人気ブログランキング |

映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2019年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧


トイストーリー4

c0015706_08342344.jpg前作、3で終わりだったんじゃ!?と思った4作目、早速見に行ってきました。

今日は封切り翌日の土曜日、朝一番の日本語吹き替え版を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。

新たな持ち主の少女ボニーを見守るウッディやバズたちの前に現れたのは、彼女の一番のお気に入りで手作りおもちゃのフォーキー。しかし、彼は自分をゴミだと思い込み逃げ出してしまう…。ボニーのためにフォーキーを連れ戻す旅に出たウッディを待ち受けていたのは、一度も愛されたことのないおもちゃたちとの出会い、かつての仲間ボー・ピープとの運命的な再会、そしてスリルあふれる遊園地での冒険だった…。まだみたことのない新しい世界か、それとも大好きな子供と仲間たちのいる場所か?最後にウッディが選んだ「驚くべき決断」とは…?

今更ながら、ウッディって、アンティーク人形で、結構状態もお人形だったんだ、とちょっとびっくり。そんな仲間たちに新たに加わったのがフォーキー。そして逃げたフォーキーを連れ戻しにウッディの大冒険。そんなところに、もしかしてかつての友達が…。そんなところと、ボニーのいるところと、いったいどうなるのかとドキドキ。とくにボー・ピープとの出会い、新たな友達との出会い、なかなか面白かった。ウッディのおしゃべりってこんな仕組みなのと思ったり。あのちょっと気味の悪いお人形にはっとびっくりしたり。クライマックスのウッディの決断、えっっと思ったが、それもまた運命なのか。ちょっと考えさせられた。うーん、ウッディみたいにmikiも新たな道を開くことができるといいなぁなどと思ったりして…。エンドロールの最後まで楽しめるので、席を立たずに楽しんでほしい。
うん、スクリーンで楽しみたい作品。

by mikibloom | 2019-07-13 10:45 | 映画

コールド・ウォー あの歌、2つの心

c0015706_08341997.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、夕方の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑していました。

冷戦に揺れるポーランドで、歌手を夢見るズーラとピアニストのヴィクトルは音楽舞踏団の養成所で出会い、恋に落ちる。だが、ヴィクトルは政府に監視されるようになり、パリに亡命する。ズーラは公演で訪れた先でヴィクトルと再会、幾度かのすれ違いを経て共に暮らし始める。しかし、ある日突然ズーラはポーランドへ帰ってしまう。後を追うヴィクトルに、思いもかけぬ運命が待ち受けていた…。

モノクロの作品。mikiはモノクロだと、どうにかすると眠くなってしまうのだが、この作品は最後まで見てしまったという感じ。とくに、この作品に出てくる歌はとても印象的。舞踏団での歌はなんか明るい歌なのだが、ズーラ一人で歌う歌はちょっと切ない感じで、同じ歌なのにこんなに印象が違うのかと思いながら見ていた。離れても、やはり会いたくなる。それでいてまた分かれても、会ってしまう。二人、いったいラストはどうなるんだろうと思った。
うん、映画が安くみられるときにスクリーンで見てもいいかも。

by mikibloom | 2019-07-09 16:10 | 映画

ゴールデン・リバー

c0015706_08341201.jpgジェイク・ギレンホールさん出演の作品ということで早速見に行ってきました。

今日は平日、お昼の回を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。

時はゴールドラッシュ、オレゴンのとある町に、最強と恐れられる殺し屋兄弟がいた。彼らは一帯を仕切る提督からの依頼で、仕事仲間の連絡係と共に、黄金を見分けられる化学式を発見した科学者を追いかける。だが、黄金に魅せられた4人は、立場を超えて手を結ぶことにする。理想の世界を作りたい科学者、彼の夢に心酔する連絡係、普通の暮らしに憧れる兄、裏社会でのし上がりたい弟…それぞれの思惑を抱きながら、ついに黄金を手に入れる4人。その時、彼ら自身も知らなかった本当の欲望があふれ出す…。

