人気ブログランキング |

映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

<   2019年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


幸福路のチー

c0015706_08534495.jpg映画紹介が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は平日、午後の回を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。

アメリカで暮らすチーの元に、台湾の祖母が亡くなったと連絡が入る。久しぶりに帰ってきた故郷は記憶とずいぶん違っている。運河は整備され、遠くには高層ビルが立ち並ぶ。同級生に出会っても、相手はチーのことが分からない。私はそんなに変わってしまったの?チーは幸福路に引っ越してきた幼い日を出発点に、これはでの人生をたどりはじめる…。
c0015706_08534866.jpgなんか、台湾のアニメだけど、日本の昭和を思い起こさせる感じのストーリー。最初の引っ越しでトラックの荷台に乗ってるシーンなんかは、「となりのトトロ」のさつきとメイのよう。チーの感じは「メイ」と「ちびまる子ちゃん」と「チコちゃん」をかけ合わせた感じかなぁ。そして、チーのお祖母ちゃんもなんか懐かしい感じ。トトロにでてくるお祖母ちゃんの様かなぁ。などと思いながら見ていた。大人になって里帰りしたチーと、チーが思い出す子供の頃の自分や友達。こんなのあるあると思いながら見ていた。
ちょっとノスタルジーを掻き立てられるアニメ。
スクリーンで見てもいいかも。

by mikibloom | 2019-12-05 15:00 | 映画

盲目のメロディ インド式殺人狂騒曲

c0015706_08535194.jpg映画の予告が気になった作品、ようやく見に行ってきました。

今日は上映最終日、お昼の回を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。

盲目のピアニスト、アーカーシュの誰にも言えない秘密。それは、本当はバッチリ目が見えること!芸術のため盲目を装う彼は、ある日、大スター、プラモードから演奏依頼を受けて訪ねた豪邸で、妻のシミーと、その不倫相手のプラモード殺害現場を「目撃」してしまう!死体も犯人も見えないフリで切り抜けたアーカーシュだったが、駆け込んだ警察の署長こそ現場にいた犯人だった!さらに災難は続き、盲目を疑ったシミーの毒薬で本当に目が見えなくなり、署長からは命を狙われて、遂には病院おくりに…。追い込まれたアーカーシュは、病院で知り合った怪しい医者たちと組んでシミーを誘拐するが、そこには裏切りと騙し合いの大騒動が待っていた!

インド映画のよくある手法、最初のシーンっていったい…!?というのがクライマックスで出てくる。うーん、それまで、いったいあのシーンって!?と思うのだが。まあ、ストーリー的にはインド映画お馴染みのダンスなどなく、ちょっとハラハラしたサスペンスタッチ。なかなか面白いのだか、やはり2時間超え。ストーリーがあっち行ったり、クライマックス、それかい!!となったり。なんかもう少しサスペンスなんだから単純でいいんじゃない!?と思っちゃうのだが…。で、ラスト、そこでいちばん最初のあのシーンに戻るのねと、いつもながら七面倒くさい作りだし。まあ、最後の最後のあのワンシーン、えっっと思ったのがまあ面白かったかな。
うん、スクリーンで見る機会があれば、見てもいいかも。

by mikibloom | 2019-12-05 11:20 | 映画

ドルフィン・マン ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ

c0015706_08533865.jpgジャック・マイヨールさんのドキュメントということで早速見に行ってきました。

今日は平日、朝の回を見に行ってきましたがまあまあの入りでした。

1988年に公開されたリュック・ベッソン監督の映画「グラン・ブルー」は、「素潜り」の世界記録に命懸けで挑む青年が主人公の海洋アドベンチャー。この主人公のモデルこそフランス人フリーダイバーのジャック・マイヨールだった。彼は、上海在住の幼少期に、何度か佐賀・唐津を訪問。そこで海女の素潜りを見たことが将来へとつながる。成長した彼は世界を放浪、フロリダでイルカに出会い運命が決定付けられる。素潜りを極めるべく、インドでヨガに出会い、日本の禅寺で精神を鍛え、ついに1976年、49歳の時に人類史上初めて水深100mに達する偉業を達成。それは「人間を超越した感覚」を経験した瞬間だった。その後「グラン・ブルー」の公開で脚光を浴びるが、晩年うつ病になり自ら生涯を閉じる。

「グラン・ブルー」の作品は見たことがなかったけれど、この作品名は聞いたことがある。その元となったジャック・マイヨールさんの生い立ち、そして素潜りを志した話をドキュメントとして描いている。当時の事だから、映像はフィルムだったのだろうか、こんなものまでよく残っているなぁと思いながら見ていた。ただ、ドキュメントって見ていてどうしても眠くなってしまうので、ちょっと退屈してしまう。
クライマックスの潜水シーンは、青い海に呑みこまれるようでとてもきれいだった。
うーん、DVDで1.3倍速くらいで見ちゃいたい気分。

by mikibloom | 2019-12-05 08:45 | 映画

KIN キン

c0015706_08532883.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日はレディスディ、午後の回を見に行ってきましたが大勢の方が見に来ていました。

