人気ブログランキング |

映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

2014年 11月 15日 ( 3 )


紙の月

c0015706_8211451.jpg宮沢りえさん主演ということで気になっていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日は封切り初日、午後の回を見に行ってきましたが、満席状態でした。

バブル崩壊後の1994年。夫と二人暮らしの主婦・梅澤梨花は、銀行の契約社員として外回りの仕事をしている。細やかな気配りや丁寧な仕事ぶりによって顧客からの信頼を得て、上司からの評価も高い。何不自由ない生活を送っているように見えた梨花だったが、自分への関心が薄い夫との間には、空虚感が漂い始めていた。そんなある日、梨花は年下の大学生、光太と出会う。光太と過ごすうちに、ふと顧客の預金に手をつけてしまう梨花。最初はたった1万円を借りただけだったが、その日から彼女の金銭感覚と日常が少しずつ歪み出し、暴走を始める。

普通の主婦が、手を染めて、とことん走って行ってしまう。その出発点って一体どこだったんだろう。どこで間違えてしまったんだろう。そんなことを考え考え見ていた。中盤から、どんどん深みにはまっていく梨花。分かっているのに…。と、ひとつの嘘が段々と嘘に嘘を重ねて…。mikiはそんな深みにはまっていくシーンが苦手で、スッゴクながく感じていた。はあっっ、逃げ出したくなる!!!でも、この梨花はとことん走ってしまっている。偽造まで手を染めて…!!そんな梨花とは対照的なベテラン行員役の小林聡美さんの役どころがスッゴク対照的で光っている。クライマックスの二人のシーンはすごく印象的。
また、梨花がのめり込むきっかけとなった光太役の池松壮亮さん、こんな役どころ多いけど、なんか分かるなぁと思いながら見ていた。
クライマックス、今の梨花と、過去のシーンの回想が印象的。もし、自分だったら、どこで歯止めがかかる!?どこまで行く!??考えてしまった。
うーん、宮沢さんの梨花がすごく印象的、是非スクリーンで見てほしい作品。

by mikibloom | 2014-11-15 15:50 | 映画

神さまの言うとおり

c0015706_820725.jpg福士蒼汰さん出演の最新作ということでさっそく見に行ってきました。

今日は封切り初日、お昼の回を見に行ってきましたが、ほぼ満席状態でした。

退屈な日常にうんざりしている高校生・高畑瞬。ところがある日、突如として教室に現れたダルマさんが、命をかけた授業の始まりを告げる。ダルマ、まねき猫、コケシ、シロクマ、マトリョーシカ…。動き、しゃべる、愛くるしくて不気味な彼らから次々と出される課題をクリアしなければ即、死。これは遊び?何の為に?神の子とは?瞬をはじめ生き残った高校生たちを待っていたものとは…?

突然起きただるまさんが転んだ、うーん、mikiならこれでおさらばかも。けっこうバイオレンスで、凄いシーン、どぎついシーンが多いのだがビー玉での表現でどうにかこうにかやんわりとなっている感じがする。今回は福士蒼汰さんが主人公瞬を演じているが、友人の役での染谷将太さんや神木隆之介さんらもすごく濃いキャラを演じている。とくに神木さんの狂気画かった役どころは凄いかも。そのあとの招き猫やコケシやシロクマ、マトリョーシカ、そしてそして…。で、ところどころに出てくるあの人たちは一体!??そんな謎も謎のままで、これってそのあとがあるのか!??凄く衝撃的。
スクリーンで見てもいいかも。

by mikibloom | 2014-11-15 12:45 | 映画

パワー・ゲーム

c0015706_8185125.jpg映画の予告が面白そうと思った作品、さっそく見に行ってきました。

今日は封切り初日、初回を見に行ってきましたが、企業ものということで男性を中心に混雑していました。

巨大IT企業ワイアット社に勤めるアダムは、ハングリーな成功願望を抱く若者。そんな彼がCEOのワイアットに弱みを握られ、驚くべき指令を下される。ワイアットの宿敵のカリスマ経営者ゴダード率いるアイコン社に潜入し、新製品の極秘情報を盗めというのだ。やむなくアダムは危ういスパイ活動を行うが、強大でしたたかな権力者ふたりの板挟みになり、逃げ場を失っていく。絶体絶命の窮地に陥ったアダムは、人生のすべてを懸けた大勝負に打って出るのだった…。

何年働いても、全然昇給しない現代の労働者と、一握りの経営者が全ての富を持っていくという、いかにも現代的な図式がはっきりとしている。そんな中、勝ち組になりたいという野望のアダムは、産業スパイとしてライバル会社に潜入。と、相手に信用されるには、やはり服装からなのか。そんなことも考えてしまう。洗練された家具と住まい。そして服装、身のこなし。セレブとなるには、やはりそれなりに必要なのか。そして、潜入した会社の情報搾取。潜入のシーンはそれこそハラハラドキドキ、どうするんだろうと見ていられない!!とそわそわしてしまった。
そして、クライマックス、いったいアダムは!??逆転できるのか!??そんな手があるのか!!
ラストの展開、なんかほっとして、うん、今度は上手く行くといいなぁ等と思った。
それにしても橋の向こう側とこちら側、こんなにもアメリカって違うんだと感じた。
アメリカの産業スパイ物、スクリーンで楽しんでもいいかも。

by mikibloom | 2014-11-15 09:40 | 映画