人気ブログランキング |

映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

2012年 05月 19日 ( 5 )


この空の花

c0015706_0345530.jpg映画の予告を見て是非見ておきたいと思った作品、早速見に行ってきました。

今日は週末、夜の回を見に行ってきましたが、結構混んでいました。

天草の地方紙記者・遠藤玲子が長岡を訪れたことには幾つかの理由があった。ひとつは中越地震の体験を経て、2011年3月11日に起きた東日本大震災に於いていち早く被災者を受け入れた長岡市を新聞記者として見つめること。そしてもうひとつは、何年も音信が途絶えていたかつての恋人・片山健一からふいに届いた手紙ら心惹かれたこと。山古志から届いた片山の手紙には、自分が教師を勤める高校で元木花が書いた「まだ戦争には間に合う」という舞台を上演するので、玲子に見て欲しいと書いてあり、更にはなによりも「長岡の花火を観て欲しい、長岡の花火はお祭りじゃない、空襲や地震で亡くなった人たちへの追悼の花火、復興への祈りの花火なんだ」という結びの言葉が強く胸に染み、導かれるように訪れたのだ・・・。

新潟の長岡の花火は有名、その花火の話見たいと思って見に行ってきました。大林監督の不思議ワールドに彷徨いこんだって感じの作品。最初から人の話のテンポが随分と早い映画だなぁと思いつつ見ていた。時間軸が昭和20年の戦争当時、また現代、そして18年前とコロコロと変わっていくが、それでもその時代にふっと入り込んでしまっている自分がいる。映画の中で、新潟に新型爆弾という原子爆弾が落とされる候補地であったことは、父から聞いたことがあり知ってはいたが、その模擬爆弾というのが存在したなんて、この映画で初めて知った。また、そんな模擬爆弾が長岡以外にも全国で49ヶ所も投下されていたなんて、今まで知らなかった。また、長岡では焼夷弾で街が焼かれたことも初めて知った。
資料館にはそんな焼夷弾の実物模型があったり、今でも街のところから焼夷弾のかけらが出てくるなんて、まだ戦争は終わっていないんだと感じてしまう。戦争の事を子どもたちに語る語り部の話。そして、戦争の事を劇で現そうとする高校生たち。そんな中の高校生元木花役の猪股南さんの1輪車の演技はすごい。くるくるとよく回り、それでいて、人と話する時には1輪車に乗っているのにぶれない。また劇の中にも群舞で1輪車が出て来て、とても印象的。
戦争の話を語る人々の中に、シベリア抑留の体験談が出てきたが、そんな話も家人の父の遺品からつい最近知った。mikiたちはそんな体験者から戦争の事を聞いているが、mikiの家人はそういえばどこまで聞いたことがあっただろう、伝えていかなければならないことだなと思った。
花火の音を空襲の音と今でも同じに聞こえてしまう人、そんな悲しみは何時まで続くのかと思う。
この映画の中に、山下清さんの言葉「世界中の爆弾が花火に変わったら、きっとこの世から戦争は亡くなる。」という言葉が出てくるが、とても深い、重い言葉に感じた。
長岡の花火は観光ではないという、その意味も今回初めて知ることが出来た。
ラストの花火の映像がとても美しく、それだけに長岡の想いが感じられる。
これは是非スクリーンで見て欲しい作品、見終わった後思わず拍手したくなった。

by mikibloom | 2012-05-19 18:20 | 映画

極秘指令 ドック×ドック

c0015706_0331660.jpg映画のチラシが気になっていた作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、夕方の回を見に行ってきましたが、ぼちぼちの入りって感じでした。

オバマ大統領就任に沸く全米。そのすさまじい熱狂の裏で、息を潜め、じっと成り行きを見守る秘密諜報部員たちがいた。国防総省と統合参謀本部を母体に設立された、表向きは政府非公認のエリート部隊はファクトリーと呼ばれ、旧政権下でさまざまな裏工作に手を染めていた。ところが突然、そんな彼らを「全員抹殺」の極秘指令がくだされ・・・!!

