人気ブログランキング |

映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2019年 02月 ( 38 )   > この月の画像一覧


運び屋(試写会)

c0015706_09410071.jpgクリント・イーストウッド監督・主演の最新作ということで早速見に行ってきました。

今日の試写会は上映前に舘ひろしさんのトークショーもあり、とても楽しい雰囲気でした。

90歳になろうとするアール・ストーンは金もなく、ないがしろにした家族からも見放され、孤独な日々を送っていた。ある日、男から「車の運転さえすれば金をやる」と話を持ちかけられる。なんなく仕事をこなすが、それはメキシコ犯罪組織によるドラッグの運び屋。気ままな安全運転で大量のドラッグを運び出すが、麻薬取締局の捜査官の手が迫る…。
c0015706_09405850.jpgこの作品、新聞にちょっと載った記事を基に描かれているらしい。って、そんなわずかな記事から、2時間の映画の作品ができるなんてすごいと思うのだが。で、90歳のアール。家族に見放され、自分が営んでいた農園も差し押さえられて、孤独の日々。声がかかったのが、とんだ仕事。だが、必死に運び屋を追う当局からも見つからないのはやはり。そうだよね、まさかと思うよねと思いながら見ていた。ハラハラドキドキ。いつ分かってしまうんだろうと思った。ところどころ、90歳ならではのうんちくのあるセリフがなかなか。ラストの娘の言葉に泣き笑い。それにしても、あの時もし…としたら、捕まらなかったかも名度と思ったり。
うん、スクリーンで見たい作品。

by mikibloom | 2019-02-28 18:30 | 映画

デッドエンドの思い出

c0015706_09404268.jpg
映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日はサービスディ、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方が見に来ていました。

主人公ユミは、遠距離恋愛中の婚約者を追いかけて韓国から名古屋へやって来る。早々信頼していた彼から手ひどく傷つけられ、あてもなく名古屋の街をさまよう。そんな中、ふと入った古民家を改造したエンドポイントというカフェ&ゲストハウスで彼女は不思議な存在感のあるカフェのオーナー、西山と出会う。西山のさりげない心遣いやエンドポイントに集うちょっぴりおせっかいな常連客は、いつしかユミを癒し、ゆっくりと立ち直らせてくれたのだった…。

遠距離恋愛の末、彼に捨てられてしまったユミ。そんなユミの傷ついた心と、再生のストーリー。カフェの人々のさりげない優しさ。日常の何気ない光景を切り取っている感じ。ただ、クライマックス、えっっ、それだけ!?な気もするし、えっっ、これでストーリー飛んじゃうのって感じもするし。だからどうだ、って気もするし。まあ、淡々とした感じのストーリーだなぁと思いながら見ていた。mikiとしては、ちょっと期待外れな感じ。
映画が安くみられるときに見たいかなぁ。

by mikibloom | 2019-02-27 19:15 | 映画

あなたはまだ帰ってこない

c0015706_09403886.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日はサービスデイ、夜の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

第二次世界大戦時のナチス占領下のパリ。1944年、マルグリット・デュラス30歳。夫のロベールは地下でレジスタンス活動をしていたため、ゲシュタポに突然連れ去られる。それが、彼の帰りを祈り、彷徨い、苦悩する、彼女にとっての愛のための人生の始まりだった…。夫を待ち続ける不安の日々。現れるヴィシー政権の手先の男の誘惑、そして彼女を支える愛人…。戦時下、誰もが、戦場に赴いた人、捕らえられた人を待ち続け、愛し続ける事の痛みと不安と闘っていた。愛とは、苦しみなのか、歓びなのか、あるいは待つことなのか?
c0015706_09403669.jpg戦争当時、夫が捉えられて、生死も不明、一体どこにいるのかも不明。そんな不安の中、待ち続けているマルグリット。確かに、待ち続ける不安はわかるのだが…。うーん、ストーリー展開のテンポが遅くて、見ていてすっごく眠くなってしまう。見ていて、マルグリットに感情移入できないし。このマルグリット、mikiの好きなタイプじゃないのも一因かなぁ。しまいに見ていてちょっとイラっとしたり。ラスト、そうなるのか、なんで!??だったり。うーん、ちょっとフクザツ、期待外れ。
うーん、DVDになって、1.5倍速くらいで見てしまいたい気分。