この作品、日本だと4人のストーリーとなっていて、たしかにこの4人が出会うまでのストーリーがずっと続いている感じ。ただ、その前フリが長すぎて、ちと眠くなってしまう。肝心の出会ってからの話は結構あっという間に過ぎてしまうし、えっっ、こんなふうに終わっちゃう!?って感じで意外。でも、ストーリー的にはこの後がクライマックスだし、うーん、どちらかというと、原題の方がなんか合っているのかもって感じた。でも、あんな薬って本当に存在したのかなぁ、どうなんだろうとと思うし、そんなにすごい薬、どうやって…!?だと思うし…。前半はちょっとダラダラした感じだったが、後半は結構すごかった。まあ、久々に西部劇スタイルな作品だったかなぁという感じ。
うーん、DVDで見たい作品かなぁ。

by mikibloom | 2019-07-09 13:15 | 映画

安市城 グレート・バトル

c0015706_08342747.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、朝一番の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

西暦645年、唐の皇帝・太宗は朝鮮半島全土をも支配下に置くべく、自ら20万人を超える大軍を率い高句麗の都・平壌へと進撃を続けた。高句麗諸城の城主が次々と降伏、敗走する中、安市城の城主ヤン・マンチュンは、国を守るため、高句麗の民を守るためたった5000人の兵を率い、無謀とも言える孤立無援の戦いを挑むことを決意する。

城を賭けた戦い、いったいどうなるのかと見ていた。城主自らが、戦いの一番先頭に立っての陣頭指揮って、すごいなぁと思った。自分たちは5000人、一方敵は20万人、迫りくる大軍にどうやって戦うのかドキドキする。敵が城壁を上るはしごもこんなのがあるのかとビックリした。また、守るほうも、なかなか出てこない人たち、一体何する!?と思ったら、こんなこと。次から次に繰り出される闘いにびっくりしたり。また、夜の戦いも、えっっと思ったり。しまいには、城壁の前に敵はこんなのを作って!!いったいどう守るのか、もうだめなのかと思いきや、えっっという方法、クライマックスの戦いはすごかった。
うん、この迫力はスクリーンで見たい作品。

by mikibloom | 2019-07-09 09:30 | 映画

ダイナー

c0015706_09381937.jpg藤原竜也さん主演の作品、ということで早速見に行ってきました。

今日は封切り翌日の土曜日、午後の回を見に行ってきましたが大勢の方で満席でした。

極上の料理目当てに殺し屋が集い、狂気に満ちた食堂。「命がクズ同然」な食堂で、天才シェフ「ボンベロ」は欲望も、生死も、支配している。しかし、平凡な女「カナコ」が迷い込んだ日から、クセモノ殺し屋たちの本能を極限まで刺激する殺し合いゲームがはじまる。
c0015706_09382115.jpgボンベロの作るハンバーガーや、とくにスキンが好んだあのスフレがすっごくおいしそうだった。いったいどんな展開になるのか、どんなストーリーなのか、先が読めない感じで、それでいてこのケバイ色彩、次々出てくるアクの強い殺し屋など、いったい次はどんな殺し屋!?と思ってしまう。ただ、ずっと同じ感じで展開するので、途中眠くなってしまった。まあ、後半に入って、あ、この展開ならこうなるか!?という感じで降りたった感じ。まあ、蜷川幸雄さんも亀雄出演しているし。
うん、スクリーンで見てもいいかも。

by mikibloom | 2019-07-06 15:50 | 映画

ワイルドライフ

c0015706_09383311.jpgジェイク・ギレンホールさんの最新作ということで早速見に行ってきました。

今日は封切り翌日の土曜日、お昼の回を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。

1960年代、カナダとの国境にほど近いモンタナ州の田舎町。14歳のジョーは、ゴルフ場で働く父ジェリーと、母ジャネットの1人息子。引っ越してきたばかりの生活がようやく軌道に乗り始めてきたのもつかの間、父が職場から解雇されてしまう。さらに、ジェリーは命の危険も顧みず、山火事を消しに行く出稼ぎ仕事に旅立ってゆく。残されたジャネットとジョーは働くことを余儀なくされ、母はスイミングプール、息子は写真館での職を見つけるが、生活が安定するはずもない。やがてジョーは、優しかった母が不安と孤独にさいなまれ、生きるためにもがく姿を目の当たりにすることになる…。

