映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2009年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧


プライド

c0015706_17255754.jpg一条ゆかり先生の漫画の映画化ということで、楽しみにしていました。封切日のこの日、さっそく見に行ってきました。mikiが見た回は、舞台あいさつのあとの回ということで、結構好いていましたが、原作フアンらしき人が入っていました。
mikiはこの映画の原作を読んだことがなかったのですが、一条ワールドそのものの映画ですっごく満足! !
今回はね声楽、オペラやポップスなども聞けてすっごく満足。とくにコンクールのシーンで、オペラ「魔笛」のあの楽曲が聞けてもうたまらない。まあオペラのシーンは吹き替えみたいだが、それでもとても美しい歌声で満足。
そして、一条先生のストーリーにはでてくるお嬢様とその対照的な少女のライバルとしてのどろどろとした争い。お嬢様としての史緒のとことんお嬢様ぶりや、絶対負けないという貧乏少女の萌、何が何でもというところなど、これこそ少女漫画だよね。そしてそんな二人を余すところなく見せてくれるし。そしてここにも及川光博さん、うーん、さすがミッチー! !こっちのほうがミッチーらしいし。そして映画もそんな少女マンガの心理描写もしっかりと描いていてもうもうみていて大大満足!!クライマックスのライバル2人の歌も聞いていてぞくぞくするし。
はあっっっ、これこそ少女漫画だよね、見終わったとたん、原作が読みたくなって、買っちゃいました。
[PR]

by mikibloom | 2009-01-17 14:40 | 映画

クローンは故郷をめざす

c0015706_1795134.jpgミッチーの主演映画ということで、見に行ってきました。予告を見て、ちょっと面白そうだったし。
作業中に事故死した宇宙飛行士耕平は、自分のクローンとして、蘇ることになった、少年のときのつらい記憶を持ったまま・・・。
うーん、この映画、もっと期待していたのだが、ちょっとmikiには期待倒れかな。なんかちょっと不思議な間のある映画、へたすると、つまらなくて寝てしまいそうになりそう。
少年のときの記憶も突然出てくるし、まあそれはそれでいいけど、でもちょっと唐突な感じがするし、今の描き方もうーん、どこを想定しているセットなんだろう、宇宙基地の中??それとも単なる低予算??ってかんじだし。
そして、故郷をめざすってしーんもちょっとわかりずらい感じだし。途中から、これオカルト?って思っちゃうし。ちょっと期待倒れだった感じだった。せっかくのミッチーも生かし切れてない感じで残念。
[PR]

by mikibloom | 2009-01-17 10:45 | 映画

007 慰めの報酬(試写会)

c0015706_178742.jpgあの007の最新作、前回よりジェームス・ボンド役にダニエル・クレイグになって、2作目、お友達のまりんしゃんに誘っていただいて、さっそく見に行ってきました。まりんしゃんありがとうございます。
007の見所といえば、やはりノンストップアクション!!もうもう、最初っからすっごいアクションシーンの連続、みていて、わっっっあぶない!!!とか、わっっっっ痛そうとか、はらはらどきどき。いつもながら、何をやってもジェームス・ボンドって不死身だよね! !
今回は上から落っこちても不死身だし、ボートも飛行機も操縦できるし、って、いったいなんでもできるって超すごすぎ。もち火の中でも! !
クライマックスのホテルのシーンもはらはらどきどきで、それでいてすごいし。こんな男性が本当にいたらかっこいいよね! !うん、やっぱり007すごい!!!
[PR]

