人気ブログランキング |

映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

二ノ国(試写会)

c0015706_08504426.jpgゲームの映画化ということで早速見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方でほぼ満席状態でした。

頭脳明晰で、心優しい秀才のユウ。バスケ部のエースのハル。そしてハルの恋人コトナ。同じ高校に通う幼なじみの3人は、かけがえのない親友だった。突然の事件が起きるまでは…。ある日突如ユウとハルが迷い込んだ見知らぬ場所、そこは想像を超えた魔法の世界「二ノ国」。現実(一ノ国)と隣合せにある、この美しく不思議な世界で、2人はコトナにそっくりなアーシャ姫と出会う。どうやら二ノ国には、一ノ国と命が繋がっている「もう1人の自分」がいるらしい。アーシャ姫に死の呪いがかけられたことをきっかけに、ユウとハルはふたつの世界に残酷なルールがあることを知る。二ノ国で尽きるはずの命を救えば、一ノ国の人間がその代償を払うことになるというのだ。そして二ノ国ではアーシャ姫が、一ノ国ではコトナが、死の呪いにかけられていた…。ふたりの彼女、救えるのはひとつの命…明るく健気なアーシャ姫を守りたいユウと、コトナを助けたいハルに突きつけられた残酷なルール、ふたりが下した「究極の選択」とは…。
c0015706_08504894.jpgうーん、見終わってしばらく経つのだが、ラストの展開にえっっ!?とまだ疑問を持ってしまっている。うーん、じゃああれは!??とおもったり。その謎は、もう一回見ると解けるのかなぁ!??考えてしまう。それに、二ノ国の理論も、確かにこれはあるのだが、そうなるか!??とも思ったり。まあ、それを抜きにすれば、なかなか面白いかなと思ったが、コトナとアーシャの声の永野芽郁さんの声がうーん、ちょっと…!??って感じだったかなぁ。
ファンタジー物が好きな方はスクリーンで楽しんでもいいかも。

# by mikibloom | 2019-08-16 18:30 | 映画

ゴーストランドの惨劇

c0015706_08503687.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日はレディスデイ、午後の回を見に行ってきましたが大勢の方で満席でした。

人里離れた叔母の家を相続し、そこに移り住むことになったシングルマザーのポリーンと双子の娘。姉のヴェラは、奔放で現代的な少女。一方妹のベスは、ラヴクラフトを崇拝する内向的な少女。双子の姉妹ながら、性格は正反対だった。新居に到着したその日の夜、突然の惨劇が一家を襲う。2人の暴漢が家に押し入ってきたのだ。しかし、娘を守ろうとする母は必死に反撃し、姉妹の目の前で暴漢たちをメッタ刺しにする…。あの惨劇から16年後。ベスは小説家として成功していたが、ヴェラは精神を病み、今もあの家で母と暮らしていた。久しぶりに実家に戻ったベスを母は迎え入れるが、ヴェラは地下室に閉じこもっていた。そして、ベスに向かってヴェラは囁く。「あなたはまだここにいる」と…。
c0015706_08503842.jpg作家として大成したベスと、対照的な姉のヴェラと、その姉をみている母。そんな展開で見ていると…!!!うーん、これは、どっちが本物!??現実は!??その終わらない恐怖、いったいどうなるのか。母は!??姉妹はどうなってしまうのか!??クライマックスの展開ももう怖くてバクバク。えーーー!!!ここまで来てまだ!!!でどうなる!??その恐怖はすごいだろうと思ってしまう。まあ、ラストの展開、ちょっと強引な感じもしないではないが、まあいっか!!!
うん、スクリーンでブルブルしたい作品。

