映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

女王陛下のお気に入り

c0015706_09041068.jpgエマ・ストーンさんの最新作ということで早速見に行ってきました。

今日は封切り翌日の土曜日、午後の回を見に行ってきましたが、満席状態でした。
c0015706_09041695.jpgルイ14世のフランスと戦争中のイングランド。揺れる国家と女王のアンを、幼馴染のレディ・サラが操っていた。そこに、サラの従妹で貴族から没落したアビゲイルが、召使いとして働くことになる。サラに気に入られ、侍女に昇格したアビゲイルだったが、生き残りをかけてその野望が芽生えはじめる…。
c0015706_09041338.jpg当時の権力者の女王。そして女王の女官長のレディ・サラ。サラは、女王をうまく操っている感じ。そして、従妹のアビゲイルがそこに入ってきて、3角関係。いったいどう展開するのか。なかなかすごい。アビゲイルのしたたかさがすごい。でてくるお城の調度品も豪華だし、ドレスも綺麗だし。
うん、スクリーンで見てもいいかも。

# by mikibloom | 2019-02-16 15:05 | 映画

デス・ショット

c0015706_09035726.jpgブルース・ウィリスさん出演の最新作ということで早速見に行ってきました。

今日は土曜日、お昼の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

銀行襲撃事件が発生。周到な計画によるプロの犯行で、犯人は警備員を射殺、大金を奪って逃走した。FBIは銀行内部に共犯者がいると推定し、銀行員のジェイコブにその容疑がかけられる。疑いを晴らすため、ジェイコブは隣家に住む元警官のジェームスに協力を求め、独自の捜査を開始。2人は犯人のアジトを突き止め、現金輸送車襲撃の阻止に成功する。だが逃走した犯人は報復のため、ジェイコブの身許を割り出し、妻と娘を誘拐。娘のソフィアは糖尿病で、薬が切れると生命が危ない。タイムリミットが迫る中、ジェイコブとジェームスは白人との最後の戦いに挑むが…。

この作品、ブルース・ウィリスさんがもっと活躍するのかと思いきや、主演はフランク・グリロさんなのね。で、ブルース・ウィリスさんは後方支援、いったいどうなるのか、このまま後方支援のまま終わっちゃうのかと思いきや、クライマックス、おいしいところはしっかりと!!って感じ。でも、結構アクションもあって予想以上に面白かった。
うん、スクリーンで楽しんでもいいかも。

# by mikibloom | 2019-02-16 11:50 | 映画

トラさん 僕が猫になったワケ

c0015706_09035933.jpg映画のチラシが気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り翌日の土曜日、朝一番の回を見に行ってきましたが大勢の方でほぼ満席状態でした。

売れないマンガ家の高畑寿々男は、妻・奈津子がパートで稼いだお金をギャンブルに使い、お気楽な生活を送っていたが、ある日突然、交通事故であっけなく死んでしまう。そんな寿々男のダメ夫ぶりに「あの世の関所」が下した判決は、「執行猶予1ヶ月、過去の愚かな人生を挽回せよ。但し、猫の姿で…」。トラ猫の姿で奈津子と美優のもとに戻った寿々男は、「トラさん」と名付けられて高畑家で飼われることに。愛する家族のために何かしたいと思うトラさん=寿々男だが、猫だから言葉さえ通じない。寿々男は、家族に何ができるのか。どうやって人生を挽回するのか…。
c0015706_09040104.jpg主演の北山さんって全然知らなくて、原作も知らないのだが、テレビでこの猫姿の北山さんの姿に興味をもってしまった。最初、なかなか展開しないので、どうなるのと思っていたのだが、えっっ、そんなことで!!と、ビックリ。そして、猫のトラさんとなった寿々男。そのしぐさ、えっっ、しっかり猫してるし、結構かわいい!!と萌え!!喉を撫でられて気持ちよくなっているトラの姿がすっごくかわいくて笑ってしまった。クライマックスの展開、ちょっと唐突だが、見ていてウルウル。期待以上に良かった。
うん、スクリーンで楽しみたい作品。

# by mikibloom | 2019-02-16 09:15 | 映画

サイコパス Case.2 First Guardian

c0015706_09032344.jpgチラシが気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方で満席でした。

