。コヴェナント号にもエイリアンの脅威が迫るなか、ダニエルズは哀しみを乗り越え、あまりにも過酷な運命に立ち向かっていくのだった…。

もしも、人類移住計画の中、もっと近くに、適切と思われる星があったなら…。もし自分ならどうする!??などと思いながら見ていた。こんな形で生き物に寄生して生きる。で、なんであの人が!??と思ったら、生き物ではなかったんだとちょっとびっくりだったり。そして、エイリアンが襲う中、一体どうなってしまうのかとドキドキ。うーん、ダニエルズはいったい!??うーん、これはSFホラーだなぁとラスト思った。
うん、スクリーンで見たい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-09-18 15:45 | 映画

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール

c0015706_134354100.jpg妻夫木聡さん出演の最新作ということで早速見に行ってきました。

今日は祝日、お昼の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑していました。

奥田民生を崇拝する33歳、コーロキ。おしゃれライフスタイル雑誌編集長に異動になったコーロキは、慣れない高度な会話に四苦八苦しながらも次第におしゃれピープルに馴染み奥田民生みたいな編集者になると決意する!そんな時、仕事で出会ったファッションプレスの美女天海あかりにひとめぼれ。その出会いがコーロキにとって地獄の始まりとなるのだった…。あかりに釣り合う男になろうと仕事に力を入れ、嫌われないようにデートにも必死になるが常に空回り。あかりの自由奔放な言動にいつも振り回され、いつしか身も心もズタボロに…。コーロキはいつになったら奥田民生みたいな「力まないカッコいい大人」になれるのか!?そしてもがく先にあかりとの未来はあるのか!?
c0015706_13433592.jpg妻夫木聡さん演じるコーロキ。Tシャツにニット帽、なんかこんな人あるあると思いながら見ていた。それにしても、女性のメロメロ。まあそれは仕方ないとして、それに縛られてしまっているあたり。うーん、mikiがそんなあかりという女性に嫉妬しているのか!?とにかく、こんな女性が嫌いだなぁなどと思いながら見ていた。そんなコーロキと、元カレ?との鉢合わせ!??うーん、なんかいやだなぁという感じ。ホント、途中で席を立ちたくなってしまう衝動に駆られてしまった。
うーん、DVDレンタルでもいいかなって気がする。
[PR]

# by mikibloom | 2017-09-18 13:50 | 映画

オン・ザ・ミルキー・ロード

c0015706_13415271.jpgエミール・クストリッツァ監督最新作ということで早速見に行ってきました。

今日は祝日、朝一番の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑していました。

隣国との終わりなき戦争が繰り広げられる某国。村人たちに慕われるコスタは、毎日ロバに乗って銃弾をかいくぐり、前線の兵士たちにミルクを届けていた。そんなある日、コスタは村の英雄ジャガの花嫁としてやって来た謎めいた美女と出会い、激しい恋に落ちる。

終わりなき戦争、だからなのか、戦場の弾をかいくぐり、ミルクを運ぶコスタ。すっごく怖いと思うのだが、戦争が長引けば、そんな感覚もなくなるのかなぁなどと思った。そして、ミルクを運ぶ途中、えっっこんなのにあげるの!?でも、それを飲むの!??等とびっくり。そして、後半の逃避行、一体どうなるのかとドキドキ。そしてクライマックス、あの原で、どうなるのかドキドキ。ラストの展開に、えっっそうなるのかとびっくりと感動。うん、監督作品が好きな方はスクリーンで見たい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-09-18 10:20 | 映画

望郷

c0015706_914769.jpg湊かなえさん原作の映画化ということで早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、夕方の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