養父のハルとイーライが暮らすデトロイトの家に、刑務所から出所した兄のジミーが戻ってくる。しかし、家族は不安を隠せない。というのもジミーには、ギャングのボスに借りた大金の返済日が迫っていた。そんな折、イーライはある廃墟でとあるものを発見する。

これ、予告が面白そうで、結構期待していたのに、肝心のあのへんな銃の話がなかなか進まないし、なんか分かんない奴らの話も進まないし、ずっとお預け状態。それでいて、ラストにバタバタと話が丸まってしまって、えっっ、それで、イーライはどうなるの!?これって続編ありってこと!?
うーん、期待外れ状態。低予算で作りたかったのかなぁ?
もし、続編が上映されるのなら、観る前にレンタルショップで借りてみても遅くはないって感じ。

by mikibloom | 2019-12-04 15:00 | 映画

HUMAN LOST 人間失格

c0015706_08534142.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日はレディスディ、お昼の回を見に行ってきましたが、大勢の方が見に来ていました。

医療革命により、「死」を克服した昭和111年の東京…人々は体内の「ナノマシン」とそれらを「ネットワーク」により管理する「S.H.E.L.L.」(シェル)体制により、病にかからず、傷の手当を必要とせず、120歳の寿命を保証する、無病長寿を約束された。しかし、その究極的な社会システムは、国家に様々な歪を生み出す。埋まることのない経済格差、死ねないことによる退廃的倫理観、重度の環境汚染、そして、S.H.E.L.L.ネットワークから外れ異形化する「ヒューマン・ロスト現象」…。日本は、文明の再生と崩壊の二つの可能性の間で大きく揺れ動いていた。大気汚染の拡がる環状16号線外(アウトサイド)…イチロク。薬物に溺れ怠惰な暮らしをおくる「大庭葉藏」は、ある日、暴走集団と行動する謎の男「堀木正雄」とともに特権階級の住まう環状7号線内(インサイド)への突貫に参加し、激しい闘争に巻き込まれる。そこでヒューマン・ロストした異業体…「ロスト体」に遭遇した要藏は、対ロスト体機関「ヒラメ」に属する不思議な力をもった少女「柊美子」に命を救われ、自分もまた人とは違う力を持つことを知る…。堕落と死。生と希望。男は運命に翻弄され、胸を引き裂き、叫ぶ。怒り。悲しみ。憐れみ…絶望に呑みこまれ、血の涙とともに大庭葉藏は「鬼」と化す。貴方は、人間合格か、人間失格か…。

あの「人間失格」をベースとした作品らしいのだが、mikiは残念ながらこの作品読んでいない。そのせいなのか、うーん、ちょっと面白くないんだけど…。近未来、人間の寿命が120歳なんて、そこまで生きていたくないなぁという気がする。そして、ヒューマンロスト現象、こんなのになりたくないなぁ。で、葉藏の話、そんなになっても生き延びられるって…!?ちょっとめちゃめちゃ過ぎない!?と思ってしまった。まあ、ラストはそこそこって感じだが…。
うーん、見たいのなら、DVD新作レンタルでもいっかな。

by mikibloom | 2019-12-04 12:00 | 映画

ドクター・スリープ

c0015706_08533150.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日はレディスディ、朝の回を見に行ってきましたがまずまずの入りでした。

40年前に惨劇を生き延びたダニーは、心に傷を抱えた孤独な大人になっていた。父親に殺されかけたトラウマ、終わらない幼い日の悪夢。そんな彼のまわりで起こる児童連続失踪事件。ある日、ダニーのもとに謎の少女アブラからメッセージが送られてくる。彼女は「特別な力(シャイニング)」を持っており、事件の現場を「目撃」しているのだ。事件の謎を追う二人。やがて二人は、ダニーにとって運命の場所、あの「呪われたホテル」のたどりつく。
c0015706_08533596.jpg最初の子どもの失踪シーン、いったいどこで話が繋がるのかと思いながら見ていた。アブラの特殊な能力、そしてダニーとの出会い。そして、あの集団はいったい!?そして、どこで予告にあったホテルにたどり着く!?途中のストーリーはなかなか面白いのだが、あのホテルって!?とようやくクライマックスにでてきたホテル。そのホテルのシーン自体はさほどではなかったが、なかなかびっくり怖い感じ。なかなか面白かった。うーん、これって後何年後かにまた続編って作るのかなぁ!?
怖いの好きな方はスクリーンで楽しみたい。

by mikibloom | 2019-12-04 09:00 | 映画