映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

c0015706_99388.jpg可憐な花を見つけました。調べてみたら、ソヨゴという花でした。
c0015706_995321.jpg
[PR]

# by mikibloom | 2017-05-19 19:00 | カメラ・トイカメラ

美しい星(試写会)

c0015706_96348.jpg予告がすごく気になった作品、早速見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方が見に来ていて、ほぼ満席状態でした。
c0015706_962072.jpg「当たらない」お天気キャスターの父・重一郎、野心溢れるフリーターの息子・一雄、美人すぎて周囲から浮いている女子大生の娘・暁子、心の空虚をもて余す主婦の母・伊余子。そんな大杉一家が、ある日突然、火星人、水星人、金星人、地球人として覚醒。「美しい星・地球」を救う使命を託される。ひとたび目覚めた彼らは生き生きと奮闘を重ねるが、やがて世間を巻き込む騒動を引き起こし、それぞれに傷ついていく。なぜ、彼らは目覚めたのか。本当に、目覚めたのか…。そんな一家の前に一人の男が現れ、地球に救う価値などあるのかと問いかける。
c0015706_963260.jpgある日、突然、惑星人に目覚めた人たち。えっっ、そんなことで、惑星人として目覚めちゃうの!??この人だけ!??と思いきや、えっっ、この人も!??と結構面白い設定。いつもやる気のなかったお父さんが、俄然やる気になってしまったり。熱弁で訴えたり、なかなか面白い。そして、一雄や暁子も、どうなるのとハラハラ。そんな中、別なことに目覚めたお母さん、いったい大丈夫とまたこちらもハラハラ。そして、そんなバラバラな家族が、クライマックス、一致団結!そんな家族もいいかも。ラスト、ちょっと印象的な画だった。
と、こんな思わぬ展開になったこの作品、これ三島由紀夫さんの原作らしい。ちょっと原作が良くで見たくなった。
うん、スクリーンで楽しんでもいいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2017-05-18 18:30 | 映画

ビニー/信じる男(試写会)

c0015706_95758.jpgマイルズ・テラーさんの最新作ということで、早速見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方で満席状態でした。

アメリカ、ロードアイランド州プロビデンス。スター選手を金づるに嘘と欲望が渦巻くボクシングの世界。自惚れ屋のビニー・パジェンサは、世界ジュニアミドル級のチャンピオンだ。ある日、交通事故で首を骨折し瀕死の重症を負う。その痛々しい姿に、誰もがビニーの選手生命は絶たれたと思い、金目当てで近づいてきた人間たちは離れていく。だがビニーは諦めていなかった。彼は命を懸けトレーナーのケビンと共に、どん底から王座奪還をめざす。

まず、マイルズ・テラーさんのボクシング選手となるための肉体改造がすごい、こんなにムキムキになって、次は何するんだろうと思ってしまうくらい。そして、実話を基にしたこの作品、交通事故で頸椎骨折の下りまで結構長くて、眠くなってしまった。けど、その後の復活劇。リングに立つために、固定施術を行って、えっっそんな恰好で、退院するの!??大丈夫なの!??とビックリ。そして、その姿で、普段の生活を行ってみたり。慣れてくると、えっっそんなことまで、大丈夫なの!??とビックリ。そして、施術を取るシーンはなかなか痛そう。そして、復活の試合。うーん、こういったスポーツものって、肝心の試合のシーンが見せ場なんだけど、このボクシングの試合シーン、なーんか客観的な映像なんだよね。もっと主観に迫る感じのえいぞうがみたかったなぁと思った。
エンドには実際のビニーの映像も出てくるので、こちらも注目。
映画が安くみられるときに見たいかなって感じ。
[PR]

# by mikibloom | 2017-05-17 18:30 | 映画

トンネル 闇に閉ざされた男

c0015706_934770.jpg予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方が見に来ていました。

自動車のディーラーとして働くジョンスは、大きな契約を成功させ、意気揚々と妻のセヒョンと娘が待つ家へ車を走らせていた。しかし、ジョンスが山中のトンネルに差し掛かった時突如頭上から轟音が鳴り響く。尋常ではない音と揺れに不安がよぎったのも束の間、トンネルは崩落しジョンスは車ごと生き埋めになってしまう。ジョンスが目を覚ますと、周囲は巨大なコンクリートの残骸に囲まれ、手元にあるものはバッテリー残量78%の携帯電話、水のペットボトル2本、そして娘への誕生日ケーキだけだった。一方、トンネル崩落のニュースは瞬く間に国内を駆け巡り、救助隊長のキムらが現場に駆け付けるが、その惨状は想像を遥に超えるものだった…。

