映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー

c0015706_9293494.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑していました。

第二次世界大戦後、米軍統治下の沖縄で唯一人「弾圧」を推すレズ米軍にNOと叫んだ日本人がいた。「不屈」の精神で立ち向かった沖縄のヒーロー瀬長亀次郎。民衆の前に立ち、演説会を開けば毎回何万人も集め、人々を熱狂させた。彼を恐れた米軍は、様々な策略を巡らすが、民衆に支えられて那覇市長、国会議員と立場を変えながら闘い続けた政治家、亀次郎。その知られざる実像と、信念を貫いた抵抗の人生を、稲峰元沖縄県知事や亀次郎の次女など関係の証言を通して浮き彫りにしていく。

アメリカが彼を潰そうとして、妨害すればするほど、彼を奮い立たせていた。アメリカ軍統治下といっても、実際は植民地支配同然。こんなことがまかり通っていた事実、それは今でも変わらない。だからこそ、沖縄の人たちは、今でも抵抗して、反対運動を行っているんだと、この作品を見て思った。そして、亀次郎さんの志をついで、今の人たちも、がんばっているのだと知った。
うん、これはぜひスクリーンで見ておきたい作品ー。
[PR]

# by mikibloom | 2017-08-31 18:45 | 映画

ハイジ アルプスの物語

c0015706_9274971.jpgあのハイジが実写になると聞いてすっごく楽しみにしていた作品、早速見に行ってきました。

今日はサービスデイ、夜の回を見に行ってきましたが、女性を中心に大勢の方で混雑していました。

アルプスの山の大自然に囲まれ、ガンコだけれど優しい祖父と楽しく暮らしていたハイジ。ところがある日、大富豪のお嬢様のクララの話し相手として、フランクフルトの都会へ連れていかれることに。脚が悪く車いす生活を送っていたクララは、明るく素直なハイジに励まされ、元気を取り戻していきます。ハイジとクララは固い友情で結ばれますが、ハイジは日に日におんじの待つアルプスの山が恋しくなってしかたないのでした…。

うーん、あのアニメのハイジがそのまま実写になったという感じ。ただ、miki的にはペーターがちょっとイメージと違っていたかなと思った。ストーリーは、変わらぬまま、アルプスの山々の美しさ、自然の美しさが存分に見せてくれる。冬のシーンでのソリでのハイジのあの声はとても楽しそうで、この作品の中で一番印象深い。そして、クララとの友情、そしてハイジが悲しむ姿に思わずmikiもウルウルしてしまった。そして、再び山。元気なハイジと、冬の暮らしと学校と。そしてクララとの再会と、あの歓びのシーン。うん、やはりこのシーンは何度見てもウルウルと感動。
うん、これはぜひスクリーンで見たい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-08-30 18:30 | 映画

エル

c0015706_9262849.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑していました。

新鋭ゲーム会社の社長を務めるミシェルは、一人暮らしの瀟洒な自宅で覆面の男に襲われる。その後も、送り主不明の嫌がらせのメールが届き、誰かが留守中に侵入した形跡が残される。ミシェルの生活リズムを把握しているかのような犯行に、周囲を怪しむミシェル。女好きで売れない作家の元夫。ワケありの秘密の恋人、反抗的な部下、ミシェルが断固として結婚を反対している母親の若い恋人、セクシーな視線を投げかけてくる隣人…すべてが疑わしい。父親の関わる過去の衝撃的な事件から、警察や他人の力を借りる気は全くないミシェルは、自ら犯人を「成敗」するべく巧妙な計画を立て始める…。

映画しょっぱなから、ビックリするシーン。そして、その回想など。うーん、こんな状況ならやはりmikiも何もできなかったかも、そんなことを思わせる。普通なら、すぐに警察…と思うのだが。ミシェルは、その後の嫌がらせにも一人で立ち向かっていく。結構すごいなと思うのだが、其れで大丈夫なのか?いったい、こんな状況、過去に何があったのか!??等と思わせてくれる。そして、周りの人との話も結構すごいし。一体どうなるのか?犯人は?そして、周りの人々はどうなっていくのか、結構もつれながらもハラハラしながら見ていた。ラスト、えっっこの人!??思わぬ展開に、そう来たかって感じ。
うん、スクリーンで見てもいいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2017-08-29 19:00 | 映画

