人気ブログランキング |

映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2009年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧


セントアンナの奇跡(試写会)

c0015706_1654780.jpg映画の予告を見て、すっごく見に行きたかった映画、早速見に行ってきました。
1983年ニューヨーク、とある郵便局員ヘクターが、いきなり男性客に銃弾を打ち込んだ。そして、彼の部屋からは行方不明になっていた歴史的彫像の頭部が発見された。彼はなぜその男を殺したのか。
1944年、イタリア、トスカーナに謎を解くカギがあった。
第二次世界大戦当時、バッファローソルジャーとして、戦地で戦った黒人兵。兵隊であっても、まだまだ差別が残っているということ、この映画を見て、強く感じた。
そして、彼らが出会ったアンジェロ少年。言葉も通じないアンジェロとバッファローソルジャーとの間に、絆が芽生える。そして、少年を助けようと、小さな村に身を寄せる彼ら。
村人と兵士の間の交流は、人種差別などない互いに人間としての交流。なーんか、どちらがいいのか、考えてしまう。
そして、アンジェロの奇妙なおびえ方の訳は?そこには、辛いストーリーが・・・。見ていて、思わず涙が溢れそうになってしまった。戦争という狂気がもたらす悲劇、こんなところにもあったのかと思った。
そして、クライマックスのシーン、いったいアンジェロは・・・。そして、バッファローソルジャーの人たちは・・・。村人たちは・・・。戦争という狂気と、悲劇について、考えされられた。
そして、ラストには、思わず感動の涙が!!!

by mikibloom | 2009-07-10 18:30 | 映画

私は猫ストーカー

c0015706_1643154.jpg映画のタイトルと、この映画のチラシの猫の表情に惹かれてしまって、早速見に行ってきました。
今日はレディスディということで、けっこう見に来ている方がたくさん、やはり女性が多かったですね。
ハルは、古本屋「猫額堂」のアルバイト。アルバイトの傍ら、路地で出会った猫をどこまでも追いかけるのが趣味。
なーんか、ちょっと変わった感じの映画、映画のストーリーはあるものの、出演している猫たちは、まるでドキュメントみたいな感じ、それでいて、猫の表情がすっごく豊かで、まるで何かを語りそう、みていて、わあっと声をあげて微笑んでしまう場面も。
「猫額堂」の看板猫のチビトムの表情の豊かさ、ちんまりと座布団に座っているさまもすっごく可愛いし。
ハルが猫ストーカーとなって、下町を歩くさまは、なーんかすっごくおもしろいし、なんか演じているっていうより、こちらがドキュメントみたいに、猫を追っているハルを追っているって感じ。
とくに、猫ストーカーの極意を伝授しているシーンなど、あっ、mikiもやってみたい!!!なーーんて思ったり、究極のツボ(だったっけ!?)なんかは、今度猫に出会ったらやってみたい!!!なーんて思ってしまった。
ちょっと毎日がいらいらして、疲れたときに、ほっと気が抜ける映画かもしれない。

by mikibloom | 2009-07-08 18:15 | 映画

ハリーポッターと謎のプリンス(試写会)

c0015706_1631653.jpgすっごく見たかった映画、お友達にみらいしゃんに誘われて、早速見に行ってきました。みらいしゃん、ありがとうございます。
今回のハリーポッター、次回の死の秘宝に続いていくストーリー、そしてストーリーもだんだんとダークになっていく、いったいどうストーリーを展開していくのか、楽しみでした。
映画の前半は、謎のプリンスの謎解き、スラグホン先生の話、そして、学園の恋の話など交えて、どちらかというと明るい感じ、見ている観客からも笑いが漏れるって感じ。このハリーポッターのシリーズで、こんなに笑いがあるって、珍しいことかも。そんな軽快な恋愛のストーリーと、トム・リドルの謎解き。そして、教科書に書かれた謎のプリンス。そんな前半の一番の見どころって、やっぱりクィディッチの試合だろうか、今まで以上の迫力ある、しかもスピード感のある試合の様子の映像は、やっぱすごい!!見ているこちらも、まるで観客として試合を見ているような感じ。
そして、一転して、後半のダンプルドア校長と、ハリーの冒険、すっごいダークなストーリーに迫っていく。あの苦痛にゆがんでいくダンプルドア校長と、それをサポートしなければならないハリー、みていて胸が詰まりそうになる。
そして、ラストに待つのは・・・!!!前半の軽快さ、明るさに対比しての重苦しいストーリー展開、見事に描いている。このためにも、前半の明るさがないと見らいられないかも。今までのハリーポッターシリーズより上映時間は少し長い感じだが、見ごたえ十分。
エンドロールの最後に思わずmikiは、えーーーーーー!!!!と声をあげてしまった、ぜひエンドロールの最後まで見てほしい。

by mikibloom | 2009-07-06 19:00 | 映画

MW ムウ(2度目の鑑賞)

