人気ブログランキング |

映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2015年 07月 ( 40 )   > この月の画像一覧


劇場版進撃の巨人(後編)

c0015706_9435318.jpgいよいよ後編ということで、さっそく見に行ってきました。

今日はレディスディ、夕方の回を見に行ってきましたが、結構大勢の方で混雑してました。

巨人が全てを支配する世界、人々の平穏な毎日は崩された。「一匹残らず駆逐してやる」その思いとは裏腹に、突如として巨人化してしまう主人公エレン。自分は何者なのか葛藤する中、エレンはその能力を使って人類を救う事となる。ある人は彼を「救世主」と讃え、ある日とは彼を「悪魔」と恐れた。そして次に彼らの前に現れたのは、他の巨人とは明らかに違う、知性を持った女型の巨人。彼女は一体何なのか…。エレンに秘められた能力の謎は…!
c0015706_9441862.jpg前編がなかなかだったので、後編はどう展開していくのかと期待しながら見に行ったのだが。前半のエピソード、えっそんなところでバッサリと切るの!?で、その後どうなったの!??と思うところがしばしば。うーん、もともとテレビ放映シリーズを切り取って後編を作ったというところの限界か。クライマックスの巨人退治も戦法がよくわからず、どういう展開をするのかと、ちとわかりずらい。もち、今回はあのデカい巨人の話はどうなった!??って感が強いし。ラストの巨人退治も、いきなりその展開!??ってかんじだし、テレビシリーズから再編の限界を見たかなって感じ。まあ、テレビシリーズをずっと見たものにはわかるネタかもしれないが、そうでない人ならストーリー展開が難しすぎ。
うーん、どうせなら、後編見るよりテレビシリーズをそのまま見たい気になるなぁ。

by mikibloom | 2015-07-08 17:25 | 映画

しあわせはどこにある

c0015706_942733.jpgロザムンド・パイクさんの最新作ということで気になっていた作品、ようやく見に行ってきました。

今日はサービスディ、夜の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

精神科医のへクターは、美人でしっかり者の恋人クララと一緒に、ロンドンで何一つ不自由のない生活を送っていた。しかし、毎日患者たちの不幸話を聞き続けていくうちに、自分自身の人生も価値の無い物のように思えてきてしまう。「幸せって、なんだろう…?それは、どこにあるんだろう?」へクターは答えを求めて、旅に出ることを決意する。イギリスを旅立ち、中国からチベット、アフリカ、そしてアメリカへ。行く先々でとんでもないハプニングに巻き込まれながらも、彼は各地で出会った幸せのヒントを手帳に書き記してゆく…。

へクターの幸せ探しの旅、そのノートに記す旅の模様と、その時々に見つけた幸せ。うん、こんなのあるかもと、その言葉が印象的。恋人のクララ、結構物わかりがいいじゃんと思いながら、反面、元カノを気に病んだりと…。テンポもよく、へクターの行くところの冒険も面白く、飽きずに見終わったって感じ。
うん、これはスクリーンで見てもいいかな。

by mikibloom | 2015-07-07 19:15 | 映画

青鬼ver.2.0

c0015706_941324.jpgこれ、2やるんだと思った作品、さっそく見に行ってきました。

今日は平日、夕方の回を見に行ってきましたが、高校生を中心に、まあまあの入りって感じでした。

ひろしと杏奈は不登校になつているクラスメイトのシュンの様子を見るためにシュンの家へと向かった。しかし道中、奇妙な模様をした蝶に誘われ怪物が現れると噂される屋敷「ジェイルハウス」へと引きずり込まれてしまう。一方、時を同じくしてシュンの不登校の発端となった、クラスメイトの卓郎、美香、たけしの3人は肝試しの動画実況をするため、同じ屋敷へと入っていった。無人であるはずの屋敷内に響き渡る怪しげな物音。「…嫌な予感がします。」脱出を試みるも出入り口が塞がれ、行き場をなくす一同の先には、この世のものとは思えぬブルーベリー色の巨人が忍び寄っていた。ひろしはこの事態にシュンが製作したゲームの世界へとリンクしていることに気づく…。