by mikibloom | 2019-02-26 19:00 | 映画

ねことじいちゃん

c0015706_09404613.jpg猫映画ということで早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、大勢の方が見に来ていました。
c0015706_09404467.jpg2年前に妻に先立たれ、飼い猫のタマと暮らす大吉、70歳。毎朝の日課はタマとの散歩。趣味は亡き妻の残した料理レシピノートを完成させること。島にカフェを開いた若い女性・美智子に料理を教わったり、幼なじみの厳や気心知れた友人たちとのんびり毎日を過ごしている。しかし友人の死や大吉自身もいももでにない体の不調を覚え、穏やかな一人と一匹、生まれ育ったこの島で、共に豊かに生きるために下した人生の選択とは…?
c0015706_09404932.jpg島の至る所にフツーに猫がいて、それでいて、人と猫が暮らしている風景。飼い猫のタマと一緒に散歩する大吉。って、犬じゃないのに、一緒に散歩できるってホント!??どういうこと!??と思いながら見ていた。島にできたカフェで集う人々や、カフェの女主人が気になる若者や。まったりした作品なのに、ついつい最後まで見てしまった感じ。猫の表情もすっごくよくて、さすが岩合監督。猫の気持ちがよくわかるなぁと思った。
うん、猫好きはスクリーンで、まったりと見たい作品。

by mikibloom | 2019-02-25 18:15 | 映画

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

c0015706_08511533.jpgタイトルが気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り翌日の土曜日、夕方の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑してました。

頼りないが優しい息子・サトシと明るくてパワフルな母・明子。平凡でユーモラスな宮川一家の日常は、母が突然ガンを宣告されたことによって変化していく。サトシは恋人の真里に励まされながら母のために奔走し、家族は戸惑いながらも支えていく。そして…母と別れて1年後、やっと家族それぞれが新たな人生へのスタートをきった頃、サトシの元に突然、母からのプレゼントが届く。それは、想像をはるかに超えた特別な贈り物だった…。

元気な母の思い出を描いている作品。倍賞美津子さんの母親ぶりがなかなか。今回、結構大変な役どころだったと思う。また、漫画家を目指しているが、どっちつかずのサトシと、その恋人真里と、母との関係。母を看病するサトシを真里はよく理解しているなぁと思いながら見ていた。ラストの母のプレゼント、えっっ、あの時の!??とちょっとびっくり。けっこう最後まで展開が読めず、見てしまった感じ。
うん、映画が安くみられるときに見たい作品かな。

by mikibloom | 2019-02-23 16:40 | 映画

ビール・ストリートの恋人たち

c0015706_08510643.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り翌日の土曜日、午後の回を見に行ってきましたが、満席状態でした。

1970年代、ニューヨーク。幼い頃から共に育ち、強い絆で結ばれた19歳のティッシュと22歳の恋人ファニー。互いに運命の相手を見出し幸せな日々を送っていた。ある日、ファニーが無実の罪で逮捕されてしまう。二人の愛を守るため、ティッシュとその家族はファニーを助け出そうと奔走するが、様々な困難が待ち受けていた…。
c0015706_08510913.jpg二人の甘いラブストーリーなのかと思いきや…!!という感じ。意外や、差別問題などが絡んできての展開でそうなのかと思った。ただ、ちょっと展開がゆったりしていて、午後のせいもあるけど、眠くなってしまう。うーん、ラスト、そうなっちゃうのねぇ。で、ファニーは何時!?と思ってしまった。
うーん、新作DVDで見てもいいかなって感じ。

by mikibloom | 2019-02-23 14:00 | 映画

サタデーナイト・チャーチ 夢を歌う場所

c0015706_08505448.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り翌日の土曜日、午前中の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

ニューヨークのブロンクスに暮らす青年・ユリシーズは父親の死をきっかけに「美しくなりたい」という思いを抑えられずにいた。ある夜、ストリートで出会ったトランスジェンダーのグループに「土曜の夜の教会(サタデーナイト・チャーチ)」へと誘われる。そこは静かで厳格な昼間の京かいとは異なり、ダンスや音楽を楽しみながら、同じ境遇の仲間と語らう場として開放されていた。学校でも家庭でも孤立していたユリシーズは、その自由な雰囲気に夢中になりながら、少しずつ自分を解放してゆく。ところが、家族にハイヒールを見つけられ、自分の存在そのものを否定されてしまう。家を追い出され街を彷徨うユリシーズに、人生を変える数々の出来事が待ち受けていた…。

うーん、見ていて、急に歌が入ったりして、これってミュージカル!?と思いながら見ていた。ユリシーズの学校でも、家庭でも理解がなく、居場所のない想いが伝わるのだが…。サタデーナイト・チャーチの内容がイマイチよく伝わってこない感じ。まあ、その後のユリシーズの家出。こんな少年でも、家出しても、何とか生きていくことはできるが、結構危ないなぁと思いながら見ていた。そんなことのために、この活動はあるのかなどと思った。せっかくいい企画なのだが、もうちょっと見せてくれればなぁと思ったのだが。
うーん、映画が安くみられるときに見たいかなって感じ。

by mikibloom | 2019-02-23 10:55 | 映画

あの日のオルガン

c0015706_08504675.jpg大原櫻子さん出演の作品ということで早速見に行ってきました。

今日は封切り翌日の土曜日、朝一番の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

1944年の東京。戸越保育所の主任保母・板倉楓は、園児たちを空襲から守るため、親元から遠く離れた疎開先を模索していた。最初は反発していた親たちも、子どもだけでも生き延びて欲しいという一心で保母たちに我が子を託すことを決意。しかし、ようやく見つかった受け入れ先はボロボロの荒れ寺だった。幼い子どもたちとの生活は問題が山積み。それでも保母たちは、子どもたちと向き合い、みっちゃん先生はオルガンを奏で、みんなを勇気づけていた。そんな願いをよそに1945年3月10日、米軍の爆撃機が東京を襲来。やがて、疎開先にも徐々に戦争の影が迫っていた…。