# by mikibloom | 2019-08-14 14:20 | 映画

シークレット・スーパースター

c0015706_08504103.jpgアミール・カーンさんがわき役に徹するということで早速見に行ってきました。

今日はレディスディ、お昼の回を見に行ってきましたが大勢の方で満席でした。

インド・ヴィドーダラーで暮らす14歳の少女インシアは、幼い頃から歌うのが大好き。ただ1つの夢はインド最大の音楽賞のステージで歌うことだった。しかし父親は、娘が学業に専念し、叶わない夢など見ないよう歌を禁じる。彼女は顔を隠した姿で、弾き語りで歌った動画をこっそりYOUTUBEにアップ。彼女の歌声はたちまち大人気となり、ネットユーザーたちの間でホットな話題となる。そして、インドで有名だが若干落ち目の音楽プロデューサー、シャクティ・クマールとの偶然の出会いが、彼女と、彼女の歌声に感動したあらゆる人たちの人生を変えていく…。その矢先、インシアに大きな障害が立ちはだかるのだった。

うーん、インド映画って面白いけど、この長さ、どうにかして欲しいかなと思ってしまう。前半のインシアのYOUTUBEデビューまでのくだりが面白いけど長い。後半の歌手デビュー、お母さんのこと、シャクティ・クマールとの出会いとなかなか面白いのだが、そこまでが長くて。ラスト、うーん、ああなる!??とその展開もちょっと??となってしまった。それでいいのか!??たしかに、途中インシアと父と母と弟の話もすっごくよくて、ウルっと来るところもあって、いいのだが、ちょっと残念かなぁ。エンドロールの最後、あれはサービスかなって感じ。
うん、スクリーンで見たい作品。

# by mikibloom | 2019-08-14 11:00 | 映画

ライオン・キング

c0015706_08505720.jpgライオンキングの超実写版ということで早速見に行ってきました。

今日はレディスディ、朝一番の回を見に行ってきましたが大勢の方で混雑していました。

命溢れるサバンナの王国プライドランド。その王であるライオン「ムファサ」に、息子「シンバ」が誕生する。だが、シンバはある「悲劇」によって父ムファサを失い、王国を追放されてしまう。新たな世界で彼は仲間と出会い、「自分が生まれてきた意味、指名とは何か」を知っていく。王となる自らの運命に立ち向かうために…。
c0015706_08510188.jpgアニメ版のこの作品はちょっと見る気がしなかったのだが、この超実写版は、まるで本物の動物に演技させて、それに声を当てている感じで最後まで楽しむことができた。mikiは日本語吹き替え版を見に行ってきたのだが、字幕を追うこともなく、映像、ストーリーに集中できて楽しめた。ムファサの弟スカーの声の江口さん、最初は今までにない江口さんだなぁと思いながら聞いていたのだが、後半は、いかにも江口蘭らしい声になっているなどと思ってしまった。映像もすごいし、動物の動きもそれこそすごい。うん、最後まで楽しめた。
うん、スクリーンで見てもいいかも。

# by mikibloom | 2019-08-14 08:40 | 映画

あなたの名前を呼べたなら

c0015706_08503381.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、朝一番の回を見に行ってきましたが大勢の方で満席でした。

経済発展著しいインドのムンバイ。農村出身のメイド、ラトナの夢はファッションデザイナーだ。夫を亡くした彼女が住み込みで働くのは、建設会社の御曹司アシュヴィンの新婚家庭…のはずだったが、結婚直前に婚約者の浮気が発覚し破談に。広すぎる高級マンションで暮らす傷心のアシュヴィンを気遣いながら、ラトナは身の回りの世話をしていた。ある日、彼女がアシュヴィンに小さなお願いをしたことから、ふたりの距離が縮まっていく…。

インドの発展著しい都会で、トップで生きる建設会社の御曹司。そして、その身の回りの世話をやくメイドのラトナ。古い考えの農村と、メイドとして働く都会の日々を丁寧に描いている。メイド同士の愚痴の中で、こんなことがと思ったり、ラトナの里帰りなのに、そんなことがとおもったり。まだ古い考えが根強い地域でもがくラトナ。恋しい思いが次第に募るふたりの想いがよく描かれている。ラストの展開、ラストのワンフレーズがとても印象的だ。良質なインド映画。
うん、これは是非スクリーンで見たい作品。

