人気ブログランキング |

映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2019年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧


影踏み

影踏み_c0015706_09525485.jpg映画紹介が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、お昼の回を見に行ってきましたが、大勢の方が見に来ていました。

世間のルールを外れ、プロの窃盗犯として生きてきた真壁修一。ただの「空き巣」とは違う。深夜に人のいる住宅に忍び込み、現金を持ち去る凄腕の「ノビ師」だ。証拠も残さず、取り調べにも決して口を割らない。高く強固な壁を思わせるそのしたたかさで、地元警察からは「ノビカベ」むの異名で呼ばれていた。ある夜、真壁は偶然進入した寝室で、就寝中の夫に火を放とうとする妻の姿を目にする。そして彼女を止めた直後に、幼なじみの刑事・吉川聡介に逮捕されてしまう。2年後、刑期を終え出所した真壁は、彼を「修兄ィ」と慕う若者・啓二と共に、気がかりだった疑問について調べ始める。なぜあの夜、自分は警察に捕捉されていたのか。そして、あのとき夫を殺そうとしていた葉子という女の行方は?恋仲の久子が懸命に止めるのを振り切り、自らの流儀で真実に迫っていく真壁。裏社会を結ぶ細い線が見えてきた矢先、新たな事件が起こって…。

刑期を終えて刑務所から出てきた修一と、彼を慕う啓二。そして、修一は過去の出来事を調べ始める。いったいそこには何があったのか。そんな謎と、恋仲の久子との関係。久子は一体どうするのか。そして、修一と久子、修一の家族に何があったのか。次第に見えていくそれぞれの関係。それで、啓二とはいつであったんだろうと思いながら見ていたら…。えっっ、どうゆうこと!??それって!??と中盤、mikiの頭がこんがらがってしまった。そして後半、えっっもしかして!??という展開。そして、久子周辺の展開も。ただ、当初の大きななぞは、それで終わり!?とちょっと中途半端な感じがしたのだが。啓二の存在がなかなか面白いと思った。
うん、スクリーンで見てもいいかも。

by mikibloom | 2019-11-28 11:30 | 映画

決算!忠臣蔵

決算!忠臣蔵_c0015706_09530228.jpg予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、朝の回を見に行ってきましたがまずまずの入りでした。

今から約300年前。赤穂藩藩主・浅野内匠頭は幕府の重臣・吉良上野介に斬りかかり、即日切腹、藩はお取り潰しに。筆頭家老・大石内蔵助は、嘆く暇もなく、幼馴染の勘定方・矢頭長助の力を借り、ひたすら残務整理に励む日々。御家再興の道が閉ざされた彼らに残された希望は、宿敵・吉良邸への討ち入り。ただそこで発覚した大変な事実。なんと討ち入りするにもお金が必要で、使える予算は9500万!生活費や食費に家賃、江戸までの往復旅費、討ち入りするための武具。お金はどんどん出て行くばかり…。節約する人もいれば無駄遣いする人もいて、プロジェクトは超難航!予算が足りずに、やる気満々の浪士たちのリストラも余儀なくされる始末。どうする大石内蔵助!?予算の都合で、チャンスは一回!彼らは「予算内」で、一大プロジェクト「仇討ち」を無事に「決算」することができるのか!?
決算!忠臣蔵_c0015706_09530527.jpg武士の世界も金次第!?と思わせるような作品。忠臣蔵というと、大河ドラマの定番!っていうイメージで、なんか見たことがあったなぁと思ったのだが、こんなにお金をもとに作ったのってすっごく珍しい、こんなにお金がかかっていたのかと、結構びっくり。とくに、江戸と赤穂や京都の往復旅費ってこんなにかかるのとちょっとビックリ。たしかに歩いていくので日数がかかるし、旅籠に泊まって食事となればそれくらいかかるのかと思った。今の新幹線の方がはるかに時間もお金もかからないのかとナットクしたり。勘定方というお金管理の担当が裏金も作っていたり、それを知らぬ他の担当は豪勢に飲み食いしたり、他のものがたかったり。うーん、お金に絡むいろいろなことって、昔も今も変わらないなぁと思った。本当に討ち入りできるのか!?と分かったゃいるけど思わずハラハラしてしまった。討ち入りの衣装があれだったのも、なるほどと思ったり。結構最後までハラハラ。それでいて肝心のシーンはあれだけかい!!だったりとなかなか面白かった。お金のことも考えずにいろいろと使うばかりの家人にも見せたい!!と思ってしまった。
うん、これはスクリーンで楽しみたい作品。

by mikibloom | 2019-11-28 08:30 | 映画

EXIT イグジット

EXIT イグジット_c0015706_09525151.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日はレディスディ、夕方の回を見に行ってきましたが、大勢の方が見に来ていました。

