映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2012年 08月 ( 46 )   > この月の画像一覧


ヘッドハンター

c0015706_845352.jpgオリジナルの「ミレニアム」シリーズのスタッフが手がけた作品ということで、楽しみにしていた作品、早速見に行ってきました。

今日は週末、レイトショーのみの上映ということですが、大勢の方が見に来ていました。

身長が低いとはいえ、ロジャー・ブラウンは全てを手に入れた男だ。なぜならノルウェー国内で最も成功したヘッドハンターで、最高の美女でアートギャラリーのオーナーのダイアナと結婚し、誰もが羨む住まいを手に入れているのだから。ただ、その暮らしを維持するために芸術品を盗んでいるのがロジャーの本来の姿だ。軍隊の元エリートで電子機器で成功したクラス・グレブは新たなヘッドハントの契約相手としてロジャーにとって最適な男だった。クラスはとても高価な絵画を所有しているからこそ「最高のヘッドハンティングの契約相手」なのだ。ロジャーが美術品を盗む最後の仕事のターゲットにクラスを選んだとき、クラスは最悪の相手だと知る由もなかった…。

主役のロジャーは身長が低いということだが、結構イケメン系、北欧系で整った顔立ち、うん美系ジャン!!
表の稼業はヘッドハンターだが、裏は美術品盗賊。結構その手口も華麗で、見ていてワクワク、それでいて、いざそのシーンでは、見つからないかとハラハラしてしまう。そんなロジャーが最後に手がけたシゴトは…!!追い詰められるロジャー、いったい発信器はどこについているのか!?一時はもう大丈夫と思ったのに、そこまで追ってくる!??追い詰められるロジャー、そこまで隠れるか!???と思わずわっっっとなってしまった。クライマックス、いったいどうするのかとハラハラドキドキ。
そういくのか!!とラストはナットク。期待以上に面白かった。
是非スクリーンで見て欲しいが、レイトショーなので、DVDになっても新作で借りて見ても面白いぞ!!
[PR]

by mikibloom | 2012-08-17 21:00 | 映画

白雪姫と鏡の女王(試写会)

c0015706_8442818.jpgターセム監督の最新作ということで、楽しみにしていた作品、早速見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方が見に来ていてほぼ満席状態でした。

白雪姫は18歳。幼い頃に父親である国王が亡くなって以来、継母の女王に城に閉じ込められていた。宝石やドレスが大好きなワガママ女王のせいで、今や王国は破産寸前。女王は隣国のリッチでハンサムな王子と結婚することで、富も愛も手に入れようと企む。だが、王子は白雪姫と恋におち、怒った女王は姫の殺害を命じる。森に逃げ込んだ白雪姫は、7人の小人のギャング団に仲間入りし、様々な戦術や知恵を教えられる。果たして白雪姫は、お姫様から「ヒーロー」へ成長し、王国を取り戻し、王子の愛を勝ち取ることが出来るのか?

ジュリア・ロバーツさんのワガママ悪女ぶりもなかなか面白く見どころ。また、白雪姫役のリリー・コリンズさん、白雪姫ってこんなにぶっ太い眉なの?とも思ったが、なかなか現代的な運命を自分から切り開くお姫様を好演している。それより見どころなのは、この作品の衣装。先ごろ亡くなった石岡瑛子さんの遺作となったこの映画、女王の衣装、とくにウエディングの衣装はすごーーーい!!また、舞踏会での白雪姫の衣装も斬新。小人の衣装もこんなの小人でないみたいと思ったりと、観ていて楽しい。ラストのシーンの衣装もまた見事。これは是非衣装を楽しむために、大スクリーンで見ないと損かも!!
[PR]

by mikibloom | 2012-08-17 19:00 | 映画

テイク・ディス・ワルツ

c0015706_8425544.jpgミシェル・ウィリアムズさんの最新作ということで、早速見に行ってきました。

今日は週末、夕方の回を見に行ってきましたが、結構入っていた感じでした。

フリーランスのライター、マーゴと、料理本を作る夫ルーは、結婚して5年目。2人の間に子供はいないが、いつまでも恋人同士のように仲睦まじく暮らしている。朝は一緒に目覚め、ベッドの中でひとしきり冗談を言い合い、キッチンで新しい料理を研究するルーにマーゴがちょっかいを出す。恋愛時代の情熱やときめきは薄れつつも、何ひとつ不満なく穏やかな愛情を育む毎日。ある日マーゴは仕事で訪れた島で、ダニエルという一人の青年に出逢う。情熱的な眼差しをもつダニエルに、強烈に惹かれる何かを感じてしまうマーゴ。ダニエルとの束の間の時間を楽しむが、彼が偶然にも自分たちの家の真向かいに住んでいることを知り…。