# by mikibloom | 2019-08-13 10:30 | 映画

よこがお

c0015706_08505498.jpg映画の予告が気になった作品、ようやく見に行ってきました。

今日は休日、お昼の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑していました。

訪問看護師の市子は、その献身的な仕事ぶりで周囲から厚く信頼されていた。なかでも訪問先の大石家の長女・基子には、介護福祉士になる勉強を見てやっていた。基子が市子に対して、密かに憧れ以上の感情を抱き始めていたとは思いもせず…。ある日、基子の妹・サキが行方不明になる。すぐに無事保護されるが、逮捕された犯人は意外な人物だった。この事件との関与を疑われた市子は、ねじまげられた真実と予期せぬ裏切りにより仕事を奪われ、恋人との結婚も破談になる。すべてを奪われた市子は葛藤の末、復讐を心に誓い、「リサ」となって、ある男の前に現れる。

突然の誘拐騒動、その加害者側の立場に立ってしまった人どうしたらいいのか。昨今の過熱する報道、マスコミの対応、そんなことに考えさせられる。そして、そんなマスコミに人生を壊されてしまった女性の復讐。過去と今との同時展開、うーん、こっちは過去で、こっちは…と思いながら見ていた。ラスト、そんな展開になるのかと思いながら見ていた。昨今の過熱報道を考えさせられる。思わず、加害者にも被害者にも、ましてその当事者のそばの人にもなりたくないなぁと思ってしまった。
うん、スクリーンで見てもいいかも。

# by mikibloom | 2019-08-12 13:20 | 映画

ピータールー マンチェスターの悲劇

c0015706_08505103.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は休日、朝一番の回を見に行ってきましたが大勢の方でほぼ満席状態でした。

ヨーロッパ諸国を巻き込んだナポレオン戦争も、1815年のウォータールーの戦いを最後に、ようやく終結。だが、英国では勝利を喜ぶのも束の間、経済状況が悪化、労働者階級の人々は職を失い、貧しさにあえいでいた。彼らに選挙権はなく、あちこちで不満が爆発し、抗議活動が炸裂していた。1819年8月16日、マンチェスターのセント・ピーターズ広場で大々的な集会が開かれ、著名な活動家であるヘンリー・ハントが演説することになる。だがこれは、あくまで平和的に自分たちの権利を訴えるデモ行進になるはずだった。あろうことか、サーベルを振り上げた騎兵隊とライフルで武装した軍隊が、6万人の民衆の中へと突進するまでは…。誰がいつどんな指示を出したのか、本当の目的は何だったのか、どうして止められなかったのか、傷つけられ殺された者たちのその後は?そして政府の見解は…?

ナポレオン戦争後の庶民の不満、富める者の搾取、そんな中で庶民がいかに平等な選挙権を望んだのかを描いている。有名な新聞の創刊のきっかけとなった事件だそうだが、うーん、ずっと淡々としていて、クライマックスの騒動はたしかにすごいし、これだけのエキストラもなかなかすごいかもと思いながら見ていた。で、その後は!?うーん、なんかちょっと尻切れトンボのような。結局王は!?で、庶民は!??その後どう動いたのか、その歴史をよく知らない者たちは知りたいかもと思った。うーん、ちょっと期待外れだった。
うーん、DVD新作レンタルで見てもいいかもって感じ。

# by mikibloom | 2019-08-12 09:20 | 映画

ワイルド・スピード スーパーコンボ

c0015706_08531732.jpgドウェイン・ジョンソンさんとジェイソン・ステイサムさん共演ということで楽しみにしていた作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、午後の回を見に行ってきましたが大勢の方でほぼ満席状態でした。