静かに展開していくストーリー。うーん、ちょっと眠くなってしまう。ただ、子どものジョーからしてみれば、いたたまれないだろうなと思った。父は居ないし、母はこの状況で不安定だし。なんか母の想いも半分わかるんだろうなと思った。でもわかるけど、母の行動は許せない。でもそんなことをさせる父も許せないという感じだろうか。ラストのシーンはちょっと印象的。ただ、そこに至るまでのストーリー展開がちょっと退屈なところもあって、フクザツ。
うーん、新作DVDレンタルで1.3倍速くらいで見ちゃいたい。

by mikibloom | 2019-07-06 12:30 | 映画

ガール Girl

c0015706_09375834.jpg映画のチラシが気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り翌日の土曜日、朝一番の回を見に行ってきましたが大勢の方で混雑していました。

15歳のララの夢はバレリーナになること。しかしそれは簡単なことではなかった。彼女は男の身体に生まれてきたから。それでも強い意志と才能、娘の夢を全力で応援してくれる父に支えられ、難関のバレエ学校への入学を認められる。夢の実現のため、ララは毎日厳しいレッスンを受け、血のにじむような努力を重ねていく…。だが、初めての舞台公演が迫る中、ライバルから向けられる心ない嫉妬、思春期の身体の変化により思い通りに動けなることへの焦りが、徐々に彼女の心と体を追い詰めていく…。夢に向かって刹那的に今を生きるララと、今にも壊れてしまいそうな娘を必死に支える父。交錯した2人の想いがたどり着く先には…。
c0015706_09381203.jpg実話を基にした作品とのこと。バレリーナを目指すララ、バレエに頑張ることと、自分の身体がだんだんと変わっていくことと、思春期に両方をやっていかなければならない大変さ。とくに女性と一緒にバレエに専念していく姿はすごい。先生も一生懸命指導している姿、頑張ろうとしているララ。でも、こんなことまでしてやっているのと、時にはかわいそうになってしまう。とくに後半の同級生での出来事。女性になり切れず、男性でもない、そんな心と体のララ、辛いだろうなと思って思わずウルウルしてしまった。そしてクライマックスの衝撃、そうまでして!!と思った。ラスト、ララは!?でも穏やかな表情、彼女は彼女なりの道を見つけたのかと思った。
うん、スクリーンで見たい作品。

by mikibloom | 2019-07-06 10:15

アルキメデスの大戦(試写会)

c0015706_09375352.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方で満席でした。上映後、山崎貴監督のトークショー、色々な質問に受け答えされてましたが、冒頭のシーンのアメリカ機の話は、艦に乗っていた方の手記から取られていたとのお話。また、クライマックスのシーンで、菅田さんは内容を理解して記載していたとか、聞いているこちらも鳥肌が立つようなお話を伺い、また見たくなりました。