あのマリリン・モンロー役を演じたミシェルさんがこの役!?と驚くくらい全然別人に見えてくる。結婚5年目、中はいいけど、ちょっと毎日にマンネリ化を感じえない夫婦。そんな普通の生活を見事に演じている。なんかイマイチな毎日、そこに旅でであったダニエルの存在。なんか解るなぁと思いながらも、怠惰にならない夫婦ってどうしたらいいんだろう、やはり子ども!?でも子どもがいないときは!?等と思いながら見ていた。ラスト、そうなってしまうの!?なんかちょっと残念な気がしないでもない。
こんなミシェルさん、スクリーンでみてもいいかも。ストーリー的にはDVD新作レンタルがお薦めかなぁ。
[PR]

by mikibloom | 2012-08-17 16:15 | 映画

ヴァージニア

c0015706_8412389.jpgエル・ファニングちゃんの最新作ということで、早速見に行ってきました。

今日は週末、昼過ぎの回ということで、満席状態でした。

ミステリー小説家ボルティモアが訪れた呪われた街。そこでは、つい数日前に胸に杭を打たれた身元不明の少女が発見されたばかりだった。ミステリー好きの保安官にこの事件を題材とした小説の共著をもちかけられるボルティモア。そしてかつてエドガー・アラン・ポーが宿泊したとされているチカリング・ホテルで起きた凄惨な事件を知る。作家は謎の少女Vに誘われ、時にエドガー・アラン・ポーの幻影に導かれながら、「現在と過去」2つの事件の真相を紐解いてゆく。その先に予想しえない結末が待ち受けているとも知らずに…。

ミステリーものというせいか、全編ほぼ薄暗い映像、そのせいか半分くらい眠ってしまっていた。なーんか、もっと期待していたんだけど、ストーリーの展開が夢ものみたいな感じで、夢の中でストーリーが展開して目覚めてって感じ。まあ、杭を打たれた少女のところはちょっとハラハラしたが、なんかそれも勿体なぶってなかなか見せないし。ってなことで、まあ結末はまあこんなところってかんじだが、話の途中はぐだぐだしていて、ストーリーはイマイチ。コワさより眠さの方が買ってしまった作品。
うーん、DVDになったら1.5倍速で見れば眠くならずに見られるかも。
[PR]

by mikibloom | 2012-08-17 13:30 | 映画

「わたし」の人生

c0015706_8404520.jpg映画の予告を見て気になっていた作品、早速見に行ってきました。

今日はレディスディ、初回上映を見に行ってきましたが、けっこう大勢の方が見に来ていました。

百合子は、子育てを終え、自らの長年の夢である大学教授への道を歩き始めようとしていた。そんなある日、百合子の父で元大学教授の修治郎が痴漢行為で警察に保護された。父の異変を心配した百合子は、修治郎を病院へ連れて行き、そこで予期せぬ事実知らされる。修治郎は「認知症」を患っていたのだ。病気の進行の不安と介護という現実に衝突し、離ればなれになっていく家族。そんな時、百合子は同じ症状の家族が集う認知症「家族の会」の存在を知る。そこで出会った個性溢れる患者たちと共に、アルゼンチンタンゴを習い始めた修治郎。はじめは見様見真似で始めたタンゴだったが、ステップを踏むうちに修治郎の表情に変化が訪れてくる…。

なーんかこの映画の家族、他人ごとではないなぁと思いながら見ていた。ちょっと前のmikiの家人を重いだしながら見ていた。昨今、年輩の人の万引き、傷害事件などニュースで取り上げられるが、もしかしてこれって障害に起因する事なのかなぁなどと思いながら見ていた。父修治郎の突然の行為はこの病の発作なのか、なるほど。ってことは、mikiの家人のあの行為もそうだったのか等と思っていた。もっと早くにこの映画を見ていたら、対応は違っていたかも等と考えた。また家人が飲んでいた薬、当時はえっこんな薬が処方されているのかとちと驚いたが、この映画を見て、なるほどとも思った。この映画では介護離職が50万人と言っていた。高齢化になる日本、もっと考えないとと思ってしまった。そして、自分たちの将来の事も。
これは是非スクリーンで見て、考えて欲しい作品。
[PR]

by mikibloom | 2012-08-17 11:20 | 映画

るろうに剣心(試写会)

c0015706_8383685.jpg映画予告を見てすっごく期待していた作品、早速見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方が見に来ていました。