ロサンゼルスで娘と暮らす元FBI特別捜査官ルーク・ホブスと、ロンドンで優雅な生活を送る元MI6エージェントのデッカード・ショウ。2人の元に、行方をくらませたMI6の女性エージェント・ハッティを保護して欲しいという政府の協力要請が入る。ハッテイは全人類の半分を滅ぼす新型ウイルス兵器をテロ組織から奪還したが、組織を率いる男・ブリクストンに急襲され、ウイルスと共に消息を絶った。しかも、彼女はショウの妹でもあるという。ホブスとショウは「こんな奴と誰が組むか!」と協力を拒否するが、ウイルスの回収を最優先するため、仕方なく手を組むことに…世界の命運はこの2人に託された!
c0015706_08532397.jpgワイルドスピードって前作で一応終わったんじゃなかったっけ!?などと思いながら見ていた。前作では、色々車で盗みまくっていたのだが、今回は元FBIとMI6のエージェントという設定。うーん、ワイルドスピードと思ってみていると、なんか設定が違うし、そこから派生したのでも、別のシリーズとして歌ってもいいんじゃないと思いながら見ていた。まったく別物だし。まあ、ドウェインさんとジェイソンさんが出演して、アクションが凄くないわけないし。まあ、期待通り。それより敵キャラのブリクストンの死なない怖さの方がすごいかも。クライマックスの展開もなかなかすごいし、もちろんハラハラ。ただ、ウイルスの展開はちょっと無理があるんじゃない!??と思ってしまったのだが…!??
うん、スクリーンで楽しみたい作品。

# by mikibloom | 2019-08-05 14:35 | 映画

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー

c0015706_08531455.jpgあのゲームが映画に!!ということで早速見に行ってきました。

今日は平日、お昼の回を見に行ってきましたが、大勢の方で満席でした。

少年リュカは父パパスと旅を続けていた。その目的は、ゲマ率いる魔物たちに連れ去られた母を取り戻すこと。旅の道中、遂にゲマと遭遇し、魔物たちと激しい戦いを繰り広げるパパス。しかし一瞬のスキをつかれ、リュカの目の前で無念の死を遂げる…。それから10年。故郷に戻ったリュカは「天空のつるぎと勇者を探し出せば、母を救うことができる」というパパスの日記を発見する。父の意志を受け継ぎ、リュカは再び冒険の旅に出ることに。立ちはだかるいくつもの試練、そしてビアンカとフローラ、2人の女性をめぐる究極の選択。果たして冒険の先に待ち受けるものとは!?

nikiはゲームをやってないので、ゲームでのストーリーは知らないので、期待していたのだが…。ゲーム自体もすっごく長いストーリーなはず、それをどうこの時間で納めるのかと思ってみていた。うーん、どこに行くにもすぐストーリーがぶった切られたりするので、映画やアニメでのストーリー展開ではないなぁ、ゲームってこんな!?と思ってしまうし、あまりにもの展開のぶった切り方なので、見ていて疲れてしまう。話もあっという間に何年も飛んでしまうし、うーん…!?まあそれでもラストまで来て、ラスボスやっつけて!!と、その直前まではまあ見ていられたのに、ラスボスになって、えーーー!!!それかい!!!!!状態、なんか、夢おちならぬラスボス落ちかい!!と叫びたくなってしまった!!うーん、これでいいのか!???
ゲーム知らないmikiがこれなら、ゲーム知っている人はどうなんだろう!??と思ってしまう。
あえて、ゲーム知ってる人が、ツッコミするためにスクリーンで見るのもありかなぁ!?

# by mikibloom | 2019-08-05 11:45 | 映画

守護教師

c0015706_08532604.jpgマ・ドンソクさん主演の最新作ということで早速見に行ってきました。

今日は平日、朝一番の回を見に行ってきましたがまずまずの入りでした。

かつてボクシングのチャンピオンだったギチョルは、暴力沙汰によりコーチの職を失ってしまう。そんなギチョルが新たに見つけた仕事は、女子高の体育教師だった。しかし、それまで男ばかりの世界で過ごしてきたギチョルは、女生徒たちに囲まれて戸惑うばかり。なんとか学校に馴染もうとする中、不登校中の同級生の行方を探すユジンと出会う。その生徒は、家にも帰らずに忽然と姿を消してしまったのだという。他の教師はただの家出だと取り合わず、警察は口ばかりで全く捜査も進展しない。まるで、意図的に行方を捜していないかのように。ギチョルは、ユジンに代わり生徒の行方を捜そうとするが…。

