人気ブログランキング |

映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2019年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧


ドッグマン

c0015706_08194606.jpg映画のチラシが気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、午後の回を見に行ってきましたが大勢の方が見に来ていました。

イタリアのさびれた海辺の町で、「ドッグマン」という犬のトリミングサロンを営むマルチェロ。質素な店だが、大好きな犬の世話をしながら、愛する娘と会う時間と、仲間と食事やサッカーを楽しむひと時さえあれば、温厚で小心者のマルチェロは幸せだ。だが一方で、暴力的な友人のシモーネに利用され、支配される関係から抜け出せずにいた。ある日、シモーネから持ち掛けられた儲け話を断り切れなかったマルチェロは、その代償として仲間たちの信用とサロンの顧客を失い、娘とも会えなくなってしまう…。

日々を誠実に生きているマルチェロだが、なぜ彼はシモーネとはこんな間柄なんだろう!?と思いながら見ていた。ずっと隷属的な関係で、いったいどんな事がきっかけでこんなことになったんだろうと思いながら見ていた。そんなことをされていても、相手を裏切らない、いったいなぜ!??と思ってしまう。クライマックス、いったいどんな反撃に出るのか、その先は!?うーん、ラストが空しい。
うーん、DVD旧作レンタルで見たい気分だなぁ。

by mikibloom | 2019-08-29 13:50 | 映画

荒野の誓い(試写会)

c0015706_08195710.jpgクリスチャン・ベールさん、ロザムンド・パイクさん出演の作品ということで早速見に行ってきました。

今日の試写会は大勢いの方でほぼ満席状態でした。

1892年アメリカ。騎兵隊大尉ジョーはかつての宿敵であるシャイアン族の長とその家族を慰留地へと送り返す任務を命じられる。ニューメキシコからコロラド、そしてモンタナへ。コマンチ族の蛮行によって家族を殺された女性ロザリーも加わり一行は北を目指す。危険に満ちた旅をとおして、お互いが協力しないことには生きてはいけない状況に置かれていることを知る…。

西部劇というジャンルかなぁ。当時、先住民族との抗争があり、その族長を慰留地へと返すということなのか。その歴史や、生活、習慣など、もっと細かに知っていると、この作品は面白いのかもと思いながら見ていた。冒頭のロザムンド・パイクさん演じるロザリーの身の上のストーリーに思わずウルっとしてしまった。うーん、ストーリーがだんだんと進んでいって、ラストいったいどんな展開が!?と思っていたら、なんか唐突な展開だったなぁと思ってしまった。ラストはまあナットク。ただ、ちょっとストーリーが長い気がした。
うーん、DVDレンタルでじっくりと見たい気分だ。

by mikibloom | 2019-08-27 19:00 | 映画

感染家族

c0015706_08195483.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、午後の回を見に行ってきましたが大勢の方が見に来ていました。

田舎の寂れたガソリンスタンドで暮らすバクー家。定職もなくその日暮らしの彼らは、突然現れたゾンビに噛まれた父親マンドクが若返ったのを見て、一獲千金の「ゾンビビジネス」に乗り出す。日和見主義の長男ジュンゴルと妊娠中の妻ナムジュ、口八丁の次男ミンゴル、芯の強い末娘ヘゴルら、適材適所の家族運営で依頼人も日々増えていく。ついにはガソリンスタンドの再建にも成功、一見順調なビジネスだったが、若返りを果たした人々に思わぬ副作用が勃発してしまう。そしてゾンビと化した人々が、次々に道行く人を襲い、大群となってついにガソリンスタンドにも襲い掛かる…。

ゾンビものだが、その中でもいろいろなジャンルがあるが、これはどちらかというとゾンビコメディって感じか!?怖いと思いきや、なかなか面白い。ゾンビ化した人々がクライマックスでガソリンスタンドへ!!いったいどうなるのかとハラハラ。妊婦のナムジュの出産は!?いったいどうなる!??結構面白くみていた。ラストの落ちがなかなか面白かった。
うん、スクリーンで楽しんでもいいかも。

by mikibloom | 2019-08-27 14:25 | 映画

ロケットマン

c0015706_08194936.jpgエルトン・ジョンさんの半生ということで早速見に行ってきました。

今日は平日、お昼の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑していました。

輝かしい功績で知られる伝説的ミュージシャン、エルトン・ジョンだが、その成功の裏には悲しくも壮絶なドラマがあった…。彼の幼少期から鮮烈なデビュー、そして愛されたいと常にもがき続けた半生を描く。両親から愛情を与えられず、不遇の少年時代を過ごしたエルトン・ジョン。天才的な音楽センスを持つ彼はロックに目覚め、運命的な出会いをきっかけにスターダムを駆け上がる。だが、全世界で成功を収めるほど孤独になっていき…。
c0015706_08195164.jpg成人になってからのエルトン・ジョン役のタロン・エガートンもすごいが、子役の子もなかなかすごいなぁと思いながら見ていた。特に少年から青年に変わるダンスシーンなど、なんだこりゃあ!!とビックリしながら見ていた。大人になって、デビューするいきさつもなかなか面白いし、その才能はすごいなぁと思った。ただ、どうしてもその奇抜な衣装に目が行ってしまい…。うーん、なんかすごいなぁと思いながら見ていた。エンドロールで、その衣装のシーンと実際の写真が出てきて、その再現ぶりがすごいなぁと思いながら見ていた。
うん、エルトン・ジョンさんフアンならスクリーンで見てもいいかも。

