映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2012年 08月 ( 46 )   > この月の画像一覧


最強のふたり(試写会)

c0015706_995365.jpg映画の予告を見て気になっていた作品、東京独女スタイルさんの試写会募集であたったー!!うれしいっ!!すっごくみたかったの!!っと早速見に行ってきました。

今日の試写会は満席状態でした。

事故で全身麻痺となり車いす生活を送る富豪フィリップは、介護士面接にやってきて、開口一番「不採用のサインをくれ」と切りだした場違いな黒人青年ドリスに興味を持った。そこから始まった異文化2人のセット生活。クラシックとソウル、高級スーツとスウェット、文学的な会話と下ネタ。全てにわたり二人の世界は衝突し続けるが、やがて互いを受け入れ、とんでもなくユーモアに富んだ最強の友情が生まれ始める。その友情は周りの人々、さらには彼ら自身の運命を変えていく。ところが…。

大富豪フィリップと青年ドリス、ちょっとちぐはぐな二人だが、この二人のどこまで行ってもちぐはぐぶり、友人ぶり心が温まる。それこそドリスはフィリップを障害者とは見ていないあたりがいいのかも。またフィリップも、世話をしてくれる人は必要だが、かわいそうという目では見られたくないという思いもあるのか。日々の体を維持するためにこんなこともするのかと見ながら感じた。見ていてすっごく楽しい、そして、観終わった後なんかすごく温かいものを感じた。生きる楽しさなのか。
ドリス役のオマール・シーも見事だが、大富豪フィリップ役のフランソワ・クリュゼの演技も見事。
これは是非スクリーンで楽しんでほしい。
[PR]

by mikibloom | 2012-08-24 19:00 | 映画

プンサンケ

c0015706_983770.jpg映画の予告がすっごく気になっていた作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、まあまあの入りって感じでした。

正体不明の男は38度線を飛び越えてソウルとピョンヤンを行き来し、3時間以内に何でも配達する。運ぶのは、離散家族の最後の手紙やビデオメッセージ。北朝鮮製の煙草・豊山犬を吸うことから、男は「プンサンケ」と呼ばれていた。ある時、亡命した北朝鮮元高官の愛人イノクをソウルに連れてくるという依頼が舞い込む。命懸けで境界線を越えるうち、互いに言い知れぬ感情を抱くことになる二人。無事イノクを引き渡したにも拘らず、プンサンケは依頼者の韓国情報員に拘束され、卑劣な拷問を受ける…。

この運び屋の男、それこそ一体何者!?って感じ。全編ほとんど声を発さない。え!?声が出ない人!?と思ったが、どうやらそうでもないらしい。そんな運び屋が運ぶのは!??こんなものまで運ぶんだ。国境を越えていくシーンは結構ハラハラドキドキ。でも、運んで行った先の元高官の韓国での変わりぶり、これも体制が違うから!?等と思ってしまう。連れていったイノクに次第に思いを寄せる男。そしてクライマックス、イノクの運命は。男はどうなるのか。
ああ、また韓流ワンパターンなのか!?それがちょっと残念すぎる、いい作品なのに。
このハラハラドキドキ感はやはりスクリーンで楽しんでほしいかも。
[PR]

by mikibloom | 2012-08-23 18:30 | 映画

ハーバー・クライシス Black&White Episode1(試写会)

c0015706_972684.jpgお友だちのお勧めということで、早速見に行ってきました。

今日はプレミア試写会、満席状態でした。主演のマーク・チャオさん、ホァン・ポーさん、ツァイ監督、ディーン・フジオカさん、そして日本語吹替え版キャストの寺岡康文さんが舞台挨拶、ノースタントで行ったアクションシーンの話など、とても面白く効かせていただきました。また日本語吹き替え版では、ディーン・フジオカさんは自分の役どころの中国語のセリフを自分で日本語に吹き替えているとか、こちらも楽しみかも。

ハーバー・シティの警察・南署特捜課のウー・インションは、正義感のつよい新米刑事。現金輸送車の強奪事件を解決するものの、やりすぎた行動で停職処分を食らってしまう。一方、犯罪組織・三連会の構成員シュー・ダーフーは組織の金を利用して、ダイヤモンドの密売で一攫千金をもくろんでいた。だが、謎の武装集団に取引現場を急襲される。実は、ダイヤを収めたケースに、大量破壊兵器の秘密が隠されていたのだ。ある殺人事件の手掛かりを追って現場に来たインションはダーフーを助け出し、事件の裏にある真実を探り出そうとするが…!!