by mikibloom | 2009-01-15 19:00 | 映画

きつねと私の12か月

c0015706_16493879.jpg映画の予告を見て、あの「皇帝ペンギン」のリュック・ジャケ監督がとる新しい映画ということで、楽しみにしていました。ぜひ見に行きたくて、レディスデイのこの日、さっそく見に行ってきました。
リラは、秋の日に見かけたきつねが忘れられなくなり、いつか触ってみたいと思うようになった。そして、学校のかえりなどに、近くの山にきつねを探しに・・・。
リラを取り巻く山の自然のとても美しいこと。秋の終りの紅葉の風景、キツネを探して歩く山々、そして気がつくと山頂へ。そのロケーションの美しさ、大自然の広大さにビックリ。そんなきつねとリラをとりまく自然をとっても美しく描いている。
また、キツネとリラだけでなく、そこに住む動物たちの姿や植物もとても美しく描いていて、わっっっ、こんなところ、いったいどこ!?って思うくらい。そして、厳しい動物たちの生存競争も。山猫に追われるきつねの姿など、いったいどうやって取ったんだろうとびっくりするほど。巣穴にもぐってびくびくしている表情もとってもリアルに描いている。まるできつねが表情で語っているかのよう。それに、オオカミとのシーンもすっごく迫力があって、これもどうやって・・・!??って。リラがきつねを追って山奥に行くところも、こんなところ、いったいどこ!?っておもうくらい、すごく美しい大自然だし。
クライマックスのリラの家のシーン、あのきつねの表情がまたすごい。
大自然とリラときつね、ほんとうにとっても素敵な映画。
[PR]

by mikibloom | 2009-01-14 19:10 | 映画

感染列島(試写会)

c0015706_156495.jpg衝撃的な内容、そして妻夫木聡くん主演ということで、絶対に見に行かなくっちゃと楽しみにしていた映画、さっそく見に行ってきました。
日本で新しいウィルスが感染爆発した。そんなショッキングなストーリー。うーん、日本でもこんなウィルスパニック映画を作れるようになったのか! !
感染爆発した地域の病院に勤める医師松岡、そして、WHOメディカルオフィサー小林、いかに感染者の治療をするのか、また感染源となったウィルスを探すのか。
昨今、新しいインフルエンザウィルスが誕生するであろうということもあって、そのとき、どのようにしたらいいのかと、興味深く映画を見た。今までのウィルスパニックものといえば、どことなく架空で、現実味のないストーリーだったが、この映画では、感染爆発した場合の具体的な状況など細かに描かれていて、参考になる。
地域の総合病院が、拠点病院として、治療の中心となっていったり、そのウィルスの感染ルートを探したりと、なかなか。そして、医療現場に携わる人たちの大変さも描いている。最近医師不足が叫ばれているが、本当にこんなパンデミック状態になったら、大丈夫なのかなど考えさせられた。
ただ単に不安をあおるという内容の映画ではなく、どうやったらこの感染を防ぐことができるのか、いろいろ考えさせられる。そのときがもし来ても大丈夫なように、いろいろと準備をしないといけないと感じた。
そして、医療現場に携わる者たちの看護・治療、と感染、そんなドラマに思わず涙があふれた。ラストの言葉がとても印象的だった。
[PR]

by mikibloom | 2009-01-12 11:00 | 映画

2STEPS!

c0015706_1555139.jpg新作映画にちょっと興味があったので、見に行ってきました。
「テニミュ」りイケメンが勢揃いの映画だそうで、フアンのかたが結構見にいていました。
ダンスが好きな二人、ダンスカンパニーの発表を見て、その団体に所属してダンスの腕を磨く。もうじき発表会が・・・。
映画が始まってすぐにダンスシーン、けっこう見ていてすごーーいと思うんだが、あんなシュチエーションでのダンスだと、「おい、仕事しろよ! !」なーんて言いたくなってしまうけど・・・。
たしかに、ダンスシーンはどれもすっごくて、見ているこちらがゾクゾクしてしまうくらいなんだけど、それ以外のストーリー部分がなーんかちょっと前の顔見せ映画なんだよね。こんなストーリーあるある、やっぱりそうなるのねって感じで。サクセス映画だってことはわかるんだけど、もうちょっとどうにかしてほしいよね。とくに発表会当日のアクシデントなんか、ちょっと幼稚っぽくて、あんな程度ならなくてもいいんじゃない!?もっとダンスだけで十分見せられるんじゃないって思ったけど・・・。
そして、ラストでも、いきなりあのシーンでダンスかい!!そりゃあミュージカル映画なら許すけどさ・・・。ってこれそんな映画でないでしょ!?ちょっと唐突すぎないかなぁ。ダンスがいいだけに、唐突な演出ってちょっとついていけない。
[PR]