戦時中の学童疎開は聞いたことがあるが、疎開保育園って、この作品で初めて知った。当時は今と違って、家事も全部人の手で行っているし、いざ保育となると、365日、24時間ということで、随分と大変だったろうと思った。おまけに食糧難、園児がそんな言われ方をしているなんて…、とちょっとショックだったり。そんな中、先生の奮闘記。先生や園児の涙に思わず見ているmikiもウルウルと泣いてしまった。そんな中でも、みっちゃん先生のオルガンに合わせて、子どもたちの歌う動揺がとてもかわいい。そうそう、こんな歌あったよね。この歌って、この当時くらいから歌われていたんだなどと思いながら見ていた。ラスト、板倉先生の号泣にmikiも思わず涙が止まらなかった。期待以上に感動した作品。
うん、スクリーンで見たい作品。

by mikibloom | 2019-02-23 08:25 | 映画

翔んで埼玉

c0015706_08511875.jpgあの漫画が実写映画化!??と楽しみにしていた作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、夜の回を見に行ってきましたが、満席状態でした。

その昔、埼玉県人は東京都民から、それはそれはひどい迫害を受けており、身を潜めて生きるしかなかった。埼玉県民は通行手形がないと東京に出入りすらできず、見つかるとすぐに強制送還されてしまうことに。埼玉県民は誰もがこの理不尽で不自由な生活から逃れたいと願っていた。いつの日か、埼玉を救う救世主が現れないものかと…。これは、埼玉県解放を成し遂げるべく戦いを挑んだ者たちの…愛と革命の物語である。
c0015706_08512345.jpgすごいマンガのすごいストーリー。よくこの作品を実写したものだとびっくり。しかも、この配役でって、なかなかすごいなと思いながら見ていた。とにかく、上映の最初から最後まで笑いが絶えない。もうげらげら笑いっぱなしで、笑いつかれた感じ。東京都内のランクってすっごく気になってしまったし。クライマックスの展開もなかなかすごいし、ラスト、そう来るかと思ってしまった。
わっっ、しまった、この作品って、日本埼玉化計画か!??
うん、これはスクリーンで楽しまないと損!!!

by mikibloom | 2019-02-22 18:30 | 映画

スパイダーマン:スパイダーバース(試写会)

c0015706_08505797.jpgアニメ版のスパイダーマンということで一足早く見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方でほぼ満席状態でした。

スパイダーマンことピーター・パーカーの突然の訃報により、ニューヨーク市民は悲しみに包まれる。13歳のマイルス・モラレスもその一人…。そう、彼こそがピーターの後を継ぐ「新生スパイダーマン」だ。ピーターの死は、闇社会に君臨するキングピンが時空を歪めたことでもたらされた。しかし若きマイルスには彼の更なる野望を阻止するパワーはない。「彼に替わって"守る"」と誓ったものの、不安だらけのマイルス。そんな彼の前に突如現れたのは…死んだはずのピーターだった!ただ、彼の様子が少しおかしい。無精ひげ、少し出た下腹、そしてなんとも適当な性格。このやつれた中年ピーターは、キングピンが歪めた時空に吸い込まれ、全く別の次元=ユニバースからマイルスの住む世界に来たのだ。マイルスは真のスパイダーマンになるため、ピーターを師とし、共に戦う決意をする。「俺達しかいない…世界を救えるのは」二人のもとに、別のユニバースから導かれてきたスパイダーマン達が集結する。スパイダー・ヴウェン、スパイダー・ノワール、スパイダー・ハム、そしてペニー・パーカーと彼女が操るパワードスーツSP//dr。キングピンの計画を阻止し、全てのユニバースを元に戻す戦いに、スパイダーマン達が挑む…。

オープニングからストーリーと映像展開の速いこと速いこと、びっくり。3Dアニメと2Dアニメがくるくると変わっていき、ビックリな展開の速さ。これだと、実写はムリねと思いながら見ていた。そして、多次元からやってくるスパイダーマン達。いったい何人に増える!!!と、そのビックリな展開もすごいし。思わぬ展開にびっくりな感じ。とにかくストーリー展開が早すぎて、mikiはちょっとついていけなくなってしまう。はあっっ、疲れてしまった。
でも、最後まで面白かった。
うん、スクリーンで見たい作品。

by mikibloom | 2019-02-21 19:00 | 映画