映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

ウイスキーと2人の花嫁

c0015706_973360.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、夕方の回を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。

ナチスによるロンドン空爆が激しさを増す第二次世界大戦中、戦況悪化の為、ついにトディー島へのウイスキーの配給が止まってしまい、島民たちは無気力に陥っていた。島の郵便局長ジョゼフの長女ペギーと次女カトリーナはそれぞれの恋人との結婚を望んでいたが、周囲から「ウイスキー無しじゃ結婚式はムリ!」と猛反対され困った状況に…。そんな時、輸出用に大量のお酒を積んだニューヨーク行きの貨物船が島の近くで座礁。沈没寸前の船内には、なんと5万ケースものウイスキーが積まれていた!「これはきっと神様からの贈り物に違いない!」島民たちは禁制品のウイスキーを密かに「救出」しようとするが…。
c0015706_974966.jpg島にウイスキーがなくなるあたりの展開はちょっとたるくて、眠くなったのだが、その後、座礁船の辺りから、すっごくストーリーは面白くなってくる。安息日と、座礁と、島民はいったいどうするのか。そして、島民みんなでやったことは!!クライマックスのお役人とのストーリーはなかなか面白くて、どうなるのかとハラハラドキドキ。時々スクリと笑わせてくれるし。それに何より、この島民の皆さん、すっごくウイスキーを美味しそうに飲んでいるので、おいしそう、飲みたいなぁと思ってしまう。でも、考えてみたら、あれ、生で飲んでるし、相当強いお酒だよね、すごいと思った。でも美味しそう、アンナの見方もあるのねなどと思った。
うん、スクリーンで見たい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2018-02-17 16:30 | 映画

ロング、ロングバケーション

c0015706_961781.jpg映画紹介が気になった作品、ようやく見に行ってきました。

今日は土曜日、お昼の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑していました。

夫婦生活ははや半世紀、アルツハイマーが進行してきた元文学教師のジョンと、全身に散らばったガンがいよいよ暴れ出しそうな妻エラ。子供たちは巣立ち、70歳を超え人生の旅にも終わりが見えてきた今、夫婦水入らずで心残りを遂げる旅に出るときが来た。病院や施設なんて真っ平ごめん。ジャニス・ジョプリンにキャロル・キング。ご機嫌な音楽と共に愛用してきたキャンピングカーに乗り、毎晩思い出のスライドでこれまでの人生を追懐しながら、ジョンが敬愛するヘミングウェイの家があるフロリダ・キーウェストを目指す。道中、ジョンの小さな記憶の混乱がきっかけで、今までごまかしてきたふたりの問題に向き合ってみたり、墓場まで持っていくはずだったかつての隠し事がつまびらかになったり、どうしようもなく惹かれあったあの頃の衝動が蘇ったり…。二人で歩んできた道を、再び歩きなおす旅はやがて…。
c0015706_963131.jpgもし、自分がそんな立場なら、いったいどう行動する?そんなことを考えさせられた。思い出を刻む最後の旅。時々記憶がなくなる夫と、ずっと寄り添いたい妻。でも、妻自身も、期限が来ている。楽しい思い出を語り合ったり、今まで知らなかったことに腹を立てたり。昔の写真のスライドを毎晩楽しんだり。それでも、なんかいいなぁと思いながら見ていた。ラスト、やっぱりそう来てしまうのかと思ったが、それも仕方ないのかと思った。
うん、スクリーンで見ておきたい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2018-02-17 13:00 | 映画

長江 愛の詩

c0015706_951292.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、初回上映を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

死去した父親の跡を継ぎ、小さな貨物船の船長となったガオ・チュン。ある日、ガオは機関室で長江図と題された一冊の詩集を見つけ、そこには彼の父親が20年前の1989年に創作したいくつもの詩が記されていた。上海から長江を遡る旅へ出発したガオは詩集に導かれるようにして、行く先々の街で出逢うアン・ルーという名の女と再会を繰り返していく。不思議なことに彼女と再会する場所は、すべて「長江図」にその地名が綴られていた。しかし、三峡ダムを境に彼女が現れなくなったことにガコは気づくのだった…。