by mikibloom | 2009-01-10 14:30 | 映画

ヘルボーイ ゴールデンアーミー

c0015706_1730483.jpgパンズラビリンスのギレルモ・デル・トロさんがアメコミヒーローのヘルボーイをとるということで、いったいどんな映像になるか楽しみにしていた映画、さっそく見に行ってきました。
いろいろな妖怪?などを退治する超常現象捜査防衛局のもとに、また奇妙な事件の知らせが来た。現場には奇妙な妖精が。そして、その謎を追ううちに、魔界の王子の存在が・・・。と、へんな生き物たちが出てきたり、またヘルボーイの仲間も変わったやつが出てきたりと、みていて飽きない。そして、伝説のゴールデンアーミーの眠る場所は!?とアメコミに、いろいろな伝説なども取り入れて、そしてギレルモさんらしいキャラも入ってきてのストーリー。緑のでっかい物との戦いや、戦いの後の姿など、ちょっと地球環境など考えさせられたりする。そして、クライマックスの歯車での戦いのアクションは結構見せてくれる。それでいて、ちょっと優しいラスト、ここいらがギレルモさんらしいのかな。今までのアメコミにはないストーリーに仕上がっている。
[PR]

by mikibloom | 2009-01-10 11:00 | 映画

そして私たちは愛に帰る

c0015706_17102018.jpg気になっている映画、今日がレディスデイなので、さっそく見に行ってきました。
ドイツとトルコ、3組の親子がすれ違いながら生活していく様を描いている。
こんなに近くに、探している人はいるのに、と思いつつ、もどかしくて、なかなか会えない。なのに、不本意な形で、故郷に戻ってくる人たち。いったい、いつになったら、この人たちは出会えるのか、ずっと見ていた。
でも、ラスト、えっっっっってところでのエンド、ちょっと意外な気がするのだが。
[PR]

by mikibloom | 2009-01-09 18:50 | 映画

戦場のレクイエム(試写会)

c0015706_16563489.jpg今年初めての試写会、さっそく見てきました。
中国、中華人民共和国建国前夜に起こった内戦、同じ国民同士が争った戦いのさなか、特に施設な戦いだった戦いについて描いている。
炭鉱を守るため、第9連隊48名の熾烈な戦い。
映画の最初から市街戦のすさまじい戦いを描いている。え?あんなものが爆弾?ていうものとか、見ていてぞっとしてしまうくらいの迫力。
そして、炭鉱での攻防線、土嚢のような爆弾とか、それを飛ばすためのドラム缶でできた砲とか、みていてえっっっっっって感じ。そしてすさまじい戦闘。Mikiは戦争ものって好きじゃないので、最近になってようやくこういった戦争ものを見に行くことが多くなったが、最近見た戦争映画よりすさまじい感じの戦争のシーン。見ていて、わっっっっっと声をあげそうになったり、あまりの悲惨さに目をつぶりたくなったり。
そして、戦後の第9連隊の失踪者扱いの悲しさ。ただひとり生き残った隊長グーが隊の名誉のため、亡くなった隊員のため、当時の記録などを探す。あの時本当に退却ラッパはなったのか、その疑問を解くため、そして亡くなった仲間を探すため再び炭鉱へ。はたして戦死した仲間は?
ラストのシーンに思わず涙があふれた。
[PR]

by mikibloom | 2009-01-08 18:30 | 映画

ジョージアの日記

c0015706_16175813.jpg今年初めてのレディスディ、どれを見ようか悩んだ末に、あ、まだ見ていなかったと、この映画見に行ってきました。
ブスかわいいジョージアの悩みは鼻の形が気に入らないこと。彼はいないけど、いつも仲良しのお友達と一緒に楽しんでいる。
なーんか、14歳の頃って、こんなことあるあるあると思いつつ、一方で、外国の子ってすっごくおませ、なーんて思ったりしながら見ていた。ジョージアが気になる男の子に一生懸命アタックしていたり、友情が壊れてしまって・・・など、いろんな波乱もあるけど、いつも前向きなところ、見ていてすっごく元気が出てくる。
そして、単身赴任のパパとママのことを考えて、一人行動に移したり、なーんかそんな家族思いのジョージアも素敵。ちょっと笑って、ちょっとしんみりして、そしてラストは・・・!!
見終わった後、元気になれる映画。
[PR]

by mikibloom | 2009-01-07 18:45 | 映画