人気ブログランキング |

映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

2013年 10月 05日 ( 3 )


レッドドーン

c0015706_14385933.jpg映画のチラシを見て気になった作品、さっそく見に行ってきました。

今日は封切り初日、午後の回を見に行ってきましたが、結構大勢の方が来ていて混雑してました。

アメリカのとある町で突然戦争が始まった。戦闘機が空を覆い、装甲車が道を塞ぐ。ほどなくして町は敵の手に落ちてしまった。そんな中、敵の手から逃れた若者たちがいた。次第に状況を把握していく彼らたちが見たものは、アメリカ全土が北朝鮮に占領されたというショッキングな現実だった。戸惑いながらも、銃を手に団結し立ち上がる決意をした彼らは、家族や愛する人々を守り、祖国を取り戻すために、レジスタンスとして反撃を開始するのだが…。

なんか最近のアメリカものの映画の仮想敵国って、ここかよ!って、この国結構頻繁に出てくるなと思いながら見ていた。それにしても、この国、こんなことできる?とおもいつつ、もしかしたらできるかもと思ってしまうあたりがこわいかも。考えてみれば、アメリカって自分の国が戦争になったことってホントないからねぇ、そんな時どうするのかと思いながら見ていた。敵国に占領された母国をいかにして取り戻そうとするのか。思わずその行動にハラハラドキドキ。結構面白い展開。けど、後半、うーん、この後どうなる?なんかちょっと中途半端な感じの幕切れって感じ。ってことは、当たったら2もの作る気満々なのかなと思ってしまった。
結構迫力があるので、スクリーンで見てもいいかも。

by mikibloom | 2013-10-05 15:05 | 映画

飛べ!ダコタ

c0015706_1437843.jpg映画のチラシを見て気になっていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日は封切り初日、お昼の回を見に行ってきましたが、結構大勢の方が見に来ていました。

昭和21年1月14日。太平洋戦争の終結からわずか5ヶ月後。佐渡島の小さな村に、英国空軍の要人機「ダコタ」が不時着した。はじめは、驚き、戸惑う、村民たちであったが、やがてイギリス兵との間に国境を越えた友情と絆を育み、「ダコタ」を再び大空へと飛び立たせていく…。

実話をもとにした作品。戦後すぐの冬の佐渡に不時着した要人機「ダコタ」とその乗組員と村の人々を描いた作品。当時の面影を残す古屋や木造の学校なのかな、丁寧なロケーションをしているなと思いながら見ていた。また、当時、戦争でけがを負ったもの、息子の帰りを待つ母の姿も丁寧に描かれているし、イギリス人への心の葛藤と、母としての思いなど、見ていてウルッと来てしまうシーンが多々。
始めは戸惑っていた人々も、冬の日本海の大波が来るかもと、不時着した飛行機をみんなで高台に運ぼうとする、そんな姿に思わず感動。それは元敵として争ったという憎しみを超えた人としての思いやりを感じる。また、ダコタを再び空に返すために、村の人々が協力する姿、これにもまた感動。ラストのシーンは思わずウルウル。
戦後、こんな話があったのかと初めて知った。
見に行っていた人の中にも、よかったと話をしていた人がいた。
最近、いがみ合った話が多く聞かれるが、こんな話は、ぜひスクリーンで見てほしいなと思った。

by mikibloom | 2013-10-05 12:00 | 映画

マリリン・モンロー 瞳の中の秘密

c0015706_14364542.jpg映画のチラシを見て気になった作品、さっそく見に行ってきました。

今日は封切り初日、初回上映を見に行ってきましたが、まずまずの入りって感じでした。

わずか36歳でこの世を去り、永遠のアイコンとなったマリリン・モンロー。彼女の存在は今もなお多くの人々に影響を及ぼしている。しかし、その死の真相や彼女自身のパーソナリティは謎に包まれたままだ。没後50年で初公開された私的な文書を元に基に、彼女の生い立ちから最後までを丁寧にたどってゆく。また、結婚・離婚会見やインタビュー等の秘蔵映像も交え、彼女の厳重に隠された内面に光を当て、魂をよみがえらせるという試み。最後まで公には見せなかった情熱、野心、自分探し、権力への恐れ。そこには、当代きっての大女優というイメージとは程遠い、生身の女性としてのマリリン・モンローが映し出される。

彼女の死後50年に初公開された私的な文書、もちろん直筆であったりと、それをもとに、出生の話から最後までをマリリンという人物を丁寧に追って行っている。また、心の声を、いろいろな女優が演じているところも興味深い。マリリンという女優は、一人の人では演じきれないものなのかと思ってしまう。デビュー直前に、ダンスや演技や、はたまた乗馬などあらゆるものを貪欲に学ぶという逸話。すごいなぁと思いながら見ていた。女優となっても、彼女自身がマリリン・モンローという女優を演じているって感じ。その表の華やかさ、その裏の苦悩は自分の手記に現れているのかと考えた。見ていて中半はちょっと退屈してしまったが後半、彼女が度重なる結婚、そして離婚、そして、最後の作品のテイクの疲れ果てた表情。なんかかわいそうになってしまった。
うーん、やはりスクリーンの女優はスクリーンで見てみたい。

by mikibloom | 2013-10-05 09:10 | 映画