人気ブログランキング |

映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2019年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧


殺さない彼と死なない彼女(試写会)

c0015706_09283608.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方でほぼ満席状態でした。

何にも興味が持てず、退屈な高校生活を送っていた少年・小坂は、リストカット常習者で「死にたがり」の少女・鹿野に出会う。それまで周囲から孤立していた二人は、「ハチの埋葬」をきっかけに同じ時間をともに過ごすようになる。不器用なやりとりを繰り返しながらも、自分を受け入れ、そばに寄り添ってくれるあたたかな存在…そんな相手との出会いは、互いの心の傷を癒し、二人は前を向いて歩み出していくのだが…。

高校生カップルのあるあるが詰まった作品。うんうん、こんなの有るかもと思いながら見ていた。小坂の「ハチの埋葬」シーンのちょっとした優しさに、え、いいとこあるじゃんと思ったり。すぐ死にたいという鹿野と、すぐ殺すぞという小坂の奇妙なカップルや、いろいろなあ、こんなの有るあるというカップルの話がなかなか面白い。オムニバスな4コマ漫画をうまくつなげている感じ。それでいて、クライマックス、えっっ、なんで!??と思ってしまった。
ラスト、えっっ、これって…。
なかなか面白い展開、うん、スクリーンで見てもいいかも。

by mikibloom | 2019-10-31 18:30 | 映画

スペシャル アクターズ

c0015706_09281583.jpg映画「カメ止め」の上田監督の次回作ということで早速見に行ってきました。

今日はレディスディ、午後の回を見に行ってきましたがまずまずの入りでした。

超能力ヒーローが活躍する大好きな映画を観てため息をつく売れない役者の和人。ある日、和人は数年ぶりに再会した弟から俳優事務所「スペシャルアクターズ」に誘われる。そこでは映画やドラマの仕事の他に、演じることを使った何でも屋も引き受けていた。そんな中、スペアクに「カルト集団から旅館を守ってほしい」という依頼が来る。ヤバ目な連中相手に計画を練り、演技練習を重ねる役者たち。しかし、和人にはみんなに内緒にしている秘密があった。極限まで緊張すると気絶してしまうのだ。あろうことか、ミッションの中心メンバーにされた和人の運命は!?

映画「カメ止め」があまりにヒットしたので、上田監督の次回作、結構プレッシャーがあっただろうなぁと思った。その次回作。極度の緊張で気絶してしまう兄和人と、街で偶然に出会った弟が所属している俳優事務所。こんなちょっとしたことから、次はカルト集団。一体どうなるのか、うまくダマすことができるのかと、その仕掛けぶりにソワソワ。クライマックス、うまく旅館を救うことができるのか、和人は!?クライマックスのアクションシーンはなかなか面白い展開。で、無事にラスト!?と思いきや、そのラストに待っている展開に、えっっ!!!
なかなか面白いラストを用意してくれた。
うん、スクリーンで見てもいいかも。

by mikibloom | 2019-10-31 14:15 | 映画

駅までの道をおしえて

c0015706_09283396.jpg新津ちせちゃん主演の作品ということで早速見に行ってきました。

今日はレディスディ、お昼の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

いつも一緒だった愛犬のルーの帰りを8歳のサヤカはいまでも待っていた。ある夏の終わり、サヤカは一匹の犬に導かれ、喫茶店のマスター・フセ老人と出会う。彼もまた、大きな喪失を抱えて一人で生きていた。別れを受け入れられない二人は、互いのさびしさに寄り添ううちに、思いがけない友情で結ばれていく…。私たちが人生を歩む上で避けては通れない、愛する者との永遠の別れ。それでも人は誰かと悲しみを分かち合うことで、また新しい何かを築くことができる。限りある命を懸命に生きることで、歓びを味わうことができる。

サヤカという女の子とルーとの出会い。そしてサヤカの身体と心の成長をとても丁寧に描いている。子供は日々成長していくので、作品も順撮りしているのだが、たった1年ほどでこれほどに子供って成長するのかと驚きながら見ていた。また、ルーがいなくなった後のサヤカと、その後に出会うフセさんとの話も、とても丁寧に描いている。最初のシーン、一体、サヤカは何をしているのかと、後半になってナットク。犬とのふれあい、心の成長を丁寧に映し出している。また、フセさんとの…も。
うん、スクリーンで見たい作品。

by mikibloom | 2019-10-31 11:10 | 映画

ガリーボーイ

c0015706_09281187.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日はレディスディ、朝一番の回を見に行ってきましたがまあまあの入りでした。

ムラドは、雇われ運転手の父を持ち、スラムに暮らす青年。両親はムラドが今の生活から抜け出し成功できるよう、彼を大学に通わせるために一生懸命働いていた。しかしムラドは、生まれで人を判断するインド社会に憤りを感じ、地元の悪友とつるみ、内緒で身分の違う裕福な家庭の恋人と交際していた。ある日大学構内でラップをする学生MCシェールと出会い、言葉とリズムで気持ちを自由に表現するラップの世界にのめりこんでいく。そして「ガリーボーイ」(路地裏の少年)と名乗り、現実を変えるためラップバトルで優勝を目指す事を決意する。

