人気ブログランキング |

映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2019年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧


ヴィクトリア女王 最期の秘密

c0015706_08514199.jpg
映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑していました。

1887年、ヴィクトリア女王即位50年記念式典。記念金貨の贈呈役に選ばれた若者アブドゥルは、英領インドからイギリスへとやってくる。最愛の夫と従僕を亡くし、長年心を閉ざしてきたヴィクトリア。そんな彼女が心を許したのは、王室のしきたりを無視し、真っ直ぐに自分へ微笑みかけてくるアブドゥルだった。初めて知る異国の言葉や文化…新しく広がる世界に、止まっていた人生が鮮やかに動きだす。身分も年齢をも超えた強い絆で結ばれていく二人だったが、周囲はそんな「君主と従者」の関係に猛反対。英国王室を揺るがす大騒動へと発展していく…。息子エドワード7世により、歴史から消された驚きの「真実」。一世紀もの時を経て、女王の晩年を輝かせた感動の秘密が明かされる。

日々を無味に過ごしていたヴィクトリア女王が出会ったのは、英領インドからの記念金貨贈呈役に選ばれたアブドゥル。インドの言葉や知識をいろいろと女王に伝えるアブドゥル。そんな二人の君主と従者、師弟関係だったり。なかなか面白い二人の関係だが、周りの者たちのやっかみがなかなか。いったいどうなるのかと思いながら見ていた。また、映画で使われる衣装や、建築のすごさもなかなか。こんなもの作ったんだとちょっとびっくりだったり。こんなところでお茶する!?だったり。ラスト、女王崩御の際のアブドゥルへの仕打ちはなかなかすごい。そんな中、奥さんよくもそれを!!
うん、スクリーンで見てもいいかも。

by mikibloom | 2019-01-31 18:40 | 映画

ナチス第三の男

c0015706_08515056.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日はレディスデイ、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。

ラインハルト・ハイドリヒ。その冷酷さから「金髪の野獣」と呼ばれ、ヒトラーさえもが恐れた男。海軍を不名誉除隊となり、妻の奨めでナチ党に入党。諜報活動で頭角を現し、瞬く間に党幹部へとのしあがる。さらにユダヤ人虐殺の首謀者として、絶大な権力を手にしていく。この抑止不能な男の暴走を止めるべく暗殺計画を立てたチェコ亡命政府は、2人の若き兵士をプラハに送り込む。綿密な計画を練ること数カ月、1942年5月27日、決行の朝はやってきた。ハイドリヒを乗せた車が市街地に入り、ついに姿を現わす…。ナチス政権に揺さぶりをかけた瞬間は、それぞれの信念を貫いた両極に位置する人々によって生み出された。ハイドリヒ暗殺計画の知られざる真相が今、明かされる。

mikiは、ナチ親衛隊と、軍部って同じものだとばかり思っていた。でも、この作品を見て、親衛隊と、軍部って別物、むしろ軍部は親衛隊をあまり好まなかったようだなぁと思いながら見ていた。そんな親衛隊の中でも力のあったハイドリヒ。前半は、このハイドリヒを中心に描かれている。こんなにも非情な男。何も感じなかったのかとそれこそ恐ろしいと思った。後半は、そんなハイドリヒ暗殺までのレジスタンスたちの姿。ただ、ちょっとどっちつかずな感じにみえる。ハイドリヒを中心に最後まで描けなかったのがちょっと残念かなぁ。でも、暗殺実行犯だけの話なら前にもあったし。なので、こんな形なのか。でも、そのあぶり出しもすごく残忍で、過酷。見ていてえーーっっっとなってしまった。
うん、スクリーンで見たい作品。

by mikibloom | 2019-01-30 19:00 | 映画

雪の華(試写会)