きみの声をとどけたい

c0015706_9251173.jpg映画のチラシが気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、夕方の回を見に行ってきましたが、大勢の方が見に来ていました。

海辺の町、日ノ坂町に暮らす高校生の行合なぎさは、小さい頃に祖母から聞かされた「コトダマ」の話を今も信じていた。願い続ければきっと叶う。悪いことばかり口にしていると、それが現実となって自分の返ってきてしまう。それがコトダマなのだ。なぎさには3人の幼馴染がいる。同じ高校でラクロス部仲間のかえで、お菓子作りが得意な雫、そして別の高校に通う浜須賀家のお嬢様の夕。幼馴染同士ながら、かえでと夕は顔を合わせる度に口論になってしまう。なぎさはかえでのことはすきだけれど、キツイ物言いが苦手でそれがストレスにもなっていた。ある日、なぎさはずっと昔に閉店した喫茶店=アクアマリンに入り込んでしまう。その一角にあったのはミニFMステーションの設備。出来心からDJの真似事をするなぎさ。ほんの遊び心だったが、偶然にもなぎさの「声」は放送されていたのだ。それ声を受け取った一人に矢沢紫音がいた。紫音は入院している母を見舞う為、日ノ坂町を訪れていたのだった。ほどなくして、なぎさはかえでと雫を誘い入れ、紫音と一緒にミニFM・ラジオアクアマリンの放送を本格的に始めることになる。8月に入り、ラジオ番組に詳しい中原あやめと、作曲が出来る琵琶小路乙葉も加わり、さらにほんかくてきになっていくラジオアクアマリン。ところがある日、アクアマリンむが取り壊されてしまうことが明らかになる…。
c0015706_9245422.jpgなぎさが信じるコトダマの話。昨今、ヘイトスピーチや、人を中傷するような言葉が溢れているなか、なかなか考えさせられた。そうだよね、汚い、いやな言葉はやはり人を傷つけるし、優しい言葉は人を癒し、がんばられるし、ことばって、気をつけて使わないとねと思った。ストーリーの設定上、やはりラストは…!!と思ったし、案の定と思うが、それはそれでやはりほっとなるストーリー。
こうやって、言葉を大切に、優しい言葉で満たしていくと、世の中は少し変わるかも、そんなことを想わせてくれる作品。
安心してスクリーンで見たい。
[PR]

# by mikibloom | 2017-08-28 17:30 | 映画

ボブという名の猫

c0015706_13583630.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、午後の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑していました。

親に見放され、ロンドンでプロのミュージシャンを夢見るも叶わず、路上演奏をしながら明日をも知れぬ日々を送っていたジェームズ。繊細過ぎるために心の傷を負って、社会の片隅へと追いつめられた彼の前に、突然現れたのが一匹の茶トラの猫、ボブだった。出逢った瞬間から、不思議とジェームズに懐いたボブは彼に生きる希望とチャンスをもたらす。拾った猫に救われて、捨て鉢の人生が一変。まさに「猫の恩返し」とでも言いたくなる、世界で一番心温まる奇跡の「実話」が誕生した。

ボブと出会ったのをきっかけに、人生が変わっていく、そんなジェームズのストーリー。ボブはまさに招き猫。人もお金もそしてジェームズの新たな人生をも引き寄せてくれた感じ。ストリートミュージシャンで、日々、お金を稼ぎ、やっと食べるか否かのぎりぎりの生活。でも、家を与えられて、出逢ったボブ。だんだんと今までの状況が変わり始める。でも、イギリスって、麻薬の代わりにそんなのを摂取することができる制度があるの!??ちょっとびっくりと思いながら見ていた。そして、ボブも、人に乗ったり、ジェームズの演奏中はじっとしていたり、ハイタッチしたりと、すっごくおとなしくて、それでいて、芸猫だなぁなどと思いながら見ていた。
うん、ネコ好きの方ならスクリーンで見たい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-08-26 14:45 | 映画