ゆったりしているストーリー展開。まるで、この映画自体も長江のような流れ。それでいて、長江図の詩集と、詩で描かれている街と、ガオの人々との出会いや、アンとの出会いがとても不思議なストーリー。あまりにもゆったりしていてちょっと眠くはなるのだが、それでも見ていたくなる。潮の満ち引きを利用して、こんなに遠くまで船で遡ることができるなんてと結構びっくりするし、ガオが停泊する街の雰囲気、岸辺の様子、そして、河の様子もその場所その場所で全然違うし。河の中州にこんな建物があるなんてとびっくりしたり。川岸の街にこんなのがあるなんてと思ったり。一緒に観光気分も味わえる。とくに三峡ダムの船の通行はこんな風になるんだとびっくりしたり。あんな崖のような場所にこんなところがあって、ってどうやって作った!??と思ったり。
ラストのシーンもなかなか。
うん、長江の雄大さはスクリーンで見たいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2018-02-17 09:30 | 映画

グレイテスト・ショーマン

c0015706_94595.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。

妻と二人の娘を幸せになることを願うバーナムは、オンリーワンの個性を持つ人々にスポットライトを当てた、誰も見たことがない華やかなショーを思いつく。世界中の観客を楽しませるためイギリスへ渡ったバーナムは、女王に謁見。そこで出会った奇跡の声を持つ美貌のオペラ歌手ジェニー・リンドと共にアメリカに戻り、全米を魅了するショーを繰り広げ、名士の仲間入りを果たす。だが、彼の行く手には、これまで築き上げてきたものすべてを失いかねない波乱が待ちうけていた。
c0015706_942154.jpgオープニングから、つかみはOK、この曲から始まるんだと、ちょっとびっくり、もうその世界に入って言った感じ。そして、そのストーリーの展開と、編集の上手さに映画の中に入っていってしまう。とくにオペラ歌手の歌唱シーンには震えてしまうくらい感動。そして、テーマ曲である「This is Me」のシーンはウルウル来てしまった。最後まで、どんな展開になるのかと思いながら、この世界を楽しんだ。
又見に行きたい気分。
うん、音響のいいスクリーンで見たい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2018-02-16 18:15 | 映画

さよならの朝に約束の花をかざろう(試写会)

c0015706_925950.jpg映画のチラシの美しさがすっごく気になった作品、早速見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方でほぼ満席状態でした。

縦糸は流れ行く月日。横糸は人のなりわい。人里離れた土地に住み、ヒビオルと呼ばれる布に日々の出来事を織り込みながら静かに暮らすイオルフの民。10代半ばで外見の成長が止まり数百年の寿命を持つ彼らは、「別れの一族」と呼ばれ、生ける伝説とされていた。両親のいないイオルフの少女マキアは、仲間に囲まれた穏やかな日々を過ごしながらも、どこかで「ひとりぼっち」を感じていた。そんな彼らの日々は、一瞬で崩れ去る。イオルフの長寿の血を求め、レナトと呼ばれる古の獣に跨りめざーて軍が攻め込んできたのだ。絶望と混乱の中、イオルフ一番の美女レイリアはメザーテに連れさられ、マキアが密かに想いを寄せる少年クリムは行方不明に。マキアはなんとか逃げ出したが、仲間も買える場所も失ってしまう…。虚ろな心で暗い森をさまようマキア。そこで呼び寄せられるように出会ったのは、親を亡くしたばかりの「ひとりぼっち」の赤ん坊だった。少年へと成長していくエリアル。時が経っても少女のままのマキア。同じ季節に、異なる時の流れ。変化する時代の中で、色合いを変えていく二人の絆…。ひとりぼっちがひとりぼっちと出会い紡ぎ出される、かけがえのない時間の物語。
c0015706_931533.jpgなかなか今までにないストーリー展開。アニメのストーリーだと、何かを努力して、がんばって、成し遂げる、というようなストーリーって結構多いのだが、これはそんなストーリートはちょっと違う。かといって、面白くないものでもないし。なんか不思議なストーリー。時のすごい長いストーリーなのだが、そういったのってけっこう退屈してしまうことがあるのだが、エリアルの成長を見る事により、時の流れを知り、そこでマキアはどう生きているのかを知っていく感じ。クライマックスのレイリアの潔さはちょっとびっくり。ラスト、そこまで展開するんだと思いながら見ていた。エンドロールの後に1シーンあるので、最後まで見たい作品。
うん、スクリーンで見てもいいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2018-02-15 18:30 | 映画

犬猿

c0015706_914494.jpg映画の紹介が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日はサービスディ、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。

