映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2008年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧


ナルニア国物語 カスピアン王子の角笛(試写会)

c0015706_8285895.jpgお友達のみらいしゃんと、今日は梯子映画。試写室でのだれよりも早い試写ということで、見に行ってきました。
この原作って、前半のどちらかというと平和なお話ってところがけっこうたらたらと長いのよね。もしこの原作を映画化するとしたら、やはり最後のシーンが長いのかなと思っていたら、やっぱり。でも、しょっぱなから、ストーリー展開が早い早い。飽きずに見てしまいました。まあ、原作と実写に出演する子どもたちはどうしても時間的な展開があるので、ちょっとシチュエーションも変えてはいるけど、それは仕方ないよね。カスピアン王子も、あっっっここからの出演、いったいどうなるのか、はらはらどきどきとしながらの鑑賞。でもでも、え?このシーンって原作にあったっけ?などと思いながら。まあ、mikiの印象では原作の1割もないシーンを映画の9割にしてみせているかんじで、しかたないかな。とくに今回はカスピアン王子、アーサー、エドモンド、スーザンのアクションが多く、みていてカッコいい! !とくに、スーザンの弓を番えるシーン、決まってます。また、末っ子のルーシー、すっごく大きくなって、かわいい!!そしてアスランとのストーリーも原作を壊さずに、納得。家族で楽しめる映画。
[PR]

by mikibloom | 2008-05-18 16:00 | 映画

ギャラクティカ(試写会)

c0015706_828656.jpg映画好きのmikiだが、よく会社の同僚に、海外ドラマって見ないの?と聞かれることがある。うーん、見たいけど、はまってしまう自分がわかるから。そうすると、映画をこれだけ見て、そのほかに海外ドラマだと時間がない。なんで、はまる前に見ないことにしているの。なーんて言っていたmikiなのだが、ひょんなことから、海外ドラマの試写を見ることに。ちょっと見、これ、スケールの大きさまドラマっていうより、映画だよね。ということで、海外ドラマが好きなお友達と一緒に見に行ってきました。
試写では、プロジェクターを使ってのでっかい画面。おおっっっこの方が迫力抜群だし。
ドラマという長丁場のストーリーのため、最初いろいろな設定が出てきて、下手すると、設定の説明だけでちょっと飽きるんだけど、これはなかなか見せてくれる。
宇宙空間でのストーリーだが、人間と、人間が作ったロボットであるサイロンとの戦い。しかも、このサイロンは人間そっくりで、ある日そこに人間ではなくサイロンがあたかも人間としてもぐりこんでいる。いったい誰が人間で、だけがサイロンなのか。そんな謎解きをしながら、人間とサイロンの戦いにどう人間は挑もうとしているのか。見ているとだんだんとはまってくるmikiがいる。そして、人類の危機の時、国家の長として大統領のとるべき行動は。そして、宇宙船の艦長として取るべき行動とは。もしそれが自分だったら、どちらを選ぶか。つねに究極の選択を迫られる人たち。そして、いかにサイロンと戦うか。もちろん戦闘シーンなどは、スターウォーズなどと引けを取らない迫力。戦いの中でのいろいろな人間模様。えっっ次はどうなるの??といいところで今回の試写が終わってしまった。うっっっっしまった、完全にこのドラマにはまりそう。はあっっっやっぱり最後までみたいーーーー! ! !
[PR]

by mikibloom | 2008-05-18 11:00 | TV

チャーリー・ウィルソンズウォー

c0015706_8271698.jpg実話をもとにした映画ということで、早速みてきました。
政治家なのに、政治より女性のほうが興味がある国会議員が、あるセレブの願いを断り切れずにアフガニスタンのソ連侵攻に対抗する極秘計画を決行する。
なーんか、政治が嫌いでも、いやいやでも、この人の行動力はなかなかなもの。自家用飛行機を飛ばして、現地を往復したりして。日本じゃなかなかこうはいかないよね。それで、アメリカの国家予算をつぎ込んでいくし。
前半、結構見ていてへえっっっって感じで、彼の行動力のすごいところを見ていたけど、どうしてもこういう政治ものって、中盤眠くなってしまう。
でも、現地のロケなのかな、地雷にやられた子供の映像、思わず目をそむけたくなったけど、おもちゃと思ってつかんだものが地雷だなんて、随分と残酷だと思った。そんなところ、思わず「君のためなら千回でも」のアフガンでのストーリーを思い出しつつ見ていた。
そして、ラストの、ちょっと皮肉ったものも、印象的。もっと平和にお金を使えるといいのにと思ってしまった。
[PR]