今まで公開されていた台湾映画ってちょっと前の日本映画を思わせる感じのまったり感があったのだが、この映画は今までの台湾映画というより、香港映画や韓国映画を思わせるアクション満載。全編オールアクションってくらい!!逆にてんこ盛りすぎて、見ていて疲れてしまうくらい。
ウー刑事と捕まったシューのちょっとでこぼこコンビが捜すダイヤの行方、いったい奪った犯人はどこに!?と犯人とのアクションの連続にハラハラ。そしてラストの飛行機はこれありえなくない!?ってくらい。あまりにもてんこ盛りすぎ!!で何が何だか分からなくなる!!ってくらい。
このアクションはやはりスクリーンでハラハラ楽しんでほしい!!
[PR]

by mikibloom | 2012-08-22 19:00 | 映画

あなたへ(試写会)

c0015706_951173.jpgお友達に誘われて、プレミア試写会に行ってきました。

もちろん、今日のプレミア試写会は満席状態。mikiの座った場所はレッドカーペットの間近、近くで主演の生健さんを見て大興奮してきました。

北陸のある刑務所の指導技官・倉島英二のもとに、ある日、亡き妻・洋子が残した2枚の絵手紙が届く。そこには、1羽のスズメの絵とともに「故郷の海を訪れ、散骨してほしい」との想いが記されていた。そして、もう1枚は、洋子の故郷・長崎県平戸市の郵便局への「局留め郵便」だった。その受け取り期限まで、あと10日。刑務所に歌手として慰問に来ていた洋子とは穏やかで幸せな夫婦生活を営んでいた。長く連れ添った妻とはお互いを理解し合えていたと思っていたのだが、妻はなぜ生前その想いを伝えてくれなかったのか。妻の真意をしるため、彼女の故郷を訪れることを心に決め…。

今は亡き妻との思い出を抱えて、妻の故郷への旅、そこここで妻の思い出と出会う旅であるが、旅先で出会った人との触れ合いに、また妻を思い出している。武骨な高倉健さんらしい、ちょっと淡々とした感じのロードムービーって感じかなぁ。旅でであったビート武さん演じる元教師の言葉がなんか印象的だった。洋子役の田中裕子さんが歌う歌も印象的。散骨の海の映像がとてもきれい。ラスト、ああここでこうつながるのか、写真どうするのかと、ようやくわかった。
なんかちょっと素敵な作品、高倉健さんの映画はやはりスクリーンで見たい。
[PR]

by mikibloom | 2012-08-21 18:30 | 映画

コロンビアーナ(試写会)

c0015706_932977.jpgゾーイ・サルダナさんのアクション映画ということで、楽しみにしていた作品、早速見に行ってきました。

今日の試写会は満席状態でした。

1992年、コロンビアに住む9歳の少女カトレアの目の前で、その悲劇は起こった。マフィアの大物の差し金ねより、家族が惨殺されたのだ。必死に逃亡し、叔父を頼って米国シカゴにやってきた彼女は心に誓う、「いつか復讐を」。15年後、そんな思いを抱いて成長したカトレアは凄腕の殺し屋として暗躍。標的を始末する度に現場に残すカトレアの花は、憎き仇をあぶり出すためのアイテム。やがてマフィアが本気で彼女を追いこもうとしたとき、予期せぬ事件が相次いで起こる…!!

この映画、ゾーイさんのアクションを楽しみに見に行ったのだが、カトレアの少女時代を演じた子のアクションもなかなか。マフィアから逃げる彼女、果たして捕まってしまうのかとハラハラドキドキしながら見ていた。そんな彼女の機転がきいた逃げっぷりも見どころ。そして15年後、凄腕の殺し屋としての殺しっぷりの華麗さもすごい。こんなところに入り込んで、殺しをする!?え!?大丈夫なの!??その華麗さ、そして計画のち密さ、思わずハラハラドキドキしてしまう。クライマックス、はたして彼女は、復讐を遂げることが出来るのか、そのための新たな悲しみは…。最後までハラハラドキドキ。新しいアクションスター誕生!!
これは是非スクリーンでハラハラしながら見て欲しい作品。
[PR]

by mikibloom | 2012-08-20 18:30 | 映画

梨サワー

c0015706_22573055.jpg梨をいただいたので、ふと思いついて作ってみたら意外とおいしかった。甘すぎず、結構さっぱりめ。
材料 梨・氷・焼酎・炭酸水・レモン汁(お好みで)
作り方
1 梨の皮と種をのぞき、すりおろす。(あのマジックブレットを使うと手早く簡単)
2 グラスに氷を入れて、すりおろしの梨・焼酎・炭酸水・レモン汁(お好みで数滴)をお好みで入れて混ぜる。
[PR]

by mikibloom | 2012-08-19 22:57 | 雑記

ゴパンの友11 麹ジャム

c0015706_2146016.jpg最近ブームの麹もの。麹ジャムなるものが出ていると知って、早速買ってみました。うん、味は麹甘酒。麹甘酒でよくお湯で割って作るタイプがありますが、そのお湯で割る前を少し濃くしたって感じ。けっこうこれがゴパンにマッチ、優しい甘さでハマってます。
[PR]

by mikibloom | 2012-08-19 21:50 | GOPAN

プロメテウス

c0015706_8482544.jpg映画の予告がすっごく気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は週末、夕方の回を見に行ってきましたが、けっこう大勢の方が見に来ていました。

科学者エリザベスが、地球上の時代も場所も異なる複数の古代遺跡から共通のサインを発見した。それを知的生命体からの「招待状」と分析した彼女は、巨大企業ウェイランド社が出資した宇宙船プロメテウス号で地球を旅立つ。2年以上の航海を経て未知の惑星にたどり着いたエリザベスや冷徹な女性監督官ヴィッカーズ、精巧なアンドロイドのデヴィッドらは、砂漠の大地にそびえ立つ遺跡のような建造物の調査を開始。やがて遺跡の奥深くに足を踏み入れたエリザベスは、地球上の科学の常識では計り知れない驚愕の真実を目の当たりにするのだった…!

