人気ブログランキング |

映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

2015年 03月 21日 ( 3 )


陽だまりハウスでマラソンを

c0015706_12532960.jpg映画の予告が気になった作品、さっそく見に行ってきました。

今日は封切り初日、午後の回を見に行ってきましたが、結構大勢の方が見に来ていました。

元オリンピック選手で伝説のランナー・バウルは、最愛の妻の病気をきっかけに夫婦で老人ホームに入居する。忙しく働くひとり娘に負担をかけられないからだ。70歳を越えても心身共に健康なパウルは子供だましのレクリエーションや規則にとらわれる施設側の態度に耐えられず、ウン十年ぶりに走り始めることに。目標はベルリン・マラソン完走!呆れ顔だった妻も、パウルの熱心な姿に影響されて名サポート役に復帰。パウルの若き日を思い出した元詐欺師で片想い中のフリッチェンや優雅で美しいジャンヌ・モロー気取りのモートホルスト婦人、バイオリニストの娘を自慢するはラビンスキー夫人など個性的でチャーミングな入居者たちは、にわか応援団を結成し、ホームは賑やかに変わっていく。ところが、大会が近づいたある日、妻が倒れるアクシデントが!最大の理解者を失って動揺するパウルを施設は「老人性うつ」と診断。自由に走ることすら許されない状況に…!

最近、高齢者が主人公となっている作品が多くなっている気がするが、これもそんな作品のひとつ。ドイツの老人ホーム事情も見えてくるので、日本と違ってどうなのか、そんなことも思いながら見ていた。バウル夫妻が入居したホームは、個室型で、夫婦単位で入居できるみたい。それでも、やっていることは、結構日本でも似ている感じで、子供だましの御遊びって感じ。その人その人で、痴呆などのレベルが違っていたり、それまでの生活が違っていたりすれば、こういったことも必要なのかもしれないが、もっと知的なものも必要なのかも。といいながら、そんな場所や、提供されるものも無かったりで、どこも難しいのか。
さて、パウルは、妻のサポートで、マラソンを目指すことになるが、クライマックス、妻の病気が分かるあたりから、結構ウルッと来てしまった。そして、施設に戻ったパウルは!?はたして、マラソンに出られるのか!?クライマックスのパウルの頑張りにおもわずウルウル。
ラストの展開もなんか納得。
うん、期待以上にクライマックス以降は展開した感じ。
スクリーンで見てもいいかも。

by mikibloom | 2015-03-21 15:30 | 映画

劇場版 境界の彼方 I'LL BE HERE 過去篇

c0015706_12522628.jpg映画のチラシを見て気になった作品、さっそく見に行ってきました。

今日は土曜日、お昼の回を見に行ってきましたが、男子を中心に満席に近いくらい入ってました。

妖夢という異形の討伐を生業としている異界士の少女・栗山未来は、異界士の中でも特殊な呪われた血を持つ一族の最後の生き残りだった。ある日、未来は半妖で不死身という特性を持つ少年・神原秋人と出会う。秋人との出会いは未来の日常に変化もたらしていく

テレビシリーズを見ていないmikiなのだが、これを見に行く前に家人に、この作品ってどお!?と聞いてみたら、テレビシリーズを見ていないmikiには難しいかもと言われていた。
うーん、今回は、たしかに、テレビシリーズを見ていないとわからない設定感。妖夢との戦いあたりは分かるのだが、その戦いや、設定がぶっ飛んでいて、見ていてわけわかんなくなりそう。なのに、ストーリーテンポがとろくて、中盤、いつの間にか眠ってしまっていた。と、これは、mikiがテレビシリーズを見ていないせいかもと思っていたら、隣の人も寝ていた感じなので、mikiだけではない、よかったと思った次第。
見終わった人も、なんかわかりずらい感じを抱いていた感じ。
うーん、もうじき未来編をやるのだが見ようかどうか、ちと複雑って感じだなぁ。
もし見るならDVDレンタルで、過去篇・未来篇をまとめて借りて、1.5倍速くらいでちゃちゃっと見てしまいたい気分だ。

by mikibloom | 2015-03-21 11:55 | 映画

暗殺教室

c0015706_12493661.jpg人気漫画の実写映画化ということで、さっそく見に行ってきました。

今日は封切り初日、初回を見に行ってきましたが、女子を中心にほぼ満席状態でした。

有名進学校椚ヶ丘中学の落ちこぼれクラス3年E組に突然、タコ型の謎の生物が担任教師として現れた。E組の生徒達は国家から来年の3月に地球を破壊すると宣言している「謎の生物(=通称・殺せんせー)の暗殺」の任務を依頼される。その成功報酬はなんと100億円!はたして、無茶振りをされた生徒たちの運命は?そして、以外に生徒想いな「殺せんせー」の真の目的とは??



c0015706_12501545.jpgアニメシリーズをいつも楽しみにしているmikiだが、どんな実写版となっているのか、これも楽しみにしていた。冒頭、えっ、この設定、もうなってしまうのか、とか、えらい展開が早くない!?と思いながらちとびっくりしながら見ていた。そして、中盤の殺せんせーの女装とか、子供版とか、見ていて思わず「かわいい!!」と声をあげてしまっていた。暗殺といっても、その技術の為に、いろいろと学ばなければならないことをさりげなく生徒に教えてあげたりして、なかなか面白いところがある殺せんせー。クライマックス、一大イベント、いったいどうなるのかとドキドキ。また、鷹岡教官の不気味な感じが、最近、こんな役どころが多い高嶋政信さん、好演。ラストまであっという間だった。そして、エンドロールには、撮影の風景や、驚きのスタッフロールなど。最後まで楽しめた。
うん、これはスクリーンで楽しみたい作品かも。

by mikibloom | 2015-03-21 09:00 | 映画