1933年(昭和8年)。欧米列強との対立を深め、軍拡路線を歩み始めた日本。海軍省は、世界最大の戦艦を建造する計画を秘密裏に進めていた。だが省内は決して一枚岩ではなく、この計画に反対する者も。「今後の海戦は航空機が主流」という自論を持つ海軍少将・山本五十六は、巨大戦艦の建造がいかに国家予算の無駄遣いか、独自に見積もりを算出して明白にしようと考えていた。しかし戦艦に関する一切の情報は、建造推進派の者たちが秘匿している。必要なのは、軍部の息がかかっていない協力者…。山本が目を付けたのは、100年に一人の天才と言われる元帝国大学の数学者・櫂直。ところがこの櫂という男は、数学を偏愛し、大の軍隊嫌いという一筋縄ではいかない変わり者だった。頑なに協力を阻む櫂に、山本は衝撃の一言を叩きつける。「巨大戦艦を建造すれば、その力を過信した日本は、必ず戦争を始める」…この言葉に意を決した櫂は、帝国海軍という巨大な権力の中枢に、たったひとりで飛び込んでいく。天才数学者VS海軍、かつてない頭脳戦が始まった。同町圧力と妨害工作の中、巨大戦艦の秘密に迫る櫂。その艦の名は、「大和」…。
c0015706_09375591.jpgmikiはいつも予告を見て、どんな作品か想像しながら期待しているのだが、この作品はその期待以上にすごい作品だった。冒頭の戦艦大和のシーンはすごい。以前にこの戦艦大和の映画があったが、それ以上の迫力、そして、その映像の中の米軍機のシーンは、大和の乗組員だけでなく、見ているmikiもえっっと思った。そうそう、これは「永遠の0」でもこんな話があったよねと思いながら見ていた。そして、その建造秘話。空母推進派の山本と、戦艦推進派の平山との対決。いったいどうなるのか。山本はどう切り崩すのか。そんな中であった天才数学者の櫂。何でも測りたがる性格、ちょっと変わった性格の数学者をよく演じている。どんなことで平山派の主張を切り崩すことができるのか。その手法にハラハラドキドキ。艦船を測ったり、記録を付けたり。うーん、それを基に巨大戦艦が!??クライマックスの会議室の櫂のシーンは圧巻。本当にやっているかのような。そして山本派と平山派、いや櫂と平山の対決はすごい!!ラスト、平山と櫂、この二人のシーンも圧巻。そしてあのシーンとなるのかと思った。
菅田将暉さんの天才数学者役は本当にすごかった。
うん、これはぜひ大スクリーンで見たい作品。公開されたら、また見に行きたい。

by mikibloom | 2019-07-05 19:00 | 映画

シード

c0015706_09381502.jpg
映画紹介が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

世界の種子市場を多国籍企業が独占するようになり、多くの国々で農家が種子を保存し、翌年蒔くことが禁止されるようになった。それに伴い種子の多様性が失われつつある。そうした中、シードキーパーたちは世界を回り、在来種の種子の保存に奔走するのだった。

作品の照会を見ていて、興味があるんだけど、絶対眠ってしまいそうと思って見に行ったら、やはり…!!最初に思ったのは、今の方が野菜の品種ってすごく多いから、もっと植物の種類が多いのではと思ったのだけど。でも、今や外国の種業者が、地元の代々受け継がれている種を全部買い取って、その代わり自社生産の種を売りつけていく手法。なるほどそれでは植物の種類の多様性は失われてしまうなぁと思った。確かに、日本でも、昔からその地で植えられている農産物の種を農家がそのまま保存して大大飢えていくということがあったけど、いまや色や形など見てくれの良いのを市場に売らないと成り立たない時代。なんかわかるなぁと思いながら見ていた。その中で、シードキーパーという人たちの存在、また種子も動物の中を通らないと発芽しないものなどいろいろあるということなど興味深かった。
うん、これは難しいことだけど、スクリーンで見たい作品。

by mikibloom | 2019-07-03 19:00 | 映画

ニューヨーク最高の訳あり物件

c0015706_09382622.jpg映画のチラシが気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

マンハッタンの超高級アパートメントで暮らすモデルのジェイドは、デザイナーとしての華々しいデビューを企画していた。ところが、スポンサーでもある夫のニックから一方的に離婚を告げられる。傷心の中、そらに夫の前妻のマリアが転がり込み、部屋の所有権の半分は自分の物だと主張する。ありえない事態に、同じ男と結婚したこと以外は、ファッションもライフスタイルも性格も、すべてが正反対のジェイドとマリアのプライドとこの先の人生をかけた闘いが幕をあげた!そんな折ジェイドのブランド経営が暗礁に乗り上げる。部屋を売って資金に充てたいが、マリアの返事はもちろんノー。争いはますますヒートアップしていく。だが、積年の想いをぶつけ合う二人は、自分たちの特殊だけれど特別な絆に気付き始めるのだった…!

c0015706_09383045.jpgモデル上がりのジェイドのファッションが素敵で思わず見とれてしまう。また、マリアのお料理上手、元夫のニックがその料理を見て喜ぶのもなんか分かるなぁと思った。ただ、中盤、なんかうだうだストーリーが展開するので、いつの間にか眠くなってしまう。まあ、ラストはこんなもんかなって感じの展開だったなぁ。
うーん、新作DVDレンタルでも遅くない感じの作品。

by mikibloom | 2019-07-02 19:00 | 映画