人気ブログランキング |

映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2019年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧


出国 造られた工作員

c0015706_08380747.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、午後の回を見に行ってきましたが大勢の方で混雑していました。

経済学者のオ・ヨミンミむは、過去の行動によって韓国に戻ることが出来ず、亡命先の西ドイツでも評価されない日々に嘆いていた。そんな中、ある人物から北朝鮮で大学教授として働かないかと勧誘を受ける。自分の経済論が日の目を見れば今よりも良い暮らしができるかもと、妻ウンスクの反対を押し切り北朝鮮へと向かう。しかしそこで待っていたのは、大学教授としての日々ではなく工作員としての過酷な訓練だった。そしてついに工作員としての指令を受け、家族と共に再び西ドイツへ向かう事になる。空港で見張りを振り切り逃亡を試みるが、北朝鮮の工作員に妻と娘を人質に取られてしまう。家族を助けるために必死に奔走するが、各国の情報局は彼を泳がせ北朝鮮のスパイを捕まえるために利用する。誰も信じられない状況で、彼は家族を再び取り戻せるのか…!

この作品の舞台となった当時は、まだ北朝鮮パラダイス説ってあったんだと思いながら見ていた。北朝鮮はとても栄えていて、人々が豊かに暮らしている。そんな夢を追って経済学者が入国してみると…。妻子を奪われた男が、取り戻すために工作を行う。いったいどうなるのかハラハラしながら見ていた。とくに長女がダメと言われても動いてしまっていたり、いったい!!とイライラしてしまった。クライマックス、いったいどうなるってしまうのだろうとハラハラ。でも、情報局は絶対手を出さないなんて!!ちっとビックリ。ラストのシーンが印象的。
うーん、DVD新作レンタルで見たい感じかなぁ。

by mikibloom | 2019-07-30 14:00 | 映画

ブレス あの波の向こうへ

c0015706_08380564.jpgチラシが気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、お昼の回を見に行ってきましたが大勢の方で混雑していました。

70年代、オーストラリア西南部の小さな街。正反対な性格の少年パイクレットと友人ルーニーは、刺激を求めて冒険に明け暮れる日々を送っていた。ある日彼らは、ミステリアスな雰囲気を漂わせるサンドーと出会い、サーフィンを教えてもらう。サンドーはかつて名を馳せた伝説のサーファーで、連日のように少年たちを海にいざなう。そのスリルや魅力にのめり込んでいき、少年たちはいつしかサンドーを人生の師と仰ぐようになる。彼らは次々に大きな波に挑戦していくが、友人だったパイクレットとルーニーは、成長するとともに強いライバル心を燃やすようになっていく。そんな折、パイクレットはある出来事によって、サンドーと対峙し自分の生き方を見つめるようになる…。

うーん、たしかに二人のサーフシーンはすごい。とくに波がチューブとなっているところを滑っていくシーンはなかなかすごい。あれは結構難しいんでしょ。サーフィンに興味がある方は、一見の価値ありってとこかなぁ。ただ、ストーリー的にはちょっと退屈で、途中眠ってしまった。
うーん、サーフシーンのすごさはスクリーンで見たいけど、映画が安くみられるときに見たいかなぁ。

by mikibloom | 2019-07-30 11:55 | 映画

工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男

c0015706_08370919.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日はレディスデイ、午後の回を見に行ってきましたが大勢の方でほぼ満席状態でした。

1992年、北朝鮮の核開発をめぐって朝鮮半島に緊張が走るなか、軍人のパク・ソギョンは、工作員として北へせよとの命令を受ける。コードネームは黒金星(ブラック・ビィーナス)、たった一つのミスで命を失う危険な任務の始まりだ。事業家に扮して3年間に及ぶ慎重な工作活動が実を結び、北朝鮮の対外交渉を一手に握るリ所長の信頼を獲得したパクは、遂に最高権力者である金正日に接見する。しかし1997年、韓国の大統領選挙における祖国と北の裏取引によって、人生のすべてを捧げた工作活動が無になることを知るパク。彼が祖国を裏切るのか、祖国が彼を切り捨てるのか。それとも、北がパクの正体を見破るのか…?実話に基づく驚愕のサスペンス・ドラマ。

工作員となる為にはそうまでして見方を欺いて、やらなければならないのかとちょっとびっくり。そして、工作員となって、最高権力者に会うにもこんなに時間がかかるのかと思った。それまでいろいろと賄賂や何らや、結構すごいんだろうなぁと思った。途中、ちょっと眠くはなったのだが、中盤以降の盗聴シーンは結構ハラハラドキドキ、こんなことするんだと思った。そして、クライマックス、えっっ、工作員を送り込んだ韓国がこんなことするなんて!!とビックリ。うーん、これじゃあ…!!と思ってしまった。どうやって国を脱出するのか、またそれを手助けした人リ・ミョンウンは!?ラストのショットが印象的だった。
うん、映画が安くみられるときにスクリーンで見たいかな。

by mikibloom | 2019-07-24 14:45 | 映画

チャイルド・プレイ

c0015706_08452984.jpg映画紹介が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日はレディスデイ、朝一番の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