by mikibloom | 2019-08-27 11:55 | 映画

劇場版おっさんずラブ Love or Dead

c0015706_08194137.jpgこのドラマも映画化!?ということで早速見に行ってきました。

今日は平日、朝一番の回を見に行ってきましたがまずまずの入りでした。

栄冠の愛を誓ったあの日から1年が過ぎ、上海・香港転勤を経て帰国した春田創一。久しぶりに戻ってきた天空不動産東京第二営業所では、黒沢武蔵をはじめ、お馴染みのメンバーが顔を揃え、最近配属された陽気な新入社員・山田ジャスティスも加わり春田を歓迎する。そんな彼らの前に、天空不動産本社のプロジェクトチーム「Genius7」が突如として現れ、リーダーの狸穴迅は、本社で新たにアジアを巻き込む一大プロジェクトが発足し、東京第二営業所にもその一翼を担うよう通告する。その隣には、本社に異動しチームの一員となった牧凌太の姿も…。何も知らされておらず動揺する春田だが、本社と営業所の確執が深まるほどに、牧との心の距離も開いてゆく。一方、コンビを組むことになったジャスティスは兄のように春田を慕い、さらには黒澤もある事故がきっかけで突如「記憶喪失」に…!しかも忘れたのは春田の存在のみ。…え、どゆこと?そんな記憶喪失あんの!?混乱する春田をよそに、黒澤は「生まれて初めて」春田と出会い、その胸に電流のような恋心を走らせてしまい…。そんな中、天空不動産を揺るがす前代未聞の大事件が発生!それに巻き込まれた春田にも最大の危機が迫る。果たして、春田の運命は…!?
c0015706_08194417.jpgうーん、ドラマでちょっと視聴率がよかったら劇場かするのか!?と思ってしまう。mikiはこのドラマは見ていなかったのだが、まあそれなりに楽しめたかな。ストーリーもなんか急ごしらえなのか、これってフツーありえないよなという設定が結構ある。それでいいの!?とちょっとツッコミを入れたくなってしまうのだが。まあ、それでもサウナのシーンはサービスショットか!?春田の冒頭のアクションなんかはまあまあテンポもいいし見ていられるかなって感じか。ただ、クライマックスの火事のシーンはやはり事件の後のせいかちょっと見ていてイタイ。ラストのあの人って…!?って随分と設定が無理っぽいし…!!
うーん、ドラマが大好きだった方はスクリーンで見たいかなぁ、でなきゃDVDレンタルでもいいかなって感じ。

by mikibloom | 2019-08-27 08:40 | 映画

影武者(試写会)

c0015706_09372052.jpgチャン・イーモウ監督最新作ということで早速見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方でほぼ満席状態でした。会場のロビーにはいろいろなパターンの映画ポスターや衣装が並べられていました。

時は戦国時代、沛(ペイ)国が領土を、敵の炎国に奪われて20年。若くしてトップを継いだ王は、敵と休戦同盟を結び、平和だが屈辱的な日々に甘んじていた。奪還を願う男たちの燃え上がる闘志を束ねているのが、頭脳明晰で武芸の達人の重臣・都督(トトク)だ。都督は敵の将軍にして最強の戦士・楊蒼(ヤンツァン)に、手合わせを申し込む。彼の勝手な行動に怒り狂う王だが、実は目の前の都督は影武者で、本物の都督は自分の影に、自由と引き換えに敵地での大軍との戦いを命じていた。そして王も、ある作戦を秘めていた。