親の身分がそのまま子供の身分となるインドの階級社会で、自分の居間の生活を抜け出そうともがくムラドを描いている。ムラドが出会ったのは、自分の心を表現するラップ。mikiはこのラップ、あまりよく知らないが、こうやって詩をつくっているのかとか、こうやって韻を踏んでいるのかとか、この作品はわかりやすく描いていて、なるほどと思った。ラップの歌詞と、そのMVの作成シーン、ムラドのそだったスラムを舞台にこんなに力強いダンスができるのか、すごいなぁと思いながら見ていた。
ラップバトルのシーン、そしてラストのシーンはなかなかすごい。
うん、インド映画、ラップに興味がある方は、スクリーンで見てもいいかも。

by mikibloom | 2019-10-31 08:30 | 映画

永遠の門 ゴッホの見た未来(試写会)

c0015706_09282948.jpgウィレム・デフォーさんのゴッホぶりがすごいなと思い早速見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方でほぼ満席状態でした。

パリでは全く評価されなかったゴッホは、「新しい光を見つけたい」と南フランスのアルルへ向かう。どこまでも続く大地、風になびく麦の穂や沈みゆく太陽を見つめるゴッホは、「永遠が見えるのは僕だけなのか」と自身に問いかける。そんな中、パリからやって来たゴーギャンに心酔するゴッホだったが、共同生活は長くは続かなかった。孤独を抱えて、ひたすら自らが見た世界をカンバスに写し取るゴッホは、やがて「未来の人々のために、神は私を画家にした」と思い至る。晴れ晴れと穏やかなその瞳が最期に映したものとは…。

うーん、ゴッホの亡くなるまでの半生を描いているの作品。アルル移住以降のゴッホを描いていかたちか。なんか、演技と言うより、ゴッホの作品に出てくる人にいかに登場人物が似ているか、そんなことを思わず見てしまっている。本人の自画像や、ガシェ博士などそっくりな感じ。また、他者にはないあのゴッホ独特のタッチを確立するまで、随分と大変だったろうなと思った。耳のエピソードなど、うーん、狂気と天才の紙一重か!?と思ったり。そんなゴッホをずっと支援している弟のテオの大変さを思ったり。ゴッホが好きだったアルルの自然の風景がすごく綺麗に映されている。
うん、芸術の秋なので、スクリーンで見てもいいかも。

by mikibloom | 2019-10-30 20:30 | 映画

アダムズ・アップル

c0015706_09280210.jpgマッツ・ミケルセンさん主演の作品ということで早速見に行ってきました。

今日はレディスディ、午後の回を見に行ってきましたが大勢の方で混雑していました。

仮釈放されたスキンヘッドの男アダムは、更生プログラムで田舎の教会へ送られる。牧師イヴァンは彼を快く迎え入れ、ここで取り組む目標を聞くが、がちがちのネオナチ思想に染まったアダムは神も人も信じず、「教会の庭のリンゴでアップルケーキを作る」と適当に答える。ここに住みこむ前科者で中東系移民のカリドとメタボ男のグナー、実は悲惨な人生を歩んできたイヴァン…。「この教会はどこかおかしい」と気づいたアダムは、イヴァンの自己欺瞞を暴こうと追いつめていく。そして、まるでケーキ作りを妨害するかのように、災いが次々と教会や彼らに降りかかってくる。それは悪魔の仕業か、それとも神が与えた試練なのか…。

うーん、けっこうキリスト教てき宗教観が詰まった作品。まず、キリスト教をざっくりとでも知っていると随分と見方が違うかもと思いながら見ていた。うーん、展開がちょっとたるくて、それでいて、要所要所に暴力的表現。それでも飄々としている牧師イヴァン、いったいどんな展開になるのかと思ってみていた。ラスト、えっっ、いったい彼は!??と思ってしまった。
まあ、マッツ・ミケルセンさんが有名になる前の貴重な作品なので、フアンはスクリーンで見てもいいかも。
うーん、DVDレンタルで見たい作品かなぁ。

by mikibloom | 2019-10-30 14:25 | 映画

アップグレード

c0015706_09280886.jpg映画のチラシが気になった作品、ようやく見に行ってきました。

今日はレディスディ、お昼の回を見に行ってきましたが大勢の方でほぼ満席状態でした。

近未来、愛する妻と平穏な日々を送っていた男グレイは、突然現れた謎の組織により幸せを奪われる。妻は殺され、自身は全身麻痺となってしまう。実験的に巨大企業の科学者によってグレイに埋め込まれたAI(人工知能)チップ、「彼」の名前は「STEM」。AIの力で全身麻痺を克服し、それどころか人間を超越した身体能力を手に入れたグレイは、脳内で会話する相棒「STEM」とともに、妻を殺害した謎の組織に復讐を誓う…。