常守朱が公安局刑事課一係に配属される前の2112年夏、沖縄。国防軍第15統合任務部隊に所属する須郷徹平は、優秀なパイロットとして軍事作戦に参加していた。三ヶ月後、無人の武装ドローンが東京・国防省を攻撃する事件が発生する。事件調査のため、国防軍基地を訪れた刑事課一係執行官・征陸智己は、須郷とともに事件の真相に迫る。

うーん、Case1が面白くて期待していたせいもあるのだが、ちょっと期待外れな感じ。最初ちょっと派手なエピソードが出てきて、いったいどうなると思っていたのだが、途中が結構静かな展開で、ごめん、眠くなってしまった。まあ最後の展開と、そのタネ明かしはちょっと衝撃的だが…。って感じ。
うーん、スクリーンでおさらいもいいかもって感じ。

# by mikibloom | 2019-02-15 20:30 | 映画

半世界

c0015706_09042524.jpg稲垣吾郎さん主演の最新作ということで早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、夜の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

「こんなこと、ひとりでやってきたのか」。山中の炭焼き窯で備長炭を製炭し生計を立てている紘は、突然帰ってきた、中学からの旧友で元自衛官の瑛介から、そう驚かれる。何となく父から継いだ紘にとって、ただやり過ごすだけだったこの仕事。けれど仕事を理由に家のことは妻・初乃に任せっぱなし。それが仲間の帰還と、もう一人の同級生・光彦の「おまえ、明に関心もってないだろ。それがあいつにもバレてんだよ」という鋭い言葉で、仕事だけでなく、反抗期の息子・明に無関心だったことにも気づかされる。やがて、瑛介の抱える過去を知った紘は、仕事や家族と真剣に向き合う決意をするが…。ワケありの仲間の帰還が、残りの2人のとっては「これから」を考えるきっかけになっていく。

アラフォーの同級生3人。うーん、このくらいの年齢が一番色々なことで仕事や家庭等々人それぞれに別々の人生を歩んでいるのかなどと思いながら見ていた。炭焼きをしている紘は、子供のイジメや自分の仕事の事など思い。独身の光彦は親や仕事で。また、戻ってきた瑛介もそれぞれに悩みを抱えている。いったいどう展開していくのかと思いながら見ていたが。えっっ、クライマックス、紘、そうなっちゃうの!??初乃の想いが辛かった。ラスト、明の決意、頑張れと思った。
うーん、映画が安くみられるときに見たい感じかなぁ。

# by mikibloom | 2019-02-15 18:05 | 映画

アリータ(試写会)

c0015706_09032105.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。
c0015706_09031690.jpg今日はプレミア試写会、会場は満席でした。上映前に主演のローサ・サラザールさんや監督、原作者の木城ゆきとさんらが登壇。最後にローサさんがダルマに目を入れてました。
c0015706_09031966.jpg舞台は、「支配する者」と「支配される者」の二つの世界に分断された、謎めいた遠い未来。荒廃した瓦礫の中からサイバー医師イドに拾われ美しい身体で蘇ったサイボーグの少女。過去の記憶をすべて失っていたその少女は「アリータ」と名付けられ父親代わりのイドに見守られ、アイアンシティの人々と心を通わせて成長する。しかし、ふとしたきっかけで彼女は300年前に失われたテクノロジーで創られた「最終兵器」だという、逃れられない運命と封印されていたパワーに気付いてしまう。空中都市ザレムとアイアンシティ。二つに分断された世界の秩序をぶっ壊すアリータに、時代が、世界が、恋に落ちる…。
c0015706_09031832.jpg屑鉄の中から拾われたアリータ。医師イドに命を吹き込まれ、次第に成長していく姿はなかなか面白い展開。とくに「モーターボール」のシーンは、あのローラーゲームとクイディッチを混ぜた感じのゲームでなかなか面白い。ハラハラドキドキ。大きな大会でのアリータの活躍がすっごくカッコいい!!そして、次第に思い出す過去の記憶と、アリータの恋。いったいどう展開するのか。あの上の世界には何があるのか!??クライマックスの展開もハラハラドキドキ。一体どこまで描かれるのかと思っていたら、えっっ、ここで!!って感じ。もっと先が見たーーーい!!!
うん、これは大きなスクリーンで楽しみたい作品。すっごく面白かった。

# by mikibloom | 2019-02-14 18:00 | 映画

サムライマラソン(試写会)

c0015706_09032528.jpg佐藤健さん主演の最新作ということで早速見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方でほぼ満席状態でした。

