人気ブログランキング |

映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2019年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁(試写会)

c0015706_08385803.jpg役所広司さん主演の作品ということで早速見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方が見に来ていました。

ヒマラヤ周辺国家による「ヒマラヤ公約」締結会議の直前、地域の平和に関わる機密文書を載せた輸送機がエベレストのデスゾーンに墜落、インド軍の特別捜査官ヴィクターとマーカスがヒマラヤ救助隊「チーム・ウィングス」に文書奪還を依頼、隊長のジアンは懸念を抱きながらもその任務を引き受ける。かつてエベレストで遭難した恋人の遺体を探すため、入隊したシャオタイズの無謀な行動に悩まされながらも、ジアンはシャオタイズ、ヘリパイロットのハンらとともに墜落現場を目指す。残された時間は僅か48時間。世界の平和のため、命がけで挑む登頂のその先に、待ち受けるものとは…!

うーん…、役所広司さんの役どころ、ジアンのアクションはなかなかすごかったのだが、ストーリー展開がイマイチだなぁと思った。まあ、途中まで、特別捜査官とチーム・ウィングスのメンバーとヒマラヤ登山していくあたりまではなかなか面白かったし、その陰謀がどうなるのか、メンバーは大丈夫なのか、ハラハラしたのだが、クライマックス以降、シャオタイズは!?そしてハンはどうなると見守っている感じだったのだが…!?えっっ、で、その陰謀ってどうなった??とか、ラストあの人は!??と、なんかすっきりしない結末だったなぁという感じ。
うーん、DVDレンタルで見てもいっかって感じ。


by mikibloom | 2019-11-06 18:30 | 映画

RUN! 3films

c0015706_09275552.jpgtr@tr@k映画祭でグランプリなどを受賞した短編3作品の上映ということで早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、レイトショウのみの上映。舞台挨拶付きということで会場は満席でした。
舞台挨拶は、出演の若手俳優、監督さんのご挨拶がありました。また、作品の紹介があり、VANISHでは、「吸う」ということで、出演者も初めてそのことを知ったみたいで、びっくりしていました。

追憶ダンス
深夜。コンビニバイト中の鈴木の前に、強盗が現れた。そいつは中2まで一緒だった同級生の佐藤だと言う。だが鈴木はすぐには思い出せず…。「イジめた方は忘れても、イジめられた方は覚えてんだよ!」記憶の掛け違いを巡る二人のバトルは予想外の結末に!

VANISH
年間失踪者10万人、その原因はわかっていない…。「自分」が何者なのか分からないまま、生きる為に人間を喰う謎の親子と、死体処理が生業のヤクザ。「消す」ことを宿命づけられた二人の共存…。「命」とは?「生きる」とは?

ACTOR
売れない役者の山田はバイト先でもバカにされる日々。向いてないのかな…悩みながら振り向くと、映画の撮影隊がなぜか山田にカメラを向けている!?戸惑いつつシーンを演じきった山田は、憧れのスターとの共演で覚醒し…。夢を捨てられない男が、現実と幻想の境界を疾走する!
c0015706_09274960.jpg3作品で84分の上映時間だが、このショートフィルムには面白さが凝縮していた。つまらない作品の2時間を見るより、このショートフィルム1作品の方がはるかに面白いかも。
「追憶ダンス」名前の鈴木、佐藤のあるあるをうまく描いている。mikiはこの作品、2年くらい前にショートフィルム上映会で見て知っているのだが、2度目見ても楽しめた。かえって2度目の方が、そうそう、そうだよねと分かっているので、そのふたりのコンビニの状況がわかってなかなか面白かった感じ。2度見てもやはり笑ってしまった。
「VANISH」の生きる為に…の親子、こうやって消す、いや吸うのねと、そのすごさ、こうなってしまうの!?けっこう滑稽であったり、その奇抜さにビックリだったり。この親子、この後どうなってしまうのか、続きが見たいかもと思った。
「ACTOR」どこまでが現実世界で、どこまでが彼の空想世界なのか。売れない役者役の役者、本当は!?劇中劇のまた劇中劇む、うーん、これって無限に続く!?クライマックスのシーンは思わずどうなってしまうの!!とドキドキの後、思わず!!!だったり。
とにかく、この3本、時間を忘れて楽しめた。なかなかショートムービーって、映画祭などで上映する機会はあるけど、こうやって一般の映画館での上映ってないので、ぜひこの機会にスクリーンで見て欲しいのと、この企画、これからも他の作品でもやってほしいかなと思った。
うん、スクリーンで見たい作品。