弟の金山和成は真面目でイケメンの印刷会社の営業マン。ある日、彼のアパートに、強盗罪で服役していた兄の卓司が刑期を終えて転がり込んでくる。卓司は和成とは対照的に凶暴な性格でトラブルメーカー。キャバクラで暴れたり、弟の留守中に部屋にデリヘルを呼んだりとやりたい放題。和成はそんな卓司に頭を抱えるが、気性の激しい兄には文句のひとつも言えない。一方、親から引き継いで小さな印刷所を切り盛りする姉の幾野由利亜は、勤勉で頭がよくて仕事はできるものの、太っていて見た目がよくない。得意先の和成に仄かに想いを寄せる彼女の天敵は、頭は悪いけれどルックスとスタイルの良さから芸能活動もしている妹の真子だった。複雑な感情を抱くこの二組の兄弟・姉妹の出会いを境に、それぞれの関係はさらに大きく歪みはじめる…。

映画紹介を見て、はじめはこんないがみ合いのストーリーって…!!と全然期待していなかったのだが…。どうしてどうして、人の不幸は蜜の味とはよく言ったものだ、この2組の兄弟姉妹のいがみ合い、うんうん、あるあると思いながら見いてた。見ていて、由利亜の気持ち、わかるなぁなどと思いながら見ていた。4人とも役どころがピッタリな感じ。それぞれに、自分にコンプレックスを持っていて、兄弟がうらやましい、なんかわかるなぁ。これ、あまりにも二人が近すぎるから起こるんだよね、なんて思いながら見ていた。一体どう展開するのか、クライマックス以降はハラハラドキドキ。
うん、これはスクリーンで楽しみたい。
[PR]

# by mikibloom | 2018-02-14 18:50 | 映画

悪女 AKUJO

c0015706_903843.jpg映画のチラシが気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混み合ってました。

犯罪組織の殺し屋として育てられたスクヒは、育ての親ジュンサンにいつしか恋心を抱き、結婚する。甘い新婚生活に胸躍らせていた矢先、ジュンサンは敵対組織に無残に殺害されてしまい、逆上したスクヒは復讐を実行。しかしその後、国家組織に拘束されてしまい、政府直属の暗殺者として第2の人生を歩み始める。やがて新たに運命の男性に出会い幸せを誓うが、結婚式の日に新たなミッションが降りかかり…!

最初のアクションシーンもなかなかすごい。いったい何人殺すの!??状態。そして、ところどころに挿入されるスクヒの過去。なぜ彼女がこれほどまでになったのか。そして、今の状況は!??子どもとの平和な暮らしを夢見て、殺し屋になって。そして、ターゲットは!!クライマックスの展開もなかなかすごい。最後までどうなるのかとハラハラしながら見ていた。
うん、スクリーンで見てもいいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2018-02-13 18:00 | 映画

アウトサイダーズ

c0015706_8583820.jpgマイケル・ファスベンダーさんの最新作ということで早速見に行ってきました。

今日は祝日、午後の回を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。

犯罪を生業に、トレイラーハウスのコミュニティに代々暮らすカトラー・ファミリー。一家の跡継ぎでありドライバーとして数々の悪事に関わるチャドは、幼い子供と妻のため、家業から足を洗おうと密かに計画を立てていた。しかし、絶対的な力で家族を支配する父がそれを阻む。ある夜、チャドは父の命令で州総督の邸宅に強盗に入る。何とか警察から逃げ切るも、その事件をきっかけに、壊れ始めていた父と子の「絆」は決定的な危機を迎える…。

ワルの話なのだが、なーんか一日中仕事しないで、悪いことの片棒担がされて、なんかそれだけで終わってしまった感じのストーリー。救いもないし、クライマックス、それしきのことで、もう終わり!??ってかんじで、全くの期待外れ。
見なくてもいっかなって感じ。
[PR]

# by mikibloom | 2018-02-12 14:30 | 映画

悟空伝

c0015706_8574643.jpg映画のチラシの孫悟空がスッゴクカッコイイので早速見に行ってきました。

今日は祝日、お昼の回を見に行ってきましたが、立ち見まで出て超満席状態でした。

天界と地界で大暴れしていた魔王を滅ぼした上聖天尊(じょうせいてんそん)。だが魔王は猿に転生し、孫悟空となった。神々に復讐を果たすために、孫悟空は神々の住む天宮に向かう。しかし、武神・楊戩(ようせん)と上聖天尊の護衛神・天蓬に行く手を阻まれる。さらに孫悟空に恋心を抱く阿紫も駆けつけ、天地境界の橋の上で激しいバトルが始まる…!!!