韓国のある都心部、突如原因不明の有毒ガスが蔓延しはじめる。道行く人たちが次々に倒れ、パニックに陥る街…。そんな緊急時代になっているとも知らず、70歳になる母親の古希を祝う会場で、無職の青年ヨンナムは、大学時代に想いを寄せていた山岳部の後輩ウィジュとの数年ぶりの再会に心を躍らせていた。しかし、彼らにも上昇してくる有毒ガスの危険が迫っていた。出口は街の一番高い高層ビルよりも上!絶体絶命の中、決死の緊急脱出がはじまる!

まあ、ありえない設定のテロだが、毒ガステロってないことも無いので、ちょっとハラハラ。スポーツクライミングって、実際は岩山を上る時しか使われない技じゃないの!?と思っていたのに、この作品では山岳部だったヨンナムとウィジュの脱出シーンにでてきて、一体どうなるのかとハラハラドキドキ。ビルとビルを渡ったり、屋上に登ったり。迫りくるガスのため、一体どうなるのかとドキドキ。そんな二人を中継したり、ヘリコプターの救助をいかに見つけてもらうのかと工夫したり。最後まで時間を忘れて見入っていた。
うん、これはスクリーンで楽しみたい作品。

by mikibloom | 2019-11-27 16:30 | 映画

ゾンビランド ダブルタップ

ゾンビランド ダブルタップ_c0015706_09525505.jpg予告が面白そうと楽しみにしていた作品、早速見に行ってきました。

今日はレディスディ、お昼の回を見に行ってきましたが、大勢の方が見に来ていました。

ゾンビが蔓延る世界で、厳格なルールを守りながら生き延びてきた大学生コロンバスが、3人の生存者と知り合ってから10年。彼らは今や家族のような絆で結ばれているが、ゾンビは増えるばかりでバトルも熾烈化。そんなある日、彼らは新たな生存者と出会う。

これ、2ものなのね、mikiは自分が見ていたことも忘れて見に行ったけど、面白くみることが出来た。10年前は主演の4人の中でアビゲイルちゃんしか知らなかったけど、いまやこの4人に監督、みんな出世して、それこそ制作出演料だけでも相当お金がかかっているんじゃない!?って感じ。それこそ、ゾンビものだけど、えっっていうくらいその殺し方はゲロく、見ていてえっっと悲鳴をあげたくなるくらい。でも、そんな世界に生き残っていくなら、このくらいして楽しまないと無理かも。そんなゾンビがはびこる世界に10年生き残っている人々、そんな中、新種のゾンビも現れて、一体どうなるのか。その殺しっぷりもすごいし、クライマックス、新種のゾンビの大群と人間のバトル、一体どうなるのかとハラハラドキドキ。ラスト、こんな殺し方!!!とビックリ!!!想像を超えた感じ。
うん、これはスクリーンで見てスカッとストレス発散にいいかも。

by mikibloom | 2019-11-27 13:25 | 映画

アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール

アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール_c0015706_09524741.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日はレディスディ、午前の回を見に行ってきましたが大勢の方が見に来ていました。

イタリア・トスカーナ地方の小さな村。アモスは眼球の病気で弱視に悩まされていた。学校の授業中サッカーボールが頭に当たり持病が悪化。ついに失明し悲観に暮れる。見かねた叔父が、歌が得意なアモスを音楽コンクールに出場させ見事優勝。喜びも束の間、声変わりで美しい声が出なくなってしまう。歌手をあきらめたアモスは、大人になりバーでピアノ演奏をしながら歌を唄っていた。そこで数々の有名オペラ歌手を育てたスペイン人の歌唱指導者マエストロと出会い、人生が新しく動き始める…。