公共工事の手抜き工事。助けに行く人々もなんかのんびりだったり、ちょっと間抜け気味だったり。なーんか、韓国のパニックものって、一寸そんな設定があるよねと思いながら見ていた。でも、そんなトンネル崩壊事故に遭遇したジョンス、あんな状況下で、よく冷静に対処していたよなと思いながら見ていた。厳しい状況の中、水の飲み方、水分の確保の仕方、食料、スマホのバッテリー確保などなど、なるほどと思った。なかなか進まない救助、どうなるのかとハラハラ。えっえっ、人命救助が優先されるのではないの!??と言いたくなってしまうくらいの展開。クライマックス、どうなってしまうのかハラハラ。最後まで一気に見たって感じ。
うーん、自動車でトンネルを抜けるのがちと怖くなってしまう作品だった。
うん、スクリーンで見ておきたい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-05-16 18:55 | 映画

スプリット

c0015706_92441.jpgM.ナイト・シャマラン監督最新作ということで早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、満席状態でした。

女子高生3人組が正体不明の男に拉致された。密室で目覚めた3人はやがて、この男が「ひとり」ではないことを知る。神経質で潔癖症の青年、9歳の無邪気な少年、エレガントな女性…ひとりの人間の中で激しく入れ替わる人格。そう、彼は23もの人格を持つ男だったのだ!そして、ついに驚くべき24番目の人格が誕生し、彼女たちを絶望に陥れる…。

久々のM.ナイト・シャマラン監督作品。今回は多重人格者の犯人と女子高生、いったいどんな展開になるのか、女子高生はどうなるのか、ハラハラ。23人格の異常者を見事演じたジェームズ・マカヴォイさんの演技もすごい。そして、その多重人格者と対峙するケイシー。学校では友達がいないらしい設定。こんな時、騒がず、常に冷静で、状況を分析している。そして、ケイシーの過去の状況。一体何があったのか。そして、それが最後の内容で出てくるのだが、そこいらあたりでmiki的にはちと??となってしまった。でも、なかなか最後までどんな展開が待っているのか、ハラハラドキドキ。
うん、久々にM.ナイト・シャマラン監督作品として、見ていられた感じ。
監督作品好きなら、スクリーンで見たい作品。そうそう、なんか、続編ありそうだが、いったいどうなる!??エンドロールの最後まで見よう。
[PR]

# by mikibloom | 2017-05-15 19:30 | 映画

c0015706_931163.jpg近くでキミガヨラン咲きました。ってどんな花!?新宿御苑にもあったので、こちらの写真をアップ。
c0015706_932493.jpg花の中はこんな感じ。デカい花ですが、なかはとても可憐です。
c0015706_934158.jpg
c0015706_935479.jpg
c0015706_941016.jpg
[PR]

# by mikibloom | 2017-05-15 19:00 | カメラ・トイカメラ

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス

c0015706_912233.jpgガーディアンズシリーズの最新作ということで早速見に行ってきました。

今日は封切り翌日の土曜日、午後の回を見に行ってきましたがほぼ満席状態でした。

「スター・ロード」ことピーター・クイルをリーダーに、たまたま出会ったノリで結成された宇宙の「ハミダシ者」チーム、<ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー>。小遣い稼ぎに請けた仕事をきっかけに、強大な力を持つ「黄金の惑星」の指導者アイーシヤ率いる無敵艦隊から総攻撃を受け、彼らの宇宙船ミラノ号は壊滅寸前に…。間一髪、ガーディアンズを救ったのは「ピーターの父親」と名乗る謎の男エゴと、触れただけで相手の感情が分かる能力を持つマンティスだった。仲間の忠告にも関わらずエゴに魅了されていくピーターの姿を見て、次第にチームの絆に亀裂が…。そこへ「ピーター育ての親」ヨンドゥが率いる宇宙海賊の襲撃や、さらに銀河全体を脅かす恐るべき陰謀が交錯していく。はたしてピーターの出生にかくされた衝撃の真実とは?そして、彼らは絆を取り戻し、銀河を救うことが出来るのか?その運命の鍵を握るのは、チーム一小さくてキュートなガーディアンズの最終兵「木」ベビー・グルートだった…。
c0015706_9121871.jpgシリーズの2以降って、登場人物についていちいち語らなくていいってのがあるんだけど、このシリーズ、えっっいったいどうだっけと思いだしながらの鑑賞。そのせいか、途中ストーリーもちょっとつまらなくて眠ってしまった。まあ、後半の盛り上がりは結構面白く、えっっ姉妹のトラブルどうなる!??父子は!??アライグマは!??あのちっこいグルートは、ここであの爆弾が出てきて…、どうなる!??グルート、がんばれ!!!等と思いながら見ていた。ラスト、ちょっとほろっと模したのだが、まずまずの出来。エンドロール、えっっ、グルート!!!!!
うん、続きが楽しみ。
スクリーンで楽しんでもいいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2017-05-13 15:55 | 映画