時は幕末。アメリカ政府の使者ペリーを乗せた黒船の脅威に揺れる幕府に不満を抱く安中藩主・板倉勝明は、藩士を鍛えるために十五里(約58キロ)の道を走らせる遠足の開催を宣言する。優勝者の望みはなんでも叶えられるという恩賞つきだ。「姫と結婚したい」「侍になりたい」「もう一花咲かせたい」…それぞれの願いを胸にスタートを切った侍たち。だが、大会は欲に目がくらんだ者たちの足の引っ張り合いにより、泥仕合に。一方、大会の裏で恐るべき陰謀が進められようとしていた。勝明の動きを警戒する幕府の大老が、遠足を「謀反の動き」とみて藩士不在の安中城に刺客を差し向けたのだ。そして、大会出場者の中にただ一人、この計画に気がついた者がいた。男の名は唐沢甚内。幕府の命令で藩に侵入している「忍び」だ。長い潜入生活で、彼には藩で得た、愛する者たちがいる。「幕府か、藩か」…忠義と愛に揺れ動くなか、甚内は仲間たちに危機を告げ、共に闘うために走ることを決意する…。
c0015706_09035506.jpg遠足の大会までの話がちと長すぎに感じた。まだ!??そんな感じ。で、遠足の話も、えっっ、そんなずっこい!!などと思いながら見ていた。さすがに佐藤健さんの走りはけっこう隙がなさそうな走り方で、カッコいいなと思いながら見ていた。クライマックス、うーん、ちょっとハラハラしたのだが、それくらいか!?
ラスト、えっっ、それの紹介!??とちょっと…!!!
うーん、映画が安いときに見るならいっかなって感じ。

# by mikibloom | 2019-02-13 18:30 | 映画

500年の航海

c0015706_09031306.jpg映画のチラシが気になった作品、ようやく見に行ってきました。

今日は祝日、夕方の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

さまざまなジャンルを横断し、ドキュメンタリーとフィクションが入り混じった手法で、西欧世界から押しつけられた歴史や思想を粉砕し続けてきたタヒミックが、35年の歳月をかけて完成させた大長編。来る2021年はマゼランによる「世界周航」から500年。実はマゼランは旅の半ばで命を落とし、本当に世界一周を達成したのはマラッカ出身の奴隷エンリケだった…。
c0015706_09031542.jpgうーん、すっごく気になったのだが、作品としてはちと失敗な感じ。世界一周したのはマゼランでなく、マゼランの奴隷だったエンリケが世界初というストーリー。ただ、ドキュメントとフィクションが混じって何が何だか分からない作品。見ていて眠くなってしまう。おまけに、自分の周りの事とか出てきて、うーん、だったら、エンリケトマゼランの話だけやるのか、まったくドキュメントとしてやるのかどっちかにしてよ状態。見ていて飽きてしまった。無駄に長すぎ。
うーん、ちと薦めないなぁ。

# by mikibloom | 2019-02-11 16:00 | 映画

ヒューマン・フロー 大地漂流

c0015706_09040632.jpg映画のチラシが気になった作品、ようやく見に行ってきました。

今日は祝日、お昼の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

どうしてここまで深刻化してしまったのか?誰が救済に向かうべきなのか?救済しないことで、どのような犠牲がうまれるのか?6500マン人もの人の流れはどこに行き着くのか。今、世界に最も影響力のある現代美術家アイ・ウェイウェイが、「大地の漂流者たち」と共に地球を旋回してゆく。貧困・戦争・宗教・政治的立場・環境問題など、様々な理由で増え続ける難民たち。その数は2018年には過去最高の6,850万人に上り、深刻化する事態とは裏腹に難民受け入れを拒否する国が広がっている。いま、世界で何が起きているのか。
c0015706_09040814.jpg難民キャンプと、難民の移動などをずっと映している映像。なので、見ているとちょっと眠くなってしまう。ごめんなさい。でも、こんなにも多くのところに今は難民キャンプがあるのかとビックリしてしまう。チラシの表にもなった難民ボート、そんなに多くの人々がそこに乗っているのかとビックリ。それが1回だけならまだしも、何度も何度も来る。うーん、そりゃあ来る国はさすがに受け入れがマヒ状態というのも分かるなぁ。いったいどうなってしまうのかと思う。溢れた人々はこんなところにもいるのか、とまたびっくり。それはそれで治安などもともと住む人も安心できないよねと思ってしまう。どうしたらいいのか。どうやったら難民とならないのか。そんなことも考えなければならないなぁと思った。
うん、見ておきたい作品。

