映画だーーいすき! !


オーランド・ブルーム&映画が大好きなmikiの雑記です
by miki
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
最新のトラックバック
「スペシャルID 特殊身分」
from ここなつ映画レビュー
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
2015年版若手男性、池..
from dezire_photo &..
映画『ハーブ&ドロシー ..
from INTRO
2日連続
from Anything Story
『アポロ18』(2011)
from 【徒然なるままに・・・】
ヤン・ヨンヒ監督インタビ..
from INTRO
『ピラミッド/5000年..
from 【徒然なるままに・・・】
『グリーン・ランタン』(..
from 【徒然なるままに・・・】
ライフログ
ブログジャンル
その他のジャンル

アウトサイダーズ

c0015706_8583820.jpgマイケル・ファスベンダーさんの最新作ということで早速見に行ってきました。

今日は祝日、午後の回を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。

犯罪を生業に、トレイラーハウスのコミュニティに代々暮らすカトラー・ファミリー。一家の跡継ぎでありドライバーとして数々の悪事に関わるチャドは、幼い子供と妻のため、家業から足を洗おうと密かに計画を立てていた。しかし、絶対的な力で家族を支配する父がそれを阻む。ある夜、チャドは父の命令で州総督の邸宅に強盗に入る。何とか警察から逃げ切るも、その事件をきっかけに、壊れ始めていた父と子の「絆」は決定的な危機を迎える…。

ワルの話なのだが、なーんか一日中仕事しないで、悪いことの片棒担がされて、なんかそれだけで終わってしまった感じのストーリー。救いもないし、クライマックス、それしきのことで、もう終わり!??ってかんじで、全くの期待外れ。
見なくてもいっかなって感じ。
[PR]

# by mikibloom | 2018-02-12 14:30 | 映画

悟空伝

c0015706_8574643.jpg映画のチラシの孫悟空がスッゴクカッコイイので早速見に行ってきました。

今日は祝日、お昼の回を見に行ってきましたが、立ち見まで出て超満席状態でした。

天界と地界で大暴れしていた魔王を滅ぼした上聖天尊(じょうせいてんそん)。だが魔王は猿に転生し、孫悟空となった。神々に復讐を果たすために、孫悟空は神々の住む天宮に向かう。しかし、武神・楊戩(ようせん)と上聖天尊の護衛神・天蓬に行く手を阻まれる。さらに孫悟空に恋心を抱く阿紫も駆けつけ、天地境界の橋の上で激しいバトルが始まる…!!!

もっと、西遊記みたいなストーリー展開になるのかと期待していたら、ぜんぜん西遊記の西の字もなく、いったいどんなストーリー!??と思いながら見ていた。まあ、アクションはすごいのだが、ストーリー展開はいまいち。今日、一番期待して見に来ていたはずなのだが、気が付くと映画の半分くらい眠くなって眠っていた。せっかく悟空がかっこいいのに、ストーリーが何が何だか!??まあ、クライマックスのシーンのアクションはすごかったのだが…。
うーん、旧作レンタルで安くみられるときに見てもいいかなぁ、暇だっだ…って感じの作品。
[PR]

# by mikibloom | 2018-02-12 12:15 | 映画

修羅 黒衣の反逆

c0015706_853489.jpg映画のチラシが気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は祝日、朝一番の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑していました。

1619年(明の万歴47年)。事故で重体に陥った皇帝に代わり、宦官の魏忠賢(ぎちゅうけん)が国の実権を握っていた。朝廷直属の秘密警察錦衣衛の沈煉(しんれん)は、上官から下された密命により、政府から反逆者として指名手配中の絵師を捉えに向かう。しかしその絵師は、沈煉が数日前に出会った美しい女、北斎(ほくさい)だった。仲間が彼女に暴行し、止めに入った沈煉は激闘の末に仲間を殺めてしまう。任務中の事故に見せかけ、北斎と共にその場を逃れる沈煉。その頃、国では魏忠賢への反対勢力が力を強め、謎の組織が沈煉に奇襲をかける。