うーん、1も結構厳しかったが、それ以上に厳しい感じの2.0だなぁと思いながら見ていた。まあ、設定はこんな感じかな。でも、ストーリー展開としてはちょっとチンケな感じ。もっと青鬼がびっくり怖いかと思いきや、それほどでもなくて…。まあ、設定がゲームオタクが作ったゲームということもあるのだが、それならもう少し凄くてもよくない!?新キャラの青鬼もチョロット出てきてあっけないし…。クライマックスもそれかよって感じだし。次は作らないでね、期待はずれだからと言いたくなる。
うーん、観たいならDVDレンタルでもいっかなって感じ。

by mikibloom | 2015-07-06 18:00 | 映画

ハッピーエンドが書けるまで

c0015706_9135788.jpgリリー・コリンズさんの最新作ということで、さっそく見に行ってきました。

今日は土曜日、夕方の回を見に行ってきましたが、満席でした。

サマンサは、作家の父ビル、弟ラスティの3人家族。母親のエリカは3年前に父親を捨てて家を出て行った。大学で同じ授業を受けているルイスから思いを寄せられているが、母親の浮気と両親の離婚を目の当たりにし、他人を信じることができず、いつのまにか恋愛に臆病になっていた。一方、ビルはエリカに未練があり今でも彼女の家を覗きに行くという日々を送っていた。そして、ラスティは学校で初恋相手のケイトがコカインを吸う姿を目撃してしまう。愛を信じない娘、愛を失った父親、愛に臆病な息子…。たくさんの思いを抱えた3人が悩んで、気づいて、踏み出した時、人生に変化が訪れ始める…。

うーん、この邦題、ちょっとストーリーとはかけ離れている感じがするなぁという感じ。この題だとラストに小説ができあがるのかなと思いながら見に行ったら、あれあれ、全然違う感じだし。うーん、家族それぞれの恋愛話が展開していて、そうなっちゃうの!?って感じ。ちょっとイメージと違っていて、気がつくとmikiはウトウトしてしまっていた。まあ、それでも要所要所は分かって、ラストまで見たって感じなんだけど…。
うーん、この程度なら、DVD新作レンタル出もいっかって感じ。

by mikibloom | 2015-07-04 16:35 | 映画

悪党に粛清を

c0015706_9123877.jpgエヴァ・グリーンさん出演の最新作ということでさっそく見に行ってきました。

今日は土曜日、午後の回を見に行ってきましたが、満席、立ち見の状態でした。

1870年代アメリカ…。元兵士のジョンは敗戦で荒れたデンマークから新天地アメリカへと旅立つ。7年後、事業も軌道に乗り妻子を呼び寄せ再会を喜びあったのも束の間、非常にも目の前で妻子を殺されてしまう。怒りのあまり犯人を見つけ出し射殺したジョンだったが、犯人はこの辺り一帯を支配する悪名高いデラルー大佐の弟だったことから彼の怒りを買う。更にその弟の情婦で声を失ったマデリンも巻き込み、それぞれの孤独で壮絶な復讐がはじまった…。
c0015706_91315.jpg久々に正統派西部劇を楽しんだって感じ。もう、誰が見ても、こいつ悪い奴だしと分かるキャラ。そして、ストーリー展開。悪い奴はとことん悪く、町のみんなから金をふんだくったり、人を殺したり。クライマックスの復讐シーンも、安心して見ていられるって感じ。で、エヴァちゃん、今回はスッゴイ役どころ。最初ワルと思ったら、いがいとそんなちょっと複雑な役どころなのね。でも、闘う女カッコいいなと思いながら見ていた。
うん、これはすくりーんで楽しんでもいいかも。