# by mikibloom | 2019-02-11 13:40 | 映画

小さな独裁者

c0015706_09041918.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は祝日、朝一番の回を見に行ってきましたがまずまずの入りでした。

第二次世界大戦末期の1945年4月、敗色濃厚なドイツでは兵士の軍規違反が相次いでいた。命からがら部隊を脱走したヘロルトは、道ばたに打ち捨てられた車両の中で軍服を発見。それを身にまとって大尉に成りすました彼は、ヒトラー総統からの命令と称する架空の任務をでっち上げるなど言葉巧みな嘘をつき、道中出会った兵士たちを次々と服従されていく。かくして「ヘロイト親衛隊」のリーダーとなった若き脱走兵は、強大な権力の快楽に酔いしれるかのように傲慢な振る舞いをエスカレートさせるが…。
c0015706_09042309.jpg史実を基にした作品ということだが、本当にこんなことが当時あったなんてとびっくり。でも、制服を着ただけで、周りはその人ではなく、その地位に従っていく。うーん、どこにでもありそうな感じ。今でもそんなことあるよねぇと思いながら見ていた。で、そんなヘロルトの行動、いつバレてしまうんだろうとハラハラしながら見ていた。わっっ、こんなところで気付かれる!??ここか!??と思ったのだがえっっっ、意外と…!!!で、そんなことまでやっちゃう!??と、空恐ろしい感じ。で、その後は!??とハラハラしたのだが、ラスト、えっっそうなっちゃうの!??よくもバレてしまったなぁとまたもびっくり。ラストまで展開が読めずドキドキした。
人格がその人の行動を決めるのでなく、その地位がその人の行動を決めるのか!??ちょっと怖い感じ。
うん、スクリーンで見たい作品。

# by mikibloom | 2019-02-11 10:00 | 映画

サイコパス Case.1罪と罰

c0015706_08592480.jpg予告が気になった作品、ようやく見に行ってきました。

今日は土曜日、午後の回を見に行ってきましたが、満席でした。

2117年冬、公安局ビルに一台の暴走車両が突入する事件が発生。その運転手は青森にある潜在犯隔離施設「サンクチュアリ」の心理カウンセラー・夜坂泉だった。しかし取調べ直前に夜坂の即時送還が決定する。監視官の霜月美佳は、執行官・宜野座伸元らとともに夜坂送還のため青森へ向かう。そこで待っていたのは、「偽りの楽園」だった。

上映時間1時間という短い時間でも、中身が濃い作品。なかなか面白い設定で興味があった。いったいあのサンクチュアリにはどんな秘密があるのか。なぜ夜坂はそんなことを行ったのか!?謎解きと、その展開。なかなか面白かった。
うん、スクリーンで楽しみたい作品。

# by mikibloom | 2019-02-09 14:50 | 映画

アクアマン

c0015706_08592294.jpg予告が面白そうと思った作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り翌日の土曜日、お昼の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑してました。

人間として育てられた、海底国アトランティスの末裔。彼は、サメをはじめ地球の魚すべてを従えて戦うことができる男、アクアマン。地上を超える未知の文明をもつアトランティスが、人類の支配を狙い侵略を始めたとき、彼が守るのは…地上か、それとも海か!?

スーパーヒーローは色々いるけど、海の中は今回初めて。まあ、前半見たところで、もう後半の展開と、結末はわかる感じ。なので、ゆったりと楽しみたい。まあ、作品はCG満載だし。よくこんなシーンとれたよねなどと思いながら見ていた。ラスト、次はこの展開か!!と思わせぶりな感じ。
うん、スクリーンで楽しみたい作品。

