映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

エルネスト もう一人のゲバラ

c0015706_9364349.jpgオダギリジョーさんが実在の日系二世を演じるということで早速見に行ってきました。

今日は祝日、午後の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑していました。

キューバ革命後の1959年7月24日、キューバ使節団の団長として日本を訪問していたチェ・ゲバラは急遽広島へ向かう。平和記念公園で献花をし、原爆ドームや原爆資料館などを訪れた数々の惨劇の後を目にしたゲバラは、取材に同行した森記者らの前で「君たちは、アメリカにこんなひどい目に遭わされて、どうして怒らないんだ」と感想を述べるのだった。1962年4月、20歳の青年フレディは医療未発達の祖国ボリビアのため、ハバナ大学医学部への留学を目指してキューバへやってきた。寄宿舎での生活が始まり、思いを寄せるボリビア人女性のルイサや親友たちと共に、医者を志し勉学に励む。アメリカとソ連の対立が激化し、核戦争寸前までいく「キューバ危機」下では民兵として警備任務につくことになり、運命に翻弄されるフレディ。そんなある日、憧れのゲバラと対面し初めて言葉を交わしたフレディは、平和や平等のために戦う彼の人間的な深い魅力に心酔する。再び学生に戻り、医学を学んでいたフレディは祖国ボリビアで軍事クーデターが起きたという情報を耳にする。フレディは悩んだ末、同郷の友人と共にゲバラの部隊に参加することを決意。革命兵士としての訓練を受け、戦士名を授けられた彼は過酷な戦線へと向かう…。c0015706_13405656.jpgあの当時、ゲバラが日本に来ていたなんて、この作品を見て初めて知った。そして、出かけた先は、ヒロシマ。原爆の記念館などを訪れていたなんて、ビックリ。記者にそんなことを言っているというのも意外でした。たしかに、そう言われれば、そうなのかも。でも、当時の日本人は負けたから仕方がないと思ったのだろうか。また、アメリカの言い訳も。そして、青年フレディ、ボリビアからキューバに渡り、医学を学んでいる。なのに、自国の危機のため、部隊に参加することを選ぶ。故郷の医師となって、人々を救いたいと願っていたフレディが、それよりも民兵を選んだということを考えさせられた。クライマックスのシーン、同じフレディに助けられた家族でも、立場が違えばこんなに別な考えをしているのか、それとも、あの立場ではやむを得なかったのか、そんなことを考えさせられた。また、フレディを演じたオダギリジョーさん、演技もさることながら、全編む外国語での台詞、なかなか大変だったと思うが、すごいなと思った。
うん、こんな日本人がいたことを知るののもいいかも。スクリーンで見たい作品。
[PR]

by mikibloom | 2017-10-09 15:50 | 映画
<< アンダー・ハー・マウス ナラタージュ >>