マ・ドンソクさんの役柄、元ボクシングチャンピオンということだが、体型的にボクシングじゃあないなぁなどと思いながら見ていた。教師役として、白のワイシャツを着ているのだが、ムチムチ感がハンパない。なんかそれだけでカワイイ!!と思ってしまう。そんな高校教師役だが、生徒の失踪事件、それを追う女子高生と、心配する教師。いったい失踪した女生徒に何があったのか!?また同様にいなくなってしまったユジンの身は!?まあ、後半の創作のシーン、ちょっとストーリー的に無理があるんじゃない!?とツッコミを入れたくなるところもあるが、まあいっか。ギチョルの活躍ぶりはなかなか。ラスト、そんな展開に!!って感じ。
うん、マ・ドンソクさんフアンならスクリーンで見たいかも。

# by mikibloom | 2019-08-05 09:45 | 映画

トールキン 旅のはじまり(試写会)

c0015706_08380323.jpg作家J・R・R・トールキンの生涯のストーリーということで早速見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方でほぼ満席状態でした。

3歳の時に父を亡くしたトールキンは、イギリスの田園で母と弟と暮らしていたが、母の急死で12歳にして無一文の孤児になってしまう。その身を案じた母の友人モーガン神父が後見人となり、名門キング・エドワード校に遊学したトールキンは,そこで初めて心を許せる3人の野心溢れる少年たちと出会い、「芸術で世界を変えよう」と誓い合う。やがて16歳になったトールキンは、生涯を共にしたいと願う女性、エディスと出会うが、神父に交際を厳しく禁じられる。さらに、世界大戦の勃発が大切な仲間との絆さえも奪っていくのだった…。

うーん、トールキン作品の「ホビット」や「指輪物語」は読んだが、その作者ってどんな人!?と意外と知らないなぁと思いながら見ていた。第一次世界大戦中のシーンと、回想の学生時代のシーンと。淡々とした感じでストーリーが展開していった感じ。見ていて、あ、これがエルフ語なのか!?などと思ったし、色々出てくるクリーチャーはこんなところからヒントを得たのかと思った。ただ、ちょっと淡々としていて、もう少し作家シーンも欲しかったかなぁと思った。
うーん、トールキン作品が好きな方はスクリーンで見たいかな。

# by mikibloom | 2019-08-02 18:30 | 映画

世界の涯ての鼓動

c0015706_08381038.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、夕方の回を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。

ノルマンディーの海辺に佇むホテルで出会い、わずか5日間で情熱的な恋におちたダニーとジェームズは、別れの朝の引き裂かれるような痛みに、互いに生涯の相手だと気付く。だが、生物数学者のダニーには、グリーンランドの深海に潜り地球上の生命の起源を解明する調査が、MI-6の諜報員であるジェームズには、南ソマリアに潜入し爆弾テロを阻止する任務が待っていた。やがて恐れは現実となり、ダニーの潜水艇が海底で操縦停止に、ジェームズはジハード戦士に拘束されてしまう。

たった数日だけ出会って、それでも大切な人と思った二人。人は極限状態の時、どんなことを想うのか。一番好きだった人をひたすら思っているのか。そんなことを考えながら見ていた。ジェームズの監禁状態がいつまで続くのか、その時どんなことを考えているのか。また、ダニーは!?ただ、ダニーの潜水艦のシーンはちょっとあっけない感じに見えたけど、しゃあないか!?と思ってしまった。
うーん、ラストが中途半端な感じがした。
新作DVDで見たい作品かな。

# by mikibloom | 2019-08-02 15:35 | 映画

北の果ての小さな村で

c0015706_08381354.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、お昼の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑していました。

北極に位置するグリーンランド東部の、人口80人の村ニツキラークに、デンマークから28歳の青年教師アンダースが、子どもたちにデンマーク語を教えるために赴任した。家業の農場を継ぐか否か、迷った末の「自分探し」の選択だったが、甘い考えはすぐに打ち砕かれる。言語、習慣の違いで授業はままならず、考え方の違いから村人からは孤立気味。そして想像以上に過酷な自然…。そんな時、狩猟のために学校を休んだ児童の一人アサーの家を、叱責するつもので訪ねたアンダースは、少年の祖父母から、この地で暮らす者に必要な生活の知恵だけでなく、しなやかに強く生きていくための哲学を教えられることになる…。