もっと、西遊記みたいなストーリー展開になるのかと期待していたら、ぜんぜん西遊記の西の字もなく、いったいどんなストーリー!??と思いながら見ていた。まあ、アクションはすごいのだが、ストーリー展開はいまいち。今日、一番期待して見に来ていたはずなのだが、気が付くと映画の半分くらい眠くなって眠っていた。せっかく悟空がかっこいいのに、ストーリーが何が何だか!??まあ、クライマックスのシーンのアクションはすごかったのだが…。
うーん、旧作レンタルで安くみられるときに見てもいいかなぁ、暇だっだ…って感じの作品。
[PR]

# by mikibloom | 2018-02-12 12:15 | 映画

修羅 黒衣の反逆

c0015706_853489.jpg映画のチラシが気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は祝日、朝一番の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑していました。

1619年(明の万歴47年)。事故で重体に陥った皇帝に代わり、宦官の魏忠賢(ぎちゅうけん)が国の実権を握っていた。朝廷直属の秘密警察錦衣衛の沈煉(しんれん)は、上官から下された密命により、政府から反逆者として指名手配中の絵師を捉えに向かう。しかしその絵師は、沈煉が数日前に出会った美しい女、北斎(ほくさい)だった。仲間が彼女に暴行し、止めに入った沈煉は激闘の末に仲間を殺めてしまう。任務中の事故に見せかけ、北斎と共にその場を逃れる沈煉。その頃、国では魏忠賢への反対勢力が力を強め、謎の組織が沈煉に奇襲をかける。

中国の時代劇といった作品。人々のいろいろな野望が渦巻いて、そこに呑まれていく沈煉。果たしてどうなるのか、沈煉はどちらについていくのか。アクションシーンもなかなかすごいし、とくに最初のシーンのつかみはOK。中盤の火付けや、クライマックスのアクションシーンもなかなかすごい。で、ラスト、あれでとうなる!??と思ったら、えっっ、そうなって、で!!なかなかフクザツな展開だなぁと思いながら見ていた。
うーん、DVDレンタルで見てもいいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2018-02-12 09:45 | 映画

ゆれる人魚

c0015706_933494.jpg映画のチラシが気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、夕方の回を見に行ってきましたが、満席でした。

人魚の姉妹が海からあがってくる。辿りついたのは80年代風のワルシャワのナイトクラブ。ふたりはワイルドな美少女。セクシーで生きるのに貪欲だ。一夜にしてスターになるが、ひとりがハンサムなベース・プレイヤーに恋してしまう。たちまちふたりの関係がぎくしゃくしはじめ、やがて限界に達し、残虐でちなまぐさい行為へとふたりを駆り立てる。
c0015706_935325.jpg人魚姫の童話をベースに、もしあの人魚が現代にいたら、こんな感じなのかなぁと思いながら見ていた。それにしても、あのお魚のしっぽはなかなかすごい。そして、そんな風にお魚に変わるあたりもなかなかすごいし。有名になりたい二人の思い、一体どう展開するのかと思いながら見ていた。ただ、中盤以降、えっっ、このシーンっていったい!??というのもあるのだが、そこはちょっとストーリーがぐずぐずした感じ。ただ、ラストの展開はなかなかすごい。
うん、スクリーンで見てもいいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2018-02-10 16:45 | 映画

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット

c0015706_924611.jpg映画のチラシが気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、午後の回を見に行ってきましたが、男性を中心に大勢の方でほぼ満席状態でした。

舞台は地球の植民惑星となった火星。戦争とは無縁のこの星で、歴戦の猛者リコは「はぐれ小隊」と呼ばれる落ちこぼれ新兵の訓練に当たっていた。だが、平和であるはずの火星に、突如バグの群れが出現する。背後には、地球の総司令官の陰謀が潜んでいた。戦士の自我を取り戻すため、そして火星を守るため、リコははぐれ小隊を率いて立ち上がる。先に待つのは救済か、地獄か…!?