中国の時代劇といった作品。人々のいろいろな野望が渦巻いて、そこに呑まれていく沈煉。果たしてどうなるのか、沈煉はどちらについていくのか。アクションシーンもなかなかすごいし、とくに最初のシーンのつかみはOK。中盤の火付けや、クライマックスのアクションシーンもなかなかすごい。で、ラスト、あれでとうなる!??と思ったら、えっっ、そうなって、で!!なかなかフクザツな展開だなぁと思いながら見ていた。
うーん、DVDレンタルで見てもいいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2018-02-12 09:45 | 映画

ゆれる人魚

c0015706_933494.jpg映画のチラシが気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、夕方の回を見に行ってきましたが、満席でした。

人魚の姉妹が海からあがってくる。辿りついたのは80年代風のワルシャワのナイトクラブ。ふたりはワイルドな美少女。セクシーで生きるのに貪欲だ。一夜にしてスターになるが、ひとりがハンサムなベース・プレイヤーに恋してしまう。たちまちふたりの関係がぎくしゃくしはじめ、やがて限界に達し、残虐でちなまぐさい行為へとふたりを駆り立てる。
c0015706_935325.jpg人魚姫の童話をベースに、もしあの人魚が現代にいたら、こんな感じなのかなぁと思いながら見ていた。それにしても、あのお魚のしっぽはなかなかすごい。そして、そんな風にお魚に変わるあたりもなかなかすごいし。有名になりたい二人の思い、一体どう展開するのかと思いながら見ていた。ただ、中盤以降、えっっ、このシーンっていったい!??というのもあるのだが、そこはちょっとストーリーがぐずぐずした感じ。ただ、ラストの展開はなかなかすごい。
うん、スクリーンで見てもいいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2018-02-10 16:45 | 映画

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット

c0015706_924611.jpg映画のチラシが気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、午後の回を見に行ってきましたが、男性を中心に大勢の方でほぼ満席状態でした。

舞台は地球の植民惑星となった火星。戦争とは無縁のこの星で、歴戦の猛者リコは「はぐれ小隊」と呼ばれる落ちこぼれ新兵の訓練に当たっていた。だが、平和であるはずの火星に、突如バグの群れが出現する。背後には、地球の総司令官の陰謀が潜んでいた。戦士の自我を取り戻すため、そして火星を守るため、リコははぐれ小隊を率いて立ち上がる。先に待つのは救済か、地獄か…!?

CGアニメなのだが、すっごくよくできている。まるで、ひとがそれこそ演じているようなリアル感がある。そして、どこからともなく湧き出てくるバグがすごい。いったいどこから!??あの親玉は何!??どうやって退治する!??クライマックスの展開はすごい。思わずハラハラドキドキ。
うん、シリーズフアンならスクリーンで見てもいいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2018-02-10 14:40 | 映画

ぼくの名前はズッキーニ

c0015706_91286.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、お昼の回を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。

屋根裏部屋で一人で絵を描いて遊んでいた9歳の少年イカールは、不慮の事故で母親を亡くしてしまう。ビールばかり飲んでいた母がつけてくれた愛称「ズッキーニ」を大事にしている。ひとりぼっちになった彼を、心優しい警察官レイモンが孤児院に連れていく。そこは、心に大きな傷を負った子どもたちが暮らす場所。入園早々にリーダー格のシモンから手痛い洗礼をうけるが、やがて心の痛みを共有する仲間と打ち解け、新しい居場所を見つけてゆく。
c0015706_914478.jpgうーん、キャラは悪くはないのだが、テンポがゆったりしすぎていて、お昼過ぎの鑑賞だと、いつの間にか眠ってしまっていた。それぞれ、心に傷のある子供たちと、優しい大人たちの出会い。どう展開していくのかと見守る感じ。ストーリーは悪くはないのだが、テンポが良くないのが残念。
うーん、上映時間は短いのでスクリーンで見てもいいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2018-02-10 13:25 | 映画

ロープ 戦場の生命線

c0015706_903877.jpg映画の予告が気になった作品、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、朝一番の回を見に行ってきましたが、大勢の方でほぼ満席状態でした。

1995年、停戦直後のバルカン半島。ある村で井戸に死体が投げ込まれ生活用水が汚染されてしまう。それは水の密売ビジネスを企む犯罪組織の仕業だった。国籍も年齢もバラバラの5人で構成される国際援助活動家「国境なき水と衛生管理団」は、死体の引き上げを試みるが、運悪くロープが切れてしまう。やむなく、武装集団が徘徊し、あちこちに地雷が埋まる危険地帯を1本のロープを求めてさまようが、村の売店でも国境警備の兵士にもことごとく断られ、なかなかロープを手に入れることができない。そんな中、一人の少年との出会いがきっかけで、衝撃の真実と向き合うことになる…。