古いしきたりを重んじる家庭に育った夢都子は、故郷に縛られ生活をしていた。彼女にとって幼いころから本土にある「ドリームランド」が自由の象徴だったが、それは祖母や母のもとで暮らす彼女には決して叶わない「自由」であった。月日は流れ結婚をし、幸せな家庭を築く中、ドリームランドが今年で閉園になるという話を耳にする。憧れの場所がなくなる前に、彼女はずっと抱えてきた想いを語り始める…。一方、転任のため9年ぶりに本土から故郷に戻った航のもとには、ある日、亡き父の教え子と名乗る畑野と出会う。彼は、航が知らなかった教師としての父の姿を語り出し、父親のことを誤解していたことを知るが…。

古い家に縛られる母と、そんな家庭に育った夢都子。遊園地に行きたいと願うも、祖母の手前、活かせてもらえない不満が募る。そんな気持ちわかるなぁ。母も、つけていけば!?とも思うのだが…。そんなふつふつとした思いを夢の国で語る二人。なんか分かるなぁと思った。また、航が中学教師として島に戻り、生徒のいじめ問題と向き合う。そんな中、教師だった父の話をかつての教え子から聞く。いったい、父親は、その日何をしていたのか。どんな話を航は聞いたのか。そして、航は自分の教え子に…。その話に思わずウルウルしてしまった。うんうん、そうだよねと思った。
湊かなえさんの作品には珍しい展開かも。
うん、スクリーンで見てもいいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2017-09-16 16:25 | 映画

サーミの血

c0015706_9125679.jpg映画のチラシが気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、お昼の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

1930年代、スウェーデン北部に暮らす先住民族、サーミ人は差別的な扱いを受けていた。寄宿学校に通う少女エレ・マリャは成績も良く進学を望んだが、教師は「あなたたちの脳は文明に適応できない」と告げる。そんなある日、エレはスウェーデン人のふりをして忍び込んだ夏祭りで都会的な少年ニクラスと出会い恋に落ちる。トナカイを飼いテントで暮らす生活から何とか抜け出したいと思っていたエレは、彼を頼って街に出た…。
c0015706_9124036.jpg周りの人たちから偏見、差別。そんな中、必死に抵抗して、自分の居場所を作ろうとしたエレ。最初に出てきた姿、すっごく頑張ったんだろうなと、思った。それだけに、ずっと帰らなかったんだろうなとも思った。ただ、エレが、故郷から戻ったあたりの話がもう少し欲しかったかなぁ、えっっ、こんなところで終わっちゃうの!?という感じで残念。
うん、スクリーンで見てもいいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2017-09-16 12:10 | 映画

アフターマス

c0015706_9112510.jpgシュワルツェネッガーさん主演の作品ということで、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、初回上映を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

建築現場の現場監督として働くローマンは、妻と娘が帰宅するのを心待ちにしていた。しかし彼女たちが乗った飛行機AX112便は誰一人として空港へ運んでこなかった。なぜなら空中で2機の飛行機が激突する破滅的な事故が起きたからだった。TCAS(空中衝突防止装置)の鳴り響く警告音、重なったミス、口を閉ざす航空管制会社。この最悪な自己には航空管制官が関わっているようで、ローマンはその真相を追求せずにはいられなかった…。そして10年の歳月を経たのちの結末とは!?
c0015706_9114767.jpg飛行機の重大事故により多くの犠牲があったにもかかわらず、誰も遺族への謝罪がない。そんなことを考えさせられる作品。そうか、確かアメリカは事故などでは謝罪しないなどと言うことを聞いたことがある。謝罪することにより、責任が及ぶというのか。でも、こんな大きな事故、大きな犠牲。なのに誰も遺族に謝罪がないなんて、確かに不思議だと思う。そんな中、ローマンが遂に起こした行動。そして、その10年後の行動。うーん、なんか考えさせられるなと思った。
ちょっとマイナーな暗い感じの作品だが、スクリーンで見てもいいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2017-09-16 10:15 | 映画

ドリーム(試写会)

c0015706_9102938.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日の試写会は理系学生が招待されたり、NASA、JAXA、米軍関係者なども出席、色々なお話を伺うことが出来、面白かったです。