c0015706_08520221.jpg中島美嘉さんの名曲「雪の華」が映画になったということで、後悔が楽しみにしていた作品、早速見に行ってきました。

今日の試写会は女性を中心に超満席状態でした。
c0015706_08520995.jpg幼い頃から病気がちで、ついに余命1年を宣告された美雪。そんな彼女と偶然にして衝撃的な出会いを果たしたのは、ガラス工芸家を目指しながら妹弟の面倒を見る悠輔。彼の働くカフェが経営危機を迎えていると知った美雪は、一生分の勇気を振り絞り、「100万円で1ヶ月だけ恋人になる」という無謀な契約を持ちかける。戸惑いながらも「期間限定」の恋に応じる悠輔だったが…。
c0015706_08520705.jpgあとわずかの間に自分がしたいこと。そんな願いを叶えようとした美雪の一生分の勇気。彼との疑似でもいい恋人同士に。そんな切ない思いがぎっしり詰まったストーリー。恋人なりたての、デートやランチ。そして別れ際。そんな何でもないこと、ちょっとした事の憧れ。いいなぁ、あるあると思いながら見ていた。そんななり立ての初々しさ、それに戸惑う悠輔、あるあると思った。そして、フィンランド旅行。悠輔を見守る美雪。母の心配と、その美雪の言葉に思わず胸が詰まりウルウルしてしまった。クライマックスのシーンもとっても素敵。でも、とっても寒かっただろうななどと思いながら、そんなオーロラmikiも見たいと思った。ラストも素敵。恋っていいなぁと思ってしまった。エンドロールはやはり中島美嘉さんの「雪の華」やはり最後までじっくり聞きたい。
うん、スクリーンで見たい作品。

by mikibloom | 2019-01-29 18:30 | 映画

そらのレストラン

c0015706_08514393.jpg大泉洋さん主演の作品ということで早速見に行ってきました。

今日は平日、夕方の回を見に行ってきましたが、大勢の方が見に来ていました。

今日も食卓に明るい声が響く。ここは道南・せたな町。海が見える牧場で酪農を営む亘理は、妻のこと絵、一人娘の潮莉とのしあわせな家族3人暮らし。「自然の寄り添った食」を追求する仲間たちに囲まれ、厳しくも美しい大地で楽しい日々を送っている。亘理の夢は、自分の牧場の牛乳で、この地でしか食べられないチーズを作ること。でも師匠のチーズ職人・大谷にはまだ追いつけず、落ち込んだり奮起したりの繰り返しだ。ある時、札幌から訪れた有名シェフ・朝田に自分たちの食材を激賞され、亘理は一つのアイデアを思いつく。それは、一日限定のレストランを開くことだった。だが、納得ゆくチーズが完成せず思い悩んでいたある日、突然大谷が倒れ…。

出逢いは異なもの、亘理とこと絵との出逢い、こんなことで!?と思ったが、それから二人の小さな家庭は幸せな毎日を過ごしているのかと思う。日々の食事への感謝、そしてその食事の素朴だけどおいしそうなこと。使う食器の優しい風合い、いいなぁと思いながら見ていた。亘理の作るチーズ。一人悩み、師のつくるチーズを目指す。そんな日々の葛藤。そして、周りの人たちとの暮らし。羊の逃走でみんなで探すあたり、すごいなぁと思った。でも、こうやって助け合わないと、暮らせない、そんな助け合い日々なのかなと思う。そんな毎日と、師の突然の…。亘理の決断は!?ラストのレストランのフルコースのおいしそうなこと。いいなぁ、あんなの食べたいと思った。うん、スクリーンで楽しみたい作品。

by mikibloom | 2019-01-28 19:30 | 映画

十二人の死にたい子どもたち

c0015706_08591869.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り翌日の土曜日、夕方の回を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席でした。