昨今、AIによるいろいろなシステムが出来て、便利な世の中となってきているが、こんなシステムも夢ではないかも。もし、こんなことが現実に出来るようになったら、人間は一体どうなってしまうのだろう、と考えながら見ていた。たしかに、体は動くようになるが、AIによって乗っ取られる日が来てしまうのか!?いったいグレイの妻を殺した犯人は誰なのか!?やはりあいつが指示したのか!??そんな謎解きをしながらの展開。ラストの展開で、えっっとなってしまった。もう一度見てみたい。
うん、これはスクリーンで見たい作品。

by mikibloom | 2019-10-30 12:30 | 映画

トスカーナの幸せレシピ

c0015706_09282126.jpg映画紹介が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日はレディスディ、朝一番の回を見に行ってきましたがまずまずの入りでした。

超一流シェフのアルトゥーロは、仲間とのトラブルで傷害事件を起こし、更生のため社会奉仕に就くことに。その役目は、アスペルガー症候群の自立支援施設で若者たちに料理を教えることだった。施設の責任者アンナの厳しい視線の下、彼は本気で生徒と向き合い、若き創造性を引き出そうとする。なかでも「絶対味覚」を持つ青年グイドはトスカーナで開催される「若手料理コンテスト」への出場を決め、アルトゥーロにも料理人のプライドをかけた大仕事が舞い込み、グイドの元を離れることに…。いつの間にか固い絆で結ばれていた二人。心の支えを失ったグイドは、料理決戦で優勝できるのか…!?

最近、知られてくるようになった障害(?)と言えるのかな、そんな症候群のひとつのアスベルガーを扱った作品。暴力的ですぐカッとなりやすい一流シェフのアルトゥーロが社会奉仕先で出会ったグイドと出来事。料理コンテストに出場するグイドに付き添うことにより、互いの事を理解し、成長していくさまをうまく描いている。グイドの持っているこの症候群は、障害というより、彼の特徴と捉えたほうがいいのかなぁと思ってしまう。できることとできないことの差が大きいが、できることはとても秀でている。そんな子って、今では結構いるし、そんな子をどうやって伸ばしていく事ができるのか、そんなことをこの作品を見ながら考えた。またグイドだけでなく、アルトゥーロ自身の成長も感じられるちょっと素敵なストーリー。ラストはちょっと心が温かくなった。グイドの役のルイジ・フェデーレさん、今後の出演はちょっと注目かも。
うん、スクリーンで見てもいいかも。

by mikibloom | 2019-10-30 10:15 | 映画

マチネの終わりに(試写会)

c0015706_09223722.jpg福山雅治さん、石田ゆり子さん出演の作品、早速見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方でほぼ満席状態でした。

世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、公演の後、パリの通信社に勤務するジャーナリスト・小峰洋子に出会う。ともに四十代という、独特で繊細な年齢をむかえていた。出会った瞬間から、強く惹かれ合い、心を通わせた二人。洋子には婚約者がいることを知りながらも、高まる想いを抑えきれない蒔野は、洋子への愛を告げる。しかし、それぞれをとりまく目まぐるしい現実に向き合う中で、蒔野と洋子の間に思わぬ障害が生じ、二人の想いは決定的にすれ違ってしまう。互いへの感情を心の底にしまったまま、別々の道を歩む二人が辿り着いた、愛の結末とは…。

一度で恋におちて、たった三度あっただけの人がだれより深く愛した人。そんな恋をしてみたいなぁと思いながら見ていた。たった三度の出会い、そして、運命を弄ぶかの出来事と分かれ。うーん、もし自分ならどうしただろう。本当にそれで別れてしまっただろうか。もし、そこで別れてしまうのなら、それだけの運命だったのか、などと思いながら見ていた。それから数年、別れと再びの出会い。二人は…!?素敵なラストに思わず見終わって拍手!!こんな大人の恋がしてみたいと思った。そして、作品の随所にクラシックギターの音色がとても心地いい。クラシックギターってこんなに素敵な音だったんだと思った。
うん、音響のいいスクリーンで見たい作品。

by mikibloom | 2019-10-23 18:30 | 映画

楽園

c0015706_09224891.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は飛び石連休の中日、午後の回を見に行ってきましたが大勢の方で混雑していました。

青田に囲まれたY字路で起こった少女失踪事件から12年後、事件は未解決のまま再び惨劇が起こった。事件の容疑者として追い詰められていく青年・中村豪士。傷ついた少女、追い込まれる男…。三人の運命が繋がるとき、物語は衝撃のラストへ。彼らが下した決断とは…。楽園を求める私たちに、突きつけられる驚愕の真実とは…。
c0015706_09225139.jpg12年前に起こった少女失踪事件、それをずっと引きずっている人たち。そして、再びの惨劇に、過去をよみがえらせた人たち。うーん、のどかな田舎なのに、というか、だからこそ、こんなことになってしまうのかなぁ。などと思ってしまった。そんな田舎に紡は嫌気がさしたのかなぁなどと思った。そして、クライマックスの出来事。うーん、そこに至るまでに、周りはどうにかできなかったのかなぁと思ってしまった。なかなか難しいなぁ。
うん、スクリーンで見たい作品。

by mikibloom | 2019-10-21 15:30 | 映画