戦場での日常は、平和な日常の常識とは全然違う、そんなことを思い知らされる作品。紛争時のごたごた、其れに便乗して儲けようとする人たち。たかが1本のロープを売ってくれない店や化してくれない人。道端の牛の死体。なぜ!?と思ったら、そんなことなのかとびっくりしたり。大人だけで空き家に入り、中を捜索するわけ。けっこうショッキングだったりする。でも、そんなことが繰り返されるのが戦場なのか。せっかくそれをやっても、こんな事に…、思わず絶句。と、こんな事で…。ラストの「花はどこへ行った」の歌がすごく印象的。
うん、スクリーンで見たい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2018-02-10 10:15 | 映画

マンハント

c0015706_8594656.jpg福山雅治さんの最新作、早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、夜の回を見に行ってきましたが、まあまあの入りでした。

実直な国際弁護士ドゥ・チウが目を覚ますトム、女の死体が横たわっていた。現場の状況証拠は彼が犯人だと示しており、突如として殺人事件に巻き込まれてしまう。何者かにハメられたことに気づき逃走するドゥ・チウ。孤高の敏腕刑事の矢村は独自の捜査で彼を追っていく。鍵を握るのは謎の美女・真由美。ドゥ・チウに近づくほど、この事件に違和感を覚え次第に見解を変えていく矢村。そしてついにドゥ・チウを捕えた矢村は警察への引き渡しをやめ、共に真実の追求を決意する。身分や国籍を超えた「強く熱い絆」が芽生えた2人の追われながらの真相究明。果たして事件の裏にはどんな陰謀が隠れているのか。

単なる殺人容疑から、逃亡するドゥ・チウを追って、様々な謎が謎を呼ぶストーリー展開。アクションシーンも多く、なかなかすごい。見ていて、なーんでこんなところでこんなアクションしてるんだっけ!??等とも思ってしまうのだが、謎が謎を呼んで、こんなところにも殺し屋が出てくるし、一体どうなるのか!??等と思ってしまう。アクションシーンもなかなかすごい、ただ、日本じゃあ、こんなにガンアクションしないよなぁなーんても思ったり。まあ、楽しめばいっかって感じ。
エンドロールの後に、福山さんと監督の対談もあって、このシーンってそうなのか、などと思い返しながら見ていた。
うん、スクリーンで、最後で見たい作品。
[PR]

# by mikibloom | 2018-02-09 18:00 | 映画

THE PROMISE 君への誓い

c0015706_8585987.jpg映画の予告が気になって早速見に行ってきました。

今日は平日、夜の回を見に行ってきましたが、まずまずの入りでした。

オスマン・トルコの小さな村に生れ育ったアルメニア人青年ミカエルは、医学を学ぼうと首都イスタンブールの大学に入学。フランス帰りのアルメニア人女性、アナと惹かれあうが、彼女にはアメリカ人ジャーナリストの恋人クリスがいた。第一次世界大戦とともにアルメニア人への弾圧が強まり、ミカエルは強制労働に送られてしまう。からくも脱走し、故郷に向かったミカエルは、アルメニア人に対して虐殺が行われている現実を目撃する。一方クリスはトルコの蛮行を世界に伝えようと奔走し、アナも行動を共にする。それぞれの信念のもと激動の時代を生き抜いた3人。ミカエルとアナ、クリスの愛の行方は?そして追い詰められたアルメニア人たちの命運は…?