by mikibloom | 2015-07-04 14:30 | 映画

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン

c0015706_9111942.jpgアベンジャーズの最新作公開ということで、さっそく見に行ってきました。

今日は封切り初日、2D字幕版を見て来ましたが、満席でした。

それは、人類の平和を守るために作られたシステムのはずだった…。アイアンマンとして人類の危機を何度も救ってきたトニー・スターク。「最強チーム」アベンジャーズの限界を誰よりも知る彼は、恐れていた。彼らの手におえない強敵が現れた時、誰が愛する人々を守るのか…?だからこそ、彼は禁断の平和維持システム、人工知能「ウルトロン」を起動させてしまう。愛なき人工知能が選択する「究極の平和」とは、平和を脅かす唯一の存在=人類の抹消を意味するとは知らずに…。愛ゆえに犯した過ちを、命をかけて償おうとするトニー・スターク。人類滅亡の危機に再び結集したアベンジャーズだったが、人知を超えた進化を続けるウルトロンを相手に為すすべもない。ヒーローでない等身大の「人」として、絶体絶命の彼らに残された最後の武器は、「愛する人を守りたい」という熱い思いだけだった…。
c0015706_9114252.jpg最初からアクションの連続、こんなにヒーローが大挙して出てきてと、ストーリーも飽きさせない。アクションも派手だし、色々とぶっ壊しているし、と、こんなに壊して大丈夫なの!?と、映画ながら余計な心配をしながら見ていた。今回の新たな敵は…!!いったいどうなるんだろうと思いながら見ていたのだが。クライマックス、えっ、あれだけ倒したのに、こんなに!??とびっくり。そして、あの空飛ぶ島は!??と、あれだけぶっ壊して、地上に被害がなかったの!??なーんて、これまた余計な心配もしたりして。結構最後まで飽きさせずに楽しめた。うん、今回また新たなヒーローが出てきて、いったいどうなる!?あのラストも気になるし…!!
ということでスクリーンで最後の最後まで観たい作品。

by mikibloom | 2015-07-04 10:40 | 映画

ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム

c0015706_910116.jpg羊のショーンがアニメになったということで、さっそく見に行ってきました。

今日は封切り初日、朝一番の回を見に行ってきましたが、多くの方で混雑してました。

イギリスの片田舎の牧場でのんびり暮らす、ショーンと仲間たち。退屈な毎日に飽き飽きしたショーンたちは、牧場主を眠らせて「バカンス」を楽しむが、牧場主を乗せたトレーラーが大暴走してしまう。ショーンたちは牧場主を捜しに大都会へ旅立つが、そこには数々の危機が待ち受けていた。平穏な牧場こそが大切な場所だと気付いたショーンたち。果たして、ショーンは牧場主を見つけ出し、みんなで愛するわが家へ帰ることが出来るのか…?
c0015706_9323578.jpg

羊のショーンたちの毎日の日課、それも面白かったのだが、それに飽きた羊たちが、牧場主にやったこと、えっっこんなので眠っちゃうの!?と結構面白い。そして、その間に羊たちは!?と思いきや、いつの間に豚が!??と、牧場主はいつの間にか都会に。捜しに行くショーンたち。でもそこには怖いトランパーが!!変装して歩くシーンは、あれ、これってあのジャケットのシーンをパロッてる!?等と思った。牧場主はどこ!?犬のピッツァ-は!?そしてショーンたちは!!けっこうこの作品、面白いと思うシーンが人それぞれで、見ていて、自分はここが面白いと笑ってるけど、他の人はここでも笑ってるしと、周りの反応もまた面白い。エンドロールの最後まで楽しめる作品。
ぜひ、スクリーンで楽しみたい。

by mikibloom | 2015-07-04 08:30 | 映画

雪の轍

c0015706_981676.jpg映画の予告のカッパドキアの風景が印象的な作品、さっそく見に行ってきました。

今日は週末、夜の回を見に行ってきましたが、上映後にトークショーがあるということで、混雑していました。トークショーには、この作品に観光客の日本人役で出演した村尾政樹さん等が登壇、撮影秘話等をお話しいただきました。

カッパドキアで洞窟ホテルのオーナーとして裕福に暮らす元舞台俳優のアイドゥン。しかし、若く美しい妻との関係はうまくいかず、離婚して出戻ってきた妹ともぎくしゃくしている。さらに家を貸していた一家からは家賃を滞納された挙句思わぬ恨みを買ってしまう。何もかもがうまくいかないまま、やがて季節は冬になり、降りしきる雪がホテルを覆い尽くす。客もいなくなり、閉じこめられた彼らは、互いに鬱屈した心の内をさらけ出していく。しかし、会話を重ねるたびに、すれ違っていく彼らの心。やがて、アンドゥンはある決意をする…。
c0015706_99176.jpgカッパドキアって、奇岩がポコポコあって…っていうイメージしかなかったmikiだが、そこの岩をくりぬいて家にしているなんて、びっくりと思いながら見ていた。こんなところを家にしたり、ホテルにしたり、へえっっっっ。それでいて、店子が増築したり…!!そんなカッパドキアでの家族をテーマにしたストーリー展開。3時間16分と長いし、どちらかというと、どうでもいいような兄妹との会話とか、夫婦の会話とか、途中店子との大家の話とか。店子の子供のしでかしたこととか。それでいて、大家の使用人は、子どもが風邪を引くといけないからと結構優しかったり。でも、気がつくと、妹との諍いや、妻との諍い。うーん、アルドゥンって、孤立してるし…。雪の季節が近くなって、みんないなくなって…。アルドゥンも!?そして、妻があの家族のもとに出かけて…。その先での出来事、結構衝撃的な展開だった。うーん、考えさせられるなと思った。ラスト、結構印象的だった。ちと長いけど、珍しく飽きずに見ていた感じ。ここに出てきた日本人観光客もちょっと印象的だったし。
この風景は、やはりスクリーンで見てみたい。

by mikibloom | 2015-07-03 19:00 | 映画

きみはいい子

c0015706_965028.jpg映画の予告が印象的な作品、さっそく見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、多くの方で混み合ってました。