by mikibloom | 2008-05-17 14:05 | 映画

マンデラの名もなき看守

c0015706_8261018.jpg南アフリカ共和国初の黒人大統領に就任したネルソン・マンデラ氏が初めて自分の自伝として、映画化を許可したみてきました映画ということで、見に行ってきました。そうそう、この映画には映画「トロイ」でオーリーと共演したダイアン・クルーガーが出演しているということで、楽しみです。
南アフリカで、かつて行われていたアパルトヘイトという、人種隔離政策。これに反対する活動で囚われの身となったネルソン・マンデラ氏と、彼の育った地区の言語が話せるということで専属の看守となったジェームズの27年という長いスパンの映画。
赴任当時、ジェームズは黒人というだけで、マンデラ氏をさげすんでいたが、マンデラ氏の看守をしていく中で、彼の人間性について考えさせられていく。また、映画の中にもアパルトヘイトの模様が描かれていて、ジェームズの子供が心を痛めるシーンが出てくる。大人にとっては当たり前として受け止めているアパルトヘイト、でも、子どもにとってはやはり疑問で、辛いことなのだと思う。他の看守が黒人をさげすんだ扱いをする中で、唯一人間的に接していく姿。たとえそれで自分の妻がつらい立場にたたされても、信念を曲げないというジェームズの生き方に考えさせられた。
そして、マンデラ氏の息子の死を告げた後のジェームズ、またジェームズの息子が亡くなったときのマンデラ氏の互いを思いやる気持ちにはおもわずうるうるきた。
そして、世論の高まりとともに、マンデラ氏の置かれる立場が変わっても、ずっと見守っていくジェームズ。何が大切なのか、自分で確認していくジェームズの姿には、見習うことが多いかも。ラストのあのシーンも印象的。
[PR]

by mikibloom | 2008-05-17 11:15 | 映画

奇跡のシンフォニー(試写会)

c0015706_8252371.jpg映画の予告を見て、すっごく見たかった映画、なにせ、音楽にはハンス・ジマーさんということで、すっごく楽しみにしていた映画、早速見に行ってきました。
孤児院で育ったエヴァンには音楽の才能があった。麦の穂を渡る風に、何気ない日常の音に、音楽を聴くことができる。こんなに風が、町の音が音楽を感じさせる音だなんて、見ていてぞくぞくしてくる。そして、クラシックの音楽とロックの音楽の融合、もうもう聞いていただけで、続々っとしてくる。そのほか、この映画には、いろいろな音楽が出てくるが、こんなものも音楽になるんだ、と感動。そして、いろいろな音楽に心がふるえました。
そして、ずっと父と母が自分のことを待っていると信じているエヴァン。そんな健気さに思わずうるうる。父と母のストーリーにも思わず感動。
エヴァンが両親を捜しに出かけていく先での音楽との出合い。その奇抜な演奏なのにすっごく心が震えてくる。何度彼の演奏でぞくぞくしたことか。そして、そんな彼の才能を金目当てにしようとする大人。あーん、このままになってしまうのかと思わず彼の運命を祈らずにはいられない。彼の夢をかなえてと何度思ったことか。
ラストの音楽、やっぱりすっごい!!もうもうのめりこんでみてしまった。鳥肌が立つ音楽ってこれね。最後まで聞いてみてほしい。
これ、封切られたら、また見に行かなくっちゃ。あ、その前に、この映画サントラがほしい! ! !
[PR]

by mikibloom | 2008-05-14 18:30 | 映画

ぐるりのこと(試写会)

c0015706_8244389.jpg映画の予告で気になっていた映画、さっそく見てきました。
妻の翔子は何事もきちんと決めていかなければ気がすまないという、几帳面タイプ。夫カナオはひょうひょうと、その時その時をなんか生きていくっていうタイプ。そんな二人が夫婦になって、日々の暮らしをつづっていく。一見順調に見えた二人だが、ある時をきっかけに、うまく家庭が回らなくなっていく。なーんかそんな日々、あるあると思いつつ見ていた。
そして、カナオの仕事、法廷画家、最近テレビなどでよく見かける法廷内のスケッチを行う仕事、こんな風に書いているのかと、すっごく興味深く見た。短い時間の中で、いかにその表情をとらえるか、なかなか面白かった。
その一方で、家庭のこと、そして妻のこと。とくに台風の日の妻の言葉に思わずうるっと来てしまった。そして夫が寄り添うように生活をしていくシーン。いいなあ、こんなだったらいいのに・・・。などとうらやましく思ったり。約10年にわたる夫婦の物語。長いスパンの映画だが、うまく見せてくれる。ただ、ちょっと上映時間が長いかなーー!?夫婦は時間をかけて夫婦になるってのを見せてくれるいい映画。
[PR]