最先端テクノロジー企業・カスラン社の期待の新商品、「バディ人形」。引越しをして友達がいない少年アンディは、誕生日に音声認識やセンサー付きカメラ、高解像度認識などの機能が付いた高性能人形を母親からプレゼントされる。自らを「チャッキー」と名乗る人形だが、実は欠陥品だと判明。的外れな受け答えに最初はあきれるアンディだが、「君が一番の親友だよ」と話すチャッキーに次第に夢中になる。その後、「彼」が豹変することなど知らずに…。

AI等の人工知能が現実となっている今、こんなコンピューターの暴走はあり得ない話ではないなと思いながら見ていた。人形に組み込むはずのソフトにいたずらし、それを組み込む。そんな人形がもしそこにあったら。母の恋人のシーンがキモかった。
クライマックス、いったいどうなるのかハラハラ。ただ、それほど怖いというわけではないのだが、あの歌が耳に残る。
うん、DVDレンタルで見てもいっかな。

by mikibloom | 2019-07-24 08:40 | 映画

存在のない子供たち

c0015706_08371231.jpg映画のチラシが気になった作品、早速見に行ってきました。

今日はレディスデイ、朝一番の回を見に行ってきましたが大勢の方で満席でした。

わずか12歳で、裁判を起こしたゼイン。訴えた相手は、自分の両親だ。裁判長から、「何の罪で?」と聞かれたゼインは、まっすぐ前を見つめて「僕を生んだ罪」と答えた。中東の貧民窟に生まれたゼインは、両親が出生届を出さなかったために、自分の誕生日も知らないし、法的には社会に存在すらしていない。学校へ通うこともなく、兄妹たちと路上で物を売るなど、朝から晩まで両親に働かされていた。唯一の支えだった大切な妹が11歳で強制結婚させられ、怒りと悲しみから家を飛び出したゼインを待っていたのは、さらに過酷な「現実」だった。
c0015706_08371629.jpg両親から労働力としか見られないゼイン。毎日仕事して、路上で物を売って家族のために生活費を稼ぐ。また妹は家族のために強制結婚させられる。そんな日々の現実に胸が痛くなる。そんなゼインは一人家出して、たどり着いた先の子供の面倒を見ることに。そこもまた貧しいながらも、つましい生活。しっかりとその家の赤ちゃんの面倒を見る姿が可愛い。だが、その母が帰ってこない。どうするゼイン!?母の帰りを待って、いろいろとまた働く姿が甲斐甲斐しい。そしてクライマックス、自分の出生証明のこと、そして強制結婚した妹のこと、そんなことが!!とビックリすることがいろいろ。そして裁判での言葉が胸にいたい。ラストのゼインのショットがとても印象的。
うん、スクリーンで見たい作品。

by mikibloom | 2019-07-24 08:40 | 映画

風をつかまえた少年(試写会)

c0015706_08374784.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。
c0015706_08374458.jpg今日の試写会は上映前に辻仁成さんのトークショーがありました。お子さんとの事、現在制作中の映画の事などいろいろと話されていました
c0015706_08373691.jpg2001年、アフリカの最貧国のひとつマラウイを干ばつが襲う。14歳のウィリアムは飢饉による貧困で学費を払えず通学を断念するが、図書館で一冊の本と出会い、独学で風力発電のできる風車をつくり、乾いた畑に水を引くことを思いつく。いまだに祈りで雨を降らせようとする村で、最愛の父でさえウィリアムの言葉に耳を貸さない。それでも家族を助けたいという彼のまっすぐな想いが、徐々に周りを動かし始める…。
c0015706_08374002.jpgウィリアムの行く学校の現状にちょっとびっくり。学校に行くために授業料を払って、払えないのであれば退学、また、お金を持ってこないと授業を受けさせない。えっっ、そうなんだと、それに比べ、日本の学校っていいよねと思いながら見ていた。ウィリアムが勉強のために行く学校の図書館も、これが!?とビックリだし。そんな中でもめげずに勉強をしようと思うウィリアムがすごいなぁ、みんなの為に頑張ろうとする姿がすごいなと思った。父親にも反対されても、作ろうとした風力発電、こんなふうにできるなんて、そして実際に動くなんて、クライマックスの展開にはゾクゾクした。また、アフリカの干ばつや飢餓の大変さもこの作品では語られているし、その現状にも考えさせられた。ラスト、このストーリーのモデルとなったウィリアムの現在の姿、すごいなぁと思った。
うん、これはスクリーンで見たい作品。