# by mikibloom | 2019-02-09 11:40 | 映画

ファースト・マン

c0015706_09000655.jpgライアン・ゴズリング主演の最新作ということで早速見に行ってきました。

今日は封切り翌日の土曜日、朝一番の回を見に行ってきましたが大勢の方でまずまずの入りでした。

まだ携帯電話も無かった時代に、月へと飛び立ったアポロ11号。それは人類初の月面着陸という、前人未踏の未知なるミッションにして、人類史上最も危険なミッションだった…!
c0015706_09000916.jpg当時は、まだまだ未発達のコンピューターでロケットの軌道を計算したり、手計算で計算したりと、別な映画でも紹介されていたけど。未知の領域のための訓練など、結構大変だったんだろうなと思いながら見ていた。どんなことが必要で、そのためにはどんな器具でどのような訓練が必要なのか、手探りでの時代。それでいて、ソ連との宇宙開発競争に勝つため、早く早くと急き立てられている時代だよね名度と思いながら見ていた。訓練中の痛ましい事故も描かれてあったり。あれって…!!!と言葉がなかった。そして、初めての月面着陸。そこに行くまでの大変さ。そして、どんな局面でも冷静に状況判断し、対処するニール船長のすごさ。表情に出さないけど、頭の中は大変だったのか!??でも、こんな判断ができたってことはすごいなぁなどと思いながら見ていた。
ラスト、えっっこんなところで終わり!?もうちょっと見たいと思った感じ。
うん、スクリーンで楽しみたい作品。

# by mikibloom | 2019-02-09 08:50 | 映画

劇場版シティーハンター 新宿プライベートアイズ

c0015706_08592629.jpgあのシティーハンターが映画になったということで早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方で満席でした。

裏社会ナンバーワンの腕をもつシティーハンター冴羽獠は、普段は新宿に事務所を構え、相棒の槇村香と様々な依頼を受けている。そこに、何者かに襲われたモデル・進藤亜衣がボディーガードを依頼にやってくる。美女の依頼を快諾した獠だが、撮影スタジオで更衣室を覗いたり、もっこり全開のやりたい放題…。亜衣がキャンペーンモデルを務めるIT企業の社長・御国真司は、なんと香の幼馴染。撮影現場で久々に香と再会した御国は彼女をデートに誘う。しかし、獠は香に無関心で亜衣にスケベ心丸出し…。一方、海坊主と美樹は傭兵が新宿に集結する、という情報を入手した。そして、傭兵達は何故か亜衣を狙うのだった…。敵の正体を探る冴子が直面する巨大な陰謀!来日する大物武器商人・ヴィンス・イングラードと最新兵器…御国の登場により、すれ違う獠と香。シティーハンターは亜衣と新宿を護りぬくことができるのか!?
c0015706_08592896.jpg冴羽獠のテンションの高さ、すごいなぁと思った。このテンションの声、声優の神谷明さん、まだ出せるなんてすごいなぁと思いながら見ていた。今の新宿が舞台。あのゴジラが煙を吐いたり、遊園ではこんなことになったり。うーん、この舞台は多分!??などと思いながら見ていた。エンドロールの後までストーリーがあるので、最後まで楽しみたい。
うん、当時のフアンはスクリーンで楽しみたい作品。

# by mikibloom | 2019-02-08 19:15 | 映画

天国でまた会おう(試写会)

c0015706_09001990.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方で満席でした。
c0015706_09002799.jpg1918年、休戦を目前にした西部戦線で、二人の兵士の運命が交わる。上官の悪事に気付き戦場に生き埋めにされたアルベールを、年下の青年エドゥアールが救ったのだが、その時に顔に重傷を負ってしまう。どんな事情なのか「家に帰りたくない」と訴えるエドゥアールのために、アルベールは彼の戦死を偽装する。パリに戻った二人を待っていたのは、戦没者は称えるのに帰還兵には冷たい世間だった。仕事も恋人も失ったアルベールと、過去と縁を切ったエドゥアール。そこに、声を失ったエドゥアールの想いを「通訳」する少女が加わった。一度は負けた人生を巻き返すために、彼らは国を相手にひと儲けする大胆な詐欺を企てる。だが、そこには隠された本当の目的があった…。
c0015706_09002216.jpgなぜ彼はそこにいる!?そして、その語りの衝撃的なストーリーにびっくり。戦争の悲惨さ、その後の帰還兵の大変さ。アルベールが戦場で出会ったエドゥアール。エドゥアールは怪我のせいで言葉も話せず、食事も満足に取れず。そんな二人が考えたこと。そんなこと果たしてうまくいくのか!?そして、エドゥアールは自身のために作ったマスクの多彩さ。場面場面で出てくるこのマスクの美しさ、多彩さは印象的。でも、エドゥアールが一番望んだことは!?クライマックス、えっっ、なぜそんなこと!!とその展開にびっくり。そして、ラスト、えーーっっとまたびっくり。結構後半は衝撃的だった。
原作小説を読んでみたくなった。
うん、スクリーンで見たい作品。

# by mikibloom | 2019-02-07 18:45 | 映画