by mikibloom | 2008-05-12 18:30 | 映画

痛いほどきみがすきなのに

c0015706_15524781.jpgちょっと見たかった映画、早速見に行ってきました。
イーサン・ホーク、たしかビフォア・サンライズ、ビフォア・サンセットに出演していて、すっごくいい映画だった記憶が。なので、この映画も楽しみにしていました。
二人が出会ってって感じは、なんか「ワンスダブリンの街で」をちょっと思い出させる感じ。
そして、この映画のバックに流れる音楽、すっごくこのえいがにあっていて、自然な感じ。そしてこの二人が燃え上がるまでって、けっこうあるあるあるって感じで、見ていたのだが、そのあと、急に変わっていくところ、うーん、このあたりから、すこしストーリーがだらだらした感じで、ちょっと眠くなってしまう。ただ、彼がなかなか忘れられないシーン、なんかこれはストーカーと紙一重。女性が忘れるときってすぐなのに比べて、男性ってなかなか忘れられないの?女性と男性の恋愛の違いについて、みせてくれるのだが、もうすこし、サクッと見せてくれればいいのになどと思った。
[PR]

by mikibloom | 2008-05-10 18:30 | 映画

ひぐらしのなく頃に

c0015706_15514336.jpgこれ、映画のチラシを見たときから見たかった映画。初日に早速見に行ってきました。もう原作フアンの若い子がいっぱい。すごい! !
村に引っ越してきた圭一は次第に村の奇妙なことを知る。毎年同じ日に人が亡くなるということ。そして今年も・・・。
学校の同級生のなんか奇妙なこと。それがだんだんと過激になっていって、みていてこちらもぞわぞわと怖くなってきた。
怖いのって、お化けや幽霊なんかより、こういった周りの人々なのかも。
でもさ、みていてすっごく気になったのは、あのダイヤのイヤリング、いやピアスかな。ふつう、あの状況だと、ダイヤって炭化してダイヤだってことわからないんじゃ・・・?ってことは、あれは後につけたの?じゃあ、あの人はいったい・・・?
そして、クライマックスの圭一の部屋。いったい誰が?そしてあの手紙はなぜあそこに?
と謎がまだまだ・・・! !
これ、エンディングの後まで見てほしいじょ。
ぞわぞわ怖い映画。
[PR]

by mikibloom | 2008-05-10 15:10 | 映画

隠し砦の三悪人

c0015706_15504690.jpg黒沢監督のリメイクということで、注目された映画。さっそく封切りの日に見に行ってきました。ちょうどお昼のせいなのか、あまりこんでいないって感じ。大体は、主演の松潤さんのフアンってかんじ。あとは、前作のフアンかな?って思われるかたがちらほら。
ストーリーは、まあこんなもんかなってかんじ。見ていてうわっとすごかったのは、やっぱり阿部寛さんの殺陣。やはり身長があるので、太刀のアクションが抜群。みていてスカッとする。そして、相手役の椎名桔平さんもなかなか。
姫の長澤まさみさんも、アクション、男性役、姫役と多彩な役どころをこなして、なかなか。
ただ、最初の作品を見ていないmikiはなかなかと思ったが、逆に言うと、そけだけなんだよね。うおーーーって感じじゃないし。CG映像もこんなもの?って感じだし。あまり黒沢映画を意識し過ぎたのでは?って気がするのだが。どうなんでしょう。
[PR]

by mikibloom | 2008-05-10 12:45 | 映画

告発のとき(試写会)

c0015706_15492310.jpgお友達のまりんしゃんが、試写会が当たったということで、連れて行ってもらいました。まりんしゃんありがとうございまふ。
主演のトミー・リー・ジョーンズさんは、最近某CMのおかげか、けっこう洋画での渋い演技をみる機会があります。うーん、この映画もなかなか渋い演技、なんかCMにはもったいないが、そのギャップがいいんでしょうか。どちらもフアンになりそう。
実在の事件をもとにした映画。イラクから帰還した息子が消息を絶った。失踪した息子を探す父、そんな中、悲惨な結果となって知らされる。そんな息子について、いろいろ調べていくうちに、父の知らない息子の様子が明らかになっていく。見ていて、最後まですっごく重い映画。息子の失踪の謎を知りたいと思う反面、はたして全部知っていいのかどうか、考えてしまった。知らずに済むってこともあるのかも。
そうそう、この父親の妻の役には、「エリザベスタウン」でオーリーのママ役で出演していたスーザン・サランドンさん。息子をなくした悲しみが伝わってくる。
[PR]

by mikibloom | 2008-05-08 18:30 | 映画