こんな歴史的事実を題材にした作品、大量虐殺の事実。そして、逃れた人たちは、どう生き延びようとしたのか、どう戦ったのか。クライマックスのトルコ軍が迫ってくるシーンは、まるで、miki
のすぐそばに爆弾が落ちたような感じで、すっごく怖かった。ミカエルのラストの言葉が印象的だった。
うん、スクリーンで見てもいいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2018-02-08 18:45 | 映画

スリープレスナイト

c0015706_8573873.jpgジェイミー・フォックスさんの最新作ということで早速見に行ってきました。

今日はレディスディ、夜の回を見に行ってきましたが、混雑していました。

アメリカ、ラスベガス。刑事のヴィンセントは相棒とともに、輸送中のドラッグの強奪に成功する。それはカジノ王ルビーノのものだった。情報網に引っかかり、犯行を知られた彼はルビーノに息子を拉致され、ドラッグの返却を強要される。一方で、ないむ調査官ブライアントはヴィンセントに疑惑の目を向け、捜査に乗り出していた。孤立無援の状況下で、ヴィンセントは息子を奪還すべく、ルビーノが経営するホテルへと乗り込むが、そこにはルビーノだけではなく、最恐のギャング、ノヴァクや、ブライアントが待ちうけていた…。

ジェイミー・フォックスさん演じるヴィンセントのキャラがなんかいまいち。妻子との関係が??と、なんか妻子の登場シーンから中途半端だし。その後の展開も突拍子だし。まあそれは仕方ないとして、クライマックスのシーンの妻の登場も突飛だし。汚職警官のキャラも中途半端な感じで、うーん…となってしまう。まあ、後半のアクションはすごいんだけど、ストーリーがもうちょっとねぇと言いたくなってしまう。
うーん、DVDレンタルでもいっかなって感じ。
[PR]

# by mikibloom | 2018-02-07 17:30 | 映画

リバーズ・エッジ(試写会)

c0015706_8563089.jpg二階堂ふみさんの最新作ということで早速見に行ってきました。

今日の試写会は大勢の方でほぼ満席状態でした。

若草ハルナは、彼氏の観音崎がいじめる山田を助けたことをきっかけに、夜の河原へ誘われ、放置された「死体」を目にする。「これを見ると勇気が出るんだ」と言う山田に絶句するハルナ。さらに宝物として死体を共有しているという後輩でモデルのこずえが現れ、3人は友情とは違った歪んだ絆で結ばれていいく。ゲイであることを隠し街では売春をする山田、そんな山田に過激な愛情を募らせるカンナ、暴力の衝動を抑えられない観音崎、大量の食糧を口にしては吐くこずえ、観音崎と身体の関係を重ねるハルナの友人ルミ。閉ざされた学校の淀んだ日常の中で、それぞれが爆発寸前の何かを膨らませていた。そんなある日、ハルナは新しい死体を見つけたとの報せを山田から受ける…。
c0015706_8564448.jpgこんな高校生居る!?という想いと、ハチャメチャで何でもありなストーリー。いったいどう展開していくのかと目が離せないまま、ラストを迎えたって感じ。すごいと言えばすごいし。それなりにみんな悩みを抱えているのかという感じかなぁ。なんか、奇妙なんだけど、最後まで展開が分からないという感じ。
うん、スクリーンで見てもいいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2018-02-06 18:30 | 映画

ブランク13 blank 13

c0015706_8545137.jpg斎藤工さんの初長編監督作品ということで早速見に行ってきました。

今日は平日、夜1回の上映でしたが、立ち見も出るほどの満席でした。

13年前に突然失踪した父が余命3カ月で見つかった。借金を残し消えた父に母と兄は会おうとしなかったが、キャッチボールをしてくれた優しい父の記憶が忘れられないコウジは病院へ向かい再会を果たす。しかし、2人の間にある13年間の溝は埋まらないまま、父はこの世を去ってしまう。果たして父は13年間何をしていたのか?もう取り戻せないと思っていた13年間の空白が、葬儀当日の参列者が語る父親のエピソードで、家族の誰も知らなかった父親の真実とともに埋まっていく…。
c0015706_8551470.jpg子供のころの父の思い出、長男と次男と、立場の違いで父の思いがこんなにも違って見えるのか。またその想いは、13年経っても変わっていない、そんなことを考えされられた。そして、葬儀の当日、弔問にみえた人たちからの、子どもの知らない父親像。こんなことがあったのか、そんなことと、過去のエピソードと。いったいどう展開していくのかと思いながら見ていた。そして母親の思い。なんかわかるなぁとの思い。そして、ラストの展開。なかなか見事。作品自体も短いのだが、あっという間。えっっ、こんなところで終わっちゃうの!?もう少し見ていたかったと思った。
斎藤工監督の次回作、期待します。
うん、スクリーンで見てもいいかも。
[PR]

