映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

マイティ・ソー バトルロイヤル

c0015706_11535696.jpgマイティ・ソーシリーズの最新作、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、お昼の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑していました。

アベンジャーズの一員として地球を守るため戦ってきたソーの前に「死の女神」が立ちはだかった。死の女神・ヘラは、ソーの究極の武器・ムジョルニアをいとも簡単に破壊すると、彼の国へ攻撃をはじめる。ヘラの復讐と野望を知ったソーは、この最強の敵を倒すために盟友ハルク、宿敵ロキらと型破りのチームを組み、極限バトルに挑む!果たして、ソーたちは史上最強の敵からこの世界を守ることができるのか?死の女神・ヘラの復讐の目的は!?そこには、ソーの運命を変える秘密が隠されていた…。
c0015706_11541779.jpgマーベルヒーローごちゃまぜで出てきて、まるでマーベルオールスターゲームのよう。それでいて、今回は結構面白いシーンもあって、笑わせられた。クライマックスのヘラとの戦いなども結構すごいし、どうなるのかと思いながら見ていた。
そうそう、このマーベルシリーズのお決まり、ラストまで必ず見てね。
うん、アベンジャーズもあるし、スクリーンで見ておきたい。
[PR]

# by mikibloom | 2017-11-03 12:00 | 映画

ノクターナル・アニマルズ

c0015706_11514723.jpg映画の予告が気になった作品早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、初回上映を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。


c0015706_11521412.jpgスーザンはアートギャラリーのオーナー。夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。精神的弱さを軽蔑していた元夫の小説の中に、それはで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスーザン。彼はなぜ小説を送って来たのか。それはまだ残る愛なのか、それとも復讐なのか…。
c0015706_11524369.jpgいやあ、オープニングのしーんがすっごく印象的、えっえっとびっくりしてしまう。そして、その後のストーリー展開。元夫から送られてきた本のストーリー展開と、実際の今の話と、そして過去の話が絡まってくる。その中で、夫の本のなんか昨今の事件を思い起こさせそうなすごいストーリーに思わず嫌悪感が起きてしまう。いったい、この本のストーリー、どうなるのかと思いながら、現在のストーリーとごっちゃになりそうになりながら見ていた。
ラスト、あれはいったい!??と思ってしまった。
うん、イヤーなストーリーだが、スクリーンで見てもいいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2017-11-03 09:45 | 映画

アトラクション 制圧

c0015706_11503878.jpg映画の予告が気になった作品早速見に行ってきました。

今日は平日、レイトショーのみの上映でしたが、まずまずの入りでした。

それは突如やってきた…ロシアの首都モスクワに巨大な宇宙母船が墜落。圧倒的な大きさでモスクワの街をなぎ倒し多くの死傷者を出しながら「それ」は着陸した。初めて遭遇する地球外生命体に戸惑う人々。ロシア政府は即座に戒厳令を敷き事態の鎮圧を図ろうとする。一方、軍の司令官の娘ユリアは、宇宙船とともにやってきた異星人の一人で、科学技術者であるヘイコンと知り合い仲を深める。異星人のタイする排斥の機運が高まる中、ユリアはヘイコンが自身の惑星へと戻るために必要なデバイスである「シルク」探しに協力する。混迷を極める状況の中で共に時間を過ごしていくうちに、ユリアはヘイコンへの愛に気づき、恋人のチョーマにそのことを告白してしまう。気が収まらないチョーマはヘイコンを、そして宇宙船を壊滅させるために武装蜂起。ユリアとヘイコンは銃弾に倒れてしまう。その傷を癒すために母船に運び込まれた二人。そこで初めてヘイコンの真のミッションが明らかになる!

こんなすごいUFOの映像、すごいなと思いながら見ていた。本当に、ありそうな感じ。そして、そこに乗っていたヘイコンと知り合ったユリア。砂州が軍司令官の父がいるだけに、こんな事も特権階級としてやれちゃう、それもなかなか面白い。いったい、ヘイコンはどうなってしまうのか、失くしたものは見つかるのか。そして、彼は無事に!??クライマックスの展開もいったいどうなるのかとハラハラドキドキ。
うん、このUFOの迫力はスクリーンで楽しみたい。
[PR]

# by mikibloom | 2017-11-02 20:40 | 映画

ロキシー

c0015706_11492122.jpg映画のチラシが気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

