人気ブログランキング |

映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2018年 02月 ( 40 )   > この月の画像一覧


ビルの谷間の…

c0015706_14361336.jpg映画を見に行く途中、霞が関のとある交差点からの風景。ここだけ、ちょっとだけ東京タワーが見られるのねとちょっとびっくり。写真撮ってみました。

by mikibloom | 2018-02-28 21:00 | 雑記

去年の冬、きみと別れ(試写会)

c0015706_9504196.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方で混雑していました。

最愛の女性との結婚を控える記者=耶雲が狙う大物は一年前、世間を騒がせた猟奇殺人事件の容疑者=天才カメラマンの木原坂。真相に近付く耶雲むだったが、木原坂の危険な罠は婚約者=百合子にまで及んでしまう。愛する人をこの手に取り戻すため、木原坂の罠にハマっていく耶雲の運命は…?
c0015706_951081.jpgこの映画のキャッチコピー、全員ダマされる、そんなはずは…と思ったが、しっかりmikiもダマされました。記者と、仲のいい美しき婚約者、そして猟奇殺人の容疑者、いったいどうなるのか。時間も忘れて見入ってしまいました。とくに、後半、婚約者の失踪以降は、目が離せません。でも、よく見ていると、あれ?あれ?ということはあったのだが、それが、こんな風に結びついて、展開をするなんて!!ラストの告白にはけっこうエーーーーー!!って感じ。記者耶雲役の岩田さんの今までにない役どころと、婚約者百合子役の山本美月さんも、女優本格デビューという感じ、そして、容疑者木原坂の猟奇的な役どころを見事こなした斎藤工さんもすごいと思った。
原作読んでみたいと思いました。
うん、スクリーンで見たい作品。

by mikibloom | 2018-02-28 19:00 | 映画

ザ・シークレットマン

c0015706_949629.jpgリーアム・ニーソンさんの最新作ということで早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

ある日の深夜、5人の男がワシントンD.C.の民主党本部に侵入。盗聴器を仕掛けようとしたところを逮捕された。事件の指揮を担当したFBI副長官のフェルトは、背後にホワイトハウスの関係者がいると確信。例え相手が大統領であろうとも、捜査の手を緩める訳にはいかない。しかし長年FBIのトップに君臨したフーバー長官の急死後、長官代理に就任したグレイは、ホワイトハウスの意向を汲み捜査の早期終結を指示する。このままでは真実が闇に葬られてしまう。捜査を続行し、事件の全容を明らかにするため、フェルトは一世一代の賭けに出る。
c0015706_9492152.jpgウォーターゲート事件により当時のアメリカのニクソン大統領が失脚し、辞任に追い込まれたのだが、それを題材にした作品。事件自体も難しいが、この作品もなんか難しい感じ。見ていて、訳わかんなくなりそう。途中眠くなってしまうし…。でも、リーアム・ニーソンさんの実在の人物になりきり方が結構すごいかも。
ちょっと難しいので、DVD鑑賞でもいいかも。

by mikibloom | 2018-02-27 17:45 | 映画

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ

c0015706_947404.jpg映画のチラシが気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

パキスタン生まれのコメディアンのクメイルは、シカゴの大学院に通うエミリーと付き合っている。ある日、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま見合いをしていたことが、エミリーにバレて2人は破局してしまう。ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に。駆け付けた病院でクメイルが出会ったのは娘を傷つけたことで腹を立てているエミリーの両親テリーとベスだった。初めは敵意をあらわにしていた彼らだったが意外な出来事をきっかけに3人は心を通わせ、力を合わせてエミリーの看病を行うことになる。眠り続ける彼女をみまもりながらエミリーがどれほど自分にとって大切な存在なのか気づき始めるクメイル。更にキャリアの転機も訪れて…。果たしてエミリーは目覚めるのか?その時、2人の未来の行方は?
c0015706_9475698.jpg実話を基にした作品っていろいろあるけど、その当事者が実際に演技…ってちょっと珍しいかも。当事者だから、脚本も、そのときの気持ちも知ってるしということかなぁ。結構興味深い展開。でも、この展開、なんかどっかで見たような…。うん、8年越しの花嫁のアメリカ版みたいな感じだなぁなどとも思った。
スクリーンで見てもいいかも。