まじめだが優柔不断で問題に真正面から向き合えない小学校教師・岡野。自分の娘に手をあげ自身も親に暴力を振るわれていた過去をもつ雅美。認知症の兆しにおびえる独居老人・あきこ。悩みや問題を抱えながら生きる彼らが、さまざまな局面で交差しながら、人と人とのつながりに光を見いだし小さな一歩を踏み出す…。
c0015706_971348.jpg子供を育てる、そのこと自体は昔も今も変わらないはずなのだが、子供を育てる環境は、昔と今とでは随分と違っている、今はなかなか大変だなぁと思いながら見ていた。小学校も男女平等で、男子も女子も「さん」づけでなければならないなんて、先生も大変。保護者とのことや、教室でのことや。こんなことまでしなきゃならないの!?とも思うし。今は家庭訪問もないから、生徒の自宅に行くのもこんなことがないとなかったり。でも、何かあっても事なかれ主義で、こうなっちゃう!?なかなか難しいし、先生も大変だなぁと思いながら見ていた。また、障害のある子供も、突然の出来事でパニックになったり、そんな生徒をひとりひとり見守る先生も大変だなぁと思いながら見ていた。そんな時出会った学校の近くに住むお年寄りの温かな言葉に、どんなにその親はうれしく思ったことだろう。あ、こんな言葉かけが大事なんだなぁと思いながら見ていた。そして、小さな子供を育てる母親。子供を公園で遊ばせるにしても、ママとも仲間との交流もなかなか大変だなぁ。そして、自分の子供を愛することの大変さ、なんか分かるなぁと思いながら見ていた。先生から出した宿題、翌日の子供の言葉がとても優しくて、心が温かくなった。あ、こんなこといいなと思った。池脇千鶴さん演じるママ友のクライマックスの言葉が問いも印象的。もっと早くこの作品に出会いたかったと思った。うん、これから、自分に何かあったりこの言葉を自分に言い聞かせたいかもと思った。そして、ラスト、先生はどうなったんだろう、あの子は!?
うん、子育て中の方には是非見ておいてもらいたい作品。
c0015706_939956.jpg

by mikibloom | 2015-07-02 18:30 | 映画

ターナー、光に愛を求めて

c0015706_95523.jpg画家ものということで、すっごく気になっていた作品、さっそく見に行ってきました。

今日は映画サービスディ、夜の回を見に行ってきましたが、結構混み合ってました。

19世紀、イギリス。若い頃から画家として成功していたターナーは、新たなインスピレーションを求めていつも旅をしていたターナーは、新たなインスピレーションを求めていつも旅をしていた。そんな彼を助手として支えていた父が病で亡くなると、悲しみから逃れるように訪れた港町で、生き方を変える「ある再会」を果たす。やがて並外れた才能は時代の先を行くようになり、その評価は真っ二つに分かれていくが…。

絵画物・画家ものって結構mikiは好きなのだが。この作品も、予告の時からスッゴク楽しみにしていた。最初の当りは、そうそう、こんなほわんとした絵、好きだなぁと思いながら見ていた。画家として、結構成功していた方のターナー何だと思いながら見ていた。父親が上手くサポートして、結構いい暮らしをしている感じ。油絵具って、顔料を買ってきて、こんなふうに作っていたのかと興味深かったり。キャンバスも、一つ一つ作っていたりと、最初の方は結構興味深く見ていたのだが…。そんな製作風景も、1時間くらい見ていたら、飽きて来てしまっていた。あとは、どんな展開していくのかなと思いながら見ていたのだが、なんかこの日もmikiの体調がよくないせいか、中盤以降は結構眠っちゃっていた。うーん、ちょっと上映時間としては結構長い感じだなぁと思った。
絵画物が好きな方は、スクリーンで見ておきたい作品。

by mikibloom | 2015-07-01 18:40 | 映画