人通りの少ない路地裏で、ギャング風の男たちから逃げようとする女を偶然に見かけたヴィンセント。行きがかり上、彼女を助けた彼は、車で町から走り去る。会話もなく、どこまでも続く穀倉地帯を走り続ける二人…。彼の名はロキシー。ギャングから金を盗んだとして兄が殺され、金の行方を知っていると疑われたロキシーはギャングから追われていたのだった。行くあてもなく、ヴィンセントの故郷の町に身を潜めることに。田舎町で過ごすうちに、次第に心惹かれてゆく二人。しかし、平穏な日々は続かず…居場所を嗅ぎ付けたギャングの手が、すぐそこまで迫っていた…。

最初の展開で、結構面白そうと期待していたのだが、それ以降は、男女のだらだらとした会話だったり、兄弟の話だったりと、見ていて眠くなってしまう。あまりにもだらだらしすぎ。なのに、クライマックスに急展開、ちょっと唐突し過ぎじゃないの!??と思ってしまうのだが…。そして、ラストの展開も急展開だし。
うーん、期待していたのに、残念な作品って感じ。
[PR]

# by mikibloom | 2017-11-02 18:40 | 映画

婚約者の友人

c0015706_1143825.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は映画サービスディ、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混み合ってました。

1919年、戦争の傷跡に苦しむドイツ。婚約者のフランツをフランスとの戦いで亡くしたアンナも、悲しみの日々を送っていた。ある日、アンナがフランツの墓参りに行くと、見知らぬ男が花を手向けて泣いている。戦前にパリでフランツと知り合ったと語る男の名はアドリアン、アンナとフランツの両親は彼とフランツの友情に感動し、心を癒される。だが、アンナがアドリアンに「婚約者の友人」以上の想いを抱いた時、アドリアンが自らの「正体」を告白する。しかしそれは、次々と現れる謎の幕開けに過ぎなかった…。
c0015706_1148189.jpgなんか訳ありな婚約者の友人アドリアン。状況を見ていて、なんか奇妙だし、なんかある感じ。そんなアドリアンに次第に心惹かれていくアンナ。前半、モノクロの映像と、ちょっとゆったりした展開で少し眠くなってしまうところも。ただ、中盤くらいからは、そんなアドリアンの謎解きと、アンナの展開と。いったいアドリアンはどこへ!??アンナが行った先で、うーん、一体どうなるんだろうと思いながら見ていた。いったいアンナはどうなるのか。アンナのやさしい嘘がすごく印象的だった。
うん、スクリーンで見てもいいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2017-11-01 19:00 | 映画

ポリーナ、私を踊る

c0015706_1142114.jpg映画の予告が気になった作品早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混み合ってました。

ボリショイ・バレエ団のバレリーナを目指すロシア人の少女ポリーナ。貧しい家庭環境で育ちながらも、厳格な恩師ボジンスキーのもとで幼少の頃から鍛えられ、将来有望なバレリーナへと成長していた。ところが、憧れのボリショイ・バレエ団への入団を目前にしたある日、コンテンポラリーダンスとの出会いが彼女の運命を大きく変えることに。そして、自分のなかに湧き上がる感情を抑えられないポリーナは、約束されていた輝かしいキャリアを投げ打ち、パートナーとともに南フランスのコンテンポラリーダンスカンパニーへ行くことを決意する。新たな挑戦へと立ち向かうものの、新天地で待ち受けていたのは夢と愛に葛藤する日々。そんななか、気持ちばかりが空回りするポリーナは、練習中に足に怪我を負ってしまい、描いていた未来が少しずつ狂い始めていくのだった。すべてを失った彼女が、自分らしい生き方を求めてたどり着いた場所で見つけたものとは…。

バレエものって結構好きで、思わず見に行ってしまう。クラシックバレエのバレリーナを目指すポリーナ。だけど、ふとした機会に知ったコンテンポラリーダンスに魅せられて、その道に進んでしまう。両親の心配、そりゃあそうだよね、今までクラシックバレエ一筋で進んできたんだから。でも、ポリーナの進む道はちょっと違っていた。クライマックスのダンスシーンは結構すごかった。でも、ラスト、えっっこんなところで終わっちゃうの!??っと感じでなんか尻切れトンボみたいな感じ。
ダンス映画が好きな方はスクリーンで見てもいいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2017-10-31 18:50 | 映画

彼女がその名を知らない鳥たち

c0015706_11393793.jpg蒼井優さん、阿部サダヲさん出演の作品ということで早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑していました。

15歳年上の男・陣治と暮らしながらも、8年前に別れた男・黒崎のことが忘れられずにいる女・十和子。不潔で下品な陣治に嫌悪感を抱きながらも、彼の少ない稼ぎに頼って働きもせずに怠惰な毎日を過ごしていた。ある日、十和子が出会ったのは、どこか黒崎の面影がある妻子持ちの男・水島。彼との情事に溺れる十和子は、刑事から黒崎が行方不明だと告げられる。どれほど罵倒されても「十和子のためだったら何でもできる」と言い続ける陣治が執拗に自分を付け回していることを知った彼女は、黒崎の失踪に陣治が関わっていると疑い、水島にも危険が及ぶのではないかと怯えはじめる…。
c0015706_11402418.jpg共感度0%と言っていたが、うんうん、よくこんなに集めたなぁと思いながら見ていた。人に寄生して生きている十和子、そんな十和子と同居する陣治。そして新しい恋人の水島。かつての恋人の黒崎。うーん、本当にどれもすごい。で、黒崎の失踪の理由は!??うーん、てっきりこれかと思ってみていたら…。ラストのどんでん返しにえっっとなってしまった。そして、そのあとの展開がまたビックリ。うーん、そんな純愛もあるのかと考えてしまった。
結構すごいが、スクリーンで見てもいいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2017-10-30 18:35 | 映画

先生!、、、好きになってもいいですか?

c0015706_1354433.jpg映画の予告が気になった作品早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、夕方の回を見に行ってきましたが、大勢の方で満席でした。

高校2年生の響は、まだ恋を知らないちょっぴり内気な女の子。楽しそうに恋バナに花を咲かせるクラスメイトの千草や浩介を、どこか不思議な気持ちで眺めている。そんな響が初めて好きになった人は、世界史の伊藤先生。めったに笑わない不愛想な先生だけど、授業を忘れてベンチでうたた寝しちゃったり、担任でもないのに最後まで居残り授業に付き合ってくれたり。そしてたまに見せるびっくりするくらい優しい笑顔。「好きになってもいい?」「俺はやめとけ」そう言われても、ただ好きで、どうしようもなく好きで、そんなまっすぐ過ぎる響の想いが、ゆっくりと伊藤の心を溶かし始めていることを、響はまだ知らない。最後に「きちんとフラれるため」と向かった屋上で、伊藤は突然響を抱き寄せキスしてしまう。動揺する響だったが、事態は響の知らないところで急速に変化しようとしていた。2人を引き離そうと躍起になる大人たちと、響を熱い友情で支え応援する仲間たち。様々な思いが交錯する中、響の初めての恋の行方は…?

先生を好きになっていく響の心の動きがすっごくわかる。うんうんそうだよね。と思いながら見ていた。いいなぁ、近くにこんなカッコイイ先生がいたら、絶対すきになるよね!!友達の恋バナもなかなかあるなぁと思うし。先生の家に遊びに行こうというのも、あるなぁと思うし。先生のために勉強頑張ろうとする響の姿もすっごく可愛い。とにかく響役の広瀬すずちゃん、可愛い、こんな子なら絶対回りが好きになるよねと思いながら見ていた。クライマックスのシーン、その後の展開にも胸キュンキュンしながら見ていた。
うん、これはスクリーンで楽しみたい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-10-28 16:10 | 映画

ゲット・アウト

c0015706_13523739.jpg映画の予告が気になった作品早速見に行ってきました。

今日は封切り翌日の土曜日、午後の回でしたが大勢の方で満席でした。

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家へ招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出て行け!」と襲い掛かってくる。「何かがおかしい」と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようとするが…。

最初からなんか変な予感。そして、ローズの実家に行く際も、これって予感!??と、いろいろなものが散らば目られている。なんか違和感のある家族と、黒人の使用人。うーん、なぜ!?いったいクリスはどうなってしまうのか!??謎解き詩ながらの鑑賞。中盤、祖父のパーティでもなんかみんな行動が変だし。えっえっ、ビンゴといいながらそれは一体!??そして、クライマックス、いったいクリスはどうなるのか!??ドキドキしながら見ていた。
けっこうラストも衝撃的!!!なかなか面白い結末。
うん、スクリーンで楽しみたい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-10-28 14:20 | 映画

THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ

c0015706_13512078.jpg高橋一生さん出演の作品ということで早速見に行ってきました。

今日は土曜日、お昼の回を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。

主人公・オリアアキは、29歳の無名の女優。毎日、小さなサーカス団でマジシャンの助手をするアキ。30歳を目前にして、アキには仕事への熱も生きる目標もない。ルーチンワークのように繰り返されるのは、催眠術にかかるという演技。やがてアキの精神は徐々に摩耗し、いつしか現実と妄想の境界が破綻を迎えようとしていた。唯一アキの中で美しい思い出として残るのは恋人・カイトとの時間…。自分が生きてきた人生の軌跡。過去の疑問と屈折が彼女の中を駆け巡る。そして2つの世界の境界が壊れかけようとしたとき、アキの人生再生がはじまる…?!