パターソン

c0015706_13551245.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、お昼の回を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠るローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

うーん、予告の雰囲気通りの作品だなぁって感じ。ずっと同じテンポで進んでいくストーリー展開。これが曲者で、午後の時間だと眠くなってしまう。でも、このわんこがなかなか面白くて、えっっ、あのポストって!!と、そのシーンには思わずクスリ!!なかなかひょうじょうのいいわんこで、わんこを見るだけでもなかなか面白いかも。
うーん、どちらかというとDVDレンタル1.3倍速くらいでチャチャっと見ちゃいたいなぁ。
[PR]

# by mikibloom | 2017-08-26 12:05 | 映画

関ヶ原

c0015706_1347462.jpg映画の予告がすごいと楽しみにしていた作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、初回上映を見に行ってきましたが、ほぼ満席状態でした。

関ヶ原の戦い…それは、戦乱の世に終止符を打ち、後の日本のありようを決定づけた。豊臣家への忠義から立ち上がる石田三成と、天下取りの野望を抱く徳川家康。三成と家康はいかにして世紀の合戦に向かうのか?そして、命を懸けて三成を守る忍び・初芽との、密やかな「恋」の行方は…。権謀渦巻く中、「愛」と「正義」を貫きとおした「純粋すぎる武将」三成の戦いが今、幕を開ける!!
c0015706_13465157.jpg石田三成、なんかmikiのイメージではあまりいい印象がなかったような気がしていた。でも、この作品を見て、石田三成の見方が変わった気がする。豊臣秀吉の家臣として忠義を尽くし、最後を看取った人。対する徳川家康の狸ぶりもすごいし。こんなふうにして、関ヶ原で戦いになることとなったのかと思った。クライマックスの戦いのシーンはなかなかすごい。こんなに大勢の人たちが!!そして、追いつめられた石田軍の最後は!!
ラスト、捕えられた石田三成の、相手を想う気持ちにちょっとウルっときてしまった。
うん、これはスクリーンで見ておきたい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-08-26 09:15 | 映画

ワンダーウーマン

c0015706_1345626.jpg映画の予告がオモシロソウと思った作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日の金曜日、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑していました。
c0015706_13444286.jpgワンダーウーマンが生まれたのは、女性だけが暮らすパラダイス島。ダイアナはその島のプリンセスだった。ある日、不時着したアメリカ人パイロットを助けたことから、外の世界で戦争が起きていることを知る。彼女は自身の力で「世界を救いたい」と強く願い、2度と戻れないと知りながら故郷をあとにする…。そんな彼女は初めての世界で何を見て、なんのために戦い、そして、なぜ美女戦士へとなったのか!?
c0015706_13442865.jpg女性でこんなにかっこよく、美しく、すごーい!!もう憧れてしまう!!それでいて、ちょっとおとぼけなところもあったり。でも、とってもかわいくて、それでいてクールだし。いろいろな服を着ても様になってるし。でも、戦闘衣装はスッゴクカッコイイし。クライマックスの戦い、一体どうなるのかとドキドキ。そんなものも抱えてしまう!??でも…!!
こんなカッコイイ女性、見ているだけでもストレス解消!!
うん、スクリーンで見たい作品。続編が楽しみ!!
[PR]

# by mikibloom | 2017-08-25 18:45 | 映画

ベイビー・ドライバー

c0015706_13432596.jpg映画紹介が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。

ベイビー。その天才的なドライビング・センスが買われ、組織の運転手として彼に課せられた仕事…それは、銀行、現金輸送車を襲ったメンバーを確実に「逃がす」こと。子供の頃の交通事故が原因で耳鳴りに悩まされ続けているベイビー。しかし、音楽を聴くことで、耳鳴りがかき消され、そのドライビング・テクニックがさらに覚醒する。そして誰も止めることができない、追い付くことすらできない、イカれたドライバーへと変貌する…。組織のボスで作戦担当のドク、すぐにブチ切れ銃をブッ放すバッツ、凶暴すぎる夫婦、バディとダーリン。彼らとの仕事にスリルを覚え、才能を活かしてきたベイビー。しかし、このクレイジーな環境から抜け出す決意をする…それは、恋人デボラの存在を組織に嗅ぎ付けられたからだ。自ら決めた「最後の仕事」=「合衆国郵便局」の襲撃がベイビーと恋人と組織を道連れに暴走を始める…。