前半、なんであそこで竹の棒で戦うのか!?とちょっと不思議に思っていた。前半のいろいろな設定は後半になって、ああそうなるのかと出てくるので、ちょっと退屈するかもしれないが、見ていると、ああなるほどとなるので見ておこう。衣装は墨流しの布で作られた着物、そして映像も色を抑えたモノトーン、白黒映画ではなく、モノトーンのカラーもの。地下の所での武闘シーンもすごいが、やはりクライマックス、それがこうなるのかというくらいすごい。とくにあの傘、えっっ、こうやって適地に入っていく!!!と驚きの連続。そして、それがこんなふうな武器になる!??とまたびっくり。クライマックスの展開ののちの展開もまた、そうなるのかとちょっとビックリだったり。中盤ちょっと退屈だったが、クライマックスからラストの展開がすごく面白かった。
うん、スクリーンで見たい作品。

by mikibloom | 2019-08-22 18:30 | 映画

影武者 衣装・ポスター

c0015706_09372451.jpg今日の試写会では、ロビーに映画の衣装とポスターが並べられていました。衣装は墨流しのような衣装、とても綺麗です。作品も色を抑えた作りになっていて斬新でした。
c0015706_09372706.jpg
c0015706_09373583.jpg
c0015706_09373838.jpg
c0015706_09374205.jpg
c0015706_09374699.jpg

by mikibloom | 2019-08-22 18:00 | 映画

永遠に僕のもの

c0015706_09374977.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、午後の回を見に行ってきましたが大勢の方で混雑していました。

ブロンドの巻き毛に透き通る瞳、艶やかに濡れた唇、磁器のように滑らかな白い肌。神様が愛をこめて創ったとしか思えない美しすぎる17歳の少年、カルリートス。彼は欲しいものは何でも手に入れ、目障りなものは誰でも殺す。息をするように、ダンスを踊るように、ナチュラルに優雅に。やがて新しい学校で会った、荒々しい魅力を放つラモンと意気投合したカルリートスは、二人で様々な犯罪に手を染めていく。だが、カルリートスは、どんなに悪事を重ねても満たされない想いに気付き始める…。

うーん、ちょっと見るの失敗したかなと思ってしまった。カルリートス役のロレンソ・フェロはすっごく美形で見ていていいのだが、ストーリーがあまりにも淡々としていて、午後の時間に見ていて眠くなってしまっていた。まあ、クライマックス以降の展開はちょっとどうなるの!?と面白かったのだが、あとは何かなぁ!?という感じ。
うーん、DVDレンタル待ちでもいいかも。

by mikibloom | 2019-08-22 14:25 | 映画

ガーンジー島の読書会の秘密(試写会)

c0015706_09370770.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方で満席でした。上映後、トーンショーかありなかなか面白かったです。
c0015706_09370485.jpg1946年、終戦の歓びに沸くロンドンで暮らす作家のジュリエットは、一冊の本をきっかけに、「ガーンジー島の読書会」のメンバーと手紙を交わすようになる。ナチに脅えていた大戦中は、読書会と創設者であるエリザベスという女性の存在が彼らを支えていた。本が人と人の心をつないだことに魅了されたジュリエットは、読書会について記事を書こうと島を訪ねるが、そこにエリザベスの姿はなかった。メンバーと交流するうちに、ジュリエットは彼らが重大な秘密を隠していることに気付く。やがて彼女は、エリザベスが不在の理由にたどり着くのだが…。
c0015706_09371002.jpgジュリエットが出会ったのはガーンジー島で読書会のメンバー。興味をもって島に渡り、その読書会の取材をする。すると、発起人のエリザベスはそこにはいない。なぜ!?どうして!?でも、島民は口をつぐんだまま。いったい何があったのか。島の歴史を調べるうちに次第に明らかになる事柄。いったいこの島で何があったというのか!?所々に出てくる島の美しい風景がすごく印象的。断崖の上の草原など、ここ行ってみたいと思ってしまう。そして、ジュリエットは読書会のことを出版するのか!?そしてジュリエットの決断は!??ラストまで目が離せない。島の美しさと、戦争がもたらす悲しみと。
うん、スクリーンで見たい作品。

by mikibloom | 2019-08-20 19:00 | 映画

ダンスウィズミー

c0015706_09371666.jpg矢口文靖監督最新作ということで早速見に行ってきました。

今日は平日、夕方の回を見に行ってきましたが、大勢の方が見に来ていました。

ミュージカルが嫌いなのに、突然、音楽が聞こえるたびに歌い踊り出す体になってしまった静香!所かまわず歌い踊るせいで恋も仕事も失ってしまい…。さらに、裏がありそうな5人のクセ者たちとの出会いと、度重なるトラブルが!彼女を待つ、ハチャメチャな運命とは?果たして無事に元のカラダに戻れるのか!?

そんなことで催眠術なんてかかるんかい!!といいたくなってしまいそうな展開なのだが、その展開はなかなかすごく面白い。オフィスで、こんなこと!?レストランでそんなこと!!といったいどうなるのかと思ってしまう。また、謎の催眠術師を探す旅もなかなか面白いし、絶体絶命、どうやって切り抜く!?と思うし。なかなかラストまでその展開が想像できないのも面白い。ラスト、これってミュージカル的なのか!!と思ってしまった。
うん、スクリーンで楽しみたい作品。

by mikibloom | 2019-08-19 16:10 | 映画