上映開始後10分で、わっっ、これmikiの苦手な作品だ、もう出たい!!と思ってしまった。こういった、ストーリーがずっと同じ感じで回ってしまう作品って、苦手なんだよね、眠くなってしまう。ということで、中盤結構眠ってしまってました。まあ、眠ってしまっていても、似たようなシーンがずっと出てくるし、夢と現実がごっちゃになっているからさほど影響ないし。で、高橋一生さんも、そんなに出てこないし。うーん、どちらかというと、見に行くの失敗したぁな感が強い。
うーん、出演者フアンならスクリーンでどうぞ。
[PR]

# by mikibloom | 2017-10-28 12:25 | 映画

ブレードランナー2049

c0015706_1347423.jpgライアン・ゴズリングさんの最新作ということで早速見に行ってきました。

今日は封切り翌日、土曜日の初回上映でしたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。
c0015706_1348451.jpg2049年、貧困と病気が蔓延するカリフォルニア。人間と見分けのつかない「レプリカント」が労働力として製造され、人間社会と危うい共存関係を保っていた。危険な「レプリカント」を取り締まる捜査官は「ブレードランナー」と呼ばれ、2つの社会の均衡と秩序を守っていた…。LA市警のブレードランナー「K」は、ある事件の捜査中に、「レプリカント」開発に力を注ぐウォレス社の「巨大な陰謀」を知ると共に、その闇を暴く鍵となる男にたどり着く。彼は、かつて優秀なブレードランナーとして活躍していたが、ある女性レプリカントと共に忽然と姿を消し、30年間行方不明になっていた男、デッカードだった。いったい彼は何を知ってしまったのか?デッカードが命を懸けて守り続けてきた「秘密」…人間と「レプリカント」、2つの世界の秩序を崩壊させ、人類存亡にかかわる「真実」が今、明かされようとしている。
c0015706_13483867.jpgmikiは前作を見ていないのだが、これはこれなりに楽しめる感じ。ただ、作品の上映時間が長いのと、結構静かなシーンが多いのと、テンポがまったりとしているのとで、中盤はすっごく眠い。うとうとしながら見ていた。まあ、途中から、Kが何者なのか!??そんな謎解きもありつつ、捜査をしている。で、デッカードがなかなか出てこないなぁと思っていたら、ようやくここで出てくるのか!!まあ、その後の展開はなかなか興味深い感じだった。でも、ラスト、えっえっ、この人が!??とびっくり。で、どこで分かったの!??とも!!
うーん、ちょっとたるいので、DVDで中盤を早回しで見たい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-10-28 08:50 | 映画

アトミッキ・ブロンド

c0015706_1346668.jpgシャーリーズ・セロンさん主演のアクション映画ということで楽しみにしていた作品、早速見に行ってきました。

今日は週末、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。

1989年、東西冷戦末期のベルリン。世界情勢に多大な影響を及ぼす極秘情報が記載されたリストが奪われた。イギリス秘密情報部MI6は凄腕の女性エージェント、ローレン・ブロートンにリスト奪還を命じる。ベルリンに潜入中のエージェント、デヴィッド・パーシヴァルとタッグを組み任務を遂行するローレン。彼女には、リスト紛失に関与したMI6内の二重スパイ、「サッチェル」を見つけ出すという、もう1つのミッションがあった。リストを狙いベルリンに集結する世界各国のスパイ。誰が味方で誰が敵なのかわからなくなる状況下、ローレンと世界の運命は?
c0015706_1346319.jpg女スパイものと一言でいえばそうなのだが、なかなかアクションがすごい。自分自体、アクションで相手と戦うというところも見どころだが、最初のシーンで出て来る全身痣だらけの姿、一体何!??と思いながら見てしまっている。見ていると、なるほど、これはそうなるよなぁと思う。そんなローレンがベルリンに渡り、行う任務は!??いろんな相手が入り乱れて、しまいに誰が誰!??となってしまいそうなところをかろうじて見ていた感じ。
うん、スクリーンで楽しみたい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-10-27 19:00 | 映画