by mikibloom | 2018-02-26 19:00 | 映画

インフィニティ フォース infini T force ガッチャマン さらば友よ

c0015706_11255166.jpgあのガッチャマンが戻って来たということで早速見に行ってきました。

今日は日曜日、朝一番の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

戦いの末に自分たちの世界を取り戻し、それぞれが生きるべき場所へと戻ったガッチャマン=健、テッカマン=城二、ポリマー=武士、キャシャーン=鉄也の四人。しかし彼らはある目的のため、笑と共に再び時空を超えてひとつの世界へと降り立った。そこは平和を脅かす人類の敵「ギャラクター」が猛威を振るい、それに対抗するガッチャマン率いる「科学忍者隊」が戦いを続けた世界。だが、その世界の様子に違和感を覚える彼らの前に、一人の男が姿を現す。それは科学忍者隊の創設者、南部博士。見知ったはずの健に不審な表情を向ける南部はヒーローたちに思わぬ言葉を告げる。「どうやら君たちは私の敵らしい」と…。そして、その様子をビルの上から見つめる一つの影があった。それは健と共にギャラクターと戦い続けた、科学忍者隊のナンバー2.その名を「コンドルのジョー」。
c0015706_1126919.jpgタツノコプロのアベンジャーズだなぁと期待して見に行ったのだが…。設定のパラレルワールド、まあ、そうでもしないとこの4人は出会わないと思うから、仕方がないのかなぁ。でも、なーんかテンポがいまいち。いろいろな説明もやけに小難しいし。なんか期待外れな感じ。そして、ジョーもせっかく出てきたのに、またっっっっ!!だし、クライマックスには南部博士も!!うーん、楽しみにしていただけに期待外れ感が半端ない。
うーん、見たい方はDVDが出てからでも遅くはないかも。

by mikibloom | 2018-02-25 08:40 | 映画

林部智史 2nd Anniversary Concert

c0015706_1128569.jpgファーストアルバム発売記念のコンサートということで開催されました。
今日は土曜日の昼ということで、観客のほとんどが女性のコンサート。2部構成で、1部はアルバムからの歌と、新しい歌も含めて歌ってました。トークなどあまりなく、歌を連続に。これってなかなか大変だよね。とくに林部さんの声って、高音域がとてもきれいだし、このまま最後まで大丈夫!??等と気になりながら聞いてました。途中休憩を挟んでの2部は、カバー曲を中心に。とくに、最後の歌は、それこそさだまさしさんが歌った歌しか聞いたことがない楽曲。よく最後にこのパワーのある歌を歌えるなと感心。そして、アンコールには、あの歌をアカペラで!!!途中からはマイクなしでの歌唱でした。場所がクラシック専用ホールでもあるため、後方の席まで聞こえてました。それこそ、観客はシーンと静まって聞いてました。思わず拍手!!!
今日から3年目に突入とか。今年は全国でのコンサートも開催ということで、また見に聴きに行きたいです。林部さんの歌うカバー曲も楽しみです。

by mikibloom | 2018-02-24 14:00 | 雑記

あなたの旅立ち、綴ります

c0015706_11232714.jpgアマンダ・セイフライドさん、シャーリー・マクレーンさんの共演ということで早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、朝一番の回を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。

ビジネスの成功で財を成した老婦人のハリエット・ローラーは何不自由なく暮らしていたが、80代に入ってから孤独と死への不安を感じていた。そこで、ハリエットは自身の訃報記事を生前に執筆することを思いつき、地元の若い新聞記者であるアン・シャーマンに依頼する。しかし、自己中心的なハリエットのことを良く言う人はおらず、理想とかけ離れた原稿を読んだ彼女は、「最高の訃報記事」に欠かせない4つの条件を満たすため、自分を変えることを決意。その要素とは、家族や友人に愛されること、同僚から尊敬されること、誰かの人生に影響を与えるような人物であること、そして記事の見出しになるような人の記憶に残る特別な何かをやり遂げることだった。何事にも強気なハリエットと一歩踏み出す勇気のないアン。正反対の2人はぶつかってばかりいたが、いつしか世代を超えた友情が芽生え始めていた。そんなハリエットとの出会いが人知れず悩みを抱えていたアンの未来をも変えていくことに…。
c0015706_11234479.jpg孤独な老人ハリエットが出会ったアンとブレンダ。それをきっかけに、人生が回り出していく感じ。最初は偏屈な感じだったが、いろいろなことをやっていくにつれて、あ、この言葉素敵、なるほどと参考になる言葉がいろいろ。そうか、なるほどと思ったり。DJでの言葉など、あ、いいなぁ思った。アンやブレンダはどう決断するのかと思いながら見ていた。そして、クライマックス、その言葉には思わずウルウルしてしまった。そして、アン役のアマンダさん、今回も目の表情がとても素敵。
うん、スクリーンで見たい作品。