明治になって10年。東京では、「人斬り抜刀斎」を名乗り、手当たり次第に人を斬る男が現れる。無謀にも一人でその男に立ち向かう神谷薫を助けた見知らぬ男。彼こそが、幕末に名を馳せた反幕府軍の暗殺者「人斬り抜刀斎」その人だった。いまは緋村剣心と名を変え、「斬れない刀=逆刃刀」を手に、人を助けるための流浪の旅を続けていたが、薫が亡き父から引き継いだ道場に居候することになる。ニセ者の正体は鵜堂刃衛、実業家・武田観柳の用心棒だ。観柳は女医の高荷恵に作らせたアヘンで得た莫大な金で武器を買い、世界を支配しようと企てていた。観柳は邪悪な計画の手始めに神谷道場一帯を手に入れようとするが、苦しむ人々を見た剣心は戦いを決意。だが、観柳の護衛は250人、剣心の味方に名乗り出たのは喧嘩屋の相楽左之助だけ…!

冒頭の新撰組と抜刀斎のシーンからこのストーリーに引き込まれる。剣心役の佐藤健さんの、人斬り抜刀斎としてのシーンと、剣心としてのおっとりしたシーンと、同じ人物なのに、これほど雰囲気が変わるとはと思いながら見ていた。そして、最初のニセ抜刀斎との出会い、このニセのコワい感じ、吉川晃司さんの鵜堂がまたすごい。斉藤一役の江口さん、そして観柳役の香川さんなど、すごい面々が凄い役どころを見事演じている。道場破りと戦う剣心のシーンもすごくスピーディーですごかったが、クライマックス、250人対2人のシーンは、こんなに早い殺陣見たことないと必見、そして観柳とのシーンも、なのが起こったのかと思わずビックリ、どうなるのかとハラハラ。そして鵜堂との戦い、あの刀でどうやって!?とハラハラドキドキ。あまりの殺陣の速さに一体どうやってともう一度観たくなるほど。今までにない殺陣のシーンがすごいから!!
予告を見てすっごく期待していたが、期待以上に超面白かった!!mikiの家人は原作もアニメも大好きだったので、お勧めしまくりました。
これは是非スクリーンで迫力ある殺陣のシーンを楽しんでほしい。
[PR]

by mikibloom | 2012-08-16 18:30 | 映画

マクダルのカンフーようちえん

c0015706_8365346.jpg映画の予告がかわいかったので、早速見に行ってきました。

今日は平日、昼過ぎの回を見に行ってきましたが、まあまあの入りって感じでした。

スポーツもダメ、お勉強もダメだけど、友達思いで、ママが大好きなマクダル。デキの悪いマクダルを心配したママ、ミセス・マクは、マクダルを中国の武当山に連れて行く。そこは武術の名門「カンフーようちえん」。「世界一強い幼稚園児」を決める「こども武術オリンピック」への出場を目指して、マクダルのカンフー修行が始まった…!

やっ、これはマクダルの声を演じた鈴木福くんの声がすっごく可愛い!!ちょっと舌ったらずで、なんかのんびりした感じのキャラがよく出ているって感じ。ガールフレンドのメイの声を演じた剛力彩芽さんも結構いい味出しているかも。マクダルの怒られ方もちょっと変わっていて、こんな怒り方ってと思うが、それはそれで面白いかも。途中で出てくるパンダのホンポウくんって、こうなっているんだと思うし。ただ、途中ちょっとストーリーがだれている感じで眠くなってしまったが、全編まったり気味で、それでいてキャラが可愛いからいいかも。
うん、DVDになったらレンタルして見るのもいいかも。
[PR]

by mikibloom | 2012-08-16 14:45 | 映画

c0015706_22494854.jpg空が綺麗で、思わず写メ。
c0015706_22544825.jpg
[PR]

by mikibloom | 2012-08-15 17:00 | 雑記

草木

c0015706_22353531.jpgmikiが出かけた先で見つけた草花と木々。この暑いのに、こんなに綺麗に咲いていて、思わず写メしました。
c0015706_2236366.jpg
c0015706_22363086.jpg
c0015706_22365528.jpg
c0015706_22371435.jpg
c0015706_22372966.jpg
c0015706_22374494.jpg
c0015706_2238623.jpg
c0015706_22382556.jpg
c0015706_22384272.jpg
[PR]

by mikibloom | 2012-08-12 17:00 | 雑記

じょうきパン

c0015706_2244850.jpg今日は1年で一番賑やかな市の日。大好きなじょうきパンをお目当てに行ってきました。ずらりと長い列、買うまで40分、それだけ並んでもやっぱり買いたい、そんな、昔懐かしいじょうきパン、mikiの大好物です。
[PR]

by mikibloom | 2012-08-12 12:00 | 雑記