最初っからなんかよくわからない設定だなぁと思って見ていた。で、途中からはなんか殺し合いを始めるし、それをなんか側の人間が監視していてそうかって感じで変に冷静で観ているし。でなんなの?何で殺し合いする必要あり!??と見ていて超つまんなーーい!!格闘のアクションシーンでもあまりにたるくて眠くなってしまってた。殺し合うにしても、それなりに有りならいいけど、ただ漫然とって感じで、しまりがない。
で、最後の結果はそれか!?ってその理由もなーんだって感じだし。
うーん、これって見る価値なし、スカ映画ってとこだなぁ!!

by mikibloom | 2012-05-19 16:30 | 映画

バッド・ティーチャー

c0015706_0304419.jpgキャメロン・ディアスさんの最新作、映画予告が面白そうと早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、昼過ぎの回を見に行ってきましたが、ぼちぼちの入りって感じでした。

エリザベスは「女の幸せ=玉の輿」だと結婚相手を探す毎日。そんなある日、幸運にもお金持ちの代理教師スコットが赴任してくる。運命の彼をゲットするには武器が必要と、豊胸手術にこだわるエリザベスはあの手この手で資金稼ぎ。思わぬ恋敵も現れ、前代未聞の大暴走が始まるのだが・・・。

久々のキャメロンさんの映画ということでたのしみにしていたんだけどねぇ。ダメ教師、それはそれでいいんだけど、豊胸手術のための資金をためるためにいろいろ稼ごうとしている姿ねそれはそれでなかなかだし、カーウォッシュのシーンもなかなか見せてくれて、この映画一番のシーンかな。一大決心して、生徒にピシピシと教え込むあたりはまあ見られるけど、そのあとのテスト用紙の話はそれだけ?って感じ。ライバルや同僚の話も出てくるけど、なんかちょっと~周りって感じで、うまく対立的に描けてないって感じ。そして主人公エリザベスも真に成長していない、その場限りって感じだからなんか観ていて面白く感じないんだろうなぁと思いつつ観ていた。
うーん、これは旧作DVDになってから1.5倍速で観ても遅くはないかも。機体大外れ!!

by mikibloom | 2012-05-19 15:00 | 映画

フェイシズ

c0015706_0285529.jpgミラ・ジョヴォビッチさん最新作ということで、楽しみにしていた作品、早速見に行ってきました。

今日は週末のお昼の回ということで、まずまずの入りって感じでした。

女性ばかりを狙った5件の殺人事件。シリアルキラーの名は「涙のジャック」、手掛かりはない。そして起きた6件目の犯行。目撃者は恋人と順風満帆な生活を送る小学校の女性教師、アンナ。「涙のジャック」に追いかけられ川に落ち一命を取り留めるも、目撃していたはずの犯人の顔が思い出せない。アンナは橋から落ちた時のショックで相貌失認になってしまっていた。恋人や家族の顔もわからなくなったアンナに忍び寄る「涙のジャック」の影・・・!そして、7人目、8人目の被害者が出る・・・!!

相貌失認、人の顔が判別できない、そんなことってあるのか!?と思いながら見ていたが、この映画の人たち、えっこの人これだっけと、意外やmikiも漫然と人の顔やストーリーを見ていた!?と思いながら見ていた。本当にこの人が夫だっけ?とか思ってしまう。一体犯人は??もしかして??と思ったり。どこかに潜んでいる犯人にやはりドキドキしたり。ただ、ちょっとストーリー展開がとろいって感じで、観ていてちょっと眠くなってしまう。男性はひげの有り無しでこんなに別人のように変わってしまうのか!?など思ってしまった。これなら近くにいてももしかしてわからないかも。
クライマックスのシーンはやはりハラハラドキドキ。アクションではない、犯人に追いかけられる役どころのミラさん結構頑張っているって感じ。
これなら新作DVDで楽しんでもいいかなって感じ。

by mikibloom | 2012-05-19 12:20 | 映画

ビターコーヒーライフ

c0015706_0252237.jpg映画のチラシを見て気になっていた作品、早速見に行ってきました。

今日は週末の朝一番の回、ぼちぼちの入りって感じでした。

福島県白河市内のしょうしゃな作りの喫茶店「ビターコーヒーライフ」。店のマスターは元警視庁捜査一課刑事の履歴を持つ。20年前の殺人事件で逮捕した犯人の娘を引き取り養女として育ててきたが、末期癌を患い余命短いことを悟り養女と出所後に行方が知れない実の父親を引き合わせようと奔走するが・・・。

主演の入川保則さんの遺作となった作品。ストーリー展開としては、まあまあって感じ。入川さんのしっかりした演技と、若い俳優さんのちょっとつたない感じとってところでストーリーが展開していく。アクションもちょっとイマイチなのだが、そんなところで病と闘って撮影しているのであれば、まあ仕方ないのかな。映画の主人公と実生活も両方とも病との闘い、そんな中でよく撮影をこなしたという感じ。
クライマックスの式のシーンではわかっていながらついウルッと来てしまった。チョイ役に意外な大物俳優が出てきたりと、脇がすごいかも。
うーん、ストーリー的には旧作DVDになったて、暇だったら借りてもいいかなって感じかなぁ。

by mikibloom | 2012-05-19 10:00 | 映画