by mikibloom | 2018-02-24 10:50 | 映画

空海 KU-KAI 美しき王妃の謎

c0015706_11211034.jpg映画の予告が面白そうと早速見に行ってきました。
c0015706_11212955.jpg今日は封切り初日、初回上映を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。
c0015706_11214367.jpg1200年以上前、日本から遣唐使として中国・唐へ渡った若き天才僧侶・空海。あるきっかけで知り合った白楽天という詩人との交流を深めていく中、世界最大の都・長安の街は、権力者が次々と奇妙な死を遂げるという、王朝を震撼させる怪事件に見舞われる。空海は、白楽天とともに一連の事件を探るのだが、約50年前に同じく唐に渡った鍵を握るもう一人の日本人、阿倍仲麻呂の存在を知る。仲麻呂が仕えた玄宗皇帝の時代、そこには国中を狂わせた絶世の美女、楊貴妃がいた。極楽の宴、妖猫の呪い、楊貴妃の真実、歴史を揺るがす巨大な「謎」。楊貴妃の命を案じた阿倍仲麻呂は何を知っていたのか…?空海と白楽天、二人が辿りついた真実とは…?海を渡った若き天才・空海と、中国が生んだ稀代の詩人・白楽天。二人はやがて、歴史に隠された運命と対峙することとなる…。
c0015706_11221186.jpgなかなか、絢爛豪華なセット、衣装、俳優陣。で、けっきょく、時の権力者が次付き魏と亡くなったのは、あの猫の怨念!??で、その猫は…というストーリーなのか。CGはすごいし、ワイヤーアクションもあるし、セットも絢爛豪華。そして、衣装も、とくに楊貴妃の衣装って結構すごいし。なんだけど、周りに目が行ってしまって、えっとストーリーは!??等となってしまう。絢爛豪華さを楽しめばいいのかなぁ。
うん、スクリーンで見てもいいかも。

by mikibloom | 2018-02-24 08:20 | 映画

ビガイルド 欲望のめざめ

c0015706_1118154.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、夕方の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑していました。

アメリカ南部の世間から隔絶された女子寄宿学園に暮らす美しき女性7人。ある日、負傷した北部の敵兵に遭遇し屋敷へと運び手当をする。女性に対し紳士的でかつ美しい男性と触れ合う中で、誰もが彼に心を奪われていく。しかし、次第に彼女たちは情欲と危険な嫉妬に支配されてしまう。秩序を守るか、欲望を取るか、彼女たちが最後に下した決断とは…!
c0015706_11183220.jpg女性だけの生活に、ある日、男性が入り込んだら…。そんなストーリー。世間から隔絶された寄宿学園に暮らす教師と生徒の7人。そんな中に傷付いた敵兵が…。周りではまだ戦争状態。そんな恐怖と、傷ついた男性の敵兵。傷を癒していく中で、だんだんと男性を意識していく女性たちの姿がなかなか。嫉妬と、思いと、一体どうなっていくのか。クライマックス、男性に思わぬ危機、どうする!??と、その後の男性の様子が…。どう決断するのか!!うーん、女性を怒らすと怖いなぁと思った。
うん、スクリーンで見てもいいかも。

by mikibloom | 2018-02-23 17:50 | 映画

サニー/32

c0015706_11151613.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日はレディスディ、夜の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

「ずっと会いたかったよ、サニー…」そう言って柏原と小田はひとりの女性を拉致、雪深い山麓の廃屋に監禁した。連れ去られたのは平凡な毎日を送り、24歳の誕生日を迎えた中学校教師・藤井赤理。「サニー」とは「犯罪史上、もっとも可愛い殺人犯」と呼ばれ、ネットなどで神格化し世間を騒がせた当時11歳の少女の愛称。実行犯の男たちは「サニー」の狂信的な信者であった。赤理は正気を失っていきながらも、陸の孤島と化した豪雪地帯の監禁部屋から脱出を試みるが、それは物語の始まりに過ぎなかった…。

サニーとして突然監禁された赤理。一体どうなってしまうのか!??彼女は本当にサニーなのか!??最初はちょっと気になりながら見ていた。それにしても、雪深いなかの一軒家、うわっっ寒そう、そして、後半の海の家も、寒そう!!!でも、あの海の家って、冬場も壊さずに、こんなになってるんだとちょっとびっくりだったり。次々に人が…!!それもびっくりだったり。後半、覚醒した赤理。一体ストーリーはどうなるのかと思ったり。その後に出てきたあの女性!??でも、イタそうで、見てられないし…!だったら、なぜ柏原と小田は赤理を!??逆にそれが謎だったり。ピエール瀧さんとリリー・フランキーさんの今までにない役どころはちょっと見ものかも。ラスト、そう来るか。でも、そんなときって、それだけでも助けになるのかもなドと思ったりした。
うーん、DVDレンタルでもいっかなって感じ。

by mikibloom | 2018-02-21 18:20 | 映画