その日、12人の未成年たちが、安楽死を求め廃病院の密室に集まった。「みんなで死ねば、怖くないから」ところが、彼らはそこで13人目のまだあたたかい死体に遭遇。突然の出来事にはばまれる彼らの安楽死。あちこちに残る不自然な犯行の痕跡、次々起こる奇妙な出来事。彼らだけしか知らない計画のはず。まさかこの12人の中に殺人鬼が…?死体の謎と犯人をめぐり、疑心暗鬼の中ウソとダマしあいが交錯し、12人の死にたい理由が生々しくえぐられていく。全員、ヤバい。気が抜けない。いつ誰が殺人鬼に変身するのか!?パニックは最高潮に。彼らは安心して「死ねるのか」怯えながら「殺されるのか」!
c0015706_08592233.jpg予告は面白そうと期待していたのだが…。クライマックス前まで結構まったり感が強くて、見ていて眠くなってしまっていた。推理物!?殺人サスペンスもの!??なーんか中途半端な感じで、期待していたのだが、残念って感じ。強いて言うなら、これからの若手が見られるので、そこが楽しみかもって感じ。
うーん、DVD鑑賞でもいっかって感じだなぁ。

by mikibloom | 2019-01-26 16:10 | 映画

サイバー・ミッション

c0015706_08585751.jpg映画のチラシが気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り翌日の土曜日、午後の回を見に行ってきましたが、女性を中心に満席でした。

オタク系プログラマーのハオミンは、かつてハッキング対決で負かしたコードネーム「ゼブラ」が裏世界で危険な仕事に手を染めていることを香港警察から知らされる。同時にゼブラは、次なる大仕事にハオミンを巻き込もうとパートナーの美少女、スー・イーを使い接触を図ってくる。ハオミンはゼブラの次なる狙いを探るため、覆面捜査官として潜入することに。程なくして彼のバックにはモリタケシという裏社会の大物が絡んでいることが分かる。モリの真の目的が明らかになるにつれ、ハオミンは予想だにしなかった危険な世界へと足を踏み入れていく…。

なんか、やけに人の入りが多いなぁと思ったら、日本人の出演者山ピーさん効果かと思った。ストーリーはもう少しスタイリッシュでテンポがあるのかと期待していたのだが、ちょっとグダグダな感じ。ミッションインポッシブルなんちゃって中国版みたいな感じ。山ピーさんも能面師として、ちょっとかっこいいなぁとおもっていたら、茶道のお点前にがっくりしてしまったり。ちょっとあれはなくない!??と思ったり。まあ、クライマックスのアクションはちっとは見ていられたけど、思ったより期待は図家間の方が大きいかなぁ。
うーん、DVD鑑賞でもいっかって感じ。

by mikibloom | 2019-01-26 13:45 | 映画

二階堂家物語

c0015706_08593605.jpg映画のチラシが気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り翌日の土曜日、朝一番の回を見に行ってきましたが大勢の方で混雑してました。

一人息子を失くし、代々続く家系が途絶える危機に頭を痛めている辰也とその母ハル。息子を失い妻が出て行ってしまった辰也にたいし望まぬ相手との結婚を迫るハル。そして娘の由子に婿養子をとり、後を継いでほしいという思いを秘める辰也。名家の跡継ぎを巡り家族の中が緊迫し、繋がりが崩れだしていくが…。

この作品もなかなか重い作品。家の跡取り問題、うーん、わかるなぁ。おばあちゃんにしてみても、かつて自分が言われたであろう言葉を次の世代に投げかけているんだろうなと思うし。父辰也も、跡取りのために好きではない女性と結婚することになるのだろうし。娘由子にしてみても、家を出たけどやはり戻ってきたものの…。というところなのだろう。みんな、家を継ぐということが苦痛であるにもかかわらず、同じことをしているというジレンマ。なんかわかるけど、わかるだけに重いなぁ。いったいこのストーリーの落としどころは…。と、答えのないまま終わった感じ。
うーん、ちょっとmikiにとっても重いテーマだ。
まあ、興味がある方はスクリーンで見てもいいかも。

by mikibloom | 2019-01-26 11:00 | 映画

天才作家の妻 40年目の真実

c0015706_08592828.jpg予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、朝一番の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