リドリー・スコット監督、またすごーーい作品を作った!!って感じ。
最初のシーンで、一体あの人何やっているの?なんでそんなの飲んで!?で、宇宙船は一体!?
そしてエリザベス達が見つけるその印、そしてプロメテウス号は一体どこに飛んでいくのか?次々と出てくる謎、そこには生命体はあるのか?あの像は?と見ていてワクワクドキドキ。そして人類の起源とは!?
あの生息しているいきものっていったいなんだ!?そんなに無防備でいいのか!??等思いながら見ていた。クライマックス、いったい人類はどうなるのか、地球はどうなってしまうのかとハラハラドキドキ。そしてエリザベスはどうするのか!?最後まで展開が見えずに見ていた。そうか、あれがエイリアンなのねぇ!!
エリザベス役のノオミ・ラパスさんって、オリジナルのミレニアムシリーズとはまた全然違った役どころ、今後の出演作がまた楽しみ。
これは是非大スクリーンで楽しんでほしい。
[PR]

by mikibloom | 2012-08-18 16:00 | 映画

WINWIN ダメ男とダメ少年の最高の日々

c0015706_8475024.jpg映画の予告を見てちょっと気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、昼過ぎの回を見に行ってきましたが、まずまずの入りって感じでした。

不況で仕事がなく、何をやってもイマイチさえない弁護士マイク。家族の生活費を稼ぐため、高校の弱小レスリング部でコーチをしたり、違法すれすれのサイドビジネスまで請け負う日々。そんなある日、ひょんなことから身寄りのない少年カイルと出会う。カイルに同情したマイクは、彼を居候させ、暇つぶしになればとレスリング部に入れる。ところが、カイルが隠れた才能を発揮したために、マイクの生活は一変!お互いに好都合な「ウィンウィン」の関係となったマイクとカイルは、実の家族以上に幸せで充実した時をおくり、それはいつまでも続くと思われた。ところがある日、ドラッグ中毒の問題を抱えるカイルの実の母親が現れる…。

突然現れたカイルが、レスリングがうまかったなんて、ちょっとうまいストーリー仕立てなんだけど、先日までやっていたオリンピックでレスリングも見ていたせいか、カイルのレスリングシーンが結構気になってみていた。そんなカイルとマイクの家族が次第に本当の家族らしくなっていくシーンは結構見どころ。なのに、けっ興いいところでストーリーを壊していくなんて、ちょっと残念な気がしないではないが。ストーリー展開が気になって最後まで時間を忘れて見ていたって感じ。
カイル役のアレックス・シェイファー君、結構カッコイイし、これからの作品期待してみようかな。
オリンピックでレスリングに興味を持った方、是非スクリーンで見てもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2012-08-18 13:20 | 映画

アベンジャーズ

c0015706_8462931.jpg世界興収歴代3位ということで、期待していた作品、早速見に行ってきました。

今日は週末、2D版初回上映を見に行ってきましたが、結構大勢の方が見に来ていました。

地球侵略へのカウントダウンが開始された時、人類の未来は、「最強」の力をもつ7人のヒーローたちに託された。そのメンバーは、戦う実業家「アイアンマン」神失格の男「ソー」、超人ソルジャー「キャプテン・アメリカ」、魔性のスパイ「ブラック・ウィドウ」、苦悩の科学者「ハルク」、地上最強の射手「ホークアイ」、そして孤高の司令官「ニック・フューリー」。まさに究極とも言えるこの最強チームは、「アベンジャーズ」と名付けられた。だが、意思に反して終結させられた彼らは、ひとつのチームとして戦うことを拒み続ける。そんな彼らの前に最大かつ最恐の敵が現れ…!

先に見に行った家人が面白かったと言っていたので期待していたのだが、あまりにも期待しすぎていたのかなぁ、半分くらい眠ってしまっていたよ。なーんか本筋に入るまでがあまりにも長々としていて、前ふりが長すぎるって感じ。ホークアイが最初悪役だったのに、あれ?何時の間にこっちについた!??寝ていたから解んないや、と家に帰ってから家人に聞いてしまったよ。クライマックスもなんか随分とシーンが長くて、まあ、みんなヒーローだから、それなりに美味しいシーンを出したいだろうし。全部つなげるとこんなになってしまうの仕方ないかって感じかなぁ。でも、あまりにも前ふりが長いわ、クライマックスが長いわで、見ていて疲れるは、ダラダラしている感じで、眠かった。アメコミ映画を見に行って、こんなに寝てしまったのって始めてかも。
これからスクリーンで見るなら、エンドロールの最後に1カット、しょうもないのが入っているので、そこまで見て欲しいかな。
うーん、これならDVDになったら新作で借りて、家でじっくり見た方がいいかもって感じ。
[PR]

by mikibloom | 2012-08-18 10:30 | 映画