最初のシーンから、カワイカッコイなベイビー。音楽と、車の運転と見事融合していてすごい!!どうやって逃げ切るのか!?ドキドキなのだが、えっっ、こんな風に!??とちょっとびっくりだったり。それに、音楽にしっかりノリノリで、うまく決めるあたり、スッゴクカッコイイし。それでいて、あのサングラスをとった目かわいかったり。そんなベイビーの最後の仕事、一体どうなるのか。彼女を守ることができるのか。ドキドキと、次はどんな音楽で!?と、すっごく楽しくみていた。これ、続編はないと思うが、次を期待したい作品。
うん、これはぜひスクリーンで見たい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-08-24 18:40 | 映画

ダンケルク(試写会)

c0015706_13414527.jpg映画の予告で林修先生のダンケルク解説を見て、すごい作戦だったんだと知り、ぜひ見たくなり早速見に行ってきました。
c0015706_13412092.jpg本日はプレミア上映、監督のクリストファー・ノーラン監督と、ゲスト山崎貴監督のトークショー。この作品のストーリーとしての盛り上げ方。また、音楽の作り方。そして、映像ではCGを使っていないけど、そんなことしているんだと、なかなか監督でしか聞けない質問も多く、聞いているこちらもなるほどと、また興味をもってお話を伺うことができました。
c0015706_1341828.jpg1940年、フランス北端のダンケルク港に追い詰められた英仏連合軍の兵士40万人。背後は海。陸・空からは敵…そんな逃げ場なしの状況でも、生き抜くことを諦めないトミーとその仲間ら若き兵士たち。一方、母国イギリスでは海を隔てた対岸の仲間を助けようと、限られた時間で兵士たちを救い出すために決行された。ドーバー海峡にいる民間船をも含めた総勢700隻が自らの命も顧みずいっせいにダンケルクへと向かう史上最大の救出作戦が動き出そうとしていた。逃げ場もなく、ドイツ敵軍による陸海空3方向から猛攻撃が押し寄せる。民間の船長は息子らと共に危険を顧みずダンケルクへと向かう。英空軍のパイロットも、数において形勢不利ながら、出撃。こうして命を懸けた史上最大の救出作戦は始まった。トミーと仲間たちの運命は…!?
c0015706_13403678.jpg最初のちょっと穏やかなシーンから始まって、突然の!!えっっ、まるでmiki自身がその場に居合わせているような気分になっていった。そして海、長い列の兵隊、アッ太鼓の人たちは!??そして、自分はどうなるのか。イギリスにもどりたいトミー、なのに、空からも爆撃、思わずmikiも爆撃をよけようとしてしまう。ちょっとほっとしていても、またどこから敵の攻撃が来るのか、もう見ていてハラハラドキドキ。そして、イギリスからの戦闘機と船、どうなるのか、本当にこんな小舟で助けることができるのか、そんなことを想いながら見ていた。もうもう、次から次へと攻撃が仕掛けられて、見ていても生きている心地がしない感じ。ラスト、あの戦闘機にほっっ!!そして、船にも!!
見終わって、ずっと戦場から戻ってきた感じ。音楽も、ずっと迫ってくる感じで怖かった。
うん、これはぜひスクリーンで見たい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-08-23 19:00 | 映画

パッション・フラメンコ

c0015706_13392070.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日はサービスディ、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑していました。

