人気ブログランキング |

映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

2016年 01月 09日 ( 3 )


信長協奏曲(試写会)

c0015706_9354322.jpgドラマも面白く、映画を待っていた作品、早速見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方が見に来ていて、満席でした。

安土城の完成と天下統一を目前にしたサブローはふと手にした教科書で織田信長は間もなく死ぬ運命にあることを知る。その運命に戸惑い、苦悩するサブローだったが、帰蝶や家臣たちの力強い支えのもと、運命に抗い、この時代で生き抜くことを誓うのだった。そして、愛する帰蝶との結婚式を計画するサブロー。場所は京都・本能寺…。時を同じくしてサブローの周りでは不穏な企てが水面下で動き出していた。周囲から愛されるサブローに嫉妬心を抱く光秀。果たしてサブローは織田信長の歴史を変え、彼の望む平和な国を築くことができるのか!?1582年、本能寺で彼を待ち受けるものとは!?
c0015706_936165.jpgドラマの総集編も最初に流されるので、あ、そうだったそうだったと思い出しながらの鑑賞。天下統一目前の織田信長。いったいどうなるのか、本能寺は!?というのが今回の一番の見どころ。その前の戦でも、アクションシーン、旬くん頑張ってます。また、1人二役、なかなか難しいシーンもすごいなと思いながら見ていた。帰蝶との結婚、本能寺の出来事。
そうそう、あのシーンでは、豊臣を演じる山田孝之さんの演技がすごいと思いながら見ていた。いままでの恨みを全部込めてのあのシーンは印象的。
ラスト、いったいどうなるのかと思ったら、そうなるかぁ。それも納得。
エンドロールでは、ミスチルさんのあの歌も。
うん、やはりスクリーンで見たい作品。

by mikibloom | 2016-01-09 18:30 | 映画

ヘリオス 赤い諜報戦

c0015706_9335735.jpg映画のチラシを見て気になった作品、早速見に行ってきました。

今日封切り初日、お昼の回を見に行ってきましたが、ほぼ満席状態でした。

韓国が開発した超小型核兵器DC-8が「ヘリオス」という名の謎の犯罪組織の「使者」によって奪われた。一方、香港警察はヘリオスが香港でDC-8の取引をする情報をつかみ、リー隊長を中心に、危機対策本部の顧問となった核のスペシャリストであるシウ教授とともに対策を練る。その頃、中国から情報を得た韓国政府は、国家情報院のチェ理事官と護衛のパク諜報員を香港に送る。香港警察とともに取引現場に向かったパクは、密輸組織と取引していた使者を追い、DC-8を奪還することに成功する。だが、DC-8は中国公安警察のソン部長の一言により、香港で保管することになる。香港が吹っ飛ぶほどの威力を持つDC-8を巡り、中国・香港・韓国の三者三様の思惑が張り巡らされる。そして使者もDC-8を奪おうと動いていた…。
c0015706_93414100.jpg中国・韓国・香港を舞台にした警察と犯罪者のストーリー。さすがにアクションシーンはこれでもかと爆薬を使って、すごいシーンに仕上がっている。ただ、登場人物が多くて、そのうえ、国をいろいろまたいでのストーリー展開で、見ていて、あれか、この人は!??なんて思てしまう。で、なかなか肝心のあの兵器のストーリーがまとまらないなぁ、おまけに日本まで出てくるし、ってこんなところが舞台って…とおもったり。で、ラストに、えっっこれ、まだ続くの!??だったらもっと先に言ってよって気持ちになった。そうそう、ジャッキー・チェンさん、こんなところに出ていたなんてとちょっとびっくり、わからなかった!!!
うーん、2以降が封切りになってからDVDレンタルで見てもいいかも。

by mikibloom | 2016-01-09 12:45 | 映画

人生の約束

c0015706_9321433.jpg竹野内豊主演の最新作ということで、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、初回上映を見に行ってきましたが、まあまあの入りでした。

会社の拡大にしか興味のないIT関連企業CEO・中原祐馬の携帯に、共に起業しながらも会社を追い出す形で決別してしまった、かつての親友・航平から、ここ数日、何度も着信があった。胸騒ぎを覚えた祐馬が航平の故郷へ向かうと、そこで待っていたのは予期せぬ親友の死だった。町内会長の西村玄太郎に話を聞くと、病に侵され余命僅かだった航平は、最後に曳山につながりたいと故郷の土を踏んでいた。事態を飲み込めない祐馬が線香をあげようとするも、航平の義兄・鉄也は会社を追い出したあげく、航平からの電話を無視し続けた祐馬を許すことが出来ず、殴りかかってしまう。故人を惜しむ場が荒れるのを防いだのは、航平の忘れ形見ともいえる娘・瞳の落ち着いた対応だった。かつての親友に子供がいたことに驚く祐馬は、自分に何か出来ることはないかと瞳に聞くと、物憂げな瞳が重たい口を開いた。「西町から四十物町の曳山を取り返してくれますか?」。航平の故郷・富山県の新湊にある四十物町では、前代未聞の曳山譲渡に町が揺れており、約束を反故にした新興の西町に、航平は最後を迎える瞬間まで抗議をしていたのだ。一方、東京では祐馬の会社が不正取引の疑いで強制調査を受け、祐馬は会社や仲間だけでなく、全てを失ってしまうことに。一人になってしまった祐馬だったが、たった一つだけ残ったもの、瞳との約束を守るため再び新湊に向かう。そこでは祭りがすく間近に迫っていた…。
c0015706_9322979.jpg

IT企業のCEOと、かつての親友のストーリー展開。まあ、祭りの曳山の当たりはわからない人が見ればやはりわからないんだろうなぁと思いながら見ていた。町で持っている曳山を譲渡って、それこそ、設定としても聞いたことがないし。それだけに、曳山に寄せる特別な思いってあるのかもと思った。クライマックスの曳山のシーンはやはり圧巻。そんな友の思いを実現しようとした祐馬のシーンにはウルウルした。
うーん、あの祭りに興味がある方はスクリーンで見てもいいかも。

by mikibloom | 2016-01-09 09:00 | 映画