by mikibloom | 2019-07-22 19:00 | 映画

東京喰種 トーキョーグールS

c0015706_08373049.jpg窪田正孝さん主演の続編ということで早速見に行ってきました。

今日は平日、午後の回を見に行ってきましたが大勢の方でほぼ満席状態でした。

不慮の事故により、人を喰らわないと生きられない「喰種」と人間のハーフになんってしまったカネキ。葛藤を抱えながらも、トーカや喰種たちが集うかっさ店あんていくの仲間たちと、ささやかながらも幸せな毎日を送っていた。そんなある日突然現れた男・月山習により、「喰種レストラン」に招待されるのだが、彼は美食家(グルメ)と呼ばれる、史上最悪の喰種だった…。カネキの香りにただならぬ執着を見せ、喰らうためにはどんなことも厭わない月山。その魔の手は、次第に周りにも及び始め…。
c0015706_08373382.jpg今回はグルメな月山とカネキの絡みがどうなるのかちょっと楽しみだったのに、ちょっと思った感じでなかったなぁ。最初の展開は、ちょっと不気味で、いったいこの月山ってどんなヤツ!?と思っていたのだが、中盤、あまりアクションもなく、ダラダラという感じで眠くなってしまった。まあクライマックスのアクションシーンはまあまあ見ていられたかなという感じ。
うーん、映画が安くみられるときにスクリーンで見たいかな。

by mikibloom | 2019-07-22 15:15 | 映画

天気の子

c0015706_08372374.jpg新海誠監督最新作ということで楽しみにしていた作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、お昼の回を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。

「あの光の中に、行ってみたかった」高1の夏、離島から家出し、東京にやって来た帆高。しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライターだった。彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らす少女・陽菜。彼女には、不思議な能力があった。「ねぇ、今から晴れるよ」少しずつ雨が止み、美しく光り出す街並み。それは祈るだけで、空を晴に出来る力だった…。
c0015706_08372711.jpg新海さんの作品、やはり背景の映像がとってもきれい。このところの東京の天気のように、雨続きのストーリー。まるで新海さん、ことしの天気を読んでいるような感じだなぁと思いながら見ていた。雨の中に晴れ間が出てくるその美しさ、雲の感じ、すっごく素敵。そして帆高と陽菜のお天気アルバイト。そして、クライマックスの展開。ラストの展開に胸が熱くなった。背景の街並み、あるあると思いながら見ていた。音楽もすっごく素敵だった。
うん、もう一度スクリーンで見たい。

by mikibloom | 2019-07-22 12:10 | 映画

復讐の十字架

c0015706_08375060.jpgオーランド・ブルームさん主演の作品ということで早速見に行ってきました。

今日は平日、朝一番の回の上映でしたが、まずまずの入りでした。

解体作業員のマルキーは地元のカトリック教会の建て替えに伴う取り壊し作業に従事していた。何かに取り憑かれたかのように夢中になって教会を破壊していくマルキー。日に日に彼の暴力性は増大していき、年老いた母や恋人のエマとの関係にも溝が生まれてゆく。ある日、新設された教会に司祭が赴任する。それは忘れもしない25年前、少年だったマルキーに今なお消すことのできない忌まわしき記憶を焼き付けた張本人だった。激しい復讐心に突き動かされ、マルキーはマンマーを手に教会へと向かうのだが…。

久々のオーリー主演の作品。いったい、この男はどういった男なんだろうと思いながら見ていた。なんか、解体作業を仕方なく従事している感じ。年老いた母のもとに、定期的に通って、世話をしている、ちょっと優しい男。恋人の男性関係でちょっとムシャクシャしている!?そんなマルキーの過去がわかってくるにつれて、ああ、こんなことがあったのかと思いながら見ていた。そんな過去と、今の自分と、原因となった司祭との関係、その葛藤。クライマックスの展開が意外だった。何かを乗り越えようとした難しい役柄、今までのオーリーでは見られない一面、うーん、オーリーフアンのあの人なら、「オーリー、よくできたね」とべた褒めだったろうなと思い奈から見ていた。そして、ラストの展開が、あまりにも今の事件とリンクしているので、ちょっと心が痛かった。
オーリーフアンなら是非スクリーンで見たい作品。

by mikibloom | 2019-07-22 10:00 | 映画

ペット2(試写会)

c0015706_08464779.jpgペットの続編とうことで早速見に行ってきました。

今日の試写会は、子ども連れも多く満席でした。

マックスとデュークは、飼い主のケイティと一緒に楽しく穏やかな生活を送っていた。ケイティはチャックという心優しい男性に出会い、結婚。息子のリアムが誕生する。マックスはリアムを我が子のように可愛がるが、過保護のあまり、彼が100%安全かどうか、いつも心配するようになってしまう。ある日、ケイティたちと家族旅行に行くことになり、その旅行先の農場で、真面目で威厳あふれる農場犬のリーダー、ルースターと出会う。心配性で臆病なマックスは、ルースターから自分の行動と態度で大切なものを守るとはどういうことなのかを教わる中、ある大事件が起こる…。
c0015706_08465029.jpg飼い主ケイティのもとにやって来たリアム。成長する姿を見守るマックスはまるでお兄ちゃんのような感じかなぁ。そんなマックスとデュークとケイティ家族の話、そして、マックスから預かった大切なおもちゃを取り戻そうとするギジェットが、犬なのに猫の扮装をしていく先には!!そして、ウサギのスノーボールはスーパーヒーローとなるため悪に立ち向かう。救い出す相手はなんと!!?クライマックス、えっっというくらいマックスたちの活躍がすごい。そしてあのお祖母ちゃん、なんか凄すぎなんだけど!!!
うん、スクリーンで楽しみたい作品。

by mikibloom | 2019-07-17 19:00 | 映画