現代フラメンコ界最高峰のダンサー、サラ・バラス。革新的な舞台と、ルールを打ち破る姿勢が絶賛され、若くして世界中にその名が知れ渡った。カルロス・サウラ監督作「フラメンコ・フラメンコ」などでも注目される彼女は、常に新作が期待されている。本作では6人の巨匠たちに捧げた「ポセス フラメンコ組曲」初演までの3週間と、世界ツアーに密着。サラの「声」を偉人たちに届ける一大スペクタクルは冬のパリを皮切りにメキシコ、アメリカ、日本、そして母国スペイン、故郷のカディスで上演され、熱狂の嵐を巻き起こす…。
c0015706_1339618.jpgフラメンコのステップって、こんなに早かったっけ!??と思うくらい、すごい早いステップでびっくり。また、男性舞踏と女性舞踏があって、サラはその垣根も超えて舞踏を行う、その見事さ。白のジャケット姿で踊る姿もカッコイイ。そんなサラだが、若い頃は日本にいタコともあったとの事。そんな日本での思い出も語ってくれて、そうなんだ、また、日本を大切に思ってくれるというのが見ていてうれしかった。ボセス フラメンコ組曲初演までの苦悩、また、各地での講演のコラボの様子など、なかなか面白かった。
うん、ダンス映画が好きな方はスクリーンで見たい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-08-22 19:30 | 映画

50年後のボクたちは(試写会)

c0015706_1337401.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日の試写会はトークイベント付きということで、満席に近いくらい入ってました。

14歳のマイクはクラスのはみだし者。同級生からは変人扱い、しかも母親はアル中で、父親は浮気中。そんなある日、チックというちょっと風変わりな転校生がやって来る。夏休み、2人は無断で借用したオンボロ車「ラーダ・ニーヴァ」に乗って南へと走り出す。窮屈な毎日を飛び出して、全く違う景色を目にしていく2人。ヤがて無鉄砲で考えなしの旅は、マイクとチックにとって一生忘れることのできないものになっていく…。

クラスの周りに疎まれているマイクとチック。そんな二人の夏の冒険。いったいどこまで行くのか。本当に大丈夫なのか!??そんな冒険をドキドキしながら見ていた。警察に見つからないよう隠れたり、ガス欠になった車にどうやってガソリンを入れたり、そんな知恵を絞りながらの冒険。まあ、子供たちでは危ないけれど、ちょっと心配しながら見てしまったって感じ。うーん、なかなか面白かったけど、エンドロールでなんでアニメ!??等と思ったりしてしまった。
うん、ロードムービーが好きな方ならスクリーンで見てもいいかな。
[PR]

# by mikibloom | 2017-08-21 19:00 | 映画

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

c0015706_157985.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は日曜日、朝一番の回を見に行ってきましたが、まあまあの入りでした。

夏休み、とある海辺の町。花火大会をまえに、「打ち上げ花火は横から見たら丸いのか?平べったいのか?」で盛り上がるクラスメイト。そんななか、典道が想いを寄せるなずなは母親の再婚が決まり転校することになった。「かけおち、しよ」なずなは典道を誘い、町から逃げ出そうとするのだが、母親に連れ戻されてしまう。それを見ているだけで助けられなかった典道。「もしも、あのとき俺が…」なずなを救えなかった典道は、もどかしさからなずなが海で拾った不思議な玉を投げつける。すると、いつのまにか、連れ戻される前まで時間が巻き戻されていた…。何度も繰り返される一日の果てに、なずなと典道がたどり着く運命は?
c0015706_1563750.jpg実写映画のアニメ化らしい。でも、これはこれでなかなか面白い。タイム物ではあるのだが、「もしもあの時」だれでも、そんなこと、思うことがるが、それが現実になったら…!?典道が見つけたそれ、そして、なずなのこと。花火。クライマックスの花火のシーンがとても幻想的できれい。こんな夏の思い出、いいかもなどと思ったりして。
うん、これはスクリーンで見たい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-08-20 08:30 | 映画