バッド・バディ! 私とカレの暗殺デート

c0015706_9102462.jpgアナ・ケンドリックさんの最新作ということで早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、お昼の回を見に行ってきましたが、ほぼ満席状態でした。

だめ男とばかり付き合い、失恋を繰り返すちょっと変わった女の子マーサ。ある日突然、彼女の前に「理想の男」フランシスが現れ。急速に惹かれあっていくが、彼は人殺しが許せず依頼人を殺す変わったヒットマンだった。世界中の殺し屋から狙われるフランシスと行動を共にしていく中、マーサは自分では気付かなかった「最強の殺し屋」としての素質に目覚めていく…。

最初の出会いもなんか唐突で、まあそれはそれでいいんだけど、その後の殺し屋のシーン、なんかテンポがいまいちな感じ。うーん、mikiが見るテンポと合わないのか。なんか見ていて眠くなってしまった。殺し屋と恋におちるのはまあいいとして、その後、最強の殺し屋となっていくあたり、中途半端な展開で、見ていて疲れてしまう。
まあ、ラストはそれなりに面白かったのだが。
うーん、なんかDVDレンタルで早回しで見たい作品だなぁ。
[PR]

# by mikibloom | 2017-05-13 13:30 | 映画

マンチェスター・バイ・ザ・シー

c0015706_98368.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、初回上映を見に行ってきましたが、ほぼ満席でした。

アメリカ・ボストン郊外で便利屋として働くリーは、兄の死をきっかけに故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ってきた。兄の遺言で16歳の甥パトリックの後見人となったリーは、二度と戻ることはないと思っていたこの町で、過去の悲劇と向き合わざるをえなくなる。なぜ彼は心を閉ざして生きるのか?なぜすべてを残してこの町を去ったのか?父を失ったパトリックと共に、リーは小さな一歩を踏み出す決心をする…。
c0015706_985494.jpg兄の死をきっかけに、帰るまいと思っていた故郷に舞い戻ったリー。ところどころに描かれる過去の出来事。リーの身に何があったのか。故郷の人はあのリーと言う。そして過去に傷付いた心をまた思い出させる。そうかそんなことがあって…。そして、甥のパトリックの後見人として、どうするのか。反抗するパトリック、どう決断していくのか。ラスト、そんな決断があったのか。ということと、やはり、ここは辛すぎるのかという気持ちと。うーん、やはりmikiなら辛すぎるかもと思った。
うん、スクリーンで見ておきたい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-05-13 09:30 | 映画

ピーチガール(試写会)

c0015706_97070.jpg伊野尾慧さん山本美月さん主演の作品ということで早速見に行ってきました。

今日の試写会は女子高生を中心に超満席でした。

元水泳部のももは、日焼けした肌に色が抜けた赤い髪という派手な見た目のせいで、周囲から「遊んでいそう」と誤解されてしまうけれど、中身は超ピュアな女子高生。ももは、真面目で硬派なさわやか男子・トージに中学時代から片想いしていた。ところが入学早々、学年一のモテ王子・カイリにとある勘違いから一方的にキスをされ学校中の噂に。一方、クラスメイトの沙絵は、色白で男ウケ抜群。でも本性は最強最悪の小悪魔!ももがとーじを好きと知るや、横取りすべく次々とももを罠にかける。そんなももの絶体絶命のピンチを救ってくれたのは、もものピュアな内面を好きになったカイリだった。全くタイプの違う2人の間で心が激しく揺れ動くもも。果たしてももが最後に選ぶのは…?
c0015706_972012.jpg遊んでいそうと思われているももだが、とってもピュアでカワイイ女子。そんなももが好きなとーじと、桃を好きなカイリ。ももが困っているとすぐ助けてくれるカイリ。最初はチャラ男かと思ってみていたのだが、けっこう真面目なところもあって、それでいてももに一途でかわいい。ももの親友の沙絵だが、結構小悪魔女子。そんなももと沙絵どうなるのかハラハラ。とくにクライマックス、沙絵の危機をカイリが!!もう大爆笑、可愛すぎ!!!そしてラスト、ももはいったいどちらを!??
エンディングもとっても面白いし、エンディングの後のラストも面白いので、最後まで席を立たずに見てほしい。
試写会終了後、拍手で会場が沸いた。うん、mikiも思わず拍手、すっごく面白かった。
これはぜひスクリーンで楽しみたい作品!!
[PR]