CGアニメなのだが、すっごくよくできている。まるで、ひとがそれこそ演じているようなリアル感がある。そして、どこからともなく湧き出てくるバグがすごい。いったいどこから!??あの親玉は何!??どうやって退治する!??クライマックスの展開はすごい。思わずハラハラドキドキ。
うん、シリーズフアンならスクリーンで見てもいいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2018-02-10 14:40 | 映画

ぼくの名前はズッキーニ

c0015706_91286.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、お昼の回を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。

屋根裏部屋で一人で絵を描いて遊んでいた9歳の少年イカールは、不慮の事故で母親を亡くしてしまう。ビールばかり飲んでいた母がつけてくれた愛称「ズッキーニ」を大事にしている。ひとりぼっちになった彼を、心優しい警察官レイモンが孤児院に連れていく。そこは、心に大きな傷を負った子どもたちが暮らす場所。入園早々にリーダー格のシモンから手痛い洗礼をうけるが、やがて心の痛みを共有する仲間と打ち解け、新しい居場所を見つけてゆく。
c0015706_914478.jpgうーん、キャラは悪くはないのだが、テンポがゆったりしすぎていて、お昼過ぎの鑑賞だと、いつの間にか眠ってしまっていた。それぞれ、心に傷のある子供たちと、優しい大人たちの出会い。どう展開していくのかと見守る感じ。ストーリーは悪くはないのだが、テンポが良くないのが残念。
うーん、上映時間は短いのでスクリーンで見てもいいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2018-02-10 13:25 | 映画

ロープ 戦場の生命線

c0015706_903877.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、朝一番の回を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。

1995年、停戦直後のバルカン半島。ある村で井戸に死体が投げ込まれ生活用水が汚染されてしまう。それは水の密売ビジネスを企む犯罪組織の仕業だった。国籍も年齢もバラバラの5人で構成される国際援助活動家「国境なき水と衛生管理団」は、死体の引き上げを試みるが、運悪くロープが切れてしまう。やむなく、武装集団が徘徊し、あちこちに地雷が埋まる危険地帯を1本のロープを求めてさまようが、村の売店でも国境警備の兵士にもことごとく断られ、なかなかロープを手に入れることができない。そんな中、一人の少年との出会いがきっかけで、衝撃の真実と向き合うことになる…。

戦場での日常は、平和な日常の常識とは全然違う、そんなことを思い知らされる作品。紛争時のごたごた、其れに便乗して儲けようとする人たち。たかが1本のロープを売ってくれない店や化してくれない人。道端の牛の死体。なぜ!?と思ったら、そんなことなのかとびっくりしたり。大人だけで空き家に入り、中を捜索するわけ。けっこうショッキングだったりする。でも、そんなことが繰り返されるのが戦場なのか。せっかくそれをやっても、こんな事に…、思わず絶句。と、こんな事で…。ラストの「花はどこへ行った」の歌がすごく印象的。
うん、スクリーンで見たい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2018-02-10 10:15 | 映画

マンハント

c0015706_8594656.jpg福山雅治さんの最新作、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、夜の回を見に行ってきましたが、まあまあの入りでした。

実直な国際弁護士ドゥ・チウが目を覚ますトム、女の死体が横たわっていた。現場の状況証拠は彼が犯人だと示しており、突如として殺人事件に巻き込まれてしまう。何者かにハメられたことに気づき逃走するドゥ・チウ。孤高の敏腕刑事の矢村は独自の捜査で彼を追っていく。鍵を握るのは謎の美女・真由美。ドゥ・チウに近づくほど、この事件に違和感を覚え次第に見解を変えていく矢村。そしてついにドゥ・チウを捕えた矢村は警察への引き渡しをやめ、共に真実の追求を決意する。身分や国籍を超えた「強く熱い絆」が芽生えた2人の追われながらの真相究明。果たして事件の裏にはどんな陰謀が隠れているのか。

単なる殺人容疑から、逃亡するドゥ・チウを追って、様々な謎が謎を呼ぶストーリー展開。アクションシーンも多く、なかなかすごい。見ていて、なーんでこんなところでこんなアクションしてるんだっけ!??等とも思ってしまうのだが、謎が謎を呼んで、こんなところにも殺し屋が出てくるし、一体どうなるのか!??等と思ってしまう。アクションシーンもなかなかすごい、ただ、日本じゃあ、こんなにガンアクションしないよなぁなーんても思ったり。まあ、楽しめばいっかって感じ。
エンドロールの後に、福山さんと監督の対談もあって、このシーンってそうなのか、などと思い返しながら見ていた。
うん、スクリーンで、最後で見たい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2018-02-09 18:00 | 映画