# by mikibloom | 2018-02-05 19:00 | 映画

アバウト・レイ 16歳の決断

c0015706_1052669.jpgエル・ファニングちゃんの最新作ということで早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、夕方の回を見に行ってきましたが、満席でした。

16歳になり、見も心も男の子として生きたいと決断した主人公・レイ。医師から受け取ったホルモン治療についての資料を手渡されたシングルマザーのマギーは、「突然、息子を育てることになるなんて…」と、動揺を隠せない。共に暮らすレズビアンのおばあちゃんのドリーもレイのことをイマイチ理解ができないでいる。一方、髪を短く切り、身体を鍛え、少しずつ「本当の自分」に近づいていくことで生き生きしてくるレイ。そんな姿を見てマギーは意を決して、治療の同意書のサインをもらうために、何年も会っていない別れた夫に会いに行くのだが、そこでまさかの「家族の秘密」が明らかになる!

うーん、エル・ファニングちゃんの男っぽい感じは結構新鮮で、良かったかなぁと思った。ただ、ストーリー的には、どうなんだろう。たしかに、まあこんな風に終わるのねとは思うのだが、まあそれだけ!?って感じもしないではない。で、何がしたかったの!??という気にもなってしまう。
うーん、DVDレンタルでもいっかなって感じ。
[PR]

# by mikibloom | 2018-02-03 16:45 | 映画

ローズの秘密の頁

c0015706_104636.jpgルーニー・マーラさん主演の作品ということで早速見に行ってきました。

今日は封切り初日、午後の回を見に行ってきましたが、大勢の方で混雑していました。

取り壊しが決まった聖マラキ病院。転院する患者たちの再診のために病院を訪れた精神科医スティーヴン・グリーンは、病院で40年間もの長い時間を過ごしてきたローズ・F・クリアを看ることになる。彼女は、自分の赤ん坊を殺した罪を背負っていた。しかしローズは、その罪を否認し続け、自身を本名とは別の「ローズ・マクナルティ」と名乗り続けていた。グリーン医師は、ローズが大切にしている1冊の聖書の存在を知り、彼女の過去に興味を持ちはじめる。ローズは何十年にもわたって、聖書のなかに秘かに日記を書き綴っていたのだ。そして彼女は日記を辿りながら半世紀前の記憶を遡り、グリーン医師を前に自分の人生を語り始める…。

彼女は本当に赤ん坊を殺したのか!?ローズが語る過去のストーリー。いったい彼女にどんなことがあったのか。そして、なぜ、こんなにも長くここにいることとなったのか。そんな過去をひも解く精神科医のグリーン医師。うーん、そんなところで、これって…と思っていたら、案の定!!まあ、それは予定調和かなとも思うが。やはりわかっていながら、思わずウルっとしてしまった。グリーン医師役には優しいエリック・バナさんぴったりと思った。
そうねぇ、DVD新作レンタルでもいっかなって感じ。
[PR]

# by mikibloom | 2018-02-03 14:30 | 映画

中島みゆきLIVE 「歌旅劇場版」

c0015706_1032149.jpg中島みゆきさんの劇場版LIVEの再上映ということで早速見に行ってきました。

今日は土曜日、お昼1回のみの上映でしたが、まずまずの入りでした。

2007年9月29日(土)から、12月27日(木)福岡サンパレスまで全国32公演無、約10万人をどういんした「中島みゆきコンサートツアー2007」の劇場版。本作は中島みゆきがデビュー37年目にして初めてライブ模様を映像として発表した作品。ミリオンヒット曲「地上の星」、「ファイト!」から「宙船」まで、そして時代を超えて愛される感動の名曲「糸」を含む全19曲を、圧巻の歌唱で披露。

数日前に夜会工場VOL.2を生で見たばかりなのに、やはり見に行ってしまっていた。うーん、1月には劇場版を見たいなぁというのが習慣になっている感じ。一度見ているのに、やはり新鮮だ。mikiはとくに宙船の男性コーラスとの掛け合いで歌うシーンが好き。今回は再上映だったが、ぜひ夜会工場も劇場版として上映希望です。
中島みゆきさんのコンサート、興味がある方はぜひスクリーンで見たい。
[PR]

# by mikibloom | 2018-02-03 11:35 | 映画