生まれてすぐから大変な思いをして育ったアモス。なのに学校での出来事で失明。本人も両親もどんな思いだっただろうと思った。そしてその後、本人や周りの人たちの手助けと努力で勉学を進めるなんてすごいなぁと思いながら見ていた。そして、見つけた友人と、音楽。いちどは諦めた音楽の道も、再び本人の努力でこんなふうに開けるなんてすごいなと思った。劇中の歌は本人の歌との事。その歌声すごいなぁと思いながら聞きほれた。
うん、オペラ好きな方はスクリーンで楽しみたい。

by mikibloom | 2019-11-27 10:55 | 映画

アナと雪の女王2

アナと雪の女王2_c0015706_09523971.jpgいよいよ2公開と楽しみにしていた作品、早速見に行ってきました。

今日はレディスディ、朝の回を見に行ってきましたがまずまずの入りでした。

アレンデール王国の女王エルサとその妹のアナは強い絆で結ばれ、幸せな日々を送っていた…不思議な「歌声」がエルサに届き、王国の危機に見舞われるまでは…。姉妹はアナの恋人のフリストフ、雪だるまのオラフと共に、歌声の正体を知るために旅に出る。それは、エルサ自身の力の秘密を解き明かす、驚くべき冒険の始まりだった…。
アナと雪の女王2_c0015706_09524469.jpg今回は字幕版を見に行ってきましたむ。前作に負けないくらいのアニメの表現力。とくに水の表現が凄いなぁと思いながら見ていた。歌もすごくよくて、うーん、しいて言えばエルサが歌う「イントゥ・ジ・アンノウン」の声量に画が付いていけない感じがちょっと残念かなぁと思った。今回は水・風・火・土のそれぞれのキャラ、とくにあのトカゲ見たいのが可愛かったり。オラフの危機のシーンもちょっとハラハラしたり悲しかったり。なぜ二人がこのストーリーで登場したのか、そして、その運命の行方は!?となかなか素敵なストーリー展開。ラストのストーリーにもナットク。今回、mikiは字幕版を見に行ったけど、日本語吹き替え版も見たいと思った。
うん、このストーリーはぜひスクリーンで見たい。

by mikibloom | 2019-11-27 08:35 | 映画

エンド・オブ・ステイツ

エンド・オブ・ステイツ_c0015706_07095327.jpgジェラルド・バトラーさん主演の作品ということで早速見に行ってきました。

今日はレディスディ、お昼の回を見に行ってきましたが、大勢の方が見に来ていました。

かつて世界を未曾有のテロ事件から救ったシークレット・サービス、マイク・バニング。英雄として名を馳せ、今もトランブル大統領から絶大な信頼を得ているが、歴戦の負傷は彼の身体を蝕んでいた。引退が頭をよぎるようになっていたある日、休暇中の大統領に空から大量のドローン爆弾が襲いかかる。激しい攻撃の中意識を失い、目を覚ますとマイクは大統領暗殺を企てた容疑者として拘束され、FBIの執拗な尋問を受けていた。何者かが仕組んだ陰謀。なんとか隙を突いて逃げ出した彼は、真実を明らかにするため走り出す。傷だらけの英雄、最後の戦いが今始まる…!

冒頭からのアクションシーンが多くて、ドキドキ。とくにドローンを使った攻撃、そうだよね、今はそんな時代、どう対処するんだろうと考えさせられる。そして、首謀者は誰かもわからず、マイク自身が犯人扱いにされるし。一体どうやって犯人をみつけるのか。また、大統領は無事なのか。クライマックスの脱出劇、一体どうなるのか、襲ってくる敵、守る見方は僅か。どうやって切り抜くのか、ハラハラドキドキ。最後までどうなるのか、ドキドキだった。
うん、このアクションはスクリーンで楽しみたい。

by mikibloom | 2019-11-20 13:15 | 映画

地獄少女

地獄少女_c0015706_07100253.jpg玉城ティナさん出演の作品ということで早速見に行ってきました。

今日はレディスディ、午前の回を見に行ってきましたが、まあまあの入りでした。

高校2年生の美保は、人気アーティスト・魔鬼のライブで出会った遥と親友に。やがて魔鬼に魅入られ洗脳されていく遥を心配した美保は、遥がライブで行われる「儀式」の生贄にされることを知り、午前0時にアクセスすると地獄少女が現れるという噂のサイト「地獄通信」にアクセスする…。