c0015706_1530212.jpg今日がいよいよ本作の封切りということで、是非また見てみたいと、早速見に行ってきました。
今日は封切り初日記念ということで、先着何名かの人に、玉木宏さんのポスターがついてきて、ラッキー!!!
映画館も結構入っていました。
二度目の鑑賞なので、ストーリーは分かっているので、安心してストーリーを見ていることができました。でも、映画のストーリー展開、そして、登場人物の心理描写などで、ほぼ全編に使われている音楽のためか、映画にけっこう没入する感じ。そのせいか、結構見ていていい意味で疲れてしまうって感じ。この映画はすっごく音楽が印象的な映画に仕上がっている。
そして、見ていて、何が悪で何が善なのか、いろいろ考えてしまう。本当に結城が悪なのか、じゃあ、賀来は本当に善なのかとか。事件を追い詰める沢木が善なのか?とか、いろいろ考えさせられる。結城の最終目的は!?本当に何だったのか?単純な善と悪という二極化したストーリーでない、今までにないストーリー。見ていてやっぱり面白かった。
そして、映画を見終わった後、買ったパンフを見て、またこの映画に興味がわいた。そして、原作を読んでみたくなった。

by mikibloom | 2009-07-04 13:20 | 映画

ウィッチマウンテン 地図から消された山

c0015706_15273030.jpgUFOものとか、結構好きなので、この映画のチラシを見て、面白そうと思って、早速見に行ってきました。
と冒頭から、結構今までのUFOの映像なんかが出てきて、ちょっとおどろおどろしい感じで、いったいこれは!??思ったのだが。宇宙からのUFOが突然墜落!?中に乗っていたエイリアンの目的は!?彼らはどこへ?
一方、タクシードライバーが乗せたのは、ちょっと奇妙な兄妹だった。その二人の目的とは。そしてどこへ行こうとするのか。そして兄妹を追う謎の物体の目的は!?
タクシードライバーのすっごいカーチェイスアクションも楽しめるし、兄妹の目的や、その不思議さもすっごく面白いし。そして、この兄妹を追う謎の物体とのアクションなど、ハラハラドキドキ。
そして、UFO愛好者の話など、ちょっとほっとして面白い場面もあったりで、みていても楽しい。
クライマックスのウィッチマウンテンのシーンは思ったよりあっけない感じがしないではないが、でも、いったいどうなるのか、アクションもしっかり見せてくれて、ハラハラドキドキ。
いい意味で、裏切られた、最後まで楽しめた映画だった。
この映画の兄のセス役のアレクサンダー・ルドウィッグはどこかで見かけたと思ったら、光の六つのしるしで主演のウィルを演じた子だし、妹のサラ役のアナソフィア・ロブは、チャーリーとチョコレート工場のあのガムを噛んでいた生意気な女の子とか、テラピシアにかける橋で転校生レスリーを演じた子、どちらもこれからの作品が楽しみ。

by mikibloom | 2009-07-04 10:20 | 映画

人生に乾杯

c0015706_1526967.jpg映画のチラシを見て、ちょっと面白そうと、レディスディのこの日、早速見に行ってきました。
今日はレディスディのせいか、映画館はほぼ満席状態でした。
運命的な出会いで結婚したエミルとヘディ。だが年老いた今はつましい年金暮らし。だが、その年金だけでは暮らして行けずに借金生活。借金の形に大事なイヤリングも取られ、怒りに覚えたエミルはとうとう強盗を・・・!
最近、高齢者を主演とした映画が結構多くなっているけど、これもその一つ。なーんか年金だけでは暮らして行けないというストーリー、見ていて悲哀も感じるが、このカップルを見ていると、ちょっとユーモラスも感じてくる。
そして、こんな二人に振り回される若い警察官。それがそれでなかなか面白い。
とくに、エミルが運転する車があんな所を上るなんて・・・って、みていてびっくり、相当馬力のある車らしい。その車を乗り回して、強盗に行くこの二人って、なーんかほほえましいって感じ。
でも、この二人の行く先は・・・って、ちょっと物悲しさも感じられて、クライマックスには思わずえーーーーっっっ。でも、ラストに思わずなるほどと思って、なかなか心温まるストーリーになっている。見終わって満足!!!
ちょっとお勧めな映画。

by mikibloom | 2009-07-03 19:00 | 映画

群青 愛が沈んだ海の色

c0015706_15242448.jpgこの映画を上映する映画館で、映画宣伝のために、熱帯魚の水槽があって、ちょっとお魚たちが奇麗ってなことで、レディスディのこの日、見に行ってきました。
今日はレディスデイなので、もっと女性が多いのかと思ったら、結構長澤まさみさんのフアンって感じの方が多かった感じです。
沖縄の離島にやってきた有名ピアニストと海人との恋。そして、その娘と海人との恋を描く。
佐々木蔵之介さん、今回は長澤まさみさんのお父さん役なんだ!って、え?そんな年齢なんだっけ?なーんて思ってしまった。
でも、冒頓とした海人の役、けっこうはまり役でした。
この映画の中でちょっとですが、ピアノの音楽がとっても素敵だった。
ただ、この映画のストーリーとしては、うーん、なんかどっちつかづって感じで、なーんかもうちょっと欲しいって感じ。ストーリー展開にインパクトがない感じ。
しいて言えば、海の中のシーンの、海がとっても綺麗だったなぁ、って感じ。

by mikibloom | 2009-07-01 18:15 | 映画