隠された時間

c0015706_155331.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方が見に来ていました。

最愛の母を亡くし、義父に連れられ離島に引っ越してきた少女スリン。新しい学校にも家にも馴染めず孤独な日々を過ごしていた彼女は、自分と同様に親のない少年ソンミンと知り合う。二人だけの秘密の暗号を作って友情を育み、淡い恋心が芽生えたある日、同級生たちと出かけた立ち入り禁止区域の洞窟で、スリンだけを残し、三人の少年が一瞬にして姿を消すという謎の失踪事件が発生。発見に結びつく手がかりもつかめず捜査が難航するなか、見知らぬ男がスリンの前に突然姿を現し、「僕はソンミンだ」と主張するが…。
c0015706_1543388.jpg韓流のタイムものとでもいうのか。タイムものって外さないけど、これはなかなか良かった。それこそ、時の狭間におちてしまったソンミンのストーリー。ちょっと変わったスリンが転校してきて、知り合ったソンミン。二人だけの秘密。そんな中、立ち入り禁止地区に出かけて、見つけたものは!?そして、その物を割ったとき!!えっっ、もし自分だったらどうしただろう、そんな狭間でずっといるなんて。そんな情景もなかなかすごいし、そんな中でずっといるなんて、気の遠くなる日々、いや年月、もし自分ならと思ってしまった。再び出逢ったスリンとソンミン、いったいどうなってしまうのか。ソンミンは!??クライマックス、そうなるだろうなとは思ったが、そんな展開が!??そして、ラスト、結構納得。
うん、これはスクリーンで見たい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-08-19 19:05 | 映画

HiGH&LOW THE MOVIE2 END OF SKY

c0015706_1525740.jpgHiGH&LOWの最新作ということで早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、午後の回を見に行ってきましたが女性を中心に満席状態でした。

SWORD地区…。「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨一家」という5つのチームが拮抗するエリアは、それぞれの頭文字をとってそう呼ばれていた。バラバラだったSWORDのメンバーたちは、伝説のチーム「ムゲン」のリーダー・琥珀率いる湾岸連合軍とのコンテナ街の戦いに辛くも勝利。街は束の間の平和を取り戻していた。そこに突然、彗星のごとく最凶の集団が現れる。暴力で人を束ね、街全体を震え上がらせていた暴君・林蘭丸率いる悪名高いスカウト集団「DOUBT」。絶大な力で監獄に君臨していた王者・ジェシーを筆頭とする武闘派集団「プリズンギャング」。新たな敵は、恐怖によるSWORD支配を目論んでいた。さらに権力と癒着してカジノ建設の野望を持つ反社会組織「九龍グループ」と、その陰謀を暴こうとする琥珀、九十九、雨宮兄弟の激闘も絡み、SWORD地区はかつてない事態へと突入する。そんな緊張がマックスに達したとき、ついに蘭丸率いるDOUBTがジェシーらプリズンギャングの力を借りて、深い因縁を持つWhite Rascalsに対決を挑む。圧倒的な勢力差を前にROCKYらWhite Rascalsは絶体絶命の窮地に陥るが…。そこに現れたのは、仲間のため街のために覚悟を決めたコブラらSWORDの仲間たちだった!
c0015706_1524314.jpgうーん、この作品も、テレビの総集編から始まって、劇場版をずっと見てるけど、ケンカアクションのマンネリだなぁと思いながら見ていた。たしかに、クライマックスのシーンはこれだけのエキストラを入れて、すごいし、よく撮っていると思うし、アクションもすごいのだが、思わずケンカしかないのかよ!!回りの出演者も確かにすごいのだが、見ていて飽きてしまう。うーん、思うにmikiが喧嘩シーンが好きでないのもあるのだが。なんか喧嘩ばっかりって感じで、かといって、それ以外のシーンは退屈だったりして、途中寝てしまっていたり。次から次へと様々な派閥がでてきて、そんなに出演者やストーリーをこねくり回さなくてもいいんじゃない!??等と思ったり。
うーん、これ、又続きがあるみたいだけど、またみちゃうんだろうなぁやっぱり。
うん、出演者フアンはやはりスクリーンで見たいかなぁ。
[PR]

# by mikibloom | 2017-08-19 14:45 | 映画