セブン・シスターズ

c0015706_13442413.jpgノオミ・ラパスさんの最新作ということで早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。

地球の資源が枯渇する一方で、遺伝子組み換え作物が人体に与える影響で多胎児が増え、人口抑制を余儀なくされた2073年の欧州連邦。そこでは子供は1家族につき1人までと定められ、違法に生まれた2人目以降は「児童分配局」に連行され人口問題が解決する日まで冷凍保存される。社会の隅々まで当局の監視の目が張り巡らされるなか、「月曜」から「日曜」まで各曜日の名前を持つセットマン家の一卵性七つ子姉妹は、それぞれ週1日ずつ外出し、家の外では共通の人格を演じることで、30歳まで生き延びてきた。しかしある夜、「月曜」が帰宅せず、残りの姉妹にも魔の手が忍び寄る。「月曜」に何が起きたのか?誰かが裏切ったのか?姉妹は自らの命を危険にさらしながら、力と知恵を合わせて「月曜」の足跡を辿り始める。そして当局をめぐる恐ろしい事実があらわになるにつれ、誰も知らなかった「月曜」の一人の女性としての人生が浮かび上がる…。
c0015706_13444965.jpg人口増加で食糧危機を迎えた地球。設定もなかなか面白いが、この先、それこそ人口爆発を迎えるわけだから、あながちあり得ない世界でもない。そんな世界で、1つの人格を7人で共有するそんな姉妹。でも、そもそもなぜ知られたのだろう!??等と思ったのだが、しかも、その年まで知られなかったのに…。そして、行方不明となった姉妹を探す姉妹。いったいどこへ!??また、当局が襲い掛かる、どうやったら逃げられるのか!??バクバクしながら見ていた。いったい月曜はどこへ!??クライマックス、衝撃の事実と、姉妹の行方と!!ラストの展開もなかなか面白かった。
うん、スクリーンで楽しみたい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-10-26 18:30 | 映画

さよなら、ぼくのモンスター

c0015706_13432378.jpg映画の題名が気になった作品、ようやく見に行ってきました。

今日はサービスティ、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。

メイクアップアーティストを目指す高校生のオスカーは、怒りっぽいが愛情深い父と暮らしながら、女優志望の友人ジェマとともに作品作りに没頭する日々を送っている。ジェマとはなんでも話せるけれど、恋人ではない、微妙な関係。ある日、バイト先にワイルダーという青年が入ってくる。つかみどころがなく、どこかミステリアスで自由気ままに季節を謳歌するワイルダーを目にするたび、オスカーの中に生まれる鈍い痛み。それは彼が誰にも言えず、そして認めないようにしてきたある「気持ち」だった…。

オスカーの、自分では気付かなかった心の動き、そんなのを通しての成長を描いている。子供のころに見た衝撃の出来事、それがトラウマとなって、いるのか。でも、本当は、自分も知っていて、でも、目をつぶっていたのか…。そんな心の動きを見事描いているのだが、うーん、ちょっと展開がゆったりしていて、中盤は思わず眠くなってしまう。まあクライマックスはそれなりに面白かったが…。
うーん、どちらかというと、DVDで途中早回しで見ちゃいたいかなって感じの作品。
[PR]

# by mikibloom | 2017-10-25 08:15 | 映画

劇場版岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち

c0015706_1342018.jpgネコの映画と聞き、早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混み合ってました。

世界的動物写真家・岩合光昭は、猫の目線で世界各地で暮らすさまざまな猫たちを撮影してきた。その中から岩合お気に入りの、世界6カ国の猫たちの生きる姿を追う。さらにTVシリーズで人気だった、青森で力強く生きる“コトラとその家族“の今の姿を映し出す。

mikiはテレビ版を見ていないのでこれが初めての鑑賞。最初のシーンで、雪の青森、リンゴの木に登っている猫。えっえっ、ネコって、寒いの苦手じゃないの!??と思っていたのだが、しかも、雪積もってる木の上じゃ寒くない!??等と思いながら見ていた。春、子猫の誕生、リンゴ農家の作業の様子とともに、子猫の成長も見ながら、リンゴがこのくらいの時期に、ネコはこのくらいの成長と、みるみる大きくなる子猫をまったりと見ていた。また、世界の猫、場所によってか、こんなにも猫の顔が違うなんて…等と見ていた。うーん、どちらかというと癒し、まったりとした時間を楽しんだ感じ。
スクリーンで楽しんでもいいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2017-10-24 18:40 | 映画