うーん、もっとゾクゾクと怖いのかと思いきや、ちょっと期待外れな気もする。冒頭のシーンの方が、結構怖いんだけど。本編の方は、一体どうするのかなとドキドキしたんだけど、なんか、その動機で!?という気もしていて、ちょっと期待外れ。ただ、あの子にまとわりつくあの悪鬼は一体!?なぜ!?とも思った。
うーん、DVD新作レンタルでも遅くはないかなぁ。

by mikibloom | 2019-11-20 10:50 | 映画

ブライトバーン 恐怖の拡散者

ブライトバーン 恐怖の拡散者_c0015706_07095346.jpg映画の予告がすごかった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、お昼の回を見に行ってきましたが、大勢の方が見に来ていました。

子どもができず、ずっと苦しんできたトーリは、母になる日を夢見ていた。ある日、謎めいた男の赤ちゃんの到来でその夢が実現する。聡明で、才能にあふれ、好奇心旺盛な子供ブランドンは、トーリと夫のカイルにとってかけがえのない存在となった。しかし、12歳になったフランドンの中に強烈な闇が現れ、トーリは息子に恐ろしい疑いを抱き始める。やがてブランドンは普通の人が持つことのない異常な力を発揮し始める。そしてブランドンは、カンザス州・ブライトバーンをとてつもない恐怖に陥れていった…!

うーん、この作品の予告を見たとき、すっっごくこわーーい!!!ぜひ見ないと!!!とすっごく期待しすぎたのかなぁ。あの怖さは、予告見れば終わってしまう感じ。それ以上に怖いのないけど…。とちょっと残念な感じなんだけど。まあ、子どもの設定、そして、異常な力、一体どうなってしまうのか、その力をブランドンはどうするのか、なんかラストの展開がハチャメチャなかんじ。これ、続編は作らないよね!?って感じで終わったんだけど…。
うーん、DVD新作レンタルで見ても遅くはないかなぁって感じ。

by mikibloom | 2019-11-18 11:20 | 映画

ベル・カント とらわれのアリア

ベル・カント とらわれのアリア_c0015706_07095935.jpg渡辺謙さん出演の作品ということで早速見に行ってきました。

今日は平日、朝の回を見に行ってきましたがまずまずの入りでした。

実業家のホソカワは通訳のゲンと共に招かれた、南米某国の副大統領邸でのパーティーを心待ちにしていた。ホソカワの会社の工場誘致を目論む主催者が、ホソカワが愛してやまないソプラノ歌手のロクサーヌ・コスのサロンコンサートを企画したのだ。現地の名士や各国の大使も集まり、女神のようなロクサーヌの歌声が流れたその時、突然テロリストたちがなだれ込み副大統領邸を占拠する。収監中の同志の解放を求める彼らは、赤十字のメスネルを介して政府と交渉するが平行線が続く。そんな中、ロクサーヌの歌をきっかけに、貧しく教育など受けられるはずもなかったテロリストたちと、教養に溢れた人質たちの間に、親子や師弟のような交流が生まれ始める。しかし、かりそめの楽園に終わりの時が近づいていた…。

実話を基にした小説の映画化。ある日突然、テロリストによって監禁されるという異常事態。そこに憧れの歌手とともに監禁生活が長引く時、人はどう行動するのか。そんなことを考えながら見ていた。いつ終わるともないこの生活。異常な日常が日常となっていく日々。すると、怖いはずの占領者との共同生活となっていくのか。そんなことを思った。せっかく、ここまで来て、その後の解放交渉は…!?と、こんなふうに終わりを告げるのかとも思った。あまりにもあっけなく、残酷に…。うーん、ただ、仕方のない事なのか。考えさせられるなぁ。
うん、スクリーンで見てもいいかも。

by mikibloom | 2019-11-18 09:10 | 映画