現代文学の巨匠ジョゼフと妻ジョーンのもとに、ノーベル文学賞受賞の吉報が届く。二人は息子を伴い授賞式が行われるストックホルムを訪れるが、ジョゼフの経歴に疑惑を持つ記者ナサニエルから夫婦の「秘密」について問われたジョーンは動揺を隠せない。実は若い頃から豊かな文才に恵まれていたジョーンだったが、あることがきっかけで作家になる夢を諦めた過去があった。そしてジョゼフと結婚後、ジョーンは彼の「影」として、世界的な作家の成功を支えてきたのだ。ずっと心の奥底に押しとどめていたジョゼフへの不満や怒りがジョーンの中でわき起こり、長年共に歩んできた夫婦の関係は崩壊へと向かう。そして授賞式当日、彼女はこれまで通り慎ましく完璧な「天才作家の妻」を装うのか。それとも本当の人生を取り戻すために、衝撃的な「真実」を世に知らしめるのか…。
c0015706_08593199.jpg夫のノーベル賞受賞前まではすごく仲が良い二人だったのに。受賞の知らせではこんなに喜んでいたのに…。どこでこんなに変わってしまうのかと思いながら見ていた。妻の硬い表情。あの怒り。いったいなぜ!??そんなことを想い、過去のふたりの話を見ながら、色々と推理していく感じ。確かに、考えてみると、ノーベル賞って、女性はあまりいない感じがするし。とくにこの年齢、当時はなかなか認められなかったのかなぁなどと思ったりした。クライマックスのシーン、えっっ、そんなことするの!!とビックリしたり。その後の展開も結構ビックリだったり。ラスト、妻のナサニエルへの一言が結構すごい。
うん、スクリーンで見てもいいかも。

by mikibloom | 2019-01-26 08:20 | 映画

あした世界が終るとしても

c0015706_08585471.jpg予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑してました。

幼いころに母をなくして以来、心を閉ざしがちな真。彼をずっと見守ってきた、幼なじみの琴莉。高校三年の今、ようやく一歩を踏み出そうとしたふたりの前に突然、もうひとつの日本から、もうひとりの「僕」が現れる…。

まず、絵がすっごく綺麗。日本の東京が舞台。ていうか、新宿の街が、アニメの映像だとこんなふうになるのねと興味津々で見ていた。いつも歩いているここはこんな感じなのねと。そんな日本ともう一つの日本。そんな二つの世界のストーリー展開。なぜ突然死が増えているのか。それに立ち向かう真とジン。面白い展開に、ちょっと展開に無理があるのでは!?と思いつつこの世界観を楽しんだ感じ。あいみょんさんの歌もなかなかだし。
うん、スクリーンで楽しみたい作品。

by mikibloom | 2019-01-25 18:15 | 映画

飛べない鳥と優しいキツネ

c0015706_08594295.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、まあまあの入りでした。

特技は文章を書くこと、趣味はゲームという女子中学生のミレが好きな場所はゲームの世界である「ワンダーリング・ワールド」。暴力をふるう父親もいなければ、寂しい学生生活を送る学校にも行かなくてもいいその世界に、ミレは自分だけの世界を夢見る。ある日、現実の友達を作ろうとテヤンとベカップに歩み寄るものの、思わぬアクシデントで心に傷を負ってしまう。さらに、「ワンダーリング・ワールド」も配信中止の知らせが届き、途方に暮れたミレは、ネット上で出会った友達のジェヒに会いに行くのだが…。

これ、チラシ・ポスターがすっごく残念。これと、予告が結びつかないもん。で、本編は、予告を見て感じていた期待以上。クラスでイジメを受けていたミレが、ヴァーチャル世界で出会った友達と直に会ったりして。その友達との結びつきから、勇気をもらって…。でも、その友達も、待っている人がいて…。うーん、なかなか難しい、答えが1つでないリアル現実の話もあって、なかなか興味深い。クライマックス、ミレの思い切った行動など考えさせられる。ラストのミレにちょっとウルっと来たり。エンドにほっこりしたり。見終わって心が温かくなった感じ。
うん、スクリーンで見てもいいかも。

by mikibloom | 2019-01-24 18:40 | 映画