# by mikibloom | 2017-05-12 18:30 | 映画

c0015706_857532.jpg夕方まで咲いているので、昼顔かなぁ?
c0015706_8571648.jpg
[PR]

# by mikibloom | 2017-05-11 19:00 | カメラ・トイカメラ

赤毛のアン

c0015706_955691.jpg赤毛のアンが映画化されるということで早速見に行ってきました。

今日はレディスディ、夜の回を見に行ってきましたが、女性を中心に満席状態でした。

プリンス・エドワード島に住む年配のマシュウとマリラ兄妹のもとにアンがやって来たのは、ちょっとした手違いからだった。けなげにマリラの仕事を手伝う一方で、「赤毛」と言われると怒って手に負えなくなるアン。はたまた親友となったダイアナに間違えてお酒を飲ませてしまったり、ハンサムなギルバードと大喧嘩したりと次々と騒動を巻き起こす。最初は戸惑っていたマシュウとマリラは、アンの豊かな想像力と楽しいおしゃべりに引き込まれ、いつしかアンは家族同然の大切な存在となるが…。

アンといえば、アニメのシリーズで見たり、その後原作を読んで大好きになったストーリー。うんうん、こんな明るいアン、イメージカモと思いながら見ていた。それより、マシュウとマリラの方がもっとイメージが近いかも。グリーンゲイブルズにやって来た当たりの話が随分と長くて、いったいどこまで映像化するんだろうとちょっとハラハラしたのだが、あ、こんな話も合ったし、こんな話もと思いだしながら、その映像美しさを楽しみながら見ていた。当時の衣装や、ろうそくでの生活など、とても丁寧に描かれている。なんかまたアンの本を読み返したくなった。
うん、スクリーンで楽しみたい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-05-10 19:40 | 映画

ノーエスケープ 自由への国境

c0015706_944235.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方が見に来ていました。

メキシコ=アメリカ間の砂漠の国境。不法入国を試みるモイセスと15人の移民たち。突如襲いかかる銃弾。襲撃者は正体不明。摂氏50度。水なし。武器なし。通信手段なし。「自由の国」を目指す命懸けの逃走劇が今、始まる!

アメリカの大統領の選挙公約に、国境に壁を作るなんてのがあったけど、メキシコとの国境って、こんな感じになってるのかと、びっくり。こんなに簡単にアメリカにやってこれるのかと思ったのだが…。その砂漠の過酷さ、そして、そこに現れた狩猟者。そんな中、逃げる不法入国者。一体どうなるのかとドキドキ。一時は、やったーとほっと胸をなでおろしたのも束の間、えっっっ、そうなっちゃうの!!!とドキドキバクバク。もしmikiがここにいたら、あっという間に殺されてしまうなぁと思った。うん、ラスト、そんな最後が!!そして、彼は今度こそ本当に!??
うん、このドキドキ感はスクリーンで楽しみたい。
[PR]

# by mikibloom | 2017-05-09 19:15 | 映画

c0015706_8502451.jpg馬酔木
c0015706_8503937.jpg
c0015706_8505236.jpg時計草
c0015706_851980.jpg時計草
[PR]

# by mikibloom | 2017-05-09 19:00 | カメラ・トイカメラ

カフェ・ソサエティ

c0015706_924845.jpg映画のチラシが気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、夕方の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑していました。
c0015706_9337.jpgもっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、うかつにも彼は全く気づいていなかった。ヴォニーには秘かに交際中の別の男性がいることに…。
c0015706_931982.jpgうーん、これ、映画のチラシのストーリー読んでもどんなストーリー展開なのか分からないなぁと思っていたが、やっぱり映画のストーリーも落ちがないストーリー展開だなぁと思った。二人のヴェロニカが登場して、二股かけるボビーがどうなるのか、二人のヴェロニカが最後に何かあるのかと期待していたのだが、なーんにもないし、えっっそれだけ!??と肩透かしな展開。うーん、見終わって落ちがないストーリーってつまらんと思ってしまった。どうもmikiはウディ・アレン監督作品は合わない感じ。
うん、見たいならDVDレンタル待ちでもいいんじゃないって感じ。
[PR]

# by mikibloom | 2017-05-08 17:35 | 映画