1961年、米ヴァージニア州ハンプトン。ソ連との熾烈な宇宙開発競争を繰り広げるNASAのラングレー研究所には、ロケット打ち上げに必要不可欠な「計算」を行う黒人女性たちのグループがあった。そのひとり、天才的な数学者キャサリンは宇宙特別研究本部のメンバーに抜擢されるが、白人男性だけのオフィス環境は劣悪そのもの。同僚のドロシーとメアリーも、理不尽な障害にキャリアアップを阻まれてしまう。それでも仕事と家庭を両立させ、ひたむきに夢を追い続けた3人は、NASAの歴史的な偉業に携わり、自らの手で新たな扉を開いていくのだった…。

アメリカとソ連の熾烈な宇宙開発競争の中、アフリカ系女性のNASAでの頑張り。当時の差別、有色であることや、女性であること。そんな差別の中でも求められる仕事をしっかりこなし、未来のための勉強もやったりして、決して男性に負けずに道を切り開いていくその姿はすごいなと思った。ロケット打ち上げに、こんな風に計算が必要なこと、初めて知った。また、宇宙からの期間についても、新しい計算が必要なこと、その数式を求めるなんて、びっくり。当時のでっかいコンピューターが出てきて、こんなにデカいコンピューター、今のパソコンくらいの性能!??などとも思ったりして。最後には人が計算した結果を人が信じる、うーん、やっぱりそうかと思ってしまう。そんな女性の頑張りを見終わると、元気が出てきた感じ。
うん、スクリーンでぜひ見たい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-09-15 18:30 | 映画

あなた、そこにいてくれますか(試写会)

c0015706_993941.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方が見に来ていて、混雑していました。

医療ボランティアでカンボジアを訪れた医師のハン・スヒョンは、赤ん坊の手術をしたお礼に過去に戻ることが出来る10粒の薬を受け取る。彼の願い…それは、30年前に亡くなった当時の恋人ヨナに、もう一度だけ会いたいということだった。半信半疑で薬を飲むと、1985年にタイムスリップし、そこで過去の自分と出会い…!

もし、過去に戻れるのなら…、mikiはどこにいって、それを見たいと思うのか。そんなことを想いながら見ていた。スヒョン、恋人ヨナを見るため、そこに戻り、当時の自分と対峙する。運命を変えることが出来るのか。でも、もし変えてしまえば、娘は存在しなくなる未来。そんなジレンマ。そして、クライマックス、ヨナの命は!?そして、今、スヒョンは!??ラスト、そうくるかとその展開は珍しく韓流らしくないかもと思いながら見ていた。
うん、スクリーンで楽しみたい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-09-14 19:00 | 映画

ナインイレヴン 運命を分けた日

c0015706_983648.jpg9.11の実話を基にした作品、早速見に行ってきました。

今日はレディスデイ、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。

2001年9月11日、NY。ワールドトレードセンタービルのエレベーターに偶然居合わせた、実業家のジェフリーと離婚調停中のイヴ、バイクメッセンジャーのマイケル、恋人に別れを告げに来たティナ、ビルの保全技術者のエディの5人。突如、ビルに飛行機が激突し、彼らは北棟の38階辺りに閉じ込められてしまう。外部との唯一の通信手段はオペレーターのメッツィーだけ。恐怖と戦いながら助かる方法を探す5人が、極限状態で下した決断は…。

あの日の運命を分けた出来事って何だろう、などと思いながら見ていた。エレベーターにたまたま乗り合わせた5人。突然の停止。状況も分からず、ただ救出を待つ。でも、そこはすごい状況の中。いいのか!?逃げなくて!??さっさと逃げようよ!!等と思いながら見ていた。もし、乗っていたエレベーターが停止したら、どうしよう、などとも思った。うーん、ラスト、クライマックス、必死に救助を試みる消防隊員の姿に思わず涙。
うん、見ておきたい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-09-13 19:00 | 映画