登場人物すべてを本人が演じる、ちょっと珍しいリアルフィクション。そうだよね、こんな寒い地域にわざわざ俳優などおいて演技していられないよね。デンマークから来た教師と地元の子供たち、村民とのふれあい。なかなか溶け込むことが出来なかったアンダースがどうやって地元に溶け込んでいくのか。子供たちの先生となって暮らしていくのか。とくに犬ぞりでのシーンはなかなかすごい。こんな寒いところで犬ぞりを引く。またテントで寝泊まり。雪山を上るシーンはなかなか大変そう。でも、夜のオーロラのシーンはすごく綺麗。こんなきれいなオーロラが見られるなら行ってみたいかなぁ。でも、過酷な自然との生活。葬儀ってこんなふうにするんだとちょっとビックリだったり、夏の間にこんなことをするんだと思ったり。そんな暮らしでも、暮らしてみればまた楽しいのかなぁなどと思った。
うん、なかなか見られないグリーンランドの生活、スクリーンで見てもいいかも。

# by mikibloom | 2019-08-02 12:20 | 映画

出国 造られた工作員

c0015706_08380747.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、午後の回を見に行ってきましたが大勢の方で混雑していました。

経済学者のオ・ヨミンミむは、過去の行動によって韓国に戻ることが出来ず、亡命先の西ドイツでも評価されない日々に嘆いていた。そんな中、ある人物から北朝鮮で大学教授として働かないかと勧誘を受ける。自分の経済論が日の目を見れば今よりも良い暮らしができるかもと、妻ウンスクの反対を押し切り北朝鮮へと向かう。しかしそこで待っていたのは、大学教授としての日々ではなく工作員としての過酷な訓練だった。そしてついに工作員としての指令を受け、家族と共に再び西ドイツへ向かう事になる。空港で見張りを振り切り逃亡を試みるが、北朝鮮の工作員に妻と娘を人質に取られてしまう。家族を助けるために必死に奔走するが、各国の情報局は彼を泳がせ北朝鮮のスパイを捕まえるために利用する。誰も信じられない状況で、彼は家族を再び取り戻せるのか…!

この作品の舞台となった当時は、まだ北朝鮮パラダイス説ってあったんだと思いながら見ていた。北朝鮮はとても栄えていて、人々が豊かに暮らしている。そんな夢を追って経済学者が入国してみると…。妻子を奪われた男が、取り戻すために工作を行う。いったいどうなるのかハラハラしながら見ていた。とくに長女がダメと言われても動いてしまっていたり、いったい!!とイライラしてしまった。クライマックス、いったいどうなるってしまうのだろうとハラハラ。でも、情報局は絶対手を出さないなんて!!ちっとビックリ。ラストのシーンが印象的。
うーん、DVD新作レンタルで見たい感じかなぁ。

# by mikibloom | 2019-07-30 14:00 | 映画

ブレス あの波の向こうへ

c0015706_08380564.jpgチラシが気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、お昼の回を見に行ってきましたが大勢の方で混雑していました。

70年代、オーストラリア西南部の小さな街。正反対な性格の少年パイクレットと友人ルーニーは、刺激を求めて冒険に明け暮れる日々を送っていた。ある日彼らは、ミステリアスな雰囲気を漂わせるサンドーと出会い、サーフィンを教えてもらう。サンドーはかつて名を馳せた伝説のサーファーで、連日のように少年たちを海にいざなう。そのスリルや魅力にのめり込んでいき、少年たちはいつしかサンドーを人生の師と仰ぐようになる。彼らは次々に大きな波に挑戦していくが、友人だったパイクレットとルーニーは、成長するとともに強いライバル心を燃やすようになっていく。そんな折、パイクレットはある出来事によって、サンドーと対峙し自分の生き方を見つめるようになる…。

うーん、たしかに二人のサーフシーンはすごい。とくに波がチューブとなっているところを滑っていくシーンはなかなかすごい。あれは結構難しいんでしょ。サーフィンに興味がある方は、一見の価値ありってとこかなぁ。ただ、ストーリー的にはちょっと退屈で、途中眠ってしまった。
うーん、サーフシーンのすごさはスクリーンで見たいけど、映画が安くみられるときに見たいかなぁ。

# by mikibloom | 2019-07-30 11:55 | 映画