by mikibloom | 2019-11-02 20:45 | 映画

IT イット THE END

c0015706_09274851.jpg
あの「IT」の続編ということで早速見に行ってきました。

今日は映画サービスディ、夕方の回を見に行ってきましたが、ほぼ満席状態でした。

「約束だ、"それ"がまた現れたら、必ず戻って来よう。」小さな田舎町で再び起きた連続児童失踪事件。幼少時代、「それ」の恐怖から生き延びたルーザーズ・クラブの仲間たちは、27年前に固く誓い合った「約束」を果たすために町に戻ることを決意する。だが「それ」はより変幻自在に姿を変え、彼らを追い詰めていく…。

うーん、ホラー映画で、予告も入れて3時間って長くない!?と思いながら見ていた。前作からの話が引き続いているので、事前に前作を見ておさらいしないと忘れていることも多いし。それでいて、結構多くのシーンで、過去シーンが描かれているし。たしかに、びっくり怖いし、キモ怖いし、薄ら怖いし。ふつう、ホラー映画って、びっくり怖いならこれだけってで描くのだが、びっくり怖くて、キモ怖くて、薄ら怖くて、全部出てくるので気が休まることがない。それもいきなり出てきて、わっっっこわっっっ!!これが約3時間。うーん、見ていて疲れてしまった。
クライマックス、一体どうなってしまうのか、あわあわ状態、ラスト、そうなるのかという感じ。
うーん、前作おさらいして、覚悟の上スクリーンで楽しみたい。

by mikibloom | 2019-11-01 16:00 | 映画

閉鎖病棟 それぞれの朝

c0015706_09284237.jpg笑福亭鶴瓶さん主演の作品ということで早速見に行ってきました。

今日は映画サービスディ、お昼の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑していました。

長野県のとある精神科病院。死刑執行が失敗し生きながらえた秀丸。幻聴に悩まされるチュウさん。DVが原因で入院する由紀。三人は家族や世間から遠ざけられながらも心を通わせる。衝撃的な事件はなぜ起きたのは。それでも「今」を生きていく理由とはなにか。法廷で明かされる真実が、こわれそうな人生を夜明けへと導く…。

閉鎖病棟に入院している人々を丁寧に描いているのだが。病院の普段の生活、こんなことをしているのかと思いながら見ていた。でも、いろいろな出来事で、体を張っている看護師や医師は大変だなぁと思いながら見ていた。けっこう中盤までは、その丁寧な描き方で面白くみていたのだが、クライマックス以降、秀丸の事件、その行方、えっっ、ちょっとあっけなくない!??ちょっと描き切れていない気がするのだが。
中盤までよかっただけにちょっと残念かなぁ。
うん、DVDレンタルでもいっかという感じ。

by mikibloom | 2019-11-01 13:25 | 映画

風水師 王の運命を決めた男

c0015706_09284196.jpg映画のチラシが気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は映画サービスディ、朝の回を見に行ってきましたがまずまずの入りでした。

土地や水脈の形状を見るだけで、人々の運命を変えることができる風水師パク・ジェサン。彼は運気の集まる土地「明堂」を探し当てる天才だった。だが、明堂を独占しようとする重臣キム・ジャグンの陰謀に巻き込まれ、愛する妻子を失ってしまう。失意に暮れるジェサンだったが、自分と同じくキムに深い恨みを持つ王族の興宣君と出会い、キム一族を滅ぼすため風水の知識を駆使することに。やがて彼らは、天下最強の「大明堂」をめぐる巨大な謀反の真相を知ることになる…。

風水で土地や水脈の形状を見て、その土地が運気の集まる「明堂」かどうか見分ける風水師。だが、かつて、自分の妻子を殺した重臣キムへの恨みを晴らすため、キムの墓を暴こうと企てるジェサン。また、同じくキムに恨みを持つ興宣君は、王族のため、ジェサンに風水を見てもらうのだが…。二人の利害が一致して、いかにキムを倒すため企てを行なおうとするが、キムもまたお抱えの風水師と、一族の繁栄を企てていて…。うーん、なかなか面白い展開だと思っていたら、おお興宣君もまたそんな企て!!うーん、三つ巴から四つ巴状態!?いったいどうなるのか、クライマックスの炎上シーンは、そこまでするのかと思った。
ラスト、そんな展開もとなかなか。
うん、スクリーンで楽しみたい作品。

